小林掲示板ログ 平成12年9月〜10月分

もどる
トップ

Subject:そんなになりますか。
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/09/03 04:46
言われて確かめたら、ほんとに前の書き込みから3ヶ月も立っていました。
いつもみなさんの書き込みを愉しみに見ていたので、そんなにも書き込みをしていないとは
気がつきませんでした。
ううん、我慢できずに肉食屋敷をハードカバーで買ってしまったのはそれよりも前だったか・・・
「妻への3通の告白」では、関西のあるテレビ番組で、あの女性が登場した回の、背筋が冷たく
なる感じを思い出しました。
表題作の「肉食屋敷」はサイボーグ009の0012みたいな感じを想像しながら読んだのですが、
読みながら頭に浮かんでいたビジュアルは、妖怪の「がしゃどくろ」でした。
怪奇大作戦やウルトラQを今リメイクするのなら、ぜひとも小林さんにシナリオを!
という思いを新たにしてしまいました。・・・ほんとに観たいな。
ああ、でも岸田森はもういない。
.
Subject:Re: そんなになりますか。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/04 01:46
「そんなになりますか。」 で TORI さんは以下のように書かれました。
> 「妻への3通の告白」では、関西のあるテレビ番組で、あの女性が登場した回の、背筋が冷たく
> なる感じを思い出しました。

そうそう。あれはまさしくホラーでしたね。因みに東京でも時間帯を変えてや
ってるそうです。

> 表題作の「肉食屋敷」はサイボーグ009の0012みたいな感じを想像しながら読んだのですが、
> 読みながら頭に浮かんでいたビジュアルは、妖怪の「がしゃどくろ」でした。
> 怪奇大作戦やウルトラQを今リメイクするのなら、ぜひとも小林さんにシナリオを!
> という思いを新たにしてしまいました。・・・ほんとに観たいな。
> ああ、でも岸田森はもういない。

岸田森さんいいですね。「怪奇大作戦」の最初の頃は主人公とい扱いではなか
ったようですが、後半は明らかに主人公でしたね。

ところで、文庫版の『肉食屋敷』の見本が来ました。今週辺り、本屋に並び始
めるかもしれません。
#一番面白いのは田中啓文さんの解説かも。
.
Subject:怪奇ソング
From:八俣
Date:2000/09/04 03:14
怪奇大作戦、俺も大好きっすー!
リメイクしてほしいですね。佐野史朗さんもリメイクしたいとか言ってたらしいです。
特命リサーチがそれだったりして(笑)

>文庫版の『肉食屋敷』の見本が来ました。今週辺り、本屋に並び始めるかもしれません。

おおおっ!遂に読める!(^^)
.
Subject:Re: そんなになりますか。
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/04 10:09
 >> 「妻への3通の告白」では、関西のあるテレビ番組で、あの女性が登場した回の、背筋が冷たく
>> なる感じを思い出しました。
>
>そうそう。あれはまさしくホラーでしたね。因みに東京でも時間帯を変えてや
>ってるそうです。

これ、なんのことかわからないのですが、ドラマかなんかでしょうか?


>> 表題作の「肉食屋敷」はサイボーグ009の0012みたいな感じを想像しながら読んだのですが、

懐かしいですね。家型サイボーグという謎の設定。
#加速装置もついてた気もする(うろ覚え)

>ところで、文庫版の『肉食屋敷』の見本が来ました。今週辺り、本屋に並び始
>めるかもしれません。
>#一番面白いのは田中啓文さんの解説かも。

楽しみです。
チェックしなくてわ。
.
Subject:いや、ホント怖かった。
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/09/04 13:59
>かやのふ様
> これ、なんのことかわからないのですが、ドラマかなんかでしょうか?
いえ。
番組のタイトルは「探偵ナイトスクープ」です。引退した上岡竜太郎探偵局長の下、
毎週、優秀な探偵達が視聴者から送られた数々の謎や疑問を解決する番組です。
アホバカ分布など、秀逸な調査報告を多く発表しており、また関西においては、
ちょっとした疑問に対しては「ナイトスクープに送ってみよう」というのが定番に
なっているほどです。本当でしょうか。すくなくともオレの周りはそうです。
みんなはどうなのかな。ナイトスクープに送ってみよう。
さて、あるとき放送された調査がホラーだったんです。
内容はごめんなさい、なんぼなんでもネタバレになりそうなので自粛します。
なんでしたら簡単な内容をメールででも。

>小林様
あの方、年末だかなんだかの、優秀調査報告表彰式にも来てました。
何度見てもうそ寒くなる姿です。目が純粋なんだもんなぁ。
ちなみに、同伴で来られていたようです。 …コワ。
.
Subject:Re: いや、ホント怖かった。
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/04 14:55
>番組のタイトルは「探偵ナイトスクープ」です。引退した上岡竜太郎探偵局長の下、
>毎週、優秀な探偵達が視聴者から送られた数々の謎や疑問を解決する番組です。

あ、この番組なら知ってます。
関東では深夜にやっていたような。

>さて、あるとき放送された調査がホラーだったんです。
>内容はごめんなさい、なんぼなんでもネタバレになりそうなので自粛します。
>なんでしたら簡単な内容をメールででも。

おもしろそうですね。おしえていただけませんか?
.
Subject:ナイトスクープ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/05 02:21
あの彼女の時の取材の BGM は「12モンキーズ」でしたね。
ところで、一時ナイトスクープでやったネタがしばらくして全国放送で取り上
げられるという展開が目立ったような気がしません?
#特に某「特報王国」とか。
.
Subject:Re: ナイトスクープ
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/05 10:23
>あの彼女の時の取材の BGM は「12モンキーズ」でしたね。

TORIさんに内容を教えていただきました。
ありがとうございました>TORIさん
しかし、本当に怖い話ですね(^^;
やらせじゃないとしたら・・・というか、怖いのでやらせってことにして欲しいというか。

>ところで、一時ナイトスクープでやったネタがしばらくして全国放送で取り上
>げられるという展開が目立ったような気がしません?
>#特に某「特報王国」とか。

へー、そうなんですか?
そういえば、特報王国もずいぶん前におわっちゃった気もしますね。
ナイトスクープってまだやってるんでしょうか?
.
Subject:Re: ナイトスクープ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/06 01:43
「Re: ナイトスクープ」 で かやのふ さんは以下のように書かれました。
> しかし、本当に怖い話ですね(^^;
> やらせじゃないとしたら・・・というか、怖いのでやらせってことにして欲しいというか。

絶対とは言えませんが、「探偵ナイトスクープ」はやらせ向きな番組ではない
と思います。むしろ素人の予想外の反応を楽しむ番組ですね。
もし万が一やらせだとしたも、番組ぐるみではなく彼女の悪戯の可能性の方が
高そうです。
しかし、彼に呼ばれて彼女が突然走り出すところは本当に恐ろしゅうございま
した。

> そういえば、特報王国もずいぶん前におわっちゃった気もしますね。
> ナイトスクープってまだやってるんでしょうか?

司会(局長)の上岡龍太郎は引退しましたが、番組自体は続いています。
.
Subject:あああ!
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/09/06 02:56
>小林様
> あの彼女の時の取材の BGM は「12モンキーズ」でしたね。
そうでしたか!BGMは失念していました。

> 彼に呼ばれて彼女が突然走り出すところは本当に恐ろしゅうございました。
そうでしたそうでした!あの時は彼女は「呼ばれて」いったのでした。
ほんとに恐かったあ。

> やらせ向きな番組ではない
同感です。やらせをやった時にはやったことをネタにするようなところがありますしね。

>かやのふ様
> ありがとうございました
いえいえ、うろ憶えな部分もあり、自分ながら残念です。ビデオがあればなあ。
いや、もう一回見るのも恐いですが。
.
Subject:Re: あああ!
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/07 01:52
「あああ!」 で TORI さんは以下のように書かれました。
> そうでしたそうでした!あの時は彼女は「呼ばれて」いったのでした。
> ほんとに恐かったあ。

因みに、彼の名前はフォーマルハウト (星の名。ラテン語かアラビア語で、
「魚の口」という意味だったはず) でした。
ディックの『ヴァリス』の宇宙人はここ出身でしたね。
.
Subject:文庫『肉食屋敷』発売。
From:めりきす <melikis@abox2.so-net.ne.jp>
Date:2000/09/07 23:01
今日、購入することが出来ました(^^)
解説。笑いながら読んでしまいました。
「肉食女子高生」、読んでみたいです。
某SF誌(笑)掲載の作品を本にする時に
書き下ろしという名目で忍び込ませると
いうのはどうですか?(笑)
#「肉食女子大生」や「肉食女子中学生」
#ではダメなんですか?小林さん。

それにしても。
そんなに怖い話なんですか?>ナイトスクープ
#見てみたかった…
.
Subject:はじめまして
From:アポロニウス <ogm43bun@mocha.ocn.ne.jp>
Date:2000/09/07 23:56
はじめましてアポロニウスという者です。
管理人様の御著書「玩具修理者」には震えさせて頂きました。
それとHPをリンクしておきます。

http://www.wakwak.net/home/aporon/
.
Subject:Re: 文庫『肉食屋敷』発売。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/08 01:28
「文庫『肉食屋敷』発売。」 で めりきす さんは以下のように書かれました。
> #「肉食女子大生」や「肉食女子中学生」
> #ではダメなんですか?小林さん。

なぜ、女子高生かというと、野尻抱介さんの教えにしたがったのです。

> それにしても。
> そんなに怖い話なんですか?>ナイトスクープ
> #見てみたかった…

5本の指に入るエピソードだったと思いますよ。
.
Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/08 01:32
「はじめまして」 で アポロニウス さんは以下のように書かれました。
> はじめましてアポロニウスという者です。

はじめまして。

> 管理人様の御著書「玩具修理者」には震えさせて頂きました。

ありかとうございます。
ところで、1点訂正を。
この掲示板の管理者は僕ではなく、かやのさんです。
#僕は怠け者なので管理は勤まりません。(^^;)

> それとHPをリンクしておきます。
>
> http://www.wakwak.net/home/aporon/

15歳ですか。ひょっとして最年少でしょうか?

