小林掲示板ログ 平成15年11月〜12月分

もどる
トップ

Subject:未公開実験
From:スイカ太郎
Date:2003/11/01 01:21:11
お久しぶりです。
「目を擦る女」を読み終わりました。
未公開実験は落語のようですね。
電車の中で読んだのですが、思わず笑ってしまいました。
やはりターイムマスィーーンとポーズを取るのを連発されたのが効きました。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5134/index.html
.
Subject:Re: 未公開実験
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/01 09:38:52
>スイカ太郎さん
> お久しぶりです。

以前は別ハンドルではなかったでしょうか? 違ってたらすみません。

> 「目を擦る女」を読み終わりました。
> 未公開実験は落語のようですね。
> 電車の中で読んだのですが、思わず笑ってしまいました。
> やはりターイムマスィーーンとポーズを取るのを連発されたのが効きました。

以前から、読むだけで笑ってしまう小説を書きたいと思ってたので、そう言っ
ていただいて、幸せな気分です。(^_^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:「目を擦る女」を読み終わりました。
From:左道
Date:2003/11/02 08:50:44
今回の短編集は一つのテ−マを違った角度で見ているような感じがしました。
中でも「未公開実験」が一番気に入ってます。あの話を読んで2つ疑問があるのですが。
あの発明者は、「肉」に出てきたあの人でしょうか?話の流れから考えて「肉」の前だと思ったのですが。
それから、あの話で時間の流れが物理的に影響すると言ってましたが、宇宙空間でもそんな風な現象が起きてるでしょうか?絶対無いとは思いますが、時間の流れがわずかでも逆になっていたらどんな事が起きるでしょうか?難しい計算は解りませんが・・・変な質問ですがたわごとだと思って聞き流してください。
.
Subject:時間逆行
From:かやのふ
Date:2003/11/02 12:01:58
> 時間の流れがわずかでも逆になっていたらどんな事が起きるでしょうか?

時間の逆行をテーマにしたSFがあります。
#正確には逆行だけじゃないですが。

『時間衝突』 バリントン・J・ベイリー 創元推理文庫

かなりばかばかしく壮大な話です(ほめ言葉)

詳説は以下のURLを参照してください。
http://www.asahi-net.or.jp/~li7m-oon/doc/kaisetu/collision.htm
.
Subject:Re: 「目を擦る女」を読み終わりました。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/02 17:07:24
>左道さん
> 今回の短編集は一つのテ−マを違った角度で見ているような感じがしました。

そうですね。今回の作品を選んだのは <S-F マガジン> の塩澤編集長なので
すが、狙いがあったのかもしれません。

> 中でも「未公開実験」が一番気に入ってます。あの話を読んで2つ疑問があ
> るのですが。
> あの発明者は、「肉」に出てきたあの人でしょうか?話の流れから考えて
> 「肉」の前だと思ったのですが。

時間移動の話なので、そもそも「前」とか「後」とか判断するのは、難しいで
すね。(^^;)
因果的には「未公開実験」の方が「前」と言ってもいいと思います。

> それから、あの話で時間の流れが物理的に影響すると言ってましたが、宇宙
> 空間でもそんな風な現象が起きてるでしょうか?絶対無いとは思いますが、
> 時間の流れがわずかでも逆になっていたらどんな事が起きるでしょうか?難
> しい計算は解りませんが・・・変な質問ですがたわごとだと思って聞き流し
> てください。

これについては、難しい問題で、物理学者の間でも、意見は一致していません。
現在の物理理論からは、特殊な状況下では時間逆行が起こりうることが導けま
すが、これは一般相対性理論が極限状態でも成立するという仮定を含みます。

>かやのふさん
> 時間の逆行をテーマにしたSFがあります。
> #正確には逆行だけじゃないですが。
> 
> 『時間衝突』 バリントン・J・ベイリー 創元推理文庫
>
> かなりばかばかしく壮大な話です(ほめ言葉)

これはまだ僕も読んでいません。

今度探してみようと思います。

>京都オフ

お蔭様で、無事終了いたしました。
とても楽しい時間が過ごせました。

また近いうちにやりたいです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:人獣細工
From:スイカ太郎
Date:2003/11/03 01:48:27
>以前は別ハンドルではなかったでしょうか? 違ってたらすみません。
「すいか」という名前で投稿していました。すいません。

少し前に人獣細工についての解釈を書かれていましたが、僕は全然勘違い(日本語変ですが)してました。
勘違いも解釈の1つなんでしょうが、また違った読み方ができました。

もう1つ「目を擦る女」からですが、「刻印」も相当ギャグが入ってますよね。
トイレでのやりとりとか、ぞんざいな名前とか、エプロンとか。
あんまり内容書いちゃいけないかな?ではまた。
.
Subject:性交体験者
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/11/03 03:35:30
どうもこんばんは、というかおはようございます。
SFJapan、危うく見逃すとこでした。今週は忙しくなる予定ですのでこの連休で見逃すと来週までオアズケを食らう羽目になりそうでした。

あいかわらず楽しそうに意地悪な作風で何よりです。
SF的肝は、これが文章で書かれていることですね。記述に出てきた器官以外は想像を自由に出来るので、またしても白昼夢のネタを提供いただいたわけです。やっぱ僕らとおんなじじゃあないはずですよね?あんなに習慣というか生態が違うんだから。ふふふ
結末まで読んだあとでもう一度冒頭に戻ると、一粒で二度おいしい。


なんだか森奈津子さん大人気でしたね。

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj/
.
Subject:「人獣細工」と「刻印」と「性交体験者」と森奈津子さん
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/03 14:39:17
>スイカ太郎さん
> >以前は別ハンドルではなかったでしょうか? 違ってたらすみません。
> 「すいか」という名前で投稿していました。すいません。

なるほど。了解いたしました。(^^)

> 少し前に人獣細工についての解釈を書かれていましたが、僕は全然勘違い
> (日本語変ですが)してました。
> 勘違いも解釈の1つなんでしょうが、また違った読み方ができました。

読者一人一人が違った読み方ができるところが、小説のいいところですね。

> もう1つ「目を擦る女」からですが、「刻印」も相当ギャグが入ってますよ
> ね。
> トイレでのやりとりとか、ぞんざいな名前とか、エプロンとか。
> あんまり内容書いちゃいけないかな?ではまた。

そう言えば、今回はお笑い系の作品が多かったかもしれません。

ネタバレに関しては、オチ以外なら、だいたい OK です。

>snj_xさん
> どうもこんばんは、というかおはようございます。
> SFJapan、危うく見逃すとこでした。今週は忙しくなる予定ですので
> この連休で見逃すと来週までオアズケを食らう羽目になりそうでした。

おお。<SF Japan> 見付かりましたか。文芸誌の棚にありました? それと
も、アニメ・コミックの棚でしょうか?

> あいかわらず楽しそうに意地悪な作風で何よりです。
> SF的肝は、これが文章で書かれていることですね。記述に出てきた器官以
> 外は想像を自由に出来るので、またしても白昼夢のネタを提供いただいたわ
> けです。やっぱ僕らとおんなじじゃあないはずですよね?あんなに習慣とい
> うか生態が違うんだから。ふふふ
> 結末まで読んだあとでもう一度冒頭に戻ると、一粒で二度おいしい。

どこら辺りでわかりました?

> なんだか森奈津子さん大人気でしたね。

「エロチック SF 特集」というより、実態は「森奈津子特集」ですね。

実際、編集部の狙いは、西澤保彦さんの『両性具有迷宮』を下敷きにした
森奈津子さん特集だったようです。
今回、特集に寄稿している僕以外の作家さんはみんな『両性具有迷宮』にも登
場されています。
#となると、今回なぜ僕が選ばれたのか、謎なのですが。(^o^)http://6115.teacup.com/kayano/bbs?cmd=menu02&edate=1067870376 編集済


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:小さな死ともいうそうですが。
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/11/03 21:21:36
>文芸誌の棚にありました? それとも、アニメ・コミックの棚でしょうか?
ど、どこだっけ。すでに購入できたことしか記憶に無いです(笑)
店によって違うんですよね、あの本は。


>どこら辺りでわかりました?
それはもう、最初の1行から。


と、どこかの超限界探偵を気取ってみたかったのですが、正直に言うと9割がた読むまで思い至りませんでした。終盤の怒涛の展開において、思った以上に派手なことが始まったので、「おいおい、そんなことしてしまう場所があるのかよ、どこに詰めこんどくんだ?」と、おもわず本に向かって突っ込んだことがきっかけ。
つまり、しまう場所はあるはずなんです。でもそんなのを無理にしまっちゃったらだいぶ見慣れないかっこになっちゃいますよね。それで、ああ、そうなんだな、と。

でも、最後まではっきり言ってくれないのが、意地悪ですね。
.
Subject:とげ
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/11/03 21:26:56
いや、もちろんとげが出てくるまでには気がつきましたよ。
ぎりぎり3行くらいだけど。

うう、ちくちく

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj/
.
Subject:Re: 小さな死ともいうそうですが。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/05 23:33:48
>snj_xさん
> >文芸誌の棚にありました? それとも、アニメ・コミックの棚でしょうか?
> ど、どこだっけ。すでに購入できたことしか記憶に無いです(笑)
> 店によって違うんですよね、あの本は。

書店さんも困ってたりして。(^^;)

> >どこら辺りでわかりました?
> それはもう、最初の1行から。

おっ!

