小林掲示板ログ 平成13年9月〜10月分

もどる
トップ

Subject:Re: 小林泰三をカタル 
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/01 03:02
おや。2ちゃんねるで新しく僕のスレッドができたんですか。
でも、もう収束してるみたいですね。(;o;)
.
.
Subject:はじめまして
From:MAO <maoshin@mth.biglobe.ne.jp>
Date:2001/09/01 07:26
はじめまして、MAOといいます。
『玩具修理社』から小林さん
(『先生』というのは誉め殺しに近いという勝手な思いこみがあるのでこうさせていただきます)
の作品にトチ狂ってしまい、
本読みに会うたびに小林作品を強く押し捲っているものです。
↑今まで二人はめました(笑)
ここの存在もかなり以前から知ってはいて、
僕のHPからかってに無断リンクしてしまったのですが(すいません)、
何故か、怖気づいてしまって、書きこめませんでした。
今日もROMしようとふらりと立ち寄ってみたら、
『玩具修理車』映画化の話があるではないですか。
しかも検索かけてみたらTEAM OKUYAMA。
『映画化決定!!』の帯が現実化する時が来たのですね。感激です。
『そういう話もあったなあ、結局ぽしゃったのかあ』とか、
勝手なことを思っていたりもしたんですけど。
今から楽しみです。はめた二人にも教えます。
感激のあまり、無礼且つ正しい日本語になっていない所もありますが、
これにて失礼させていただきます。
よろしければまたお邪魔させてください。
.
.
Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/02 04:00
「はじめまして」 で MAO さんは以下のように書かれました。
> はじめまして、MAOといいます。

初めまして。

> 『玩具修理社』から小林さん
> (『先生』というのは誉め殺しに近いという勝手な思いこみがあるのでこうさせていただきます)

確かに今でもまだ慣れませんね。「先生」という呼び方は。(^^)
#最近は平静を装えるようになりましたが。

> の作品にトチ狂ってしまい、
> 本読みに会うたびに小林作品を強く押し捲っているものです。
> ↑今まで二人はめました(笑)

ありがとうございます。

> ここの存在もかなり以前から知ってはいて、
> 僕のHPからかってに無断リンクしてしまったのですが(すいません)、
> 何故か、怖気づいてしまって、書きこめませんでした。

リンクは全然問題ありません。
この掲示板は厳しい人はいないので、気楽に書き込んでいいと思いますよ。

> 今日もROMしようとふらりと立ち寄ってみたら、
> 『玩具修理車』映画化の話があるではないですか。
> しかも検索かけてみたらTEAM OKUYAMA。

検索でかかりましたか。どこの検索エンジンでした?

> 『映画化決定!!』の帯が現実化する時が来たのですね。感激です。
> 『そういう話もあったなあ、結局ぽしゃったのかあ』とか、
> 勝手なことを思っていたりもしたんですけど。
> 今から楽しみです。はめた二人にも教えます。

いろいろ紆余曲折はあったのですが。(^^;)
詳しいことはそのうちお知らせします。

> 感激のあまり、無礼且つ正しい日本語になっていない所もありますが、
> これにて失礼させていただきます。
> よろしければまたお邪魔させてください。

これからもよろしく。
.
.
Subject:やっとΑΩ
From:く・りとる・りとる
Date:2001/09/04 00:11
やっと読めました。
図書館にリクエストしてたのです。(買わなくてごめんなさい)

先生の書く「ホラー」には匂いがありますね。臭い、かな。
恐ろしいモノは腐った臭いがするんですね。

私、実は学生の頃京大の外科の実験室でバイトをしてまして、マウスの世話とかしてたんですよ。
といっても、実験で死んだガンのマウスをつまみ出して捨てるのと、
週に一度清潔なケージに入れ替えるのが仕事でしたが、それが恐ろしく臭くって・・・。

思い出してしまいましたわ。ううう・・・。

p.s.「千と千尋の神隠し」に出てくる風呂屋の従業員(男)はインスマウス面ですね。
.
.
Subject:たぶん、1年ぶりの再登場です。
From:藤原@元・寄生獣 <akiraf@wonder.ocn.ne.jp>
Date:2001/09/04 19:31
しばらく伺っていない間に、トップページに「サイファイ」の文字が乱舞して
いて、思わず笑いそうになってしまいました。(^^

>p.s.「千と千尋の神隠し」に出てくる風呂屋の従業員(男)はインスマウス面ですね。

僕は、なんというか宮崎さんが柳田国男ブームを再来させようとしてるのかと
思いました。>千と千尋

> 『玩具修理者』映画化の話があるではないですか。

やっぱりMEIMUさんのコミックに近い雰囲気に仕上がるんでしょうか?
今から楽しみです。
.
.
Subject:こんばんは
From:MAO <maoshin@mth.biglobe.ne.jp>
Date:2001/09/05 02:43
また御邪魔します、MAOです。

>検索でかかりましたか。どこの検索エンジンでした?

yahooでかかりました。
『玩具修理者』をキーワードに検索かけたら、
映画のオフィシャルページにヒットしました。
↑まだ、なんのコンテンツも無いんですけど(九月五日現在)

>いろいろ紆余曲折はあったのですが。(^^;)
>詳しいことはそのうちお知らせします。

紆余曲折話、なんだか楽しみです(笑)。
ちょっと年月がかかっているので、色々な話が出てきそうで。

『玩具修理者』を読み返しました。
やっぱり、鳥肌が立ちました。
最後の二人のやり取りは、何度読み返しても恐ろしいです。
後は、『妻への三通の告白』も好きです。

でわでわ、『AΩ』を映画化するときは、
金子修介に監督をして欲しいと思っているMAOでした。
失礼します。
.
.
Subject:公務員の悲哀戦隊タネガシマン
From:DADGAD
Date:2001/09/05 09:26
>宇都麻人様
 あぁ、言われてみれば以前の書き込みにも高校生である旨が書かれて在った
ような気もします。失礼をお許しください。
 H−IIA・F1の打ち上げ成功に島民の方々も喜んでくれていると聞けたこ
と、本当に嬉しく思います。以前には漁で生活をしておられる方々の抗議行動
もありましたし、歓迎されていない施設であると思い込んでいました。