それでは、これからもよろしく。
.
Subject:「憑き物」の
From:yukie <topaze@nyc.odn.ne.jp>
Date:2000/09/10 01:22
「家に棲むもの」、再読しました。
やはり面白いですね。
「玩具修理者」と共通するような雰囲気があると感じたのは
私だけでしょうか。
こういう話というのは、どこからわいてくるのでしょうか?
独特な空気のあるというのでしょうか、すごく日本的ホラーですよね。
嫁、姑戦争もこういう形になると、シュールです(^^;)

「ナイトスクープ」、そんなに怖い話があったんですかーっ。
残念、見逃した……
上岡さんがおりてから、あんまり見てないんですよねぇ、はあ。
.
Subject:Re: 「憑き物」の
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/10 01:47
「「憑き物」の」 で yukie さんは以下のように書かれました。
> 「家に棲むもの」、再読しました。
> やはり面白いですね。
> 「玩具修理者」と共通するような雰囲気があると感じたのは
> 私だけでしょうか。

玩具修理者の家 (店) の感じと似てるかもしれませんね。

> こういう話というのは、どこからわいてくるのでしょうか?
> 独特な空気のあるというのでしょうか、すごく日本的ホラーですよね。
> 嫁、姑戦争もこういう形になると、シュールです(^^;)

依頼があった直後、「家に棲むもの」の一場面が頭の中に見えたので、そのま
ま書きました。
#なんだか危ない人ですね。(^^;)

> 「ナイトスクープ」、そんなに怖い話があったんですかーっ。
> 残念、見逃した……
> 上岡さんがおりてから、あんまり見てないんですよねぇ、はあ。

2,3年前、まだ上岡局長だった頃の話です。
本来、凄く怖い話なのに、力技で笑わせにかかったのが「ナイトスクープ」ら
しくてよかったです。
.
Subject:初めまして
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/11 17:50
はじめまして(^−^)
高校の時に玩具修理者を本屋で見つけ、異様に惹かれて手にとって
はじめの数行読んでハマって即買して
以来小林先生のとりこです(^▽^)
現在女子短大に通いつつ創作活動やってます。

玩具修理者のお姉さんを想像するとき、鈴木京香さんがでてきます。
ああいう感じのイメージなのですが、やっぱり読む人読む人
違うイメージが浮かぶものなんでしょうか。
小林先生の作品はどれも映像で脳裏に浮かんでくるので
すごく楽しいです
最近やっと!密室・殺人を見つけて読むことが出来ました。
四里川探偵すごいすきです(^−^)ああいう彼氏なら欲しい。
でも友人に私の本質が四里川さんに似てると言われて、
同じ質同士ではあわないもんなのかなと思って沈みました。

小林先生の作品はどれも好きでたまらないのですが(本とかモロに)、
私は描きたいものを短編としてまとめる能力を欠いて
いるので、再読するたびにすごく尊敬してしまいます。
私は漫画家になりたくて、今年の始めに初めて完成させた原稿を投稿
して、それが小さな賞を受けて、それがきっかけで
担当さんに拾われました。デビューに向けて賞を得るべく、
短編をかきたいのですが、短編ってすごく難しくて、
現在試行錯誤しています。道は果てしなくとおい・・・

ではまた(^−^)
.
Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/12 02:07
「初めまして」 で 瀬尾ユキト さんは以下のように書かれました。
> はじめまして(^−^)

初めまして。

> 高校の時に玩具修理者を本屋で見つけ、異様に惹かれて手にとって
> はじめの数行読んでハマって即買して
> 以来小林先生のとりこです(^▽^)
> 現在女子短大に通いつつ創作活動やってます。

ありがとうございます。

> 玩具修理者のお姉さんを想像するとき、鈴木京香さんがでてきます。
> ああいう感じのイメージなのですが、やっぱり読む人読む人
> 違うイメージが浮かぶものなんでしょうか。

鈴木京香さんですか。落ち着いたイメージですね。

> 小林先生の作品はどれも映像で脳裏に浮かんでくるので
> すごく楽しいです
> 最近やっと!密室・殺人を見つけて読むことが出来ました。
> 四里川探偵すごいすきです(^−^)ああいう彼氏なら欲しい。
> でも友人に私の本質が四里川さんに似てると言われて、
> 同じ質同士ではあわないもんなのかなと思って沈みました。

四里川探偵と似た本質とは、興味深いです。ご自分でもそう思われますか?

> 私は漫画家になりたくて、今年の始めに初めて完成させた原稿を投稿
> して、それが小さな賞を受けて、それがきっかけで
> 担当さんに拾われました。デビューに向けて賞を得るべく、
> 短編をかきたいのですが、短編ってすごく難しくて、
> 現在試行錯誤しています。道は果てしなくとおい・・・

デビューへの切っ掛けを掴まれたたのですね。おめでとうございます。
僕も受賞してから、最初の本が出るまで1年以上かかりました。
短編は数が溜まらないと本にならないので辛かった覚えがあります。
どうか頑張ってください。
そして、創作の合間にこれからも書き込みお願いします。
.
Subject:大洪水
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/13 02:09
凄いことになってますね。
名古屋方面の皆さん大丈夫でしょうか?
と言っても、避難中のみなさんはアクセスできませんね。
#あっ。携帯という手があるか。
.
Subject:四里川探偵
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/13 14:49
お返事ありがとうございます(^▽^)
すごく感激です 鼻血でそう(^−^)

四里川探偵ににてるところに思えるところは・・・
人を見透かすところとか。考えてることとか本当に
言いたいことがわかったり。
友達ともなると、そうでしょ、って言い当てるとき、
理屈っぽくなってて、でもそれを言うのが嫌いじゃなかったり
(^−^)
揚げ足とるの日常茶飯だし、
世間一般常識とか比とのいう基準の善悪わかってる
上で自分の好きなことやっちゃうし、
周りに左右されないところ、とか。
他人を読むくせに、自分は読まれにくいところとか。
四里川探偵は、きっともっとすごそうだけど(^▽^)
私は、小林先生の中の一部にこそ、四里川探偵が
いるような気がして、興味深くおもいます(^▽^)

私が今持ってる小林先生の本は4冊なんですが、
HPを見てると雑誌の方にいくつか載ってるみたいで、
バイトの休憩の時味わおう!と思ってます(^−^)
私のバイト先、本屋なんで(^▽^)
.
Subject:名古屋大洪水お見舞い申し上げますm(_ _)m
From:く・りとる・りとる
Date:2000/09/13 22:49
ホントにすごく降りましたね。
新聞に載ってた写真(車や家が水没してる)を見てびっくりしました。

仕事が忙しくて詳しい情報が判らなかったけど、
何か避難所に食料が無くて困ってる、と言うのをちらっと聞きました。

うーん・・・

不謹慎かもしれませんが、「山椒魚戦争」を思い出してしまう・・・
小学校の時に読んだだけなんであんまりおぼえてないんですが。
.
Subject:Re: 四里川探偵
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/14 00:23
「四里川探偵」 で 瀬尾ユキト さんは以下のように書かれました。
> お返事ありがとうございます(^▽^)
> すごく感激です 鼻血でそう(^−^)

どうぞ、お気軽に質問や要望をお願いします。

> 四里川探偵ににてるところに思えるところは・・・
> 人を見透かすところとか。考えてることとか本当に
> 言いたいことがわかったり。
   略
> 四里川探偵は、きっともっとすごそうだけど(^▽^)

なかなか魅力的なキャラクターをお持ちですね。(^o^)

> 私は、小林先生の中の一部にこそ、四里川探偵が
> いるような気がして、興味深くおもいます(^▽^)

どうなんでしょ? たぶんどこかに潜んでいるから出てきたんだとは思います
が。

> 私が今持ってる小林先生の本は4冊なんですが、
> HPを見てると雑誌の方にいくつか載ってるみたいで、
> バイトの休憩の時味わおう!と思ってます(^−^)
> 私のバイト先、本屋なんで(^▽^)

雑誌掲載分もぼちぼちと単行本に纏めていきますので、よろしく。
.
Subject:Re: 名古屋大洪水お見舞い申し上げますm(_ _)m
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/14 00:28
「名古屋大洪水お見舞い申し上げますm(_ _)m」 で く・りとる・りとる さんは以下のように書かれました。
> ホントにすごく降りましたね。
> 新聞に載ってた写真(車や家が水没してる)を見てびっくりしました。

毎年自然災害はいくつも起きているのですが、今回は大都市に起こったという
ことで、阪神大震災以来の衝撃を受けました。

> 仕事が忙しくて詳しい情報が判らなかったけど、
> 何か避難所に食料が無くて困ってる、と言うのをちらっと聞きました。

食料が行き渡るのは時間の問題でしょうが、二、三日であっても食事をとれな
いのは辛いでしょうね。

> 不謹慎かもしれませんが、「山椒魚戦争」を思い出してしまう・・・
> 小学校の時に読んだだけなんであんまりおぼえてないんですが。

知能を持つ山椒魚によって全世界が水没してしまうのでしたね。
#ネタバレ気味ですが、古典ということでご勘弁を。

作者はロボットをいう言葉を創ったチャペックです。
.
Subject:今日、『肉食屋敷』を買ってきましたぁ♪
From:セボ太 <makoto16@sirius.ocn.ne.jp>
Date:2000/09/17 01:55
今日、地元(田舎...)の本屋で買ってきました(笑)
今回もすごいっすねぇ!!
私、小林さんの本は角川ホラーになってから知ったので、まだ3冊しか持ってませんよ...

去年の冬に、本屋で目玉の(笑)表紙の本を見つけまして、何かビビビッときて(笑)買いました。
そして今に至るわけですよ(?)

「玩具〜」を初めとして小林さんの作品は、読むと共感できる部分がたくさんあるんですが、
読み進んでいくと、それが本当に「共感」なのか、分からなくなっていきます...(本当)
なんだか、洗脳(失礼)されているような心持になっていきますよ!!
本当にあなたは賢い人です(笑)

わたくしは、基本的に文庫本派なので(お金がないから/涙)、次の作品、文庫本で待ってます(笑)
ではでは(´▽`)/~~~~~~

小林さん、ちゃんと一人一人にレスするなんて凄いですねぇ!!
少しは気を抜いても良いんですよ(笑)
.
Subject:Re: 今日、『肉食屋敷』を買ってきましたぁ♪
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/18 02:40
>セボ太さん
初めまして。

「今日、『肉食屋敷』を買ってきましたぁ♪」 で セボ太 さんは以下のように書かれました。
> 今日、地元(田舎...)の本屋で買ってきました(笑)
> 今回もすごいっすねぇ!!

ありがとうございます。読者の反響が一番励みになります。

> 「玩具〜」を初めとして小林さんの作品は、読むと共感できる部分がたくさんあるんですが、
> 読み進んでいくと、それが本当に「共感」なのか、分からなくなっていきます...(本当)
> なんだか、洗脳(失礼)されているような心持になっていきますよ!!

今回、一番共感していただいた登場人物は誰でしたか?

> わたくしは、基本的に文庫本派なので(お金がないから/涙)、次の作品、文庫本で待ってます(笑)

実は僕も文庫本派なのです。(^^;)
近いうちにもう1冊文庫が出る予定です。
それから、角川ホラー文庫の『ゆがんだ闇』、祥伝社文庫の『舌づけ』、『ゆ
きどまり』にも短編が収録されています。

> 小林さん、ちゃんと一人一人にレスするなんて凄いですねぇ!!
> 少しは気を抜いても良いんですよ(笑)

みなさんへのお返事が息抜きになっていますので、これからも書き込みお願い
します。(^o^)
.
Subject:ありがとうございますっ(><)
From:セボ太 <makoto16@sirius.ocn.ne.jp>
Date:2000/09/18 22:45
小林泰三さま
レスありがとうございましたっ
とても恐れ多い感じです(笑)

さて、「今回一番共感した登場人物」の事を書きます♪
今回は...「妻への三通の告白」の、「野原」さんです。
彼の、「思いなしが幸不幸を決める」という考え方に、同感いたします。
私も、この作品を読む前からそう思っていました。
いや、もしかしたら、この考えも植え付けられたものなのかもしれませんが...(笑)
幸せかそうでないかは、本当に自分の思い込み次第だと思います。
もしかしたら、恋愛や、生きていることさえも思い込みなのかもしれません。
今見えているものも、本当は無いのかも...などと考えては否定しつづける毎日を送っています。(苦笑)
揺れるお年頃なので(笑)

だんだんまとまらなくなって来たので止めます(苦笑)
それでは、文庫本をお待ちしております(ワクワク)
セボ太でした(><)
.
Subject:気づきました、今頃
From:人浩
Date:2000/09/18 23:04
ハードが、インターネットをしようとすると「強制終了」されてしまう病気に罹っていたため、インターネット自体やっていませんでした。
久しぶりに拝見させてもらっています。
文庫の話が出ていたので、軽く読み返しをしていたら、気づきました。「妻への三通の告白」、夢野久作の有名な某代表的短編の構成を、巧みに使って書き換えた作品なのでは? と。
夢久も小林さんも、両者とも3,4年前から愛読していたのに、不覚にも気づかなんだ。
.
Subject:Re: ありがとうございますっ(><)
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/19 02:10
「ありがとうございますっ(><)」 で セボ太 さんは以下のように書かれました。
> さて、「今回一番共感した登場人物」の事を書きます♪
> 今回は...「妻への三通の告白」の、「野原」さんです。
> 彼の、「思いなしが幸不幸を決める」という考え方に、同感いたします。
         略
> 今見えているものも、本当は無いのかも...などと考えては否定しつづける毎日を送っています。(苦笑)