> と、どこかの超限界探偵を気取ってみたかったのですが、正直に言うと9割
> がた読むまで思い至りませんでした。

(^o^)

> 終盤の怒涛の展開において、思った以上に派手なことが始まったので、「お
> いおい、そんなことしてしまう場所があるのかよ、どこに詰めこんどくん
> だ?」と、おもわず本に向かって突っ込んだことがきっかけ。
> つまり、しまう場所はあるはずなんです。でもそんなのを無理にしまっちゃ
> ったらだいぶ見慣れないかっこになっちゃいますよね。それで、ああ、そう
> なんだな、と。
>
> でも、最後まではっきり言ってくれないのが、意地悪ですね。

最初は詳しく説明しようかと思ったんです。進化論的な現状説明も含めて。
でも、結局そこは説明しないほうがいいような気がして、あの形にしました。

> いや、もちろんとげが出てくるまでには気がつきましたよ。
> ぎりぎり3行くらいだけど。
>
> うう、ちくちく

ちくちくではなく、是非ぐさっ!というイメージで読んでください。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:リンク晴らせていただきます、
From:鉄心 <iron-guild@animonet.org>
Date:2003/11/08 22:07:06
小林さんのホームページトップにリンクするように
しておきますが、よろしいでしょうか。

 明日は教会での説教奉仕です。原稿の推敲中・・・・・(;^_^A
.
Subject:[OLM] 11/27東京オフ
From:かやのふ <kayanov@s03.itscom.net>
Date:2003/11/12 07:04:14
かやのです。

小林さんが上京するのでオフをしましょう(^^)

日時: 11/27(木) 18時より
場所: 東京駅周辺

冷麺が食べられるところを考えています。
参加希望の方は、かやのまでメールをお願いします。
予約の関係もありますので、締め切りは11/19(水)と
させていただきます。
.
Subject:Re: リンク晴らせていただきます、
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/13 01:36:02
>鉄心さん
> 小林さんのホームページトップにリンクするように
> しておきますが、よろしいでしょうか。

もちろん、大歓迎です。よろしくお願いいたします。

>  明日は教会での説教奉仕です。原稿の推敲中・・・・・(;^_^A

ご苦労さまです。(^^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:はじめまして。
From:なり
Date:2003/11/19 11:30:23
いきなりの書き込み失礼いたします。
「なり」と申します。雑食の女子高生です。
私が始めて小林さんの作品を読んだのは高校一年の初めのころでした。
たまたま本屋で見かけた「玩具修理者」を読んだのですが、
それ以来すっかり小林泰三「マニア」です。
学校でも小林さんのファンをじわりじわりと増やし、
新刊が出るたびに友人と議論を繰り広げています。
最近は専ら「ターイムマスィーン」のポーズを考え合って遊んでいたりします。
そんな私も気が早いようですが卒業の季節が近づいてきました。
そこで私の充実した高校生活に一役かって下さった小林さんに御礼を言うべく、こうして授業中に書き込ませていただいている次第であります。(今の授業は自習なのです。)
それでは、長々とすみませんでした。
これから高校を卒業しても変わらず読み続けていきたいと思っているので、
勝手に末永くよろしくお願いします。
.
Subject:Re: はじめまして。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/20 00:09:50
>なりさん
> いきなりの書き込み失礼いたします。
> 「なり」と申します。雑食の女子高生です。

初めまして。(^o^)

> 私が始めて小林さんの作品を読んだのは高校一年の初めのころでした。
> たまたま本屋で見かけた「玩具修理者」を読んだのですが、
> それ以来すっかり小林泰三「マニア」です。
> 学校でも小林さんのファンをじわりじわりと増やし、
> 新刊が出るたびに友人と議論を繰り広げています。
> 最近は専ら「ターイムマスィーン」のポーズを考え合って遊んでいたりしま
> す。

ありがとうございます。
拙作を楽しんでいただて本当に嬉しく思います。
しかし、随分マニアックな遊びですね。(^^;)

> そんな私も気が早いようですが卒業の季節が近づいてきました。

おめでとうございます!

> そこで私の充実した高校生活に一役かって下さった小林さんに御礼を言うべ
> く、こうして授業中に書き込ませていただいている次第であります。(今の
> 授業は自習なのです。)

携帯からでしょうか? お手数をお掛けしました。
#でも、授業中は勉強に専念を。

> それでは、長々とすみませんでした。
> これから高校を卒業しても変わらず読み続けていきたいと思っているので、
> 勝手に末永くよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:[OLM] 11/27東京オフ続報
From:かやのふ <kayanov@s03.itscom.net>
Date:2003/11/22 18:12:30
冷麺オフのお知らせです。
とりあえずの参加者は3人です。
この人数でこの時間だから予約しなくてもいいかな・・・。

というわけで、待ち合わせは以下のようにしたいと思います。

待合せ日時: 11/27(木) 18時
待合せ場所: 東京駅丸の内南口
参加者: 小林さん、まなう゛さん、かやの

丸ビル内の焼き肉屋に行く予定です。
参加者は引き続き募集中です。
.
Subject:初めましてこんにちは
From:はやて <tak.sas@ezweb.ne.jp>
Date:2003/11/25 14:38:03
「はやて」といいます。皆さんはじめまして。
大学3年♂、数学科に在籍しています。小林さんの小説とは、確か角川ホラーのアンソロジーで出会ったと記憶しています。『玩具修理者』、『人獣細工』と読み進むうちに現在では小林ワールドにどっぷりと漬かっている状態。最高です。今は「情報数学3」でjavaの授業中なのですが全く付いて行けず、ネットを放浪していたおりにこのサイトを見つけたので、早速書き込みさせていただきます。

ついさっき『海を見る人』を読了しました。書き込みが終わり次第二周目に入ります。僕は『キャッシュ』が好きです。ラストが少し切ない、でも舞台設定は緻密、という世間一般では背反的な要素が凝縮されているところが非常に心地よかったです。『母と子と渦を旋る冒険』は最初の方、かなり笑いました。ラグランジュ点については、えー、これから勉強します。

とりあえず最初の読後感なのであっさりですみません。これからゆっくり吟味します。あとですね、ぼく東京在住なので、もしよかったら27日のオフに参加しても構いませんか?携帯のアド載せときますのでメールいただけると幸いです(自分でパソコンを持っていないのでネットを見る時間が限られてしまうんです)。
.
Subject:Re: 初めましてこんにちは
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/25 22:01:54
>はやてさん

初めまして。(^^)
携帯のアドレスにメールを送ったのですが、返ってきてしまいました。
アドレスはあってますか?
一度、携帯から <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp> にメールを送ってみてく
ださい。

> 大学3年♂、数学科に在籍しています。小林さんの小説とは、確か角川ホラ
> ーのアンソロジーで出会ったと記憶しています。『玩具修理者』、『人獣細
> 工』と読み進むうちに現在では小林ワールドにどっぷりと漬かっている状態。
> 最高です。今は「情報数学3」でjavaの授業中なのですが全く付いて行けず、
> ネットを放浪していたおりにこのサイトを見つけたので、早速書き込みさせ
> ていただきます。

なぜ、皆さん授業中に。(^^;)

> ついさっき『海を見る人』を読了しました。書き込みが終わり次第二周目に
> 入ります。僕は『キャッシュ』が好きです。ラストが少し切ない、でも舞台
> 設定は緻密、という世間一般では背反的な要素が凝縮されているところが非
> 常に心地よかったです。『母と子と渦を旋る冒険』は最初の方、かなり笑い
> ました。ラグランジュ点については、えー、これから勉強します。

2度読んでいただけて大変光栄に存じます。
「キャッシュ」が気に入っていただけたようですね。
ラグランジュ点については、知らなくても楽しめますが、知っていればもっと
楽しめると思いますよ。

> とりあえず最初の読後感なのであっさりですみません。これからゆっくり吟
> 味します。あとですね、ぼく東京在住なので、もしよかったら27日のオフに
> 参加しても構いませんか?携帯のアド載せときますのでメールいただけると
> 幸いです(自分でパソコンを持っていないのでネットを見る時間が限られて
> しまうんです)。