>小林泰三様
 ご存知のこととは思いますが、私の様な莫迦なファンと云うのは非常に自分
勝手な存在で、再構築された作品と俺的作品(現国の試験の様に融通が利きま
せん)の齟齬に腹を立てたり、悲しんだりするものなのです。
 例えば、普段は画廊を経営している紳士が子どもたちの悲鳴を聞いて『玩具
修理者』に変身。ボディ・ペインティングにヒラヒラを纏った女性ダンサーと
踊り狂いながら修理。と、云う様な映画を許容する度量は、残念ながら私には
在りません。テーマの如何に関わらずです。
 ノー・モア・ブラックジャック! ノー・モア・ 加山雄三!!
.
.
Subject:映画?
From:梛月槻美未
Date:2001/09/05 23:32
こんばんわです。お久しぶりです。
今書き込みを読んだのですが、玩具修理者、映画化ですか?うわ〜い、嬉しいな。
公開されたらどんなに忙しくても観に行きます。絶対に。
そのときは胃袋をすっきりさせます。
さて、この勢いで「本」も映画化になってくれ!
「本」を読みながら、勝手にイメージを膨らませてあそばせて貰いました(悪)
れみちは私の好きな女優で、4月くらいに有名俳優T・Sと婚約会見した、N・M。
みかぴはふっくらとした頬がキュートなA・Y。
高菜君は、SMAPのG・I←早く復帰してくれ〜。
そして、間山君は(なんとなく)S・K。
以上はミミの勝手な想像です。(汗)
.
.
Subject:「臭い」と豚の頭と yahoo とクララとイニシャルトーク
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/09 02:52
>く・りとる・りとる さん

「臭い」は大事だと思います。現代では悪臭はどんどん排除されていくので、
たまに臭いを嗅ぐとその力に驚いてしまうことがあります。

>藤原@元・寄生獣 さん

「千と千尋の神隠し」って、日本的なようで無国籍ですよね。少なくとも、日
本の神々が豚の頭を食べるイメージってなかったのではないでしょうか?

MEIMU さんのコミックは名作でしたが、映画はまた違うものになると思
います。僕も楽しみにしています。

>MAO さん
> yahooでかかりました。
> 『玩具修理者』をキーワードに検索かけたら、
> 映画のオフィシャルページにヒットしました。
> ↑まだ、なんのコンテンツも無いんですけど(九月五日現在)

あっ。本当だ。コンテンツがないと余計にストレスがかかりそうですね。(^^;)

>DADGAD さん

原作と全然違う映像化作品と言えば、『未来少年コナン』や『不思議の海のナ
ディア』が有名ですね。賛否あるでしょうが、作品になってしまうと、そっち
が一人歩きしてしまう傾向があるみたいですね。『ハイジ』にしても、みんな
テレビアニメのストーリーで覚えているし。(^^)
#原作ではクララの車椅子を壊したのはペーターだし、クララは練習なしで突
#然、立つんですよね。

『玩具修理者』の映像化ストーリー案については、牧野さんと一緒に考えたやつがたぶん
駄文20の最後の辺りに載っています。絶対実現しないと思いますが。(^^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/dabun20.html

>梛月槻美未 さん

なぜ頭文字に?

NM が松島菜々子さんで、GI が稲垣吾郎さんというのはわかったのですが、
他の人がわからなくって気持ち悪い〜。(^^)
.
.
Subject:どうも、こんばんわ。
From:梛月槻美未
Date:2001/09/09 20:03
えっと、名前出しちゃいけないかな、と思いまして(^^;)

N.Mは、松嶋菜々子さんです。
G.Iは、稲垣吾郎さんです。
A・Yは、矢田亜希子さんです。
んでもってS・Kは、香取信吾さんです。(漢字、合ってるのかしら。)

「本」は、映画化もしくはドラマ化にならないのですか?
そんな話は、出ていませんか?
.
.
Subject:Re: どうも、こんばんわ。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/10 02:15
「どうも、こんばんわ。」 で 梛月槻美未 さんは以下のように書かれました。
> えっと、名前出しちゃいけないかな、と思いまして(^^;)

文化人、芸能人の場合は誹謗・中傷やプライベートの情報など迷惑をかけない
限り、名前を出してもいいと思いますよ。
#逆にイニシャルでも迷惑になる場合は不可。

> N.Mは、松嶋菜々子さんです。
> G.Iは、稲垣吾郎さんです。
> A・Yは、矢田亜希子さんです。
> んでもってS・Kは、香取信吾さんです。(漢字、合ってるのかしら。)

なるほど。香取さんの間山は惚けた味があっていいかもしれませんね。
大阪弁の松嶋さんも見てみたい。

> 「本」は、映画化もしくはドラマ化にならないのですか?
> そんな話は、出ていませんか?

残念ながら。でも、映画『玩具修理者』がヒットすれば、そんな話も出るかも
知れませんね。
.
.
Subject:はじめましてはこんにちは。
From:零 <cfp79590@par.odn.ne.jp>
Date:2001/09/20 20:09
おはつにおめにかかります、零というものです。小林さんの作品は今までのホラーに無かったテイストがあると思います。いや、どういうテイストかって聞かれたら上手く言えないんですが・・・とにかくすごいハマりました。最初に読んだのは「人獣細工」でした。それからというもの一気に小林さんの作品を読みあさりましたよ。時間を忘れるくらい一気に読んでしまうので気が付いたら夜更けだったっていうのもしょっちゅうです。全ての作品をまだ読んだわけではないのですが今のところ一番好きな作品は「酔歩する男」です。ドラえもんのタイムマシン感覚で自由に時間を旅できるのとは違っていて「ああ、タイムとラベルっていいものばっかりじゃないんだ。」と何だかカルチャーショック(?)を感じました。まあ、時間というものはひとりの人間に管理できるほどの物じゃないってことですよね。とにかく色々時間というものを考え直したりする事が出来た作品でした。私の世代の人たちは本を全くといっていい位読まないので残念ながら小林作品トークはできないのですがここでなら思う存分それが出来るのでこれからも度々此処に来させて頂きます。乱筆乱文ですいません。あ、「玩具修理者」の映画楽しみにしています。
.
.
Subject:あまりのことに寒気がして(折からの冷たい雨のせいでなく)
From:Y
Date:2001/09/21 23:45
はじめて、伺いました。
「酔歩する男」を一気に読みまして、興奮醒めやらぬままにこのサイトにたどり
着きました。
読了して、これが読みたかったんだと思いました。胸がすっとするというか、
タイムトラベルものは、あの「タイムトラベラー」のみ!と思ってきた自分ですが、
この一冊は衝撃的でした。論理的な破綻があると興ざめなのですが、後半にいくに
したがって、作者の目論見はいよいよ冴えわたって、説得力を増してきます。
はじめは、遺伝子からのアプローチが現実的に見えているのに、知らぬ間に作者の
術中に心地よくはめられています。なめらかに引っ張られていく感じ。
何故、もっと早くこの一冊に出会えなかったのか、収束が遅すぎたことが
悔やまれます。(はまりまくり!)
受賞作品の「玩具修理者」からで、入門したての読者ですが、これからもこんな
胸のすく一冊を拝読したいと願っております。
.
Subject:暫定掲示板から
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/22 02:42
こちらの掲示板が復活したので、暫定掲示板の書き込みをこちらにコピーして
おきます。
-------------------------------ここから-------------------------------
【タイトル】暫定的に掲示板を移行しました
【 名前 】かやのふ@管理人 <kayano@kf.catv.ne.jp>
【 日付 】2001/09/15 15:15:35

掲示板のサーバが例のNYのテロのため、現在使用不能となっています(本当)
そのため、暫定処置として無料掲示板に移行しました。
復帰までしばらくこのままいこうと思います。
詳細については、後ほど。