こういう考えに囚われてしまった経験を持っている方は結構多そうですね。

> 揺れるお年頃なので(笑)

おいくつなのでしょう?
#差し支えなければで結構です。

> だんだんまとまらなくなって来たので止めます(苦笑)
> それでは、文庫本をお待ちしております(ワクワク)

発売の暁はよろしくお願いします。m(_ _)m
.
Subject:Re: 気づきました、今頃
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/19 02:20
「気づきました、今頃」 で 人浩 さんは以下のように書かれました。
> ハードが、インターネットをしようとすると「強制終了」されてしまう病気に罹っていたため、インターネット自体やっていませんでした。
> 久しぶりに拝見させてもらっています。

ここに書き込みされたということは回復したということですね。(^^)

> 文庫の話が出ていたので、軽く読み返しをしていたら、気づきました。「妻への三通の告白」、夢野久作の有名な某代表的短編の構成を、巧み
に使って書き換えた作品なのでは? と。
> 夢久も小林さんも、両者とも3,4年前から愛読していたのに、不覚にも気づかなんだ。

実はその某作品、まだ読んでないのです。すでに題名は知っていますが...(^^;)
#映画になったともいいますが、詳細不明。

自分の作品が見劣りするんじゃないかと思うと、怖くて読めません。(;o;)
.
Subject:酔歩
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/19 16:53
酔歩する男で、
私は公園に行けなくなることがありました。
小学5,6年生の頃、まだ一人遊びのほうがスキで、
一人である公園に向かうんです。
他に沢山公園は知ってたけど、行きたい公園には
好きな空気があって、でもどうしてもソコにつかないんです。
結局なんどもいろんな別の公園に行き着いて、
最終的にはその中で、木のかんじがいい、とかそういう
理由をつけてそこで遊んでました。
対して目的がないときは、その公園にいけるのに、
本当にどうしてなんでしょう?
ふと思い出して、考えてしまいます。

そういえば本にでてきたキーボード使った(?)
暗号(というかなんというか)、解くの楽しかったです(^−^)
.
Subject:文章がおかしい。
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/19 17:01
すいません・・・
なんか下のヤツ、文章が変ですね?
消えてます一文。
「酔歩する男で、共感、というか思い当たることがありました」
って文章だったのに・・・
私の操作ミスでした(@^@)

操作ミスとかで思い出しましたが、
小林先生はキーボードのローマ字打ちとかな打ち 両刀使いですか?
暗号といていておもったんです(^−^)
(というか小林先生自身はあれ 暗号のつもりでやったのではないと
思うんですけど 暗号と呼ばせてください(^−^))
私はローマ字打ちなんですけど、やっぱ かなのほうが早いんでしょうか?
.
Subject:歳...
From:セボ太 <makoto16@sirius.ocn.ne.jp>
Date:2000/09/19 19:34
レスありがとうございます♪
さて、歳ですが、17です。
まだまだ未熟者なので、小林さんの作品を読みこなす(?)ことは出来ていないと思うのですが、大好きなので拝読させていただいています(´▽`)

「よろしくお願いします」なんて、こっちが言いたいくらいですよ(笑)
作品作り頑張ってくださいね♪
それでは(´▽`)/~~~
.
Subject:酔歩する青少年
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/20 01:47
>瀬尾ユキト 様
>私は公園に行けなくなることがありました。

僕は今でもしょっちゅうです。現実空間だけでなく、RPG でも一度訪れた
街に帰れなくなることは珍しくありません。

>小林先生はキーボードのローマ字打ちとかな打ち 両刀使いですか?

はい。小説を書く時はかな打ちメインですね。

>セボ太 様
>さて、歳ですが、17です。
>まだまだ未熟者なので、小林さんの作品を読みこなす(?)ことは出来ていないと思うのですが、大好きなので拝読させていただいています(´▽
`)

十代って、一番ちゃんと本が読めた時期だと思いますよ。最近は記憶力が薄れ
てきたので、読んだ本の内容が思い出せません。(;o;)
.
Subject:Re: 酔歩する青少年
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/20 08:49
最近若い人が増えましたね。良いことです(^^)

>>小林先生はキーボードのローマ字打ちとかな打ち 両刀使いですか?
>はい。小説を書く時はかな打ちメインですね。

今は、かな打ちの人は珍しくなりましたよね。
昔はけっこういたのですが。
#親指シフトって今もあるのだろうか。

>十代って、一番ちゃんと本が読めた時期だと思いますよ。

私は、高校・大学受験の時に一番本を読みましたね。
授業中は他の科目の勉強してるか本を読んでるか(こっちの方が多い)でしたし。
朝友達に借りた本を夕方には返せていたなぁ。

> 最近は記憶力が薄れてきたので、読んだ本の内容が思い出せません。(;o;)

そーゆー方には、本格ミステリがおすすめです(笑)
新井素子は相当記憶が悪いらしく、同じ本でも何回でも楽しめるとか。
.
Subject:親指シフト
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/21 02:08
「Re: 酔歩する青少年」 で かやのふ さんは以下のように書かれました。
> 今は、かな打ちの人は珍しくなりましたよね。
> 昔はけっこういたのですが。
> #親指シフトって今もあるのだろうか。

作家で親指シフト派の人は多いようです。
確か、二階堂黎人さんが「親指シフト・キーボードを普及させる会」を作って
られたはずです。
それから、田中哲弥さんも親指シフトですね。
.
Subject:10月発売予定の新刊
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/21 22:21
わ、久しぶりに来たら、ログがいっぱい……。にぎやかで
いいですね。それも若い方がいっぱい(じゅるじゅる……)。

かやのふさんにそそのかされて(?)、肉食屋敷の文庫も
買いました。文庫はどこへでも一緒にいけるのでよろしい
ですね。

ときに、10月発売予定という新刊は、新作長編でしょうか?
わくわく。もしよろしかったら、出版社などお教えいただけ
ないでしょうか? 出版社のサイトなどチェックしておきた
いな、と思いますので……。

ダ・ヴィンチの映画コラムも拝読しました。1984にせよ、
2001年宇宙の旅にせよ、いずれ過去になることを知りなが
ら、あえて年号をつけた作品というのが、名作とでもいう
ジャンルに居場所をかえて残っていくというのが、またす
さまじいような思いもしながら、楽しく拝見しました。
SF、全然わからないんですが、過去を題材にしたSFという
のはないのでしょうか?(タイムトリップものだけ?)←
すごいアホな質問してたら、無視してください。m(_ _)m
.
Subject:Re: 10月発売予定の新刊
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/22 08:46
「10月発売予定の新刊」 で ケダ さんは以下のように書かれました。
> わ、久しぶりに来たら、ログがいっぱい……。にぎやかで
> いいですね。それも若い方がいっぱい(じゅるじゅる……)。

お久しぶりです。「じゅるじゅる」というのは涎を啜る音ですね。
#それとも触手を蠢かせる音?

> ときに、10月発売予定という新刊は、新作長編でしょうか?
> わくわく。もしよろしかったら、出版社などお教えいただけ
> ないでしょうか? 出版社のサイトなどチェックしておきた
> いな、と思いますので……。

残念ながら、新作「長編」ではありません。「短編集」でもありません。
でも、小説です。
出版社は祥伝社です。

> SF、全然わからないんですが、過去を題材にしたSFという
> のはないのでしょうか?(タイムトリップものだけ?)←
> すごいアホな質問してたら、無視してください。m(_ _)m

執筆当時には未来だったのに、いつの間にか過去になったやつではなくて、最
初から過去を舞台に選んだ小説ということですね。
結構あるのではないでしょうか。Cthulhu 神話とか、過去を舞台にした SF
と言えなくはないですし。
.
Subject:ありがとうございました
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/22 09:57
>小林泰三さま

:>「じゅるじゅる」というのは涎を啜る音ですね。
:>#それとも触手を蠢かせる音?

後者は想像だにいたしませんでした(笑)。あらためて
確認されるとなんとも照れくさいなあ。

:>残念ながら、新作「長編」ではありません。「短編集」でもありません。
:>でも、小説です。
:>出版社は祥伝社です。

ありがとうございました。どんなんでしょう、楽しみです。
http://www.shodensha.co.jp/
をチェックしてきたいと思います。

:>執筆当時には未来だったのに、いつの間にか過去になったやつではなくて、最
:>初から過去を舞台に選んだ小説ということですね。

そうですそうです。

:>結構あるのではないでしょうか。Cthulhu 神話とか、過去を舞台にした SF
:>と言えなくはないですし。

Cthulhuってものすごくよく見聞きするような気がするのですが、
なにひとつ読んだことがありませんでした。でも、「過去を舞台に
したSF」という解釈もできるものなんですか。面白そうですね。
読んでみようかな、と思います(買ってから読むまでのタイムラグ
がものすごく大きいのが問題ですが)。
.
Subject:Re: 10月発売予定の新刊
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/22 09:59
>#それとも触手を蠢かせる音?

思いっきり想像してしまいました(;_;)
お会いするのが楽しみです>ケダちゃん

>残念ながら、新作「長編」ではありません。「短編集」でもありません。
>でも、小説です。
>出版社は祥伝社です。

変わった形式で出るみたいなこと言ってましたね。

>執筆当時には未来だったのに、いつの間にか過去になったやつではなくて、最
>初から過去を舞台に選んだ小説ということですね。
>結構あるのではないでしょうか。Cthulhu 神話とか、過去を舞台にした SF
>と言えなくはないですし。

スターウォーズが遠い過去じゃありませんでしたっけ?
あと、最近朝松氏が書いてる室町時代物は過去を舞台にしたホラーですしねぇ。
幕末もののSFもけっこうあった気がする。

縄文SFとか弥生ミステリとかは聞いたことないかも。
#卑弥呼が誰かというミステリはあったかもしれない。
遮光土偶との戦いを描く一大叙事詩とかおもしろそうだなぁ。
縄文人が超能力者だったらいいのか?

あと、マンガですが「僕の地球を守って」はある意味過去を舞台にしたSFかと。
#生まれ変わりが現代にいますが。
.
Subject:新刊(@^−^@)
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/22 17:34
短大がテスト真っ最中ですが、新刊が待ち遠しいです(^:^)
長編でもなくて、短編でもないなんて、なんか意味深ですね
中編なんてないしなあ・・・
あっ、とバカ丸出しな発言を、失礼(☆△☆)

最近玄奘三蔵を題材に絵をかきました。
実際の玄奘はハンサムらしかったので、現代的な
美形に描き、肩から胸にかけて経文の一部を入れ墨、
頭は丸めるのイヤでごまかしてタオルをターバンみたいにまいて
腕には自分でやった雑な縫い目の傷口、っていう。
コレを描いている最中に、ふとジャンクの彼を思いだして、
無性に描きたくなってきまして。
それでただ今作成中です(^−^)
いつかこのHPに持ってこれるといいのですが(^−^)
.
Subject:お久しぶりです
From:蓮沼
Date:2000/09/23 01:01
お久しぶりです。ここにカキコするのは2ヶ月ぶりですが、ネットに繋ぐのも1ヶ月ぶりです。
高校テストとか多すぎ。

小林様>「肉食屋敷」読ませていただきました。クトゥルフ色が強くなっているにも関わらず独特の味があるのが良いです。

それでは。
.
Subject:どーゆーこと?(笑)
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/23 01:20
>かやのふさん

:>>#それとも触手を蠢かせる音?
:>
:>思いっきり想像してしまいました(;_;)
:>お会いするのが楽しみです>ケダちゃん

あー、うー。(^^;;

:>変わった形式で出るみたいなこと言ってましたね。

どんなんかなあ、わくわく。

:>スターウォーズが遠い過去じゃありませんでしたっけ?