オフ参加は大歓迎です。是非いらしてください。
#明後日までに掲示板を見ていただければいいのですが。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:何故、みなさん授業中に…
From:かずぴー
Date:2003/11/27 23:51:36
小林先生、なんかお気持ち察して、思わず 失礼ながら笑っちゃいました! ほんと、私たちの世代(先生と一つ違い)には考えられなかったけど、もし私の学生時代に ケータイがこれほど普及してたら 間違いなく私も…(^o^;
.
Subject:オフ会から戻りました。
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/28 01:55:55
無事オフ会より戻りました。

かやのさん、幹事ご苦労様でした。

そして、上野さん、後藤さん、はやてさん、まなう゛さん、山下さん、ありが
とうございました。
とても楽しい時間が過ごせました。

レポートは後日書かせていただきます。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:Re: 何故、みなさん授業中に…
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/11/28 01:57:13
>かずぴーさん
> 小林先生、なんかお気持ち察して、思わず 失礼ながら笑っちゃいました!
> ほんと、私たちの世代(先生と一つ違い)には考えられなかったけど、もし
> 私の学生時代に ケータイがこれほど普及してたら 間違いなく私も…(^o^;

きっと僕も同じことをしていたでしょう。

考えてみると、今の学生さんの方が誘惑が多くて大変かもしれませんね。(^^;)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:オフレポです
From:かやのふ <kayanov@s03.itscom.net>
Date:2003/11/30 21:43:02
オフレポートと冷麺の写真は以下のページに載っけておきました。

http://www.246.ne.jp/~kayano/hamozaku/off/031127tokyo/index.html
.
Subject:オフミ☆
From:sako★ <shoza@yacht.ocn.ne.jp>
Date:2003/12/01 12:02:33
オフ会レポ、拝見させて頂きました!!
とっても楽しそうですね〜♪
私も大阪人なので、“冷麺”は“冷やし中華”なイメージが強いです(^。^;)
焼肉屋さんの“韓国風冷麺”は、三年前の成人式のお祝いに、焼肉屋で食べたっきりです(>。<;)
ちなみに、“冷やし中華”&“韓国風冷麺”、どちらも大好きです!!

実は、オフ会の京都の方、参加したいなと思っていたのですが、現在、ベジタリアン中(←アレルギー&胃腸虚弱で動物性のモノetc食べれません)なので、参加しても迷惑かもと思い、断念しました(;。;)

次回開催される時までに、治ってたら良いな〜と願い中です(^u^)
治ってなかったら、うどん屋とかでしてもらえたらなぁ。なんて。。。(←あつかましぃ!!)

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/3884/index.html
.
Subject:オフ会レポを拝見して…
From:かずぴー
Date:2003/12/01 23:20:10
冷麺&冷し中華対決(?)、非常に興味深かったです! 私は関西人ですが、冷麺というと、あの韓国風のゴムみたいな麺でお酢をかけて食べるものと認識しておりました。そして『冷し中華』とは、家庭で作って食べるもの(錦糸たまご・ハム・きゅうり)ごまだれで! お店で食べると、いい値段とるわりに甘ったるくて、さくらんぼとかついてて水っぽいものが多いのでNGのが多いです。私的には、『冷麺』は焼肉のしめにお店で食べるもの、『冷し中華』は家で、夏休みの子供たちに作るお昼の定番ってかんじなのでした。
.
Subject:残念
From:ナースはしこ
Date:2003/12/01 23:21:30
東京オフ、行けたら良いなと思ったのですが…
ちょっと一目惚れしたどうぶつのことで忙しくて時間がとれませんでした。
今も、修行中です。

「冷麺オフ」かぁ。
コレに限らず地域による食べ物の違いは面白いです。
伝わっていくうちに変化したり、最初から別の物がたまたま同じ名称で呼ばれていたり。

★HP更新しました。
ホラーとナースとファンシーです。


http://kazeickw.infoseek.livedoor.com/
.
Subject:オフ会
From:左道 <d-satoru@cablenet.ne.jp>
Date:2003/12/04 00:44:53
行きたかったです、しかし仕事が・・・次回都合が良ければぜひぜひ。
冷麺は兄貴と食ったことがあります。本場の店で恐ろしく辛かったです・・・。
それから、かやのふさん時間衝突読みましたよ。斜め時間の機械の神はマトリクスの新しいのと頭の中で混ざりました。

私は最近メルマガ作りに凝ってまして、拳法のメルマガを作ってるのですが。今度小説関係の同好メルマガを作ろうと思ってます、第一回は小林先生の特集をやろうと思ってるのですがよろしいでしょうか?いつ出るか未定ですが・・・
.
Subject:おふみと冷麺
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/04 23:56:07
>sako★さん
> オフ会レポ、拝見させて頂きました!!
> とっても楽しそうですね〜♪
> 私も大阪人なので、“冷麺”は“冷やし中華”なイメージが強いです(^。^;)
> 焼肉屋さんの“韓国風冷麺”は、三年前の成人式のお祝いに、焼肉屋で食べ
> たっきりです(>。<;)
> ちなみに、“冷やし中華”&“韓国風冷麺”、どちらも大好きです!!

僕も両方好きです。
ただ、韓国風冷麺は焼肉店でしか食べられないのが残念です。

> 実は、オフ会の京都の方、参加したいなと思っていたのですが、現在、ベジ
> タリアン中(←アレルギー&胃腸虚弱で動物性のモノetc食べれません)な
> ので、参加しても迷惑かもと思い、断念しました(;。;)

おお。それは残念でした。

> 次回開催される時までに、治ってたら良いな〜と願い中です(^u^)
> 治ってなかったら、うどん屋とかでしてもらえたらなぁ。なんて。。。(←あつかましぃ!!)

うどんおふみもいいかもしれませんね。
次回は是非ご参加を。

>かずぴーさん
> 冷麺&冷し中華対決(?)、非常に興味深かったです! 私は関西人ですが、
> 冷麺というと、あの韓国風のゴムみたいな麺でお酢をかけて食べるものと認
> 識しておりました。そして『冷し中華』とは、家庭で作って食べるもの(錦
> 糸たまご・ハム・きゅうり)ごまだれで! お店で食べると、いい値段とる
> わりに甘ったるくて、さくらんぼとかついてて水っぽいものが多いのでNG
> のが多いです。私的には、『冷麺』は焼肉のしめにお店で食べるもの、『冷
> し中華』は家で、夏休みの子供たちに作るお昼の定番ってかんじなのでした。

関西人でも違いがあるのですね。因みに、「冷麺」を知ったのはいつ頃でしょ
う?
ごまだれ冷麺もいけますね。(^_^)

>ナースはしこさん
> 東京オフ、行けたら良いなと思ったのですが…
> ちょっと一目惚れしたどうぶつのことで忙しくて時間がとれませんでした。
> 今も、修行中です。


今回はどんな生き物でしょう? わくわく。

> 「冷麺オフ」かぁ。
> コレに限らず地域による食べ物の違いは面白いです。
> 伝わっていくうちに変化したり、最初から別の物がたまたま同じ名称で呼ばれていたり。

何かこだわりの食べ物とかありますか?

> ★HP更新しました。
> ホラーとナースとファンシーです。

カモノハシ、本物ではなかったのですね。(^^;)一瞬、期待してしまいました。

>左道さん
> 行きたかったです、しかし仕事が・・・次回都合が良ければぜひぜひ。

お待ちしております。

> 冷麺は兄貴と食ったことがあります。本場の店で恐ろしく辛かったです・・・。

本場は辛いのですか? 新たな謎が……。

> 私は最近メルマガ作りに凝ってまして、拳法のメルマガを作ってるのですが。
> 今度小説関係の同好メルマガを作ろうと思ってます、第一回は小林先生の特
> 集をやろうと思ってるのですがよろしいでしょうか?いつ出るか未定ですが・・・

もちろん、大喜びです。

購読申し込みはどこですればよろしいでしょうか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:関西限定のお知らせ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/04 23:58:15
12月7日の午後1時より、関テレで「世にも奇妙な物語 春の特別編」が再放送
されるようです。
「影の国」はたぶん2時半ぐらいからだと思います。

前回見逃した方は是非ご覧ください。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:冷麺
From:左道 <d-satoru@cablenet.ne.jp>
Date:2003/12/05 02:57:36
私が食べた冷麺、それがよく分からないのですよ^^;。
上野にある韓国の焼肉店で食べまして、冷麺と頼んだらそれが出てきました。