【タイトル】詳細
【 名前 】かやのふ@管理人 <kayano@kf.catv.ne.jp>
【 日付 】2001/09/15 23:50:20

以前の掲示板ですが、会社の先輩のサーバに間借りしてやっていました。
で、その先輩というはNYに赴任していたわけです。
今回のテロでは、その先輩はマンハッタンに住んでいるわけではないので、
被害を受けたわけではなかったのですが、サーバが被害に遭ってしまいました。
サーバ自身は壊れたというわけではないのですが、サーバに至る経路が
おかしくなってしまっています。
そのため、現在こちらからはそのサーバにたどり着くことができないため
掲示板が使用不可になってしまっています。
復帰がいつになるかわかりませんので、申し訳ありませんが、
しばらくこちらの掲示板をお使い下さい。

昨年、NYに行ったときの画像をおいておきます。
もう二度と同じ風景は見られないんですね・・・
http://www.246.ne.jp/~kayano/tmp/000423newyork/



http://www.246.ne.jp/~kayano/tmp/000423newyork/

【タイトル】テロ
【 名前 】小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
【 日付 】2001/09/16 00:47:39

>かやのさん

さっそくのご対応ありがとうございました。

しかし、こんなところまでテロの影響が出てるんですね。
とにかく大きな戦争に発展しないことを祈るばかりです。


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

【タイトル】違和感?
【 名前 】りん
【 日付 】2001/09/17 08:00:36

…明るい背景の中にみる「小林泰三」氏のお名前って
なんだかとっても不思議なかんじがしますね…

【タイトル】FRANKY SAY  WAR!  HIDE YOURSELF
【 名前 】DADGAD
【 日付 】2001/09/18 08:35:32

>かやの様
 はじめまして。気が向いたとき、いたずらに掲示板を利用させて頂いている
莫迦者でございます。御挨拶が遅れてしまいましたが、貴重な場を提供して頂
いていることには常々感謝しておりました。
 本当にありがとうございます。




 私は報復攻撃に反対します。例え、神がそれを望んだとしてもです。
 民主主義国家の皆様がテロ行為に屈することなく、莫迦なお話しやエロ画像
の収集にのみ没頭出来る夜が1日も早く帰ってくることを願ってやみません。
取り敢えず、私は『Wakanadas 2001』を購入することにしました。

【タイトル】ヘレン・ケラーはサリバン先生の夢をみるか
【 名前 】DADGAD
【 日付 】2001/09/18 08:36:12

>小林泰三様
 そういえば、ポール・ヴァーホーベン監督の『スターシップ・トゥルーパー
ズ』の原作はハインラインの『宇宙の戦士』らしい、と云う噂を聞いたことが
あります。それはそれでOK!!
 ビバ、映画。期待してます。 >『玩具修理者』映画スタッフの皆様


# 「臭い」は大事だと思います。

 今迄、現代アート界の片隅でひっそりと行われていた匂いによる創作活動も
近年になってにわかに脚光を浴び始めているらしいです。
 主に不快な臭いによりヒトの生命活動を表現するこの運動は『シュールスト
レミング』と呼ばれ、スウェーデンを発信基地として、現在も全世界に向けて
無差別に展開されています。
 って優香、アレはどんな臭いだったですか?

【タイトル】暗号文!
【 名前 】梛月槻美未
【 日付 】2001/09/19 12:05:00

こんにちわ。
実は、「本」の中のひらがなの部分と英語と@マークの文章が暗号だというこ
とに友人が気が付き、早速解いてみたところ、驚くべきことがわかりました。
(ここでは言わないけど)
小林さん、こんなところで・・・・・・・・・・(にやり)
すべてが芸術論ですね。

【タイトル】本家が復帰したようです
【 名前 】かやのふ <kayano@anocari.com>
【 日付 】2001/09/19 21:20:23

なんとか本家の掲示板も復帰したようです。
こっちもしばらく残しておきますけどね。


http://moon.anocari.com/~kayano/cgi-bin/gangu-bbs.cgi

-------------------------------ここまで-------------------------------
.
Subject:シュールストレミングと暗号
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/22 02:50
>DADGAD さん

僕も闇雲に報復することは絶対に避けて欲しいと思います。

あれの臭いは喩えるなら、下水のそれでしょうか。

>梛月槻美未 さん

僕の作品にはたいていいくつかこんな遊びが隠してあります。
「玩具修理者」も例外ではありません。(^^)

ご友人によろしく
.
Subject:Re: 違和感
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/22 02:58
>りん さん
初めまして。
#ですよね。

また暗い背景に戻りました。いかがでしょうか? (^^)

こからもよろしくお願いいたします。
.
Subject:Re: はじめましてはこんにちは。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/22 03:06
>零 さん

初めまして。

「酔歩する男」は受賞作とセットで単行本になったので、評価が気になった作
品でした。幸いにも気にいっていただけて、嬉しく思います。
若い人たちが本を読まなくなってきたことは残念ですね。何かいい方法はない
かといつも考えています。

これからもよろしくお願いいたします。
.
Subject:Re: あまりのことに寒気がして(折からの冷たい雨のせいでなく)
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/22 03:15
>Y さん

初めまして。

続けて「酔歩する男」を気に入っていただけた方が現れるとは光栄の至りです。
最近は僕の本も文庫で手に入りやすくなりましたので、よろしければ他の作品
も読んでいただければと存じます。

これからもよろしくお願いいたします。
.
Subject:感謝感激雨あられ!
From:零 <cfp79590@par.odn.ne.jp>
Date:2001/09/23 00:50
いやぁー嬉しいです。何が嬉しいって小林さんから早速お返事があるではないですか。こまめにチェックされているのですね。素晴らしい方だ(あ、今更ですね)。
実はもうすぐ私の通っている高校の修学旅行があるんです。で、小林作品を持っていこうと思い改めて読み直していたんですが結局今日も決まらないまま終わりそうです。
あ、本といえば私子供の頃からよく読んでいたのですが、何か読み返すたびに「あれ、この話ってこんな終わり方だっけかな?」と思うときがよくあるんです。今でもです。本という物は私たちが読んでいるときだけ話が進んでいるのではなく読み終わってからもその世界は続いていて私たちがが生活してるように継続してるのかなって思うんですよね。
だからたまに読み返すとエンディングが以前と違っているように感じたりするのでしょうか。それとも本という物は作者の手を離れて一人歩きをしてしまう物なのでしょうか。
まぁ、小さい頃から妄想するのが趣味(?)な私ですからそういう風に感じただけなのかもしれませんね。けれど、本という物は私たちがページを捲るのをやめた後は止まったままなのでしょうか?もしもそうならどんなハッピーエンドの物語も悲しいですね。
ああ、何か修学旅行の本選びからかなりズレてしまいましたね。話をコロコロ変えるのは私の悪い癖です。もうこうなったら小林作品全部持って旅行に行ってやる!
.
Subject:Re: 感謝感激雨あられ!
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/24 02:40
「感謝感激雨あられ!」 で 零 さんは以下のように書かれました。
> いやぁー嬉しいです。何が嬉しいって小林さんから早速お返事があるではな
> いですか。こまめにチェックされているのですね。素晴らしい方だ(あ、今
> 更ですね)。