スペオペは(地球から宇宙に出るには無理があるかもしれません
けど<技術力の面で)別に未来じゃなきゃいけないというもので
もないですね。
.
Subject:蠢く触手
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/23 05:45
>ケダちゃん
> Cthulhuってものすごくよく見聞きするような気がするのですが、
> なにひとつ読んだことがありませんでした。でも、「過去を舞台に
> したSF」という解釈もできるものなんですか。面白そうですね。

創元社文庫のラヴクラフト全集が手に入りやすいと思います。ただ、厳密に言
うとラヴクラフトの著作自体は神話ではなく、彼の著作群を元に後世、神話が
構成されたと言うのが正しいのかもしれません。「狂気山脈にて」と「時間か
らの影」がお気に入りです。
#文体が特殊なので、とっつきは悪いかもしれませんが。

>かやのさん
>あと、マンガですが「僕の地球を守って」はある意味過去を舞台にしたSFかと。
>#生まれ変わりが現代にいますが。

前世ものブームを作った作品の一つですね。
#前世戦士な人たちは、オウム以降減ったのかな?

>瀬尾ユキト 様
>中編なんてないしなあ・・・

ギクッ!

>最近玄奘三蔵を題材に絵をかきました。

野性的な玄奘ですね。現実には孫悟空はいなかったので、荒々しい姿が正解な
のかも。
#あっ。「西遊記」とか「封神演義」は過去を舞台にした SF とも言えます
#ね。

>蓮沼 様
>肉食屋敷」読ませていただきました。クトゥルフ色が強くなっているにも関わらず独特の味があるのが良いです。

最初はもっと Cthulhu ぽかったのですが、雑誌掲載時に同じ号にもう1本
Cthulhu ものがあったので、少し色を薄めた作品です。結果的にこれでよか
ったと思います。
.
Subject:あ、なんということだ!
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/23 22:43
>小林泰三さま

:>創元社文庫のラヴクラフト全集が手に入りやすいと思います。

ふと本棚を見ると、……あっれー? 「ラヴクラフト全集1」が
ある! そういえば、夏に神田の三省堂で東京創元社100年フェ
アのワゴンを見つけて、「ラヴクラフトってよく聞く名前だなあ」
と思って(その程度の知識しかありません)買ってみたのでした。
まだ読んでいません。どころか、買ったことを忘れていました。
なんとなく、収録作品のタイトルが小林さんっぽいですね。
少しずつ読んでみます。

:>#文体が特殊なので、とっつきは悪いかもしれませんが。

読んでみて耐えられそうだったら(笑)、原文も見てみたい
ですね。

:>#あっ。「西遊記」とか「封神演義」は過去を舞台にした SF とも言えます
:>#ね。

なるほどー。spectacular fantasy?(笑) sense of wonder
という意味では、西遊記なんてめちゃめちゃはまってますね。
そうやって考えていくと、SF、もっととっつきやすいのかも……。
数学や理科がもっとわかる頭だったらよかったのに……(しくしく)。
.
Subject:Re: あ、なんということだ!
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/24 01:55
「あ、なんということだ!」 で ケダ さんは以下のように書かれました。
> なるほどー。spectacular fantasy?(笑) sense of wonder
> という意味では、西遊記なんてめちゃめちゃはまってますね。
> そうやって考えていくと、SF、もっととっつきやすいのかも……。
> 数学や理科がもっとわかる頭だったらよかったのに……(しくしく)。

数学や理科が得意な人向きの SF もあるし、得意でなくても楽しめる SF
もありますよ。
#って、ケダちゃんに言うのも釈迦に説教っぽいですが。

ところで、昨日『サクラ対戦』の最終回を見たのですが (今まで見てなかっ
た)、これってまさに過去を舞台にした SF ですね。
.
Subject:Re: あ、なんということだ!
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/24 11:27
>:>#文体が特殊なので、とっつきは悪いかもしれませんが。
>
>読んでみて耐えられそうだったら(笑)、原文も見てみたい
>ですね。

言語は噂によるとかなり読みにくいそうです。
古語とかをわざと使っている上に一文が長いとかで。
.
Subject:SF
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/24 11:30
>数学や理科が得意な人向きの SF もあるし、得意でなくても楽しめる SF
>もありますよ。

ハードSFは理系の知識がないとつらかったりしますね。
おもしろさが半減しちゃったりしますし。

とりあえず、SFを読んだことがないという人には「夏への扉」を
すすめることにしてます。
.
Subject:Re: あ、なんということだ!
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/25 01:35
「Re: あ、なんということだ!」 で かやのふ さんは以下のように書かれました。
> 言語は噂によるとかなり読みにくいそうです。
> 古語とかをわざと使っている上に一文が長いとかで。

Cthulhu ML にはラヴクラフトで卒論を書いたつわものがおられます。
あれって公開されてましたっけ?
.
Subject:はじめまして
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/25 02:31
掲示板の皆さん、はじめまして。
先日小林泰三MLの方に登録した、けんじというものです。
掲示板のほうも賑やかなので、こちらにも投稿していきたいと思います。

今日は掲示板の過去ログをみて夜更かししてしまいました。
みなさん面白い会話をしてらっしゃるので、ついつい今日の分まで一気に読んでしまいました。
(明日仕事だというのに…)
友達になりたくない登場人物や、ホラー映画についてなど、参加したかった話題もたくさんあったのですが、
今はSFの話題に移ったようなので私の好きなSFの話をしたいと思います。

SF小説自体は、「木星型惑星と地球型惑星の違い」がわからないくらいに読まないのですが、
私の知る数少ないSF小説の中で、特に面白いと思った作品が、フィリップ・K・ディックの
「変異種二号」という短編です。
映画化もされている作品で、専門知識が必要ない上、ラストにオチの効いた内容となっております。
映画のほうはそのラストが変わっているため、私はあまり好きではありませんが…。

また、ホラーよりの作品でSFと呼べるかどうかはわかりませんが、異形のものが登場するので一応。
ディーン・クーンツの「ハードシェル」という短編がすごくよかったです。
読んだ後、「短編小説ってすごく面白い!」と思うようになった作品です。

基本的に、オチの効いた短編作品が好きなのです。
つまり、小林泰三の作品がとても好きだということなのです。

なんだか締まらないオチで申し訳ありませんでした。m(_ _)m
.
Subject:Re: あ、なんということだ!
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/25 08:38
>Cthulhu ML にはラヴクラフトで卒論を書いたつわものがおられます。
>あれって公開されてましたっけ?

MLでは公開されてましたが、ホームページに載っけたりはしてませんね。
読みたい方がいらっしゃるようでしたら、転載許可を取りましょうか?
.
Subject:惑星
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/25 15:34
40年経つと不惑星になったりせんかな……。

>けんじさん、こんにちは。MLのほうでもご一緒しております。
どうぞよろしく。

:>基本的に、オチの効いた短編作品が好きなのです。

これ、同感ですー。小林さんの作品ではじめて読んだのは
玩具修理者ですが、あのラストは、ショートショートの
どっひゃーとも、本格ミステリのやられたーとも違うけど
同じくらいインパクトありましたです。たぶん、叫び声を
あげた読者は相当いると思います。

>かやのふさん

:>とりあえず、SFを読んだことがないという人には「夏への扉」を
:>すすめることにしてます。

中学か高校のときに読みました。すごく好きな作品です。今の家
に持ってこなかったので、買い直したほど。でも、SFだという
ジャンルの認識をとくにしなかったので、その後青背(って言う
のかな?)とか薄紫背(とは言わないか>創元SF)に進まなかっ
たのでした。

>小林泰三さん

:>数学や理科が得意な人向きの SF もあるし、得意でなくても楽しめる SF
:>もありますよ。

そうですね。理数系の論理というか事実というか、そういうものの
整合性はどうせ知らない、わからないので、うそでもなんでも「そ
れっぽい」もので、小説としてのつじつまがあっていれば楽しめる
と申しましょうか。

SFお勉強中(?)ということで、フィリップ・K・ディックの
傑作短編集1(ぱーきーなんとかのなんとか)をちょろちょろ
読んでいますが、異形コレクションかと思いました。(^^;ゞ
わかんないのもありますが(世界観が)、面白いです。
.
Subject:中編
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/25 16:16
小林様

中編で反応があったのはなんか楽しげ(^−^)
自分でいっときながら、中編てのの想像がつかないです・・・
微妙すぎて。
もう先生がこの言葉の定義をつくっちゃってください(^−^)

ケダさん>

あたしの叫びは「あ〜あ!」(すごくマヌケな声で)
やられたってかんじでしたよー
以来ハマりまくりです。
.
Subject:オフミ
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/25 17:28
小林先生のレポートを読んでて、
映画で思い出したのですが。
最近めっきりホラー映画やりませんよね。
スクリームとか、見たけどテレビじゃやってくれなくて。
私はどっちかというとぐっちゃぐちゃスプラッタより
精神的に追いつめられるタイプのが好きというか
怖いので好き(やっぱ好きの部類か)なんですが・・・
すっごくマイナーな映画で、キャンディマンとか
怖かったし、メジャーでいくとエルム街の悪夢は
何度見ても怖いしで。
ホラーに入らない分野でテレビで流したので
好きなのはインタビューヴィズバンパイヤとか。
ホラーだけじゃなくて他にもジャンヌダルクとか、レオンとか
今みたい映画はスリーピーホロウです。
興味ないのは恋愛もの。これを言うたびに危機を感じます。
まだギリギリ10代なのに・・・(:*:)

小林先生の好きな映画ってなにかありますか?
.
Subject:本当に賑やかですね(笑)
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/25 23:25
賑やかな上に食指の動く話題がちらほらと(笑)

ケダさん>

こちらこそよろしくお願いします。

>SFお勉強中(?)ということで、フィリップ・K・ディックの
>傑作短編集1(ぱーきーなんとかのなんとか)をちょろちょろ
>読んでいますが、異形コレクションかと思いました。(^^;ゞ
>わかんないのもありますが(世界観が)、面白いです。

パーキーパットの日々ですね?
昔読んだ記憶があります。(内容はほぼ忘れていますが…)
私の好きな「変異種二号」は傑作短編集2に含まれていると思います。
1を読み終えたらぜひ2のほうも読んでみてください!

瀬尾ユキトさん>

>私はどっちかというとぐっちゃぐちゃスプラッタより
>精神的に追いつめられるタイプのが好きというか
>怖いので好き(やっぱ好きの部類か)なんですが・・・
>すっごくマイナーな映画で、キャンディマンとか
>怖かったし、メジャーでいくとエルム街の悪夢は
>何度見ても怖いしで。
>好きなのはインタビューヴィズバンパイヤとか。
>ホラーだけじゃなくて他にもジャンヌダルクとか、レオンとか
>今みたい映画はスリーピーホロウです。

これ、かなり私の趣味とかぶっています(笑)
特にスリーピーホロウは時間があればすぐにでもレンタルしようと思っています。
監督のティム・バートンは私の好きな監督のうちの一人ですし、なにより
主演のジョニー・デップとクリスティーナ・リッチも大好きなのです。
.
Subject:大盛況ですね。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/26 02:50
>けんじ 様
登場人物やホラー映画に関する話題もお願いします。
「変種二号」の映画化作品『スクリーマー』は先日テレビでやってましたね。
ティム・バートンと言えば、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はご覧に
なりました?

>ケダ 様
ディックはいいですよ。
お勧めは『ユービック』です。

>瀬尾ユキト 様
細かい定義は人によって微妙に違うようですが、原稿用紙換算で100枚ぐらい
までが短編、100〜300枚ぐらいまでが中篇、300枚以上が長編になるようです。
短編のうち特に短い20枚以下のものは掌編とかショートショートとも呼ばれま
す。ワープロの時代になっても、400字詰め原稿用紙で換算するのが面白いで
すね。英語圏では語数で言うようですが、こっちの方がもっと不思議です。向
こうの方は1万語と言われてぴんと来るんでしょうか。

好きな映画はたくさんありますが、最近では『エピソード1』や『ガメラ3』が
よかったですね。ティム・バートン作品も好きです。
.
Subject:Re:大盛況ですね。
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/26 07:42
小林様>

>「変種二号」の映画化作品『スクリーマー』は先日テレビでやってましたね。

はい。ちらちらと見ておりました。
私はこういう、「仲間の誰かが敵」という設定に惹かれるようです。
比較的新しいものでは「パラサイト」のような設定のものですね。

>ティム・バートンと言えば、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はご覧に
なりました?