メルマガですが、「まぐまぐ」を利用して出そうと思ってまして見本誌が出来次第HPから登録出来るようにいたします、内容は小説関連が好きな人なら自由に参加できるフリ−な物にしょうと思ってます。HTMLマガジンにします。参加を希望する方は、ぜひ私にメ−ルを下さい^^。
.
Subject:(無題)
From:ナースはしこ
Date:2003/12/05 15:49:34
今日も謎の動物に会いに行くつもりです。
そんなに珍獣ではないのですが…飼う人は珍しいかも。

>何かこだわりの食べ物とかありますか?
冬の楽々お料理「おでん」ですが、「ちくわぶ」「すじ」について
地域差があると聞いたことがあります。
同じチェーンのコンビニでも内容が違うのでしょうか?
京都、大阪などにも「ちくわぶ」はありますか?




http://kazeickw.infoseek.livedoor.com/
.
Subject:冷麺&ちくわぶ
From:かずぴー
Date:2003/12/05 21:56:53
小林先生、あらためて問われて考えてみると、たしかに昔は今の『冷やし中華』のことも『冷麺』といってたような…  多分、自分で焼肉屋さんにいくようになってからだと思います、韓国冷麺との識別は。よく考えたら社会人になってからだ!
そして、『ちくわぶ』! ナースはしこさん、私は神戸ですが 実は以前からドラマでおでんの屋台のシーンなどをみて疑問に思ってました!『ちくわぶ』とは? ちくわのぶっといの(太いの)ではないのですか? お麸の一種? 関東ではポピュラーな食物なのでしょうか?
.
Subject:冷麺とコロとちくわぶ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/06 01:06:01
>左道さん
> 私が食べた冷麺、それがよく分からないのですよ^^;。
> 上野にある韓国の焼肉店で食べまして、冷麺と頼んだらそれが出てきました。

確か、オフで地域によって味が違うという話も出ていました。辛いスープを使
う地域もあるのかもしれませんね。

> メルマガですが、「まぐまぐ」を利用して出そうと思ってまして見本誌が出
> 来次第HPから登録出来るようにいたします、内容は小説関連が好きな人な
> ら自由に参加できるフリ−な物にしょうと思ってます。HTMLマガジンにしま
> す。参加を希望する方は、ぜひ私にメ−ルを下さい^^。

楽しみですね。

>ナースはしこさん
> 今日も謎の動物に会いに行くつもりです。
> そんなに珍獣ではないのですが…飼う人は珍しいかも。

謎の動物……。珍しい飼い主……。謎は深まるばかりです。(^^;)

> >何かこだわりの食べ物とかありますか?
> 冬の楽々お料理「おでん」ですが、「ちくわぶ」「すじ」について
> 地域差があると聞いたことがあります。
> 同じチェーンのコンビニでも内容が違うのでしょうか?
> 京都、大阪などにも「ちくわぶ」はありますか?

ちくわぶは食べたことがありません。おでんだねと言えば、子供の頃は「コロ」
(皮下脂肪付きの鯨の皮) が好きで食べるのが楽しみだったのですが、さすが
に最近は入れる家は少ないでしょうね。あと、蛸も好きでした。

>かずぴーさん
> 小林先生、あらためて問われて考えてみると、たしかに昔は今の『冷やし中
> 華』のことも『冷麺』といってたような…  多分、自分で焼肉屋さんにい
> くようになってからだと思います、韓国冷麺との識別は。よく考えたら社会
> 人になってからだ!

なるほど。冷麺によって偽の記憶が作られていたのですね!
恐るべし、韓国冷麺。

> そして、『ちくわぶ』! ナースはしこさん、私は神戸ですが 実は以前か
> らドラマでおでんの屋台のシーンなどをみて疑問に思ってました!『ちくわ
> ぶ』とは? ちくわのぶっといの(太いの)ではないのですか? お麸の一
> 種? 関東ではポピュラーな食物なのでしょうか?

謎は深まるばかり……。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:“ちくわぶ”談議。。。
From:sako★ <shoza@yacht.ocn.ne.jp>
Date:2003/12/06 12:02:22
私も、“ちくわぶ”食べたことナイです!!(←私は、大阪人です)
物体は、真田ひろゆき(←漢字分かりません)さん主演の、『たどんとちくわ』とゆう映画で、見たことアルかナイか微妙なトコです(^。^;)
その映画は、真田さんが屋台のおでん屋で、“ちくわ”頼んだら“ちくわぶ”しかなくて(←その逆だったかな??)、キレるとゆう、不思議なストーリーだったです。

あと、東京のラーメン(←醤油だけかな??)って、のり入って鱒よね!!
大阪で、のり入りラーメン食べたことなかったので、東京の屋台で食べた時、新鮮でした(^ω^)
.
Subject:ちくわぶとラーメンノリ
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/06 23:47:26
はいこんばんは。わたくし、中国地方出身の関東在住です。
ちくわぶもラーメン海苔も、こちらに来てはじめて食べました。ちくわぶは、小麦粉を練ったヤツを、真ん中にちくわっぽい穴を通した食べ物です。断面は穴の開いた星型のような形をしていることが多いです。たいがいはくたくたに煮込んでふにゃふにゃになっています。ちくわのつもりで頼むとすごいふやけた感じのものが出てくるのでびっくりします。私はあんまりいけません。真田さんがキれる気持ちはよくわかります。
ラーメン海苔はおいしいですよ。なかなか香ばしいのです。スープにちょっとつけて完全にふやける前、ちょっとパリパリ感が残っているうちに麺といっしょにすすりこむのがよろしいかと思います。東京のしょうゆラーメンはおいしいですよ。しょうゆ以外もたくさんありますけどね。

"ちくわぶ"で検索かけるとどこでもここがトップにきます。なぜか。
http://beefheart.power.ne.jp/chikuwabu/club.html

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj/
.
Subject:おでんとラーメン
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/07 01:58:22
>sako★さん
> 私も、“ちくわぶ”食べたことナイです!!(←私は、大阪人です)
> 物体は、真田ひろゆき(←漢字分かりません)さん主演の、『たどんとちく
> わ』とゆう映画で、見たことアルかナイか微妙なトコです(^。^;)
> その映画は、真田さんが屋台のおでん屋で、“ちくわ”頼んだら“ちくわぶ”
> しかなくて(←その逆だったかな??)、キレるとゆう、不思議なストーリ
> ーだったです。

大阪人なら暴れているところですね。

> あと、東京のラーメン(←醤油だけかな??)って、のり入って鱒よね!!
> 大阪で、のり入りラーメン食べたことなかったので、東京の屋台で食べた時、
> 新鮮でした(^ω^)

海苔入りは好きです。(^^)

>snj_xさん
> はいこんばんは。わたくし、中国地方出身の関東在住です。
> ちくわぶもラーメン海苔も、こちらに来てはじめて食べました。ちくわぶは、
> 小麦粉を練ったヤツを、真ん中にちくわっぽい穴を通した食べ物です。断面
> は穴の開いた星型のような形をしていることが多いです。たいがいはくたく
> たに煮込んでふにゃふにゃになっています。ちくわのつもりで頼むとすごい
> ふやけた感じのものが出てくるのでびっくりします。私はあんまりいけませ
> ん。真田さんがキれる気持ちはよくわかります。

なるほど材質的には麩で、形状が竹輪ということですね。

> ラーメン海苔はおいしいですよ。なかなか香ばしいのです。スープにちょっ
> とつけて完全にふやける前、ちょっとパリパリ感が残っているうちに麺とい
> っしょにすすりこむのがよろしいかと思います。東京のしょうゆラーメンは
> おいしいですよ。しょうゆ以外もたくさんありますけどね。

焼き豚は後に残しがちですが、海苔は早目の方がよさそうですね。

> "ちくわぶ"で検索かけるとどこでもここがトップにきます。なぜか。
> http://beefheart.power.ne.jp/chikuwabu/club.html

上のサイトを読んで気付いたのですが、ナースはしこさんの書かれていた「す
じ」というのは、「すじ肉」のことではないようですね。これも驚きです。

ところで、「コロ」を知ってる人はおられますか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:デジャブ
From:ナースはしこ
Date:2003/12/07 12:50:57
以前、まったりとお料理のお話をしていた掲示板でも、
私が「ちくわぶ」のカキコをしたらこんなふうに「気になる」というかたが…
形状はちくわに似ているけどお麩とは違います。
「ほうとう」とか「すいとん」のように密度の高いうどんのような食感です。
それ自体には味が付いていないので、
こんにゃくと同じに「おいしいスープが染みたら食べる」ために入れるようですね。
おでん以外の料理では使われていない気がします…でも、
自分で昆布だしみそバター味のスープで食べたことはあります。
★ラーメンのりも一般的でない場合があるんですね。
なんとなく、具が多くて安いラーメンを提供したいお店が、
ワカメのかわりに入れたのでは?と思いました。
.
Subject:Re: デジャブ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/08 00:58:18
>ナースはしこさん
> 以前、まったりとお料理のお話をしていた掲示板でも、
> 私が「ちくわぶ」のカキコをしたらこんなふうに「気になる」というかたが…