掲示板は頻繁に見させていただいてます。ただ、仕事の都合でお返事が遅れて
しまったり、書けなかったりすることもあります。申し訳ありません。(^^;)

> 実はもうすぐ私の通っている高校の修学旅行があるんです。で、小林作品を
> 持っていこうと思い改めて読み直していたんですが結局今日も決まらないま
> ま終わりそうです。

高校生の方ですね。最近、僕の読者に若い方が案外多いことを知って驚いてい
ます。活字離れが叫ばれている中、嬉しいことです。

> あ、本といえば私子供の頃からよく読んでいたのですが、何か読み返すたび
> に「あれ、この話ってこんな終わり方だっけかな?」と思うときがよくある
> んです。今でもです。本という物は私たちが読んでいるときだけ話が進んで
> いるのではなく読み終わってからもその世界は続いていて私たちがが生活し
> てるように継続してるのかなって思うんですよね。
> だからたまに読み返すとエンディングが以前と違っているように感じたりす
> るのでしょうか。それとも本という物は作者の手を離れて一人歩きをしてし
> まう物なのでしょうか。

書いた本人でさえ、読み返した時に書いた覚えのないことが書いてあって、ど
きりとすることがあります。
#これは単に記憶力がないだけでしょうが。

人間の記憶は時間と共にぼやけていくものですが、それと同時に波動関数も再
び拡散していくのかもしれません。

> まぁ、小さい頃から妄想するのが趣味(?)な私ですからそういう風に感じ
> ただけなのかもしれませんね。けれど、本という物は私たちがページを捲る
> のをやめた後は止まったままなのでしょうか?もしもそうならどんなハッピ
> ーエンドの物語も悲しいですね。

妄想するのはいい習慣ですね。(^^)
「予め決定されている明日」という作品に書いたことですが、計算を完了する
前にすでに答えは存在しているのです。
それと同じように一度生まれた物語は終わることができないのです。

> ああ、何か修学旅行の本選びからかなりズレてしまいましたね。話をコロコ
> ロ変えるのは私の悪い癖です。

掲示板では話題が豊富な方が喜ばれると思います。

> もうこうなったら小林作品全部持って旅行に行ってやる!

ありがとうございます。でも、全作品を入れると鞄がぱんぱんになってしまう
のではないでしょうか? (^^)
.
Subject:???
From:梛月槻美未
Date:2001/09/24 20:40
こんにちわ。
「酔歩する男」を読んで以来、「波動関数」というものが何であるのかネットや物理辞典でしらべているのですが、
これがなかなか難しいです。自分としては物理は好きだった「はず」なのですが(汗)

波動関数に関して、なにか良い書物があれば、教えてください。
できるなら、文系人間にもわかるような(笑)
.
Subject:サイファイ ムーン  著者:梅原 克文  2001年9月26日発売
From:谷丸警部@京都府警
Date:2001/09/25 16:21
   
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-774548-1&mode=1
.
Subject:Re: 暫定掲示板から
From:かやの <kayano@anocari.com>
Date:2001/09/25 22:20
レス遅れました。

> 【タイトル】FRANKY SAY  WAR!  HIDE YOURSELF
> 【 名前 】DADGAD
> 【 日付 】2001/09/18 08:35:32
>
> >かやの様
>  はじめまして。気が向いたとき、いたずらに掲示板を利用させて頂いている
> 莫迦者でございます。御挨拶が遅れてしまいましたが、貴重な場を提供して頂
> いていることには常々感謝しておりました。
>  本当にありがとうございます。

はじめまして>DADGADさん
MLにはわりと参加してるんですが、掲示板の方は参加できてない管理者です(^^;
みなさんが積極的に書き込んで、小林さんやその他のファンの方々と
コミュニケーションをとってくれるのをみると、掲示板を開設した甲斐があるなぁと
うれしく思っています。
これからも、どんどん書き込んでくださいね。

> 取り敢えず、私は『Wakanadas 2001』を購入することにしました。

酒井若菜は実物はたいしたことないよ、と見た友達が言ってました。
最近、売り方変えてきてますよね(胸だけじゃ生き残れないからかな)
.
Subject:Re: ???
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/26 00:19
「???」 で 梛月槻美未 さんは以下のように書かれました。

> 波動関数に関して、なにか良い書物があれば、教えてください。
> できるなら、文系人間にもわかるような(笑)

これはなかなか難しい問題のようです。
量子力学が正しいことは様々な実験・観測から証明できるのですが、その方程
式の意味するところは何かということになると、まだ物理学者の間でも意見が
一致していないようです。
たぶん人間の脳は波動関数を直感的に理解できるようには最適化されていない
のでしょう。(^^;)
僕は講談社のブルーバックスで波動関数を知りました。わかりやすく解説した
本が多かったと思います。ただ、20年以上前の話なので、今出てる解説書でど
れがいいのか、よくわかりません。
何がいいのでしょう? >識者の皆様
.
Subject:Re: ???
From:かやの <kayano@anocari.com>
Date:2001/09/26 07:53
> > 波動関数に関して、なにか良い書物があれば、教えてください。
> > できるなら、文系人間にもわかるような(笑)
>
> これはなかなか難しい問題のようです。
> 量子力学が正しいことは様々な実験・観測から証明できるのですが、その方程
> 式の意味するところは何かということになると、まだ物理学者の間でも意見が
> 一致していないようです。

とりあえず「シュレーディンガーの猫」を理解できれば、
なんとなくオーケーってのはどーでしょーか?
#アバウトか。

> 僕は講談社のブルーバックスで波動関数を知りました。わかりやすく解説した
> 本が多かったと思います。ただ、20年以上前の話なので、今出てる解説書でど
> れがいいのか、よくわかりません。
> 何がいいのでしょう? >識者の皆様

「シュレーディンガーの猫」「波動関数」で検索をしたら、
こんなもんが見つかってしまいました(笑)
「シュレーディンガー音頭」
http://schrodinger.haun.org/kaisetu.html
.
Subject:はじめまして
From:弐亞 <neco_alpha@mac.com>
Date:2001/09/26 12:51
初めまして、弐亞というものです。
SFM読みました。
○ャ○ャー○ですか……。
.
Subject:Re: ???
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/27 01:53
「Re: ???」 で かやの さんは以下のように書かれました。

> 「シュレーディンガーの猫」「波動関数」で検索をしたら、
> こんなもんが見つかってしまいました(笑)
> 「シュレーディンガー音頭」
> http://schrodinger.haun.org/kaisetu.html

これは素晴らしい。これさえ躍れるようになれば量子力学なんてマスターした
も同然ですね。(^^)
.
Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/09/27 02:00
「はじめまして」 で 弐亞 さんは以下のように書かれました。
> 初めまして、弐亞というものです。

初めまして。

> SFM読みました。
> ○ャ○ャー○ですか……。

おお気付かれましたか。○ャ○ャー○そのものは出てませんが。

ところで、SF マガジンに載った URL を見ていらっしゃったのでしょう
か?