ティム・バートン作品で一番最初に見たのがこの『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』です。
以来、ティム・バートンは私の好きな監督のうちの一人となりました。
これ以上ないくらい邪悪な笑みと、これ以上ないくらい無邪気な表情を見せる
主人公ジャックを、一目で好きになりました。
今現在、私の携帯ストラップにはジャック君がぶら下がっています。
(いつしか身体がもげてしまいましたが…)

>登場人物やホラー映画に関する話題もお願いします。

とりあえず、友達になりたくない登場人物について。
一番はヨドの怪物(井上雅彦さん命名)ではないでしょうか。
「いつの間に入れ替わりやがったんだよう」なんて言いたくありませんし…。
(これってネタばれですか?)
逆に、玩具修理者とはお近づきになりたいです。
パソコンが壊れたら直してもらえますよね?(治すかな?)
どこかに肉片が入る可能性大ですが…

「友達になりたくない」とは関係ないのですが、
私の中で「兆」の「なえ子」と「獣の記憶」の「敵対者」はほぼ同じイメージとなっています。
「いろいろ考えてるみたいだけど、本当はあなたなんだよ?」といえる部分が共通だからでしょうか。

ホラー映画は最近よく見るようになったと思います。
ラブクラフト関係の作品も「ネクロノミコン」「マウスオブマッドネス」と見たのですが、
そこそこ面白かったのですが、原作をよく知っていればもっと楽しめたのかもしれませんね。
特に、「ネクロノミコン」の最後で穴に吸い込まれた「ヒトモドキ」や、
骨髄液をすする怪物などは、原作に登場するのでしょうか?
(大きな蛸のような怪物も…)
あと、「裸のランチ」はラブクラフト関係でしょうか?世界観が似ていると思ったのですが。

好きなホラー映画は、ハードアクションホラーとでもいえそうな、「ザ・グリード」です。
異形の怪物に立ち向かうという設定、とても好きです。
パッケージはB級ホラー映画以外のなにものでもありませんが…

つたない筆致で長々と書いてしまいました…
.
Subject:いえい
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/09/26 16:21
小林様>

定義にもいろいろあるんですね!
知識をどうもありがとうございます(*^−^*)
今日はテスト勉強で不眠です。目覚めるために
いつか買ってたカフェインの錠剤・・・?
を飲みましたが、胃が・・・
高校の時に悪用してから懲りてたんですが。
好きなことやってるときは、徹夜なんて全然平気なんですけど、
勉強のときは脳味噌が拒否するので、無理矢理・・・

けんじ様>

あたしの手帳がナイトメア・ビフォア・クリスマスのですよ(^−^)
まだ映画のほう見てないんですけど、すごくかわいくて(*^0^*)
ついでにジャックのクビが付いてるシャーペンもってたんですが、
先日もげましたよ。。
・・・ショック。
結局もげる運命なんですかね、どこかしら・・・
今、棺桶に入って売ってるジャックの人形に惹かれておりますよ。

スリーピーホロウ、DVDでも出てて、そっちを借りようと
思ってます(^−^)
プレステ2で見れるので。
本当はテスト前にみる予定だったのに・・・
ジャンヌダルクを借りたとき、スリーピーホロウにも
手をだそうとしたら、弟に「ベイブ都会へ行く」に
いつのまにかすり替えられてて見れなかった苦い思い出が・・・
.
Subject:ホラー
From:蓮沼
Date:2000/09/26 20:45
最近見た映画は「スクリーム」や「スリ−ピー・ホロウ」などです。
友達もホラー映画好きが多いので夏休みに結構見ました。
「スリーピー・ホロウ」は淡い画面と霧が出ているのがかなり雰囲気出てるので怖かったです。
しかも見ようとしてテレビをつけた瞬間に地震が!まあ、特に被害はなかったわけですが。

けんじ様>初めまして。蓮沼と言います。「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」はみていませんが、友達がストラップ持っているのでジャック君は知っています。
あのストラップはどこに売ってるんでしょうか?どうも奈良県内には売ってないようなのです。

瀬尾ユキト様>初めまして。蓮沼です。僕もどちらかというと精神的に追いつめられる方が好きですね。そして「スリーピー・ホロウ」はオススメです。友達も大絶賛です。

小林泰三様>「肉食屋敷」はもっとクトゥルーっぽかったんですか?それはそれで読んでみたいような・・・
.
Subject:ジャック君の話ばかりですみません…
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/27 01:17
瀬尾ユキトさん>

>あたしの手帳がナイトメア・ビフォア・クリスマスのですよ(^−^)
>まだ映画のほう見てないんですけど、すごくかわいくて(*^0^*)

そうなんですか!なんだかうれしいです。
彼はすごくいい表情をしていますよね。
映画の中ではもっと生き生きしていますよ。
スリーピー・ホロウと一緒に借りてみてはいかがでしょうか?
ちなみに映画はミュージカル調です。

>ついでにジャックのクビが付いてるシャーペンもってたんですが、
>先日もげましたよ。。
>・・・ショック。
>結局もげる運命なんですかね、どこかしら・・・

そのシャーペンとは5、6種類表情のあるシャーペンではないでしょうか?
私も買おうと思ったことがあります。
彼は映画でも結構もげていた人ですし、もげても元気な人なので、もげてしまってからも大事にしてあげてください(笑)

>今、棺桶に入って売ってるジャックの人形に惹かれておりますよ。

私はジャックのシャーペンを買うかチョーカーを買うかで迷い、
結局チョーカーを買ってしまいました。
棺桶つきのジャック人形なんていうものもあるのですね…

>スリーピーホロウ、DVDでも出てて、そっちを借りようと
>思ってます(^−^)
>プレステ2で見れるので。

DVDだと特典映像があるからお徳ですよね。
私もよくDVDで借りてプレステ2で見ています。

>ジャンヌダルクを借りたとき、スリーピーホロウにも
>手をだそうとしたら、弟に「ベイブ都会へ行く」に
>いつのまにかすり替えられてて見れなかった苦い思い出が・・・

ジャンヌ・ダルクも見ましたよ。
リュック・ベッソンとミラ・ジョボビッチの組み合わせであれば、私はフィフス・エレメントの方が好きでしたが…。
しかし弟さん、なかなかいい味出してますね(笑)

蓮沼さん>

>初めまして。蓮沼と言います。

はじめまして。よろしくお願いします。

>「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」はみていませんが、友達がストラップ持っているのでジャック君は知っています。
>あのストラップはどこに売ってるんでしょうか?どうも奈良県内には売ってないようなのです。

実は私のストラップについているジャック君は、ストラップ用のものではないのです。
昔UFOキャッチャーの景品で手に入れたキーホルダーを無理やりストラップにつなげただけなので(笑)
普通のストラップが売られていれば、私も手に入れたいくらいなのです…
申し訳ありません。m(_ _)m
しかし、結構「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」グッズを持っている方、多いんですね。
なんだか今日はとても気持ちがいいです。
もう寝る時間でなければもっと気持ちがよかったのですが…
.
Subject:ナイトメア・ビフォ・クリスマス
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/09/27 04:15
ちょっとばたばたしているので、取り急ぎ。

先日、東京ディズニーランドに行きましたが、件の映画グッズ、
たくさん売っていました。わたしはカードセットとメモ帳を
買いました。映画はまだ観ていないのですが。千葉の柏駅にあ
る高島屋さんにはディズニーグッズ・ショップがありますが、
たぶんああいうお店にも置いてあると思います。ストラップや
ペンなどもありましたよ。

ディックのおすすめ本、ありがとうございました。bk1の
買い物かごにとりあえずほりこんできました。ではまた、
後日ゆっくりと。
.
Subject:実は『遊星よりの……』方は未見なのですが。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/28 01:45
>けんじ 様
>私はこういう、「仲間の誰かが敵」という設定に惹かれるようです。

では、『遊星からの物体X』もお気に入りでしょうか? 原作は「影が行く」
ですね。小学生の頃、ジュブナイル版を読んで痺れました。

>ティム・バートン作品
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』も含め、ティム・バートンの映画はど
こか、歪んだセンスがあって最高ですね。ビデオ版には「フランケン・ウィー
ニー」という短編かついているのですが、心温まるのかどうか、悩む話です。

>私の中で「兆」の「なえ子」と「獣の記憶」の「敵対者」はほぼ同じイメージとなっています。

そう言わわれれば、そうかもしれませんね。自分でも今気付きました。ところ
で、「獣の記憶」はハッピーエンドのつもりだったんですが、そうでないと感
じられる方もおられるようです。書き方が悪かったんでしょうか?(^^;)

>ホラー映画
「ネクロノミコン」「マウスオブマッドネス」に関しては、Cthulhu ML で
も話題になっていました。確か、原作がある部分とオリジナルな部分が混在し
ているのではなかったでしょうか。

>瀬尾ユキト 様
僕にはカフェイン錠殆ど効きません。その代わり、胃も平気ですが。昨年の京
フェスではコーヒーで飲み下しましたが、徹夜はならずでした。

>蓮沼 様
Cthulhu っぽいと言っても、固有名詞が少し出てきた程度ですので、ほとん
ど読後感は変わらないと思います。ところで、今書いている長編は「肉食屋敷」
の直接の続編ではありませんが、イメージを継承しているところがあります。

>ケダ様
『ユービック』のネタは今読むとあれですが、当時は衝撃的だったと思います。
#ちょっとでも、言及するとねたばらしになってしまいそう。(^^;)
.
Subject:Re:実は『遊星よりの……』方は未見なのですが。
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/28 22:01
小林様>

『遊星よりの……』は、『遊星からの……』とは別なのですか?

>では、『遊星からの物体X』もお気に入りでしょうか? 原作は「影が行く」
>ですね。小学生の頃、ジュブナイル版を読んで痺れました。

『遊星からの物体X』は、長い間興味を持ちつつも、見る機会がなかったのですが、
少し前にテレビで放映されたものを見ることができました。
(この時のものはリメイクされたものでした。)
確かにこれも「仲間の誰かが敵」ですね。
この映画のように、普通の人間と区別がつかなければつかないほど楽しめます(笑)
原作は「影が行く」というのですか。ジュブナイル版というのは子供向けということですか?
それはなんだかすごいですね…小学生のときに読んで痺れた先生もすごいですが(笑)
こういう作品が先生の人格を形成してきたのですね?

>『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』も含め、ティム・バートンの映画はど
>こか、歪んだセンスがあって最高ですね。

ヒロインが自分の腕をバラして、あとで縫い付ける映画なんてそうそうありませんよね(笑)

>ビデオ版には「フランケン・ウィー
>ニー」という短編かついているのですが、心温まるのかどうか、悩む話です。

確かにあった気がするのですが、内容を覚えていません…
差し支えなければ大まかなあらすじだけでも教えていただきたいのですが…

>「ネクロノミコン」「マウスオブマッドネス」に関しては、Cthulhu ML で
>も話題になっていました。確か、原作がある部分とオリジナルな部分が混在し
>ているのではなかったでしょうか。

そうなんですか。その話題にはくわわりたかったです…
バックナンバーなどは存在しませんか?