関西人にとっては、まさに謎の物体ですから。(^^;)

> 形状はちくわに似ているけどお麩とは違います。
> 「ほうとう」とか「すいとん」のように密度の高いうどんのような食感です。
> それ自体には味が付いていないので、
> こんにゃくと同じに「おいしいスープが染みたら食べる」ために入れるようですね。
> おでん以外の料理では使われていない気がします…でも、
> 自分で昆布だしみそバター味のスープで食べたことはあります。

なるほど。麩は小麦粉から蛋白質を抽出したものですから、小麦粉をそのまま
使うのは麩とは違いますね。

> ★ラーメンのりも一般的でない場合があるんですね。
> なんとなく、具が多くて安いラーメンを提供したいお店が、
> ワカメのかわりに入れたのでは?と思いました。

どうなんでしょうか? 
#識者のコメントお待ちしてます。(^_^) 

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:なんだか。。。
From:sako★ <shoza@yacht.ocn.ne.jp>
Date:2003/12/08 12:02:57
ちくわぶサイト見ました!!
ちくわぶに凄い執着したサイトですね。。。
なんだか食べてみたくなってきました(^u^;)
近々、おでんにでも入れて、食べてみようと思い鱒!!

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/3884/index.html
.
Subject:続・ちくわぶ&わかめ
From:かずぴー
Date:2003/12/08 23:23:46
ちくわぶサイトは、ケータイからは許容量オーバーで、詳しくはみれなかったけれど、皆様のご説明でなんとか想像できました。味のないものをだしやたれで食べるの好きです。つまみがない時、乾きものが嫌いな私はよく「くずきり」を、ゆず胡椒いりのぽん酢でいただき 飲んでます。ラーメンの具として、海苔はこちらではわりとポピュラーですが、わかめは… インスタント麺でしか、お目にかかったことがないように思います。たまーに味噌ラーメンには少しはいってるかな?
.
Subject:ころ?おばけ?
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/09 01:49:55
幼き日々の思い出ですが。
「おばけ」と称する食べ物を食べたことがあります。黒い皮にふやふやとした脂肪と思しきものがまとわりついた食べ物でした。たしかさしみっぽい食べ方をしたように覚えてます。
親父に言わせれば、これは鯨の皮だそうです。小林さんのおっしゃる「ころ」と同じものでしょうか?

ころだのおばけだの、正体不明の食い物ですな。

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj/
.
Subject:こんにちは
From:はやて
Date:2003/12/09 14:21:56
小林先生、皆さん、お久しぶりです。冷麺オフの際はお世話になりました。人見知りしやすい体質であることと、普段入れないような高級(丸ビル!)なお店だったこともあり、挙動不審になっていなかったか不安です。肉も冷麺も非常に美味でした。

本日も例によってjavaをやってます。知識のある友人の手を借りて、やっとこさプログラムが組める環境になり、期末試験に向けて遅れを取り戻すべく奮闘、の予定であります(中半諦め……)。

話題が冷麺から発展して「ちくわぶ」ですか。ダイナミックな展開です。
東海林さだお、椎名誠両氏の『シーナとショージの発奮忘食対談』で「ちくわぶ」と「すじ」が取り上げられています(自分は東海林氏の大ファンであります)。対談の中でも「ちくわぶ」は終始シビアな扱いをうけていて不憫……関東人にまで疎まれて彼らはどこに行けばよいのか。
ちなみにこの本によれば「すじ」は、関西が「牛すじ」、関東が「サメの肉と軟骨を叩いてどうこうしたもの」だそうです。僕は関東生まれ関東育ちですが、「すじ」と言えば牛のみだと思ってました。サメって「フカヒレ」以外でも食べるんですね。
.
Subject:“すじ”談議。。。
From:sako★ <shoza@yacht.ocn.ne.jp>
Date:2003/12/10 11:41:43
私も、“すじ”=“牛すじ”だと思ってました!!(←しつこい様ですが、私は、大阪人です)
.
Subject:おでんだね
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/10 23:56:43
>sako★さん
> ちくわぶサイト見ました!!
> ちくわぶに凄い執着したサイトですね。。。
> なんだか食べてみたくなってきました(^u^;)
> 近々、おでんにでも入れて、食べてみようと思い鱒!!

僕も食べてみたくなりました。
#次はおでんオフ?

> 私も、“すじ”=“牛すじ”だと思ってました!!(←しつこい様ですが、私は、大阪人です)

おでんに入っている「すじ」が「すじ肉」でないというのは意表をつかれまし
たね。(^^)

>かずぴーさん
> ちくわぶサイトは、ケータイからは許容量オーバーで、詳しくはみれなかっ
> たけれど、皆様のご説明でなんとか想像できました。味のないものをだしや
> たれで食べるの好きです。つまみがない時、乾きものが嫌いな私はよく「く
> ずきり」を、ゆず胡椒いりのぽん酢でいただき 飲んでます。ラーメンの具
> として、海苔はこちらではわりとポピュラーですが、わかめは… インスタ
> ント麺でしか、お目にかかったことがないように思います。たまーに味噌ラ
> ーメンには少しはいってるかな?

「くずきり」の食べ方も地方によって拘りがありそうです。
最近各地のラーメンが紹介されているので、具についてはあまり違和感はない
かもしれませね。

>snj_xさん
> 幼き日々の思い出ですが。
> 「おばけ」と称する食べ物を食べたことがあります。黒い皮にふやふやとし
> た脂肪と思しきものがまとわりついた食べ物でした。たしかさしみっぽい食
> べ方をしたように覚えてます。
> 親父に言わせれば、これは鯨の皮だそうです。小林さんのおっしゃる「ころ」
> と同じものでしょうか?

「コロ」は「おばけ」とは加工の仕方が違うようで、かなりしっかりとした食
感です。
見た目はここのページを参考にしてください。

http://www.simetani.com/shohin-d.htm

> ころだのおばけだの、正体不明の食い物ですな。

僕が子供の頃、鯨はとてもポピュラーな食べ物でしたが、日本の食文化として
は完全に破壊されてしまいましたね。

ところで、「牛や豚には知性はないが、鯨にはある」という迷信はどの程度信
じられているのでしょう?

>はやてさん
> 小林先生、皆さん、お久しぶりです。冷麺オフの際はお世話になりました。
> 人見知りしやすい体質であることと、普段入れないような高級(丸ビル!)
> なお店だったこともあり、挙動不審になっていなかったか不安です。肉も冷
> 麺も非常に美味でした。

「挙動不審」と言えば、僕もかなりのものです。(^^)

> 本日も例によってjavaをやってます。知識のある友人の手を借りて、やっと
> こさプログラムが組める環境になり、期末試験に向けて遅れを取り戻すべく
> 奮闘、の予定であります(中半諦め……)。

便利なソフトが簡単に手に入るようになってくると、自分でプログラムを組む
気にはなかなかなりませんね。(^^;)

> 話題が冷麺から発展して「ちくわぶ」ですか。ダイナミックな展開です。
> 東海林さだお、椎名誠両氏の『シーナとショージの発奮忘食対談』で「ちく
> わぶ」と「すじ」が取り上げられています(自分は東海林氏の大ファンであ
> ります)。対談の中でも「ちくわぶ」は終始シビアな扱いをうけていて不憫
> ……関東人にまで疎まれて彼らはどこに行けばよいのか。

なるほど。関東でも微妙な位置にあるのですか。

> ちなみにこの本によれば「すじ」は、関西が「牛すじ」、関東が「サメの肉
> と軟骨を叩いてどうこうしたもの」だそうです。僕は関東生まれ関東育ちで
> すが、「すじ」と言えば牛のみだと思ってました。サメって「フカヒレ」以
> 外でも食べるんですね。

関東でも、地区によって微妙な違いがあるのか、あるいは年代による違いかも
しれません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:あの表紙の絵は?
From:JACKJOHNSON2世
Date:2003/12/12 12:39:04
「目を擦る女」の文庫本の表紙の絵を書いた人は誰なのか知りたい
詳細情報希望
.
Subject:ぶたとうみぶた
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/12 16:38:59
>ところで、「牛や豚には知性はないが、鯨にはある」という迷信はどの程度信
>じられているのでしょう?