今後ともよろしくお願いします。
.
Subject:いえ、以前から……
From:弐亞 <neco_alpha@mac.com>
Date:2001/09/27 02:28
>ところで、SF マガジンに載った URL を見ていらっしゃったのでしょうか?

いえ、以前からROMっていたのですが、SFマガジンを読んでおおっ、と来たものですから。
M○○が出てきた時点でおや、まさか……、と。

------
作品の中では「酔歩する男」と「奇憶」などの時間テーマのものが好きです。その不安定な時間や多元宇宙のとらえ方が気に入っています。
.
Subject:「酔歩する男」、いいですよねえ!
From:Y
Date:2001/09/27 17:28
弐亜さんの時間テーマものをいいとする意見に賛成!タイムトラベルで「パラドックス」(別の時間、本来の自分とトラベルしてきた自分が同時に存在するという、昔からのパターンでなく、かつ分かりやすいところ。
.
Subject:Re: いえ、以前から……
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/01 02:37
「いえ、以前から……」 で 弐亞 さんは以下のように書かれました。
> >ところで、SF マガジンに載った URL を見ていらっしゃったのでしょうか?
>
> いえ、以前からROMっていたのですが、SFマガジンを読んでおおっ、と来たものですから。
> M○○が出てきた時点でおや、まさか……、と。

鋭いですね。(^^) ところで、その前の部分でもねたふりをしているのですが、
気付かれましたか?

> 作品の中では「酔歩する男」と「奇憶」などの時間テーマのものが好きです。
> その不安定な時間や多元宇宙のとらえ方が気に入っています。

時間テーマものだと、他に「海を見る人」や「門」などもあります。これらの
作品も近いうちに短編集で読めるようにしたいと思います。
.
Subject:Re: 「酔歩する男」、いいですよねえ!
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/01 02:46
「「酔歩する男」、いいですよねえ!」 で Y さんは以下のように書かれました。
> 弐亜さんの時間テーマものをいいとする意見に賛成!タイムトラベルで「パ
> ラドックス」(別の時間、本来の自分とトラベルしてきた自分が同時に存在
> するという、昔からのパターンでなく、かつ分かりやすいところ。

タイムパラドックスと言えば、筒井康隆さんが「時をかける少女」で、「同一
時刻に同一人物は二人以上存在できない」という法則を登場させたのですが、
その後この法則を踏まえた他の人の作品がいくつかったと思います。でも、こ
の法則はあくまで筒井さんのオリジナルであって、物理的な根拠はないんです。
過去をやり直したいという願望のためにタイムトラベルしたのに、そこに過去
の自分がいると、やりにくいからという理由なのかもしれませんね。
.
Subject:暫定掲示板の方に書き込みがあったので...
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/01 03:09
やり取りをこちらにコピーします。

-------------------------------ここから-------------------------------
【タイトル】大先輩へ
【 名前 】Q−saku
【 日付 】2001/09/30 23:16:02

今日,母校(高校)の同窓会関東支部の発足会があり,そこで初めて“あの”玩具修理者の小林先生が,我が校の先輩であることを知りました。
会には小林先生の小学校以来のお知り合いという方もいらっしゃってました。
一読者として,そして後輩としてこれからも応援させてください!

【タイトル】Re: 大先輩へ
【 名前 】小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
【 日付 】2001/10/01 01:31:47

「大先輩へ」 で Q−saku さんは以下のように書かれました。
> 今日,母校(高校)の同窓会関東支部の発足会があり,そこで初めて“あの”
> 玩具修理者の小林先生が,我が校の先輩であることを知りました。

はじめまして。
"あの" と書いていただけるとは光栄です。
#因みに我が母校は京都にある洛南高校です。

> 会には小林先生の小学校以来のお知り合いという方もいらっしゃってました。
> 一読者として,そして後輩としてこれからも応援させてください!

小学校以来というと、A君か、K君か、T君でしょうか? 懐かしいですね。

ところでこの掲示板はサブでして、メインの方はこちらになります。(どちら
もかやのさんが運営されてます)

http://moon.anocari.com/~kayano/cgi-bin/gangu-bbs.cgi

これからもよろしくお願いいたします。


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

-------------------------------ここまで-------------------------------
.
Subject:トランスレートは出来ましたが・・・・・!?
From:Y
Date:2001/10/01 15:56
「本」の暗号、解けました。芸術なんですか、これって!
この先の解読はどうすれば?ヒント下さい。
.
Subject:旅行の時はハードカバーよりも文庫本のほうがいいですね。
From:零 <cfp79590@par.odn.ne.jp>
Date:2001/10/02 17:39
修学旅行より無事帰還しました。飛行機搭乗の荷物チェックがすごく厳しかったです。手荷物までしっかり調べられ、挙句搭乗券に自分の名前を書かされる始末ですよ、国内旅行なのに・・・夏にフランス旅行した時よりも時間がかかっていたように思います。やはりこれもテロの影響ですかね。
あ、旅行から帰ってきたらNYに住む友人から手紙が届いていました。テロの影響で連絡するのが遅れたそうです。何度電話してもメール送っても返事が返ってこなかったので手紙を開いた時には安心しました。よかった、よかった。
修学旅行にはマジで小林作品全部持っていきましたよ!(自分のもっている作品だけですけど)夜、ホテルで時間がたっぷりあったので結構読めましたよ。改めて読んでやっぱり「酔歩する男」はいいですね。量子力学は文系人間の私にはかなり難易ですが、シュレディンガーの猫は何とか理解できました。もうイッパイイッパイですけどね。
ところで「酔歩する男」で最初の方に出てくる丸尾・藤木・佐倉っていうのはもしかして「ちびま○子ちゃん」ですか?もしそうだったらナカナカおちゃめな方ですね、小林さん。
.
Subject:「タイムパラドックス」についてお教え下さい
From:Y
Date:2001/10/02 20:36
10月1日、小林泰三さんは、パラドックスは筒井康隆さんのオリジナルとお書きになってました。
2次元では(x、y)
3次元では(x、y、z)
4次元では、更に時間軸を追加した(x、y、z、t)で解が一つっていうのは、タイムトラベルものの、常識だと思っていました。
筒井さんがオリジナルというのは、何処に掲載されていましたか?
参考までに伺わせてください。
小林泰三界の初心者としては、まだまだ不勉強です。
私大文系出身ですが、なんとか作品世界についていきたいと思っています。
.
Subject:「多次元宇宙」!
From:Y
Date:2001/10/03 00:47
小林泰三さんのお返事が書き込まれていないか、また見に来てしまいました。中毒!
暗号に関するヒントが頂けていないかなあ〜と。
弐亜さんがお書きになった「多次元宇宙」から、想起したものがあります。
折原一という作家の、「監禁者」というすごく凝った作品があるんですが、(これ、実は「首吊り島」という作品とデュオになってるのです。)
「監禁者」と、「本」はかなり共通項があって、興味深いです。読み比べるとおもしろいですよ。日記文が混じって、複数の登場人物の独白?の羅列で物語は進行していきます。
作品のなかに、登場人物の数の多次元宇宙が現出します。折原さんは、小林さんとはジャンルが少し違いますが、「多次元宇宙」という単語で私の中で、一気に結びつきました。
小林さん、是非、ご一読を!
.
Subject:Re: 「タイムパラドックス」についてお教え下さい
From:かやの <kayano@anocari.com>
Date:2001/10/03 07:34
> 2次元では(x、y)
> 3次元では(x、y、z)
> 4次元では、更に時間軸を追加した(x、y、z、t)で解が一つっていうのは、
> タイムトラベルものの、常識だと思っていました。

