「たぶん駄文」にもどる

トップへ


駄文41 地理上の発見(1/38)

〜見えない島の探索、もしくは「中国地方=島」説、「東北地方=島」説、「本州分断」説〜

*コンテンツを許可すると、Googleや国土地理院の地図が正確に表示されます。それでも表示されない場合は、リロードしてみてください。

 


より大きな地図で 房総半島(1) を表示

「千葉島」という言葉があるそうだ。

 千葉県の範囲と房総半島の範囲はほぼ重なる。千葉は半島ではあるが、島ではないというのが大方の認識だろう。

 ところで、ウィキペディアの島の項目を読むと、

> 4方位のうち:
>
> 島:4方位(全方位)を水に接している
> 地峡:2方位が水に接している陸
> 半島:3方位が海(水)に囲まれている地域

という定義が書かれている。

「千葉島」とは「千葉は、太平洋、東京湾、江戸川、利根川の4つの水域に囲まれている。したがって、千葉は島である」と一種の冗談である。

 こういう川で区切られた土地が島かどうかは議論の分かれるところだろうが、面白いのでここでは島だということにしてみる。

 さて、このような「水域に囲まれている島なのに、『島』だと認識されていない土地」が他にないだろうかと地図を眺めてみると、なんと面白いように見つかり、ついには中国地方東北地方、果てはヨーロッパもまた1つの島である事を確信するに至ったのである。

 発見した内容を発表する前に、まず準備として水域と島について定義しておく。ただし、興味のない方は飛ばしてもらって構わない。

 

・水域について

・島について

 

 では、次のページから、小林が見付けた幻の島(見えない島)を紹介しよう。

 

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38  次→


Copyright © KOBAYASI Yasumi 2010


「たぶん駄文」にもどる

トップへ