この場合の「迷信」とは、どちらにかかっている言葉でしょうか。
「鯨に知性がある」のが迷信?「牛豚に知性がない」のが迷信?
寡聞にして牛の例は存じませんが、豚のほうはうまい具合に切り貼りすれば・・・。

ま、それはともかく。

鯨の知性の問題って、あれこれごっちゃになってて、なんというか、すごく見通しが悪いですよね。たとえば、イルカの研究成果を持ってきて大型鯨類を論じたりとか。
大型鯨類なんかはつい最近にも新種が発見されたくらいで、あんまり研究の進んでない分野とも聞きます。そりゃぁそうだ、イルカみたいに水族館で飼えないし。
たぶん本職の研究者ならわかっている部分とそうでない部分をちゃんと整理されているのでしょうけど、それがいざ素人の「食うな/食わせろ」論争になると、見たいものを見ちゃうひとばっかりになるのはなぜでしょう。
もともと人類は大型鯨類のことをよく知らない上に、そもそも「知性」という言葉に明確な定義を出せないので、二重に好きな幻が見れるという構造が迷信の温床になっているのかなと。
ただ、おおきさにかかわらず鯨類の生態や数々のなぞが人をひきつけてやまないのはわかる気がします。キュートな鯨類キャラクターの出演するSFにも名作は多いですしね。

マイベスト鯨キャラは、クラークの「イルカの島」にでてくるメスのシャチです。ラスト近くになって彼女のボーイフレンドのシャチが出てきますが、完全に尻の下にしいちゃってるのがすばらしいと思います(シャチの尻ってどこ?)。
ああ、でも、ブリンはなぜか縁がなくて読んでないので、語る資格はないかもしれません。

確か今の地球人口は64億くらいだったと思います。首尾よく地球外に足がかりを作れるならともかく、このままだましだましリソースを食いつぶしつづけるならばいずれたんぱく質源としての鯨類に全世界が注目せざるを得ません。
その場合はきっと大形鯨類だけでなく、イルカのたぐいにも目を向けられるでしょう。そして、他の海産物と同様に大規模な工場で大量に処理された加工食品が市場に出回るでしょう。
もし、コンビニの惣菜コーナーでイルカの天麩羅を見つけたときはその商品名を確認してください。きっと「わんぱくフリッター」って・・・
.
Subject:Re: ぶたとうみぶた
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/13 01:15:57
>snj_xさん
> >ところで、「牛や豚には知性はないが、鯨にはある」という迷信はどの程度信
> >じられているのでしょう?
>
> この場合の「迷信」とは、どちらにかかっている言葉でしょうか。
> 「鯨に知性がある」のが迷信?「牛豚に知性がない」のが迷信?

両方です。(^^)

snj_xさんもおっしゃっておられるように、そもそも「知性」という言葉に明
確な定義がありません。

「牛や豚には知性はないが、鯨にはある」という主張するためには、次のよう
な段階を踏まねばなりません。

(1) 知性を定義する。
(2) 牛や豚に知性がないことを証明する。
(3) 鯨に知性があることを証明する。

#ここで、「知性」を「鯨にはあるけど、牛や豚にはない何か」と定義すれば、
#(1)〜(3)はあっと言う間にクリアしますが、単なるトートロジーですので、
#意味はありません。(^^;)

僕の知る限り、(1)〜(3) をきちんと行った人はいません。
つまり、「牛や豚には知性はないが、鯨にはある」というのは、「鯨や豚は神
聖ではないが、牛は神聖だ」とか、「牛や鯨は汚れていないが、豚は汚れてい
る」というのと同じぐらい根拠のない言説だということになります。

> 寡聞にして牛の例は存じませんが、豚のほうはうまい具合に切り貼りすれば・・・。

かなりうまくやらなければなりませんが。(^^)

> たぶん本職の研究者ならわかっている部分とそうでない部分をちゃんと整理
> されているのでしょうけど、それがいざ素人の「食うな/食わせろ」論争に
> なると、見たいものを見ちゃうひとばっかりになるのはなぜでしょう。

つまりは宗教論争に近いものだからではないでしょうか。欧米には鯨を神聖視
する文化が色濃く存在するようです。
#『白鯨』や古くは旧約聖書の『ヨナ書』とか。

> ただ、おおきさにかかわらず鯨類の生態や数々のなぞが人をひきつけてやま
> ないのはわかる気がします。キュートな鯨類キャラクターの出演するSFにも
> 名作は多いですしね。

地球に実在する生物の中で、もっとも怪獣と呼ぶに相応しい存在ですから。

> マイベスト鯨キャラは、クラークの「イルカの島」にでてくるメスのシャチ
> です。ラスト近くになって彼女のボーイフレンドのシャチが出てきますが、
> 完全に尻の下にしいちゃってるのがすばらしいと思います(シャチの尻って
> どこ?)。
> ああ、でも、ブリンはなぜか縁がなくて読んでないので、語る資格はないか
> もしれません。

海豚物って人気あるのでしょうか? 人類のパートナーとしては、実績面では
犬、能力面ではボノボやチンパンジーに軍配があがりそうなのですが。

> もし、コンビニの惣菜コーナーでイルカの天麩羅を見つけたときはその商品
> 名を確認してください。きっと「わんぱくフリッター」って・・・

若い人たちはここなどを参照してください。(^^;)

http://user.shikoku.ne.jp/yanotesk/SF/Ra/flipper.htm

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:Re: あの表紙の絵は?
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/13 01:21:22
>JACKJOHNSON2世さん

初めまして。

> 「目を擦る女」の文庫本の表紙の絵を書いた人は誰なのか知りたい
> 詳細情報希望

あのイラストは笹井一個さんという方が描かれました。

ホームページはここです。

http://www1.wisnet.ne.jp/~gasoline/

#実は僕自身も面識がないのですが。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:(無題)
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/14 15:57:52
ええと、トートロジーを禁じ手にされると困ったことになりはしませんかね。
(1)の作業のあとに

(1.5)人類に知性があることを証明する

というのが必要です。
ええ〜と。ちょっと自信ないですね、周りを見回したり、自分を見返したり・・・。
やっぱ、「人類にあってほかにはないもの」っていうのは例外でOKにしませんか?
(ああ、そういう甘えの無いところにSFがあるんですねぇ。意地悪)
.
Subject:Re: (無題)
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/14 23:53:14
>snj_xさん
> ええと、トートロジーを禁じ手にされると困ったことになりはしませんかね。
> (1)の作業のあとに
>
> (1.5)人類に知性があることを証明する
>
> というのが必要です。

(1.6) 知性のあるものは食ってはいけないことを証明する。

というのも追加の必要があるかもしれません。

> ええ〜と。ちょっと自信ないですね、周りを見回したり、自分を見返したり・・・。
> やっぱ、「人類にあってほかにはないもの」っていうのは例外でOKにしませんか?

「人類にあってほかにはないもの」=「知性」とすると、自動的に鯨には知性
がないことになりますね。

> (ああ、そういう甘えの無いところにSFがあるんですねぇ。意地悪)

知性は SF の大きなテーマですから。(^^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:外国人の見た鯨食(と懸賞)
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/15 02:19:54
英語ですけどこういうページがあります。
http://slate.msn.com/id/2089630/entry/2089645/

何回かよそでも紹介されたとこなのでご存知の方もいらっしゃるかも。
日本人が外国に行ってホビロンとか食べるのとおんなじノリで、珍しいから食いに行った外国人のレポートになってます。
やっぱり、海外でも牛と鯨の明確な違いが無いことを理解している人はいるようです。めったに食べないのでおっかなびっくりの印象はあるのですが。ステーキはうまかったみたいですよ。

>つまりは宗教論争に近いものだからではないでしょうか。欧米には鯨を神聖視
>する文化が色濃く存在するようです。
>#『白鯨』や古くは旧約聖書の『ヨナ書』とか。
どうですかね。鯨が何らかの形でシンボル化しているのは洋の東西を問わずにあると思います。むしろ、海外のほうが、マッコウクジラを取って油だけとって捨てるとか、シロナガスのひげを目的に採ったとか、なんだか無駄遣いしているというイメージがあります。むしろちゃんと「いただきます」つって食ってる日本人のほうがまだマシかと。
あとノルウェーの人たちもとってますね。

知性がどうたらという言説が出てきたのはけっこう歴史が浅いのではないでしょうか。
エコロケーションや音声的なコミュニケーションをとっているという証拠は、やはり水中マイクロホンなんかが出てきてから後の話だと思います。そのころのインパクトがけっこう強かったのかなと思います。

じつはちょっとぐぐってみたんですが、その辺の適当な資料が見つかりませんでした。鯨を食うなっていうのはいつごろから始まったんですかね。


ああ、あと、懸賞。
むずかしいです。ぜんぜんわかりません。
いえ、いいんですよ。別にヒントをくれなんていやらしいことは言いませんから。
(ミステリーズってあんな楽しい企画やってたんですね)
.
Subject:Re: 外国人の見た鯨食(と懸賞)
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/16 00:16:24
>snj_xさん
> 英語ですけどこういうページがあります。
> http://slate.msn.com/id/2089630/entry/2089645/
>
> 何回かよそでも紹介されたとこなのでご存知の方もいらっしゃるかも。
> 日本人が外国に行ってホビロンとか食べるのとおんなじノリで、珍しいから
> 食いに行った外国人のレポートになってます。
> やっぱり、海外でも牛と鯨の明確な違いが無いことを理解している人はいる
> ようです。めったに食べないのでおっかなびっくりの印象はあるのですが。
> ステーキはうまかったみたいですよ。

鯨を食べた場合、単なるゲテモノ食いではなく、道徳的な批判を受けるようで
すね。
ところで、おそらく今の20代以下の人たちは鯨を食べたことは殆どないと思う
のですが、やはり鯨を食べるのに抵抗があるのでしょうか? それとも、チャ
ンスがあれば、平気で食べられるのでしょうか?

