もどる

トップへ


3D ステレオグラム 

子供の頃、雑誌の付録についていた立体スコープを覗いてはずいぶん興奮したものだ。「立体スコープ」といっても、そんなに大仰なものではなく、双眼鏡のような形をした紙の箱に二枚一組になった写真を挿入して、左右の目をそれぞれ別々のレンズに当てて見るだけのものだ。それだけで、ただの写真が三次元的に浮かび上がってくる。

 仕組みはそれほど難しいものではない。人間の目が立体感を得るための原理を利用しているのだ。立体視の原理は大きく分けて二つある。一つは単眼手掛かりと言われているもので、物にできた影や遠近法を利用して物体の形や距離を推測する方法。もう一つが両眼視差である。

 人間の左右の目は約6センチ程離れているため、左右それぞれの目で見る景色は少しずれている。この時、目に近いものほど大きくずれ、遠いものはあまりずれない。目の前に手をかざして、交互に左右の目をつぶれば実感できると思う。要はこのずれを持った二枚の画像を左右それぞれの目で別々に見れば、立体感が得られるわけである。先ほどの立体スコープに挿入した写真は左目用と右目用の二枚で、それを別々にレンズを通して拡大して見ていたことになる。

 ところで、立体画像を見るために一々立体スコープを持ち出す必要はない。二枚の画像を単に並べて、それぞれを別の目で見るだけでも、ちゃんと立体視できるのである。右目用の画像を右側に左目用の画像を左側に置く方法を平行法、左右を入れ替えて置く方法を交叉法と呼ぶ。平行法の場合は遠くを見る目つき、交叉法の場合は寄り目で見る。それぞれ、人によって得て不得手があるようだ。この方法の欠点としては、二枚の写真を使うため、出版物に載せる場合、あまり大きな画像が使えないということだ。特に平行法の場合、原理的に二枚の写真の距離は目の間隔を越えられないため、かなり小さいものになってしまう。

 数年前にブームになったランダムドットステレオグラムも立体画像技術の一つだ。一見すると、砂嵐のようにしか見えない画像なのにぼんやり眺めてくると、立体画像が浮かび上がってくる。これも両眼視差を利用した技術だが、単眼手掛かりを全く使わずに立体像が認識できるところが面白い。この手法は眼鏡やスコープなど特殊な道具を必要とせず、印刷も通常の印刷でいい。しかも、かなり大きな画像を取り扱うことができる。欠点としては、なぜか見えない人には全然見えないというところかもしれない。読者の中にも家族や友達の中でただ一人見えず、寂しい思いをした方がおられるのではないだろうか?

 今回紹介する「3Dステレオグラム」 (著作権者名: 須藤益司氏) はこのようなランダムドットステレオグラムを簡単に自作できるソフトだ。まず、元になる二次元画像をソフト上で作画する。もちろん、手持ちの画像を使っても構わない。あとはメニューからステレオグラム作成を選ぶだけでできあがってしまう。また、両眼視差さえ再現できれば、何も砂嵐のようなランダムな画像に拘る必要がないということから、このソフトでは背景として、普通の画像を選ぶこともできるようになっている。

 写真はそうやって作った立体画像(平行法)とその原画だ。果物の写真の中に、原画の猫の姿が立体的に浮かび上がってくる。こつは新聞の紙面に顔を近づけて向こう側を透視するように見ることだ。その時、写真上部の目のようなマークが二つに見えたり、四つに見えたりするが、ちょうど三つに見えるように調整してみるといい。以前、うまくいかなくて諦めた人も再挑戦してみてはいかがだろうか?

 「3Dステレオグラム」は以下のサイトからダウンロードできる。

http://www.vector.co.jp/soft/win31/art/se012191.html

 また、同じ作者が機能を大幅に拡張したシェアウェア版「立体もじ太」が下記のページからダウンロードできる。

http://plaza7.mbn.or.jp/~suto/

(<産経新聞>大阪版 平成12年7月3日夕)

注: 「3D ステレオグラム」は現在でも上記サイトから入手できます。「立体もじ太」は以下のサイトからダウンロードしてください。

http://stereo.jpn.org/muttyan/


Copyright © KOBAYASI Yasumi 2000, 2004


もどる

トップへ