もどる

トップへ


駄文45 島々の風景

1. 淀川流域の島々

(1) 宇治川流域の島々

4) 中書島と伏見港


より大きな地図で 中書島と伏見港 を表示

 京阪3大島駅(中書島、萱島、中之島)の1つ中書島駅は宇治川と宇治川派流の間の中州の上にある。また、この地域は伏見港としても有名である。

 京都のような内陸部に港があるのは不思議に見えるが、江戸時代まで大阪には網の目状の川とその間の湿地が広がっており、ほぼ海の続きのような状態だったので、京都に港を作るのは理にかなっていたのだ。

 さて、本来の宇治川派流は宇治川本流から分かれた後、濠川の流れを併せ、ふたたび宇治川本流と合流する川だった。


より大きな地図で 本来の宇治川派流の流れ を表示

本来の宇治川派流の流れ

 だが、現在では宇治川の水面低下に伴い、宇治川からの流れ込みはなくなり、濠川の水が東西2つ(厳密には3つ)に分かれて、宇治川に流れ込む形になってしまっている。

 
より大きな地図で 現在の宇治川派流の流れ を表示

現在の宇治川派流の流れ

 ここでは、形式的に本来の流れの上流から派流を辿ることにする。

 まずは、宇治川派流の最上流部の平戸樋門である。

平戸樋門

 派流から水が宇治川本流へと流れ込む形になっている。

 ここから宇治川派流と濠川の合流部へと進む。

濠川から中書島北端を望む

 

中書島北端から濠川を望む

中書島北端から濠川を望む

 動画だと、なんとか水が中書島の左右に分かれていく様子を見てとれるだろう。

 ここから下流に進むと、宇治川派流は伏見みなと広場にぶつかり、さらに2つに分かれることになる。

宇治川派流から伏見みなと広場北端を望む

 右側の流れは三栖閘門へと向かい、左側の流れは三栖洗堰へと向かう。

伏見みなと広場北端から宇治川派流を望む

伏見港の時計台

 伏見港には閘門が存在する。閘門というのは、水門が2つ連なった構造で、水面の高さの違う水域間の船の移動に必要不可欠な水のエレベータのような施設である。

 閘門 - Wikipedia

三栖閘門

三栖閘門

 

三栖閘門内の十石舟

三栖閘門から宇治川への放水

三栖洗堰からの放水


Copyright © KOBAYASI Yasumi 2011


もどる

トップへ