> >つまりは宗教論争に近いものだからではないでしょうか。欧米には鯨を神聖視
> >する文化が色濃く存在するようです。
> >#『白鯨』や古くは旧約聖書の『ヨナ書』とか。
> どうですかね。鯨が何らかの形でシンボル化しているのは洋の東西を問わず
> にあると思います。むしろ、海外のほうが、マッコウクジラを取って油だけ
> とって捨てるとか、シロナガスのひげを目的に採ったとか、なんだか無駄遣
> いしているというイメージがあります。むしろちゃんと「いただきます」つ
> って食ってる日本人のほうがまだマシかと。
> あとノルウェーの人たちもとってますね。

僕は、むしろ、殺すのは OK だけど、食べるのは駄目ということに、より強
いタブーの影を感じます。

> 知性がどうたらという言説が出てきたのはけっこう歴史が浅いのではないで
> しょうか。
> エコロケーションや音声的なコミュニケーションをとっているという証拠は、
> やはり水中マイクロホンなんかが出てきてから後の話だと思います。そのこ
> ろのインパクトがけっこう強かったのかなと思います。
>
> じつはちょっとぐぐってみたんですが、その辺の適当な資料が見つかりませ
> んでした。鯨を食うなっていうのはいつごろから始まったんですかね。

発声器官を持つ動物はたいていそれでコミュニケーションをとっていると思う
のですが、なぜ鯨だけ知性の証拠になるのか、とても不思議です。小鳥などは
地域によって方言すらあるそうです。

> ああ、あと、懸賞。
> むずかしいです。ぜんぜんわかりません。
> いえ、いいんですよ。別にヒントをくれなんていやらしいことは言いません
> から。
> (ミステリーズってあんな楽しい企画やってたんですね)

では、特別にヒントをお教えいたしましょう。

207ページ上段の後ろから8行目の「順子も部屋を出ていった」は間違いです。
正しくは「令子も部屋を出ていった」です。

すみません。m(_ _)m

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:ちくわぶ
From:かやのふ <kayanov@s03.itscom.net>
Date:2003/12/16 06:57:30
ちくわぶに関する話題は沈静化したところですが・・・

うちの近くのコンビニ(ファミリーマート)で、おでんを売っています。
ちくわぶを売っているのを発見しました。
http://www.246.ne.jp/~kayano/tmp/chikuwabu.jpg
ということは、関東と関西でコンビニおでんの内容も違うってことですよね?
.
Subject:くじら
From:かやのふ <kayanov@s03.itscom.net>
Date:2003/12/16 07:09:06
先日、友人と渋谷のくじら屋という店に行きました。
http://www.kujiraya.co.jp/
「げいじすかん焼きセット」というコースを食べましたが、
まぁ、そんなにうまいものでもないですね。
私は食べ物に対する禁忌とかないので心も痛みませんが、
「捕鯨禁止!」とかいうのがあるので、逆に食べたくなるという。

しかし、鯨やイルカに知性がある、というは何かテストでもしたんですかね?
チューリングテストをクリアすれば知的とか(笑)

チューリングテストについては以下のURLを参照のこと:
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/whatsai/AIfaq.html
.
Subject:知性食
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/16 20:39:16
>小林さん
>(1.6) 知性のあるものは食ってはいけないことを証明する。

>かやのふさん
>チューリングテストをクリアすれば知的とか(笑)

たまぁに、限定的な状況でチューリングテストをクリアしない人間っていそうですよね。「〜からお預かりします」とか言ってるような・・・。



・・・食ったらうまいですかね?
.
Subject:おでんとチューリングテスト
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/16 23:52:47
>かやのふさん
> うちの近くのコンビニ(ファミリーマート)で、おでんを売っています。
> ちくわぶを売っているのを発見しました。
> http://www.246.ne.jp/~kayano/tmp/chikuwabu.jpg
> ということは、関東と関西でコンビニおでんの内容も違うってことですよね?

今度近くのコンビニで確認してみます。

> 先日、友人と渋谷のくじら屋という店に行きました。
> http://www.kujiraya.co.jp/
> 「げいじすかん焼きセット」というコースを食べましたが、
> まぁ、そんなにうまいものでもないですね。
> 私は食べ物に対する禁忌とかないので心も痛みませんが、
> 「捕鯨禁止!」とかいうのがあるので、逆に食べたくなるという。

僕たちの子供の頃は給食に鯨肉が出たので、禁忌などと言う前に食べない子供
は先生に怒られたはずです。(^_^)

> しかし、鯨やイルカに知性がある、というは何かテストでもしたんですかね?
> チューリングテストをクリアすれば知的とか(笑)

チューリングテストをする人間の知性はどうやってテストするかと言う問題が
ありますね。

>snj_xさん
> たまぁに、限定的な状況でチューリングテストをクリアしない人間っていそ
> うですよね。「〜からお預かりします」とか言ってるような・・・。
>
>
>
> ・・・食ったらうまいですかね?

田中啓文さんの短編集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』に収録されている短編
「銀河を駆ける呪詛」には知性のない存在は決して食べないという倫理観を持
った種族が登場します。
彼らはチューリングテストをしてパスしないと食べないのだと思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:昼寝するけどね。
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/17 17:34:59
>チューリングテストをする人間の知性はどうやってテストするかと言う問題が
>ありますね。

ああ、そうか。チューリングテストではかれる知性って、結局トートロジーから抜け出せないんですね。「人間と会話して人間らしく感じられる相手は人間と同等」てことだから。
おお、しかしそれじゃあ、いままさにかすかなエウレカを感じているこの灰色の脳細胞の小さな塊にはいったい何が宿っているのでしょうか。

知性をトートロジーに依存しないで測れる基準とかって他にあるんでしょうか?
このままでは怖くて夜も眠れません。
.
Subject:思い出した!
From:かずぴー
Date:2003/12/17 20:36:39
小林先生、給食といえば、今でもはっきり記憶にあるのは「鯨肉のノルウェー風」という献立です。味は思い出せるのですが、どのような形状のお料理だったのかはなぜか思い出せない… あと、「ビーフカレーシチュー」という、今思えば理解に苦しむ献立もあり、でもどちらも普通に疑問なく食べてましたわ。
.
Subject:ノルウェー風知性
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/18 23:33:31
>snj_xさん
> >チューリングテストをする人間の知性はどうやってテストするかと言う問題が
> >ありますね。
>
> ああ、そうか。チューリングテストではかれる知性って、結局トートロジー
> から抜け出せないんですね。「人間と会話して人間らしく感じられる相手は
> 人間と同等」てことだから。
> おお、しかしそれじゃあ、いままさにかすかなエウレカを感じているこの灰
> 色の脳細胞の小さな塊にはいったい何が宿っているのでしょうか。
>
> 知性をトートロジーに依存しないで測れる基準とかって他にあるんでしょう
> か?
> このままでは怖くて夜も眠れません。

取り敢えず自分に知性があることは信じてもいいのではないでしょうか?