いや、そうとも限りませんよ。
時間は次元とは関係ないという話もあります。
1次元では(x)つまり線。
0次元では()つまり点。
しかし、空間が無いと時間は流れないのか?という疑問もあります。
実際、4次元目が時間とした場合、5次元、6次元まで話が広げられませんし。

次元に関しては、
ルディ・ラッカー「四次元の冒険」工作社
に詳しいです。
ブルーバックスにもあったような。
.
Subject:Re: 「多次元宇宙」!
From:かやの <kayano@anocari.com>
Date:2001/10/03 07:44
「本」のようなメタな構造になっているものとしては、
竹本健治「匣の中の失楽」講談社ノベルス
というミステリもありますね。
一章おきにでてくる登場人物が、別の章では小説の中の人物とされる
と言った感じで、作中作の一種なんですが、どちらが小説の中の小説で、
どちらが小説の中の現実がわからないという構造になってます。
#ラストは忘れましたが(^^;
.
Subject:相互リンクしましょ
From:impulse <impulse@po1.pccol-tdc.co.jp>
Date:2001/10/03 16:47
こんにちわ、はじめまして。
いきなり掲示板にカキコしてすみません。
京都情報ナビimpulesの青原です。
地域情報コンビニエンスストアやってます。
地域のサイトはもちろん全国のサイトを合わせ
て、なんとリンク数は厳選12万件(9月28日現在)。

カテゴリ別一覧表示、検索機能もあるしキャン
ペーンもやったりするし、とっても便利だよ。
 こちらのページもリンクさせてもらってます。
是非、相互リンクしましょう。

P.S:今、京都情報ナビは、Linkリンクキャンペーン中です。
    相互リンクしたら、素敵な粗品が当たっちゃう。
    詳しくは、http://www.impulse-navi.ne.jp/kyoto/
    
それから自分で言うのもなんですが、とっても便利なサイ
トにしたつもりです。
だから、スタートページにしてみませんか?
.
Subject:タイムパラドックスと『ちびまる子ちゃん』と ADSL
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/04 02:30
>Y さん
> 「本」の暗号、解けました。芸術なんですか、これって!
> この先の解読はどうすれば?ヒント下さい。

解ければ、ほぼ終わりだと思いますが、どこで引っ掛かっておられるのでしょ
う?
掲示板で書き難いということでしたら、メールでも結構ですよ。

> 10月1日、小林泰三さんは、パラドックスは筒井康隆さんのオリジナルとお書きになってました。

ちょっと説明を加えさせていただきます。タイムパラドックスにはいくつか種
類があります。例えば、「親殺しのパラドックス」などが有名ですね。「自分
が生まれる何年も前に戻って親を殺したらどうなるか」というものです。
今ここで話題になっているタイムパラドックスは「時間を遡って過去に戻った
ら、同じ人間が二人になってしまう」というパラドックスですね。

> 筒井さんがオリジナルというのは、何処に掲載されていましたか?

特にどこかに掲載されていたわけではありませんが、筒井さん以前にこのよう
な設定を使った作品を知らないので、そう思っているのです。
因みに、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』では、ドックが「自分自身に
会うと宇宙が消滅する」というようなことを言っていましたが、結局会っても
驚いて気絶するだけでしたね。
僕としては同一人物が二人いても全然パラドックスではないという立場です。
3次元空間の中を動く点を時間軸を加えた4次元で表現すると、その軌跡は4次
元時空中の曲線で表現できます。重要なのは、この曲線自体は4次元時空の中
では移動せずに静止しているということです。
例えば、横軸を距離、縦軸を時刻として、列車の移動をグラフにしたようなも
のです。列車は動いているにも関わらず、このグラフ自体は止まっているわけ
です。
タイムトラベルは喩えて言うなら、この曲線をぐにゃりと曲げて、同一時刻を
2回通過させるようなものですから、同一時刻に同じ人がいても不思議ではあ
りません。
#それ以前に時間を遡ること自体がパラドックスかもしれませんが。

> 弐亜さんがお書きになった「多次元宇宙」から、想起したものがあります。
> 折原一という作家の、「監禁者」というすごく凝った作品があるんですが、(これ、実は「首吊り島」という作品とデュオになってるので
す。)

> 小林さん、是非、ご一読を!

面白そうですね。今度読もうと思います。ありがとうございました。

>零 さん

ご友人がご無事でなによりでした。

> ところで「酔歩する男」で最初の方に出てくる丸尾・藤木・佐倉っていうのはもしかして「ちびま○子ちゃん」ですか?もしそうだったらナカ
ナカおちゃめな方ですね、小林さん。

おお。自分でもすっかり忘れていました。(^^;)

>かやの さん
「匣の中の失楽」は読まなくては思いながら読めてない本です。
#ああ。時間が欲しい。(;o;)

ところで ADSL に入ったのですが、凄く快適です。まるでキャッシュを読
むようにネットサーフィンできます。いままでのインターネットは何だったん
でしょう?
.
Subject:レスありがとうございました
From:Y
Date:2001/10/04 09:52
暗号の件は解決しました。

大昔のSFマガジンのバックナンバーが手元にあればいいのですが。60年代あたり。
海外のSFの翻訳ものが連載されていて、「タイムパラドックス」が使われていたと記憶します。
その後、たくさんのタイムトラベル・タイムパトロールがあったと思います。

タイムトラベルを、脳研究の最新知識を駆使して意識の面からアプローチするというのは、
昔は考えられてませんでした。タイムマシーンとか、どらえもん的な道具を必要としてました。
さもなくば、日常の世界の何処かにぽっかりと、異次元への入り口があるみたいなタイプ。空間のねじれ・ゆがみとして。
(この「異次元への入り口」は作品世界で、実現してみせてくれる作家はいます。
かやのさんご推薦の作品はまだ読んでませんが、そういうプロットかな?)