ケダさん>

>先日、東京ディズニーランドに行きましたが、件の映画グッズ、
>たくさん売っていました。わたしはカードセットとメモ帳を
>買いました。映画はまだ観ていないのですが。千葉の柏駅にあ
>る高島屋さんにはディズニーグッズ・ショップがありますが、
>たぶんああいうお店にも置いてあると思います。ストラップや
>ペンなどもありましたよ。

とてもいい情報、ありがとうございます!
あまり行くことのない場所ですが、立ち寄った際にはチェックしてみたいと思います。
.
Subject:Re: Re:実は『遊星よりの……』方は未見なのですが。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/09/30 02:27
「Re:実は『遊星よりの……』方は未見なのですが。」 で けんじ さんは以下のように書かれました。
> 『遊星よりの……』は、『遊星からの……』とは別なのですか?

最初の映画化の時のタイトルが『遊星よりの……』でカーペンターのリメイク
版が『遊星からの……』だったはずです。間違えたのか、わざとなのか不明で
す。

> >では、『遊星からの物体X』もお気に入りでしょうか? 原作は「影が行く」
> >ですね。小学生の頃、ジュブナイル版を読んで痺れました。

> 原作は「影が行く」というのですか。ジュブナイル版というのは子供向けということですか?
> それはなんだかすごいですね…小学生のときに読んで痺れた先生もすごいですが(笑)
> こういう作品が先生の人格を形成してきたのですね?

小学校の図書館に「少年少女世界 SF 名作全集」(←適当に書いてます。だ
いたいこんな感じの題名でした) があって、読み漁っていました。
僕と同じぐらいの年齢の方はたいてい図書館にあったという記憶があるようで
す。

> >ビデオ版には「フランケン・ウィー
> >ニー」という短編かついているのですが、心温まるのかどうか、悩む話です。
>
> 確かにあった気がするのですが、内容を覚えていません…
> 差し支えなければ大まかなあらすじだけでも教えていただきたいのですが…

僕もはっきりとは覚えていないのですが...
#ねたばらししてどうという内容ではないと思いますが、未見の方は注意してください。









ウィーニーという名の仔犬が死んだ後、落雷で生きかえってまた死んで、飼い
主の少年が悲しんでいたので、近所の人たちが車のバッテリーで生き帰らせる
話です。
#細部は違うかもしれませんが、こういう話です。未見の方は見たほうがいい
#と思います。あらすじではあの独特な感じが伝わらないので。

> >「ネクロノミコン」「マウスオブマッドネス」に関しては、Cthulhu ML で
> >も話題になっていました。確か、原作がある部分とオリジナルな部分が混在し
> >ているのではなかったでしょうか。
>
> そうなんですか。その話題にはくわわりたかったです…
> バックナンバーなどは存在しませんか?

バックナンバーの閲覧はできましたっけ? >かやのさん
.
Subject:Re: Re:実は『遊星よりの……』方は未見なのですが。
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/09/30 13:17
>最初の映画化の時のタイトルが『遊星よりの……』でカーペンターのリメイク
>版が『遊星からの……』だったはずです。間違えたのか、わざとなのか不明で
>す。

私も「〜よりの〜」の方は見てませんね。
なんで違うんでしょう。

>小学校の図書館に「少年少女世界 SF 名作全集」(←適当に書いてます。だ
>いたいこんな感じの題名でした) があって、読み漁っていました。

私もその口ですね。

>僕と同じぐらいの年齢の方はたいてい図書館にあったという記憶があるようで
>す。

それでSFに目覚めたというのがあります。
同じように、名作ミステリのもありましたね。

>> >「ネクロノミコン」「マウスオブマッドネス」に関しては、Cthulhu ML で
>> >も話題になっていました。確か、原作がある部分とオリジナルな部分が混在し
>> >ているのではなかったでしょうか。
>>
>> そうなんですか。その話題にはくわわりたかったです…
>> バックナンバーなどは存在しませんか?
>
>バックナンバーの閲覧はできましたっけ? >かやのさん

ここから見られます。
http://www.infoseek.co.jp/Content?col=MS&arn=5iDIccFwqs&lk=noframes&nh=10&qp=1

ちなみに、「マウスオブマッドネス」の方は、正確に言うとラヴクラフト原作ではないですね。
出てくる作家がラヴクラフトみたいな感じですけど。
#影響は受けていると監督が言ってた気もしますが。
.
Subject:わたしも『遊星よりの……』方は未見ですね。
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/09/30 15:02
小林様>

>最初の映画化の時のタイトルが『遊星よりの……』でカーペンターのリメイク
>版が『遊星からの……』だったはずです。間違えたのか、わざとなのか不明で
>す。

私が見たものは『遊星からの……』でよいのですね。
こうなると『遊星よりの……』もみたくなりますが…

>ウィーニーという名の仔犬が……

思い出しました!
やっぱりこの作品もどこかずれていましたよね(笑)

かやのふさん>

>ここから見られます。
>http://www.infoseek.co.jp/Content?col=MS&arn=5iDIccFwqs&lk=noframes&nh=10&qp=1

ありがとうございます。
早速見てみます。

>ちなみに、「マウスオブマッドネス」の方は、正確に言うとラヴクラフト原作ではないですね。

そうだったんですか。
すっかりラヴクラフト原作だと思い込んでいました。
.
Subject:こどもの頃読んだSFと言えば・・・
From:く・りとる・りとる
Date:2000/10/06 01:13
小学生の頃読んだSFって、何かすごく良く覚えてませんか?
作者や出版社なんかは全然覚えてへんのやけど、
ふと挿し絵とか文章の一節とかが甦る時がありませんか?

ワタシが今でも忘れられないSFは、「犬の学校」と「宇宙バス」です。
どなたかご存じの方ないですかね〜。
特に「犬の学校」の方はすごい怖い作品でしたわ。あーもう一度読みたいなあ。
.
Subject:Re:こどもの頃読んだSFと言えば・・・
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/10/07 17:39
>小学生の頃読んだSFって、何かすごく良く覚えてませんか?
>作者や出版社なんかは全然覚えてへんのやけど、
>ふと挿し絵とか文章の一節とかが甦る時がありませんか?

わたしは昔見たSF映画をよく覚えています。(題名以外)
人間に化けた宇宙人が地球を征服しにくるというありきたりな内容でしたが、
その宇宙人の文明では銅をエネルギーにしていて、彼らの銃を奪って銅のコインを
入れると強力な光線を出したことや、人間に化けた彼らが生きたカエルを丸のみ
したシーンなどを、今でも鮮明に覚えています。
あと、最後が夢落ちっぽかったこともよく憶えています(笑)
.
Subject:四連休のハズなのに
From:蓮沼
Date:2000/10/09 00:17
10月6日が学校の創立記念日、7日がナゼか休みで四連休のハズなのに・・・
部活やら何やらで時間が潰れまくっております。明日こそ遊ぼう。

友達が小林泰三様の小説を読んでいるのと判明しました。まだ「玩具修理者」しか読んでないようなので、これから全作貸し出そうと思っております。

すみません。今日は疲れたのでこの辺で。
.
Subject:子供の頃に読んだSF
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/10/12 11:48
ご無沙汰しております。いつもこれに類する書き出しだなあ。

時に子供の頃に読んだSFですが、オレ自身は一つに絞りきれない感じですが、
とにかくマンガの影響を強く受けていました。
カミサマ手塚とかセンセイ石森とか。

そんなわけで、先日帰省した折、甥っ子(小3)には「ロボット刑事」上下巻
姪っ子(小6)には「アルジャーノンに花束を」文庫版を、それぞれの土産に
しました。二人とも、立派な悪い大人になることでしょう。
.
Subject:はじめまして
From:kem-markit
Date:2000/10/12 17:13
はじめまして。小林泰三氏の著作は、角川文庫のものはすべて読みました。
「妻への三通の告白」のラスト、めちゃくちゃ衝撃受けました。
鳥肌が立つっていうか。やはりこの人はただ者じゃねえと再認識。
いやいや、ただただすごい、の一言に尽きます。
.
Subject:初めての SF
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/13 01:44
やはり図書館で洗礼を受けた方が多いのでしょうか?
しっかり、トラウマになっている人もいたりして。

TORI さんの甥御さん、姪御さんも親切なおじさんのおかげで立派に道を
踏み外せそうですね。(^^)

く・りとる・りとるさんが読んだ「犬の学校」ってどんな話でしょう? 気に
なりますね。
けんじさんの映画についても、知っている方がおられたら、ご教授願います。

>蓮沼 さん
啓蒙していただき、痛み入ります。

ところで、ノーベル賞の白川さんと金メダルの高橋さんは七親等離れた親戚だ
ったそうですね。

これって、どのぐらいの確率で起こるんでしょうか?
#計算しようとしたのですが、手持ちのデータが少ないので断念しました。(^^;)
.
Subject:RE: はじめまして
From:小林 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/13 01:48
>kem-markit さん

初めまして。

「妻への三通の告白」を気に入っていただけたようで、幸いです。

あれはハッピーエンドのつもりだったのですが、そうでないと思われる方も多
いみたいです。(^^;)

僕は癒し系ホラーだと主張しています。(^o^)
.
Subject:リンク
From:八俣
Date:2000/10/13 08:54
小林先生、お久しぶりでございます!
って覚えておられますでしょうか?(^^;
HP改装しまして、この機会にとリンクを貼らせて頂きました。
事後報告で申し訳ありません(^^; 下記のアドレスが八俣HPデス。
http://www.interq.or.jp/horse/azat/

忙しくって肉食読んでません・・・うあああ!ゴメンナサイ!!
HP更新完了したので、今日から読もうと思ってます。
友人の間でも肉食屋敷は超評判いいっすよ!楽しみっす!
.
Subject:Re: リンク
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/14 01:47
「リンク」 で 八俣 さんは以下のように書かれました。
> 小林先生、お久しぶりでございます!
> って覚えておられますでしょうか?(^^;

ひと月余りのご無沙汰でしたね。(^^)

> HP改装しまして、この機会にとリンクを貼らせて頂きました。
> 事後報告で申し訳ありません(^^; 下記のアドレスが八俣HPデス。
> http://www.interq.or.jp/horse/azat/

ご報告ありがとうございます。次ぎの更新の時、こちらからもリンクをさせて
いただきます。

> 忙しくって肉食読んでません・・・うあああ!ゴメンナサイ!!
> HP更新完了したので、今日から読もうと思ってます。
> 友人の間でも肉食屋敷は超評判いいっすよ!楽しみっす!

読み終わられましたら、感想などお聞かせください。
.
Subject:肉食屋敷
From:八俣
Date:2000/10/15 12:33
をとりあえず読破しました。実は読むの遅いんですよ、小説(^^;
元々は読むの苦手なんですけど、先生の作品は思わず一気読んでしまう、別格です。

先生の作品では初の事なのですが、肉食は何故か読むのに時間がかかってしまいました。
生物学というんでしょうか?そっち方面はどうやら興味が薄いようで・・・
がしかし!「千の仔を孕んでいる・・・」の辺りから大興奮!
何故、仔山羊が「木」なのか!?うああ!なるほどそう来ますか!
これは最新学術を「ネタ」ではなく、邪神の「謎」に向けたと言って宜しいのですか!?
先生の発想はマジでラヴクラフトです!
描写の摸倣で彼に迫ろうという作家は腐るほどいますが、発想がそれとなると、
作品にラヴィを感じた作家は、先生以外に知りませんです!
素晴らしい作品をありがとうございます!再読せねば!