「意識」の研究がもっと進むと、SFにも新たな展開が期待できるのでしょうね。
楽しみに致しております。では。
.
Subject:Re: レスありがとうございました
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/05 02:49
「レスありがとうございました」 で Y さんは以下のように書かれました。

> 大昔のSFマガジンのバックナンバーが手元にあればいいのですが。60年代あたり。
> 海外のSFの翻訳ものが連載されていて、「タイムパラドックス」が使われていたと記憶します。
> その後、たくさんのタイムトラベル・タイムパトロールがあったと思います。

これは「同一時刻に同一人物は二人以上存在できない」という法則が使われて
いたということでしょうか? もしそうなら、この法則が筒井さん以前に使わ
れていたとは知りませんでした。
#因みに、「親殺しのパラドックス」や「時の輪のパラドックス」は「時をか
#ける少女」以前からありました。

> タイムトラベルを、脳研究の最新知識を駆使して意識の面からアプローチするというのは、
> 昔は考えられてませんでした。タイムマシーンとか、どらえもん的な道具を必要としてました。
> さもなくば、日常の世界の何処かにぽっかりと、異次元への入り口があるみたいなタイプ。空間のねじれ・ゆがみとして。
> (この「異次元への入り口」は作品世界で、実現してみせてくれる作家はいます。
> かやのさんご推薦の作品はまだ読んでませんが、そういうプロットかな?)

タイムマシーン型とタイムトンネル型と言えばいいかもしれませんね。最近の
研究ではより実現の可能性のあるのはタイムトンネル型のようです。ただし、
造る前には戻れないので、過去に戻るにはすでに誰かが造ったか、自然にでき
たタイムトンネルを探さなければなりません。(^^)

> 「意識」の研究がもっと進むと、SFにも新たな展開が期待できるのでしょうね。
> 楽しみに致しております。では。

すでに多くの物理学者がトライしていますが、トンデモに行ってしまう人も少
なくないようで。(^^;)
.
Subject:映画 『玩具修理者』のHP
From:みちお
Date:2001/10/10 23:01
映画版『玩具修理者』の公式HPがようやくスタートしました。

http://www.gangu.jp/
.
Subject:玩具修理者のHP
From:なみすけ。 <rena21@nifty.com>
Date:2001/10/17 18:03
小林先生、みなさまこんにちは(^o^)丿
Qフロントムービー「玩具修理者」のHPですが、
ひっそりと立ち上がって1週間、BBSなど、
出演者のフアンの方々で盛況です\(^o^)/
制作発表や、公開に向けてより盛り上がってゆきたいです。

「酔歩する男」の「手児奈」・・・って役者さんで誰が近いのか、
いまだに、悩んでいます。

「玩具修理者」田中麗奈さんが出られる
原作なので読まなければと言う
動機が不純でいいかげんな読者でしたが、
書店ですぐに手に入る、
「AΩ」、「密室・殺人」、「人獣細工」、「肉食屋敷」と読み、
今は、こちらでご紹介されている作品を捜して読みたいと思っています。

SFで論理がどうたらこうたら、と言った事は、まったくわかりません
ただなんとなく読みたくなります。
「酔歩する男」では、タイムトラベルよりも、そこまで愛する事って、
また、そこまで愛される手児奈って何だろう何故だろうと的はずれの
事に思いが行ってしまいます。
「AΩ」では、再生、「人獣細工」の移植、嗚呼こんな事ができたら!
と、物語の奇異よりもそちらの事が心に染みます。
変な読者ですが、どうかお許し下さい。

知人の多くが、映画の原作として読み、こちらのHPも知っているのに
BBSに来ないのは、角川ホラー文庫とか、帯に超・ハード・SF・ホラーとか
書いてある先生の世界が怖いのでしょうか?
私はホラー文庫と書いてはありますが、怖いとは思いませんでした。が、
夜寝るときは、電気もテレビもつけっぱなしです(-_-;)丿
.
Subject:Re: 『玩具修理者』のHP
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/17 23:47
>みちおさん

お知らせありがとうございました。
出演者のページを見ると、田中麗奈さんと忍成修吾さんよりも、麿赤兒さんと
姿月あさとさんの役柄が気になる方が多いのではないでしょうか?

>なみすけ。さん
> 「玩具修理者」田中麗奈さんが出られる
> 原作なので読まなければと言う
> 動機が不純でいいかげんな読者でしたが、
> 書店ですぐに手に入る、
> 「AΩ」、「密室・殺人」、「人獣細工」、「肉食屋敷」と読み、
> 今は、こちらでご紹介されている作品を捜して読みたいと思っています。

ありがとうございます。麗奈さんが出られる映画の原作を読むのが不純だなん
てとんでもないです。とても純粋なファン心理だと思いますよ。

> 「酔歩する男」では、タイムトラベルよりも、そこまで愛する事って、
> また、そこまで愛される手児奈って何だろう何故だろうと的はずれの
> 事に思いが行ってしまいます。
> 「AΩ」では、再生、「人獣細工」の移植、嗚呼こんな事ができたら!
> と、物語の奇異よりもそちらの事が心に染みます。
> 変な読者ですが、どうかお許し下さい。

いえいえ。そういう読み方をしてくださる方こそ大歓迎です。

> 知人の多くが、映画の原作として読み、こちらのHPも知っているのに
> BBSに来ないのは、角川ホラー文庫とか、帯に超・ハード・SF・ホラーとか
> 書いてある先生の世界が怖いのでしょうか?

単に気が引けているだけでしょう。ここの皆さんもきっと「れないろ掲示板」
に書くのは少し勇気がいると思いますよ。「『玩具修理者』に主演されている
のを知ったのを切っ掛けに」という不純(?)な理由で麗奈さんのファンサイト
の掲示板に書き込んで、気を悪くされないだろうか、とか。(^^)

> 私はホラー文庫と書いてはありますが、怖いとは思いませんでした。が、
> 夜寝るときは、電気もテレビもつけっぱなしです(-_-;)丿

どの作品を思い出されました?
.
Subject:こんばんわ〜。
From:梛月槻美未 <mimineo@excite.co.jp>
Date:2001/10/20 00:39
久しぶりです。お元気でしたか?
あれから色々と本を読んでみましたが、
結局分かったのは
「波動関数はかなり難しいこと」
ということでした。
理科系の話は難しいですね。

それはそうと、玩具修理者のHPが出来上がったそうですね。
↓の書き込みを見て、早速言ってみました。
どんな映画になるのか今から楽しみです。
公開っていつ頃になるのでしょうか。

それでは、またやってきますね。
.
Subject:Re: こんばんわ〜。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/22 01:03
「こんばんわ〜。」 で 梛月槻美未 さんは以下のように書かれました。
> 久しぶりです。お元気でしたか?

ほぼひと月ぶりですね。

> 理科系の話は難しいですね。

専門家以外の人はぼんやりとわかればいいのだと思います。
世界の中にあるものは硬そうに見えても本当は波なんだなあ、とか。
そう思えば、いろいろなものが見えてくるかもしれません。

> それはそうと、玩具修理者のHPが出来上がったそうですね。
> ↓の書き込みを見て、早速言ってみました。
> どんな映画になるのか今から楽しみです。
> 公開っていつ頃になるのでしょうか。

詳しい予定はこれから発表されると思います。楽しみにしてください。

先日、撮影見学に行ったのですが、田中麗奈さんも子役の大平奈津美ちゃんも
可愛かったですよ。
.
Subject:大変「玩具修理者」HPメイキングに(●^o^●)丿
From:なみすけ。 <rena21@nifty.com>
Date:2001/10/26 20:55
小林先生、みなさまこんにちは!
映画「玩具修理者」のHPメイキング第2弾箱根おもちゃ博物館編?に
小林先生がご出演なさつているではないですか!
先生がお書きになられた、

>先日、撮影見学に行ったのですが、田中麗奈さんも子役の大平奈津美ちゃん
も
可愛かったですよ。

ってこの度の事だったのでしょうか!
あの写真!先生!!羨ましすぎますー(>_<)丿

この休日に田中麗奈さまフアン有志でロケ地めぐりにおもちゃ博物館へ
撮影された在りし日を偲びに行ってきます。

>どの作品を思い出されました?
すみませんまったく個人的です。持病で具合が悪いときに
「人獣細工」の移植や「ΑΩ」再生に強く反応してしまいました。
寝てしまいこのまま・・・と大げさに、
恥ずかしながら、けっこう怖いです。

に
.
Subject:Re: 大変「玩具修理者」HPメイキングに
From:のむら <nom@rena-arena.com>
Date:2001/10/26 21:57
小林様、みなさま、こんにちは。

「玩具修理者」公式サイトのメイキング、私も拝見しました!
「小林さんへ」と書かれた直筆色紙を手に麗奈ちゃんとツーショット。
くぅ〜っ、羨ましい〜っ!!o(>.<)o

ということで、その罪ほろぼしに(笑)ずばりお聞きします。
生の麗奈ちゃんに会った印象はどうでしたか?
.
Subject:Re: 大変「玩具修理者」HPメイキングに
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/27 01:26
>なみすけ。さん

> この休日に田中麗奈さまフアン有志でロケ地めぐりにおもちゃ博物館へ
> 撮影された在りし日を偲びに行ってきます。

なかなか面白いところでしたよ。

> すみませんまったく個人的です。持病で具合が悪いときに
> 「人獣細工」の移植や「ΑΩ」再生に強く反応してしまいました。

体調の悪い時はきついかもしれませんね。
申し訳ありません。(--;)>

>のむらさん

>「玩具修理者」公式サイトのメイキング、私も拝見しました!
>「小林さんへ」と書かれた直筆色紙を手に麗奈ちゃんとツーショット。
>くぅ〜っ、羨ましい〜っ!!o(>.<)o

実際にお会いするまでは本当に出ていただけるのかと半信半疑でした。(^^;)

> ということで、その罪ほろぼしに(笑)ずばりお聞きします。
> 生の麗奈ちゃんに会った印象はどうでしたか?

ご挨拶した程度で殆どお話はできませんでした。
#写真でも緊張のあまり顔が引き攣っています。

麗奈さんは思ってたより小柄で可愛らしい方でした。
「女」は設定的には麗奈さんよりも年上なので、ただでさえ年齢よりも若く見
える麗奈さんでは違和感があるのでは、と少し心配していました。
撮影前にもおそらくマネージャーさんだと思われる女性の方とボクシングごっ
こをされていて、茶目っ気たっぷりで子供っぽく見えました。
#ボクシングは「テンカウント」で覚えたのかな?

ところが、カメラが回ると、突然麗奈さんはいっきに5歳ほど年をとったかの
よう。妖艶さが漂い始めます。
女優とは恐ろしいものですね。(^^;)

これ以上書くと、楽しみが減ってしまいますので、あとは「玩具修理者」ホー
ムページをお楽しみに。(^^)
.
Subject:犬派人間
From:はしこ
Date:2001/10/27 19:31
お久しぶりです。
映画のお話で盛り上がってますね。
とても楽しみです。
少し前に「綺麗な子」読みました。
犬を飼っているので、ドキドキしながら読みました。
アイボの新バージョン、いきなりかわいいデザインになりましたね。
電子ペットタイプの赤ちゃん人形も出ると聞きました。
SFに追いついてくる現実と、それに警鐘を鳴らすSF…
http://kazeickw.hoops.livedoor.com/
.
Subject:Re: 犬派人間
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2001/10/28 01:52
「犬派人間」 で はしこ さんは以下のように書かれました。
> お久しぶりです。

おひさしぶりです。(^^)

> 映画のお話で盛り上がってますね。
> とても楽しみです。
> 少し前に「綺麗な子」読みました。
> 犬を飼っているので、ドキドキしながら読みました。
> アイボの新バージョン、いきなりかわいいデザインになりましたね。

ロボットらしさを全面に出した今までとは路線を変えたようですね。

> 電子ペットタイプの赤ちゃん人形も出ると聞きました。
> SFに追いついてくる現実と、それに警鐘を鳴らすSF…

「警鐘」というほどたいそうなものでもないのですが。(^^;)
人の心は普遍的なものだというのは、思い込みではないかということもテーマ
の1つとして書きました。
ある意味あれは人類にとって理想的な未来でもあるのです。
#『ΑΩ』も別の意味で理想的な未来なのですが。
.
Subject:梅原克文、瀬名秀明に対し、手紙攻勢
From:谷丸警部
Date:2001/10/29 13:02
      
http://www.asahi-net.or.jp/~fx2h-szk/katharine/new.html
.
Subject:Re: 大変「玩具修理者」HPメイキングに
From:のむら <nom@rena-arena.com>
Date:2001/10/29 23:05
小林様、こんにちは。レスありがとうございます(^_^)。

> ご挨拶した程度で殆どお話はできませんでした。
> #写真でも緊張のあまり顔が引き攣っています。

麗奈ちゃんもどちらかというと初対面の方には
人見知りしてしまうタイプのようなので、
お互い様だったかもしれませんね(^_^)。

> 麗奈さんは思ってたより小柄で可愛らしい方でした。

そうでしょうそうでしょう!(笑)

> 撮影前にもおそらくマネージャーさんだと思われる
> 女性の方とボクシングごっこをされていて、
> 茶目っ気たっぷりで子供っぽく見えました。

へえ〜。こういう裏話はとても興味があります。
貴重なお話ありがとうございました(^_^)。
お二人いるマネージャさんはどちらも男性のようなので、
たぶんメイクさん、スタイリストさんか事務所の方ではないかな?

> 女優とは恐ろしいものですね。(^^;)

麗奈ちゃんは、演技に関しては本物です(^.^)。
だからこそ「田中麗奈」という人間自体を熱心に応援する
ファンの方が多いんだと思います。
単に「かわいいだけ」では、結局表面上だけの応援に
なってしまいますから・・・。

と、麗奈ちゃんの話ばかりですみません(~_~;)。
初日舞台挨拶には原作者として小林さんも出席されるのか、
というあたりも気になりますね!
.

もどる
トップ