で、ラスト。「丸くなって震えながら眠った」でてっきり終わったと思いました。
というか、ここで終わるのがお約束かな、と思っていたのですが・・・
うわああ!何故に物体Xの話題が出てたのか分りましたよ!(^^;
先生、サービス精神旺盛っすね!これは悪夢だあ!
.
Subject:初めまして&失礼しました
From:鬼塚 <onzuka@d4.dion.ne.jp>
Date:2000/10/16 12:18
小林泰三先生
こちらには初めて書き込みさせていただきます。柴田先生のところでは敬称略にて大変失礼をばいたしました、まさかご覧になっているとは露知らず、ちょっと冷や汗のでる思いでした。
泰三先生の本ごは、楽しく拝読しております。平積みされた棚を遠くから見て、泰三先生の新刊だと勘違いして走っていくと著者名が違ったりするのです(苦笑)。
ぞくぞくしたりゲラゲラ笑ったり、ほんっと毎回必ずアタリ!!なのがうれしいです。ハードカバーでも迷わず買えます。
でも、ツッコミ(?)入れて下さったのが泰三先生でよかったです、逆だったら「こっ、今度読みます…っ」としか申し上げられないところでした、ヒィーッ!
ついでだから告白して楽になってしまおうと思います、ワタクシつい最近まで「小林タイゾウ」先生だと思い込んでました。先日、友人に「小林ヤスミおもしろかったよー」と言われ、「誰それ?」「あんたがいいって薦めたんじゃん!」という会話の末に発覚いたしました。ここに深くお詫びいたします、あう。
.
Subject:おひさしぶりです★
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/10/16 17:00
後期の授業がはじまって、やっと掲示板にこれました(^−^)

最近書店で肉食屋敷の文庫を見かけました。
ハードカバーの表紙がそのまま文庫のカバーにもなってて、
なんかちっちゃくてかわいかったです。
そしておとずれる行き場のない想い。うあっ安いっ!
だって文庫になるまで待てないんですもん・・・
でも文庫は文庫でつらい。
文庫版でもっているのは人獣細工だけなんですけど、
私は目が悪く、結構あの小さい字を見るのが辛いんです。(近視なんだけどなあ)
でもでも小林先生のはなんかこう夢中にさせてしまうじゃないですか。
ドライアイのくせに目を開きっぱなしにしてしまうので、
不意に瞬きをしたときにモンのスゴイ激痛。
でも止まりません。やっぱり先生の本はちっちゃくなってもすごい。
刺激が強いので、やっぱハード版で行こうと再確認。
.
Subject:かなり昔の話
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/10/16 17:13
けんじさん>

ジャックの首。というかむしろ頭ですが。ペットのねずみにやられました。
がじがじと。前頭葉らへん欠如。・・・・・・まあジャックだから平気かな・・・

小林先生>
ああっ、だめですよカフェイン剤をコーヒーでのんじゃっ!説明書の注意に
あるんですよねーこれ。でも私もやったので言えたセリフじゃないですね。
その状態で眠れるか否かをテスト中に(現実逃避)実験したら、やっぱり眠れました。
私の場合、テスト中に徹夜をしようとすると、ただ起きてるだけ
なんですけど(そして愉快に遊ぶ)、普通はちゃんと勉強するんでしょうね・・・
どっちかというと追いつめられた状態の時にネタなんかが
浮かんできてどうしようもなくなるんですけど、これもやっぱり現実逃避
なんでしょうか。
.
Subject:ブラックユーモア
From:河原 <shimane@peach.ocn.ne.jp>
Date:2000/10/16 18:03
はじめまして、柴田さんの掲示板ではお声をかけてくださり 有難うございました。
「肉食屋敷」どれも好きな話ばかりです。主婦で時間が無いためか捻りのある短編
はとても助かります。 ニュートンという月刊誌でかなり以前に恐竜隕石絶滅悦を
取上げていたんですがそこから話を膨らませてくれた表題作は特に好きです。
「獣の記憶」も蛇が自分のしっぽを飲みこんで環になっているような不思議な読後
感があっていいですね。 サキやボリス・ブィアン、ローラン・トポールなんかの
ブラックユーモアがあってホラーというジャンルに特定されない作品は今後とても
楽しみにしております。神経組織を切ったり張ったりする粘土細工みたいなとこも
何故か心引かれます。頑張ってくださ〜い。
.
Subject:書き忘れ
From:鬼塚 <onzuka@d4.dion.ne.jp>
Date:2000/10/16 19:31
カフェイン剤。ドリンク剤と一緒に服用するとけっこう効きます。
ただ、心臓にくるんで、普段から動悸のひどい方は控えたほうがいいかもしれません。
実際、この服み方はコーヒーで飲み下す以上にヤバいです。
薬自体、常用すると量がどんどん増えます。友人の友人は、通常の5倍飲んで呼吸が止まり、救急車に乗ったとか。
無水カフェインはコーヒーを愛飲している人には効きにくいらしいので、そのへんも原因かもしれませんね。
.
Subject:肉食屋敷とカフェイン剤
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/17 01:18
>八俣 さん

感想ありがとうございます。
「千の仔」に気付いていただいて嬉しく思います。
後の3作もゆっくり読んでください。

>瀬尾ユキト さん

ドライアイとのことですが、コンタクトを使っておられるのでしょうか?
僕は最近コンタクトを入れずに眼鏡のことが多いので、たまに入れると目がび
っくりするようです。(^^;)
いくつかの作品は文庫本でしか出ていないので申し訳なく思います。m(_ _)m

カフェイン剤は耐性ができてしまうので、ここという時にしか使わない方がい
いみたいですね。
.
Subject:ようこそ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/17 01:26
>鬼塚 さん

柴田さんのところにも書きましたが、作家の敬称はあまり気にする必要はない
ように思います。評論などでは、敬称略がデフォルトですから。

「タイゾウ」って読まれることはわりと多いみたいですね。
#ひょっとして、みんなネプチューンを思い浮かべてるんだろうか? 全然タ
#イプ違うのに。(;o;)

ドリンク剤にもカフェインが入っているので、要注意ですね。むしろドリンク
剤の効果の殆どはカフェインの効果かもしれません。
因みに、僕は普段から泥のようなインスタントコーヒーを飲んでいます。

>河原さん

「ニュートン」を読まれているとは心強い! しかも、海外の作家も読み込ん
でおられるようで、まさに主婦の鏡といえるでしょう。
これからも、どんどん感想をお願いします。
.
Subject:人の尻馬で
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/10/17 14:51
我も我もと告白すれば、オレも「タイゾウ」と読んでおりました。
でも、頭に浮かんでいたのはネプチューンではなく、「キリン」と言うマンガに
登場するキャラクターのタイゾウでした。
バトルスーツと呼ばれるプロテクター付の革ジャンに、袖を切り落としたGジャン
を重ね着し、一見、スキーブーツのようなオフロードブーツを履いて大型バイク
を乗り回すタイゾウ氏、ヘアスタイルはモヒカンです。

原田タイゾウの約5倍ほど、イメージが遠くにありました。

その節は、大変失礼をばいたしました。
.
Subject:私も尻馬で(笑)
From:けんじ <kenji@adachi.ne.jp>
Date:2000/10/17 22:24
<読み

私も最初は泰三と読んでしまいました・・・
ラジオで小林先生を「小林泰三先生」と呼んでいたので、気づいた次第です。

<ニュートン

私もニュートンは愛読しております。
「神の設計図」や「ニューロン」などの言葉に多いに惹かれてしまうのです。
.
Subject:口コミ?
From:たかひこ <tarbowda@v004.vaio.ne.jp>
Date:2000/10/18 21:13
ひさしぶりにかきこみます。

みなさんは、はじめて読んだ小林泰三先生の作品って、何ですか?

ぼくは、アンソロジー「ゆがんだ闇」の、「兆」です。
「ゆがんだ闇」を買ったのは、別の作家めあてだったんですが、
一番面白かったのが「兆」でした。

結構口コミで伝わるのが多いみたいですね。
ぼくも何人かに感染させました(笑)
あんまり宣伝とかないから、広まりにくいですよね。
.
Subject:Re: 口コミ?
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/10/19 00:51
>みなさんは、はじめて読んだ小林泰三先生の作品って、何ですか?

私は単行本の「玩具修理者」です。
「パラサイト・イヴ」の選評に載っていたのですぐに読みたかったのですが、
掲載雑誌はすでになかったので、単行本が出るのを心待ちにしてました。
で、出た瞬間に買ってはまったという(^^)

その後、ネットニュース(fj)で小林さんの書き込みを見つけ、
突然メールを出して、無理矢理知り合いになったという経緯があります(笑)
#迷惑じゃなかったですか?>小林さん

そーゆー意味では、公的なファン第一号かもしれません>自分
自慢してもいいかなー(笑)

>結構口コミで伝わるのが多いみたいですね。
>ぼくも何人かに感染させました(笑)
>あんまり宣伝とかないから、広まりにくいですよね。

口コミってやっぱり大事だと思います。
「玩具修理者」は何人もの友人に勧めましたし。
.
Subject:はじめまして
From:かわの <j980042@jinsha.tsukuba.ac.jp>
Date:2000/10/19 02:32
田中哲弥非公式ファンサイトなるものをやっているかわのと申します。

>小林泰三様
お礼が遅れましたがリンクしていただきましてありがとうございました。

>管理人様
私、上記サイトで関連掲示板リンクを作成中なのですが
こちらの掲示板へ直接リンクを張らせて頂いても宜しいでしょうか?
メールで送るべきかとも思いましたが掲示板にて失礼いたします。

>みなさんは、はじめて読んだ小林泰三先生の作品って、何ですか?
私が初めて読んだのは「玩具修理者」です。
日本のホラーとしばらく離れていた私が再び読むようになった
思い出深い作品です。ってなんか偉そうですが。

関係ない話で恐縮ですが、書店で小林さんの本を探している時に
「小林恭二」氏の名前で引っ掛かったことが何度もあります。
いや別に小林恭二氏が嫌いだとかいう訳ではありませんが。

http://www.jinsha.tsukuba.ac.jp/~j980042/tt/
.
Subject:Re: はじめまして
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/10/19 16:00
>田中哲弥非公式ファンサイトなるものをやっているかわのと申します。

ちょこっと覗かせていただきました。
気合いはいってますねぇ。

>>管理人様
>私、上記サイトで関連掲示板リンクを作成中なのですが
>こちらの掲示板へ直接リンクを張らせて頂いても宜しいでしょうか?

かまわないですよー。

>関係ない話で恐縮ですが、書店で小林さんの本を探している時に
>「小林恭二」氏の名前で引っ掛かったことが何度もあります。

私も引っかかったことあります(笑)
「新刊か!」とか言って。

>いや別に小林恭二氏が嫌いだとかいう訳ではありませんが。

そもそも、何者か知りません(^^;

>http://www.jinsha.tsukuba.ac.jp/~j980042/tt/

おお筑波。
うちの会社にやたらたくさんいますな。
.
Subject:リンクの件
From:かわの <j98042@jinsha.tsukuba.ac.jp>
Date:2000/10/19 19:16
>かやのふ様
ありがとうございます。
さっそく今夜あたり追加させていただこうと思います。

>ちょこっと覗かせていただきました。
>気合いはいってますねぇ。
恐縮です。いろんなことをしようとしてなかなか上手くいかない
という状態のような気もちょっとしますが気のせいでしょう(そうか?)。

>そもそも、何者か知りません(^^;
正直言うと私もです。何度か手に取りかけたのですが。

>おお筑波。
>うちの会社にやたらたくさんいますな。
ノーベル賞をとる人もいますが私どもにはほとんど関係ない話で。

小林さんの作品ですが、私は作品集やたまたま手に取った雑誌に載っていた短編
および異形コレクションに掲載の作品ぐらいしか読んだことがないので
時々お話に出る『兆』というのをまだ読んだことがないのです。
これを機に(?)読んでみようかと思います。
.
Subject:授業中
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/10/20 16:57
はいー授業中です(^−^)

>みなさんは、初めて読んだ小林泰三先生の作品って、何ですか?
玩具修理者のハードカバーです。
当時
惹かれてふらふらと買ってしまいました。
やっぱりタイゾウってよんだんですよねー
笑う犬見てるんで、「はーらーだタイゾウですっ!」って
脳裏をよぎりました。
ローマ字でやすみって読むと知って、じゃあ性別は!?
このHPみつけるまでかなり悩んでましたよ。

>口コミ
布教してます。
でも私の友達の多くは小説読まない人ばっかで
この掲示板でこうやって読んだり書いたりするのは
至福です(^−^)
これでうちにパソコンが入れば最高なんですけど

ああ先生にみつかるう
.
Subject:玩具修理者とあとむ
From:yukie <topaze@nyc.odn.ne.jp>
Date:2000/10/20 22:42
先日、手塚治虫さんの鉄腕アトムの第一話を見る機会がありました。
鉄腕アトムのアトムって、実はロボットサーカスの芸名だったんですね〜。
天馬博士が、自分の一人息子を事故で亡くして、
それで悲しみのあまり、自分の息子そっくりのロボットを作ったそうで。
#私はてっきりお茶の水博士が作ったものとばかり(^^;)
だから最初はアトムじゃなくってトビオ(息子の名前)だったそうな。
でもトビオが全然成長しないことに腹を立てて、
サーカスに売り飛ばした……という、実に重いストーリーだったんですね。
アトムって冒険活劇のイメージの漫画だったんですが……。
私はその映像を見ながら、玩具修理者を思い出しちゃいました。
玩具修理者は成長できるように作り直してくれたから、良かったけど……先日、手塚治虫さんの鉄腕アトムの第一話を見る機会がありました。
鉄腕アトムのアトムって、実はロボットサーカスの芸名だったんですね〜。
天馬博士が、自分の一人息子を事故で亡くして、
それで悲しみのあまり、自分の息子そっくりのロボットを作ったそうで。
#私はてっきりお茶の水博士が作ったものとばかり(^^;)
だから最初はアトムじゃなくってトビオ(息子の名前)だったそうな。
でもトビオが全然成長しないことに腹を立てて、
サーカスに売り飛ばした……という、実に重いストーリーだったんですね。
アトムって冒険活劇のイメージの漫画だったんですが……。
私はその映像を見ながら、玩具修理者を思い出しちゃいました。
玩具修理者は成長できるように作り直してくれたから、良かったけど……
.
Subject:初めて読んだ小林作品と『鉄腕アトム』
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/22 02:14
>初めて読んだ小林作品
中学生の時かな? それ以前にも頭の中だけのはたくさんありました。

>アトム
『鉄腕アトム』は二度テレビアニメ化されていますね。昭和38年開始の白黒の
ものと、昭和55年頃のカラー版と。yukie さんがご覧になったのはどちらでし
ょう?

よく『鉄腕アトム』を評して、「楽観的な未来を描いた作品」と書かれている
ことが多いんですが、そういう文章に出会う度、「本当に読んだの?」と思っ
てしまいます。
『鉄腕アトム』の世界って問題だらけですよね。

ところで、天馬博士って国家予算で自分用のロボットを作った挙句、国の資産
であるアトムを勝手に売り払ったりしてめちゃくちゃですね。
実は原作には、元のトビオ自体がロボットだったという話もあるんですが、ア
トムの死が何度も語られていたりして、原作の整合性はあまりないようです。
そういう意味では、『アトム』は生きて成長する物語だったのでしょう。

因みに、原作で語られるアトムの誕生年は2003年です。
#新作版アニメでは2030年。その数年前に放映された事実上『アトム』のリメ
#イクである『ジェッターマルス』は2015年生まれです。
.
Subject:四里川さんもう一度!!!
From:深み <mihamix@nyc.odn.ne.jp>
Date:2000/10/22 23:35
きっかけは何だったか忘れましたが、玩具修理者以来小林泰三ワールド漬けになっております。これぞ待っていた!!!と心の中でなんど叫んだことでしょう。
今一番私の興味を誘うモノは小林さんの作品と四里川さんです。もう!!!(言葉になっていない)
大好きなんですよー四里川さん。密室・殺人は何度読んでも悶えます!!(酔歩も悶えますが)。
いつか四里川さんが再び現れる事を、わたくしはずっと待っております。
そして今後の徳さんの活躍にも期待!!だわ。
では!!!(云うだけいって去っていく)
深み。
.
Subject:☆四里川さん☆
From:瀬尾ユキト <yui2222@lycos.ne.jp>
Date:2000/10/23 17:27
>深みさん
四里川さんいいっすよねー!!!!
やったーいたよ同士がっ(←勝手に・・・)
かっこよすぎ!!!
ああいう彼氏が欲しい(^−^)理想たかすぎッスかねえ。
主人公の立場が非常にうらやましい・・・くうっ!
あの関係もすごくいいなーってかんじです
ううーまた読みたくなってきたッ
家に帰ったらドラクエ中断して密室・殺人に浸ります(*^−^*)
.
Subject:お久しぶりです
From:勘九郎
Date:2000/10/24 01:14
きゃー。手塚先生の話題だわ★
大好きなんです〜。ブラックジャックとかそういうのが好き。
アトムってなんで裸なんでしょうか。
他のヒーローモノってちゃんとスーツ?みたいなのきてるのに。
.
Subject:セクシーボーイ
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/10/24 11:46
鉄腕アトム米版タイトル(嘘)。
たしか、彼が裸なのは、天馬博士のせいだったと記憶しています。
育たないトビオ(アトム)にぶち切れてしまった博士は、ロボットに服などいらない
と、非常に差別的な発言とともに、トビオから服を剥ぎ取ってサーカスに売り飛ば
したような。
で、そのサーカスの団長から赤いブーツをもらうんだ確か。
律儀な子だなあアトムは。最後まで、ブーツを履いて(ないときもあったけど)、名
はアトムのままで。基本的には裸で。あ、普段は着ているから、着ている物が彼の
ハードアクションに耐えられないというコトなのでは?

デザイン上の理由としては、差別されているロボットの立場を表しているのかも。
あと、プロレスのイメージもあるのかな、あの黒いパンツ。

すみません、記憶と想像だけで書いてしまいました。
.
Subject:なるほど!
From:ケダ <keda@mbe.nifty.com>
Date:2000/10/24 16:32
:>ハードアクションに耐えられない

キューティーハニーと同じ原理か!(話題を永井豪に持って行く
なよ<てゆーか、そういう問題か!)
.
Subject:Re: なるほど!
From:かやのふ <kayano@anocari.com>
Date:2000/10/24 17:12
>:>ハードアクションに耐えられない
>
>キューティーハニーと同じ原理か!(話題を永井豪に持って行く
>なよ<てゆーか、そういう問題か!)

サイボーグ009の服は、マッハ3でも摩擦熱で燃えないように
作られているそうです。
#そういう説明をしている回があった。
.
Subject:Re: 初めて読んだ小林作品と『鉄腕アトム』
From:yukie <topaze@nyc.odn.ne.jp>
Date:2000/10/24 19:09
私が見た第一話は、モノクロだったので昭和38年開始版ですね。
誕生年は2003年だったんですね。あと3年後……
新世紀って、小説や漫画で語られていたほど、意外にも進まなかったですね。
ロボットペットや、携帯端末(昔によくあるのは、腕時計型ですが(^^;)、
超薄型テレビなんかは、実現してますが……
小説や漫画の設定時代を追い越す、というのは、
不思議な気分ですね(^^;)

天馬博士は、もうイッちゃってますね。
矛盾した要求を息子につきつけるところは、ある意味で
今日日の風潮の児童虐待に通じますが……
トビオ自体がロボットというストーリーははじめて知りました。
このモノクロ版では、天馬博士がアトムを追い出すシーンで、
天馬博士の頭から、落ちた鳥の巣のヒナが顔をだして、
さえずるというギャグで表現されているんですよね。
アトムから見れば自分の存在を否定されるシーンなのに、
それをギャグにする手塚さんのセンスって……と考えると、
手塚治虫という作家は、暗い部分をもってますね。
手塚さんの「七色インコ」という怪盗漫画があるのですが、
これも怪盗モノというストーリーの中に、
主人公しか見えない「ホンネ」という妖怪がでてきて、
コメディ調で彼を翻弄するストーリーが紛れています。
これもまた、不思議なセンスです。
.
Subject:服
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/10/25 20:45
> サイボーグ009の服は、マッハ3でも摩擦熱で燃えないように
> 作られているそうです。
そういえば、ビッグXの服は、最初の頃はビリビリ破れていましたが、
専用スーツを着るようになってからは破れませんね。
超伸縮自在の素材という設定なので、それはいいんですが、ビッグXと
比較した時、アトムは差別の象徴として裸だった、というのもわりと
はずしてないのかな、なんて思います。
ロボットは、服を着る権利を何年か前に獲得したとか、そんな説明が
劇中でなされたような。
あっ、天馬博士のところから追い出された頃は、ロボットが服を着る
権利をまだ獲得していなかったのか?
なんかそんな気がします。あれ?そしたら時間が合わない?あ?

ああ、はげしくウロ憶え…
.
Subject:祥伝社文庫『奇憶』の見本がやっと届きました。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2000/10/28 02:01
奥付では11月10日発行になっていました。角川文庫との大きな違いはカバーの
折り返しに写真がついていることです。

>深みさん

メールありがとうございました。早速書き込んでいただけましたね。


>瀬尾ユキトさん

四里川探偵って、意外ともてるんですね。ちょっと驚きです。

>勘九郎さん

TORI さんも書かれてますが、普段は服を着てることが多いみたいです。
戦闘時に服を脱ぐのはロボット刑事も同じですね。

>TORI さん

そう言えば、ブーツが燃えないのが不思議ですね。

>ケダちゃん

キューティーハニーって裸で戦ってましたっけ?
おろおろ。

>かやのふさん

マッハ3だったら、摩擦熱より衝撃波の方が心配ではあります。

>yukie さん

トビオがロボットだったという回は以下のような内用でした。
ネタばらしになるので、ご注意を。少し改行します。










お茶ノ水博士が開発したタイムマシンでアトムは過去に戻ります。そこで、車
に引かれそうになっていたトビオを発見したアトムは「自分を歴史から消し去
ることになるからやめろ」と言うお茶の水博士の制止を振り切って、トビオを
助けてしまいます。ところが、不思議なことにアトムは消えません。そこに現
れた天馬博士、「なんという素晴らしいロボットだ。そうだ。あのロボットを
モデルにして、おまえを完璧なロボットに改造してあげよう」こうして、トビ
オがアトムになり、タイムパラドックスは回避された、という話です。
#パラドックスは全然回避されてないように思いますが...
.
Subject:キューティーハニー
From:く・りとる・りとる
Date:2000/10/28 19:52
お久しぶりです。
「犬の学校」のあらすじを一生懸命思い出そうとしてたのですが
どうも上手くまとまらず・・・

ところで。
キューティーハニーは(第一作では)アンドロイドで、
体内に「空中元素固定装置」が組み込まれてたと思います。
敵側(パンサークロウだっけ?)もそれを使って
ダイヤモンドを大量に作ろうとしてたんじゃなかったっけ・・・?

それで、服がどんなにびりびりになっても
また空中から湧いて来るとゆう設定だったよね?
.
Subject:へろ
From:クララ
Date:2000/10/30 14:50
おおー掲示板だ。

従姉妹の彼氏(もと)は、泰三と書いてタイゾウと読むんですよ。

そいじゃ!
.
Subject:「奇憶」買いました(^_^)v
From:く・りとる・りとる
Date:2000/10/30 20:58
今日、病院へ行くついでに待合室で読む本を買おうと本屋へよって、
「奇億」を入手いたしました。

ちょうど待ってる間に読了したのですが・・・・

・・・・・。

怖い・・・・めっちゃ怖い・・・・・
「兆」と同じくらい怖い・・・・

何か今日の夢に出てきそう・・・
.
Subject:ブーツ
From:TORI <torihiko@anet.ne.jp>
Date:2000/10/31 11:48
幼い頃から不思議で仕方がありませんでした。
リアルタイムで追っかけていた年ではないので、ブーツを履くことになった
エピソードは後年知ることになったので、ブーツに見えるだけでああいう足
なんだと信じていました。
だから逆に、ブーツじゃない靴のときに、クエスチョンマークが頭を埋めて
いました。
.

もどる
トップ