自分の知性が信じられない人はそもそも知性とは縁がないということで。(^^;)

>かずぴーさん
> 小林先生、給食といえば、今でもはっきり記憶にあるのは「鯨肉のノルウェ
> ー風」という献立です。味は思い出せるのですが、どのような形状のお料理
> だったのかはなぜか思い出せない… 

「ノルウェー風」と言うのが、なんとなくいい感じですね。

> あと、「ビーフカレーシチュー」という、今思えば理解に苦しむ献立もあり、
> でもどちらも普通に疑問なく食べてましたわ。

あれはどう食べるのが正解なんでしょう。パンに塗っているやつもいましたが。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:はじめまして
From:鶯ダニー
Date:2003/12/22 01:27:23
はじめまして、こんにちは。
難しい話と給食の話で盛り上がっているところ、おじゃまします。

4年程前に何気なく読んだ「玩具修理者」で先生の作品に出会いました。
以来、書店で見かける度に1冊づつ買うという気長なスタイルで、静かにしかし熱くハマっています。
むしろなぜ発売から5年もの間気にとめなかったのか、不思議でならないくらいです(もう一つの大賞受賞作は発売直後速攻買って読んだのに〜)。
そして、面白そうな作品をつまみ読みする習慣の私が、1人の作家の作品をコンプリートしようと思ったのは先生が初めてです。
現在「奇憶」といくつかのアンソロジー、雑誌掲載作品が未読ですが、必ず読みます。

人によるかもしれまでんが、私は先生の文章にちりばめられたユーモアが、ピタリと心にハマるのです(作家がユーモアのつもりで書いた部分がダメだと「相性が悪い」と判断しています)。
もちろん内容が素晴らしいことは、言うまでもありません。
最近のお気に入りは「未公開実験」です。丸鋸先生にはぜひぜひ三たび・四たび活躍して欲しいです。

まだまだいろいろ書きたいことがあるのですが、長くなり過ぎるので次回カキコにて。
それから、稚拙ではありますがイラストもお送りしました。

では失礼します〜。
.
Subject:海獣肉
From:ナースはしこ
Date:2003/12/22 10:52:44
鯨はかろうじて給食で食べた世代です。
低学年で無くなりましたが、とくに好きじゃなかったのであまりおぼえていません。

北海道土産に缶詰カレーシリーズがあって、「エゾヒグマ」「エゾシカ」そして「トド」だそうです。
トドのパッケージには「流氷と共にやってきたトドをカレーにしました」と書いてあるらしいです。
海の哺乳類は寒さから身を守るために脂肪が乗っていて皮が厚いので、資源としてはかなり
良いと思います。
捕りすぎるのでなければ、食べるのは「油だけとって捨てる」より人道的では?



http://kazeickw.infoseek.livedoor.com/
.
Subject:Re: 海獣肉
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/23 00:17:47
>ナースはしこさん
> 鯨はかろうじて給食で食べた世代です。
> 低学年で無くなりましたが、とくに好きじゃなかったのであまりおぼえてい
> ません。

給食は調理の仕方が単調だったように思います。

> 北海道土産に缶詰カレーシリーズがあって、「エゾヒグマ」「エゾシカ」そ
> して「トド」だそうです。

「トド」は、食べてみたいですね。(^^)

> トドのパッケージには「流氷と共にやってきたトドをカレーにしました」と
> 書いてあるらしいです。
> 海の哺乳類は寒さから身を守るために脂肪が乗っていて皮が厚いので、資源
> としてはかなり
> 良いと思います。
> 捕りすぎるのでなければ、食べるのは「油だけとって捨てる」より人道的で
> は?

養殖ものなら、獲りすぎる心配もないですね。鯨の養殖できないものでしょう
か?http://6115.teacup.com/kayano/bbs?cmd=menu02&edate=1072138715 編集済


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/23 00:19:39
>鶯ダニーさん
> はじめまして、こんにちは。

初めまして!

> 難しい話と給食の話で盛り上がっているところ、おじゃまします。

もしよかったら、話題にご参加ください。

> 4年程前に何気なく読んだ「玩具修理者」で先生の作品に出会いました。
> 以来、書店で見かける度に1冊づつ買うという気長なスタイルで、静かにし
> かし熱くハマっています。

ありがとうございます。

> むしろなぜ発売から5年もの間気にとめなかったのか、不思議でならないく
> らいです(もう一つの大賞受賞作は発売直後速攻買って読んだのに〜)。
> そして、面白そうな作品をつまみ読みする習慣の私が、1人の作家の作品を
> コンプリートしようと思ったのは先生が初めてです。
> 現在「奇憶」といくつかのアンソロジー、雑誌掲載作品が未読ですが、必ず
> 読みます。

雑誌掲載作もかならず単行本に収録する予定です。
しばらくお待ちください。(^^)

> 人によるかもしれまでんが、私は先生の文章にちりばめられたユーモアが、
> ピタリと心にハマるのです(作家がユーモアのつもりで書いた部分がダメだ
> と「相性が悪い」と判断しています)。

ユーモアは難しいですね。笑わすつもりで書いたら、激怒されたり。(^^;)

> もちろん内容が素晴らしいことは、言うまでもありません。
> 最近のお気に入りは「未公開実験」です。丸鋸先生にはぜひぜひ三たび・四
> たび活躍して欲しいです。

彼は気に入ってるので、きっとまた登場すると思います。

> まだまだいろいろ書きたいことがあるのですが、長くなり過ぎるので次回カ
> キコにて。

楽しみにしております。

> それから、稚拙ではありますがイラストもお送りしました。

可愛いイラストをありがとうございます。次の更新の時にアップさせていただ
きます。

> では失礼します〜。

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:なんて知的な竜田揚げ
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/23 00:50:39
俺のころはノルウェー風なんてしゃれちゃぁいなかったなぁ…。
そうそう、竜田揚げでした。竜田揚げ。なんだかジャーキーに衣つけて揚げたような黒い肉でした。
無駄に年齢だけ重ねると、いろいろなものを食う機会がありますね。俺はもう、おととしくらいにイナゴを食ってうまいなぁと感じてから、もう怖いモンはないです。かえるも食ったしね。
とど、食ってみたいですね。通販サイトとかないかな。
.
Subject:Re: なんて知的な竜田揚げ
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/23 01:18:36
>snj_xさん
> 俺のころはノルウェー風なんてしゃれちゃぁいなかったなぁ…。
> そうそう、竜田揚げでした。竜田揚げ。なんだかジャーキーに衣つけて揚げ
> たような黒い肉でした。

そうそう。竜田揚げでした。黒くて硬かった記憶があります。

> 無駄に年齢だけ重ねると、いろいろなものを食う機会がありますね。俺はも
> う、おととしくらいにイナゴを食ってうまいなぁと感じてから、もう怖いモ
> ンはないです。かえるも食ったしね。

蛙はかしわのような味らしいですね。蝗はどんな味でした?

> とど、食ってみたいですね。通販サイトとかないかな。

こんなページが……。

http://www.kato-b.com/ecom/wain/w01.html

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:彼も逃げそこなったら怪人飛蝗男
From:snj_x <snjunction@hotmail.com>
Date:2003/12/24 02:57:25
イナゴはですね、甲信越地方に出張にいった際に地元の居酒屋で食べました。
小指のツメほどのヤツを甘辛く佃煮にしたやつが出ました。
まぁ、佃煮なんでどこまで素材の味が感じられたのかはいまいちわかりませんが、小さな蝦をぽりぽりかじっている印象でした。虫を食ってるという違和感はほとんどありません。ふつーの食いモンです。
いっしょにでてきた茹で落花生にも、新鮮な驚きを覚えました、暖かいうちがうまいです。

蛙はですね、田鶏というほどで、おっしゃるとおり鶏っぽい味です。普通の鶏よりはだいぶ油分が少ない印象ですね。むしろ、鴨とかのほうが、同じ鳥類でアレだけ味が違うのかと驚いた記憶があります。鴨はむしろ、牛とかに近い味わいがあるように思います。いや、ほかの鳥類をそんなに食べ比べてるわけじゃありませんが。
食性とか生活環境とかが味の違いになるのでしょうか。

…。ああ、そういえば知り合いにオーストラリアに新婚旅行にいってカンガルー食ったはずのやつがいたので、今度、どんな味だったかきいてみたいと思います、有袋類。
.
Subject:Re: 彼も逃げそこなったら怪人飛蝗男
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/25 00:34:15
>snj_xさん

最近のは飛蝗とは限らないようですよ。(^^)

> イナゴはですね、甲信越地方に出張にいった際に地元の居酒屋で食べました。
> 小指のツメほどのヤツを甘辛く佃煮にしたやつが出ました。
> まぁ、佃煮なんでどこまで素材の味が感じられたのかはいまいちわかりませ
> んが、小さな蝦をぽりぽりかじっている印象でした。虫を食ってるという違
> 和感はほとんどありません。ふつーの食いモンです。
> いっしょにでてきた茹で落花生にも、新鮮な驚きを覚えました、暖かいうち
> がうまいです。

ファーブル昆虫記に蝉を食べる話があって、やはり蝦のような味だと書いてあ
ったと思います。
#節足動物繋がり?

> 蛙はですね、田鶏というほどで、おっしゃるとおり鶏っぽい味です。普通の
> 鶏よりはだいぶ油分が少ない印象ですね。むしろ、鴨とかのほうが、同じ鳥
> 類でアレだけ味が違うのかと驚いた記憶があります。鴨はむしろ、牛とかに
> 近い味わいがあるように思います。いや、ほかの鳥類をそんなに食べ比べて
> るわけじゃありませんが。
> 食性とか生活環境とかが味の違いになるのでしょうか。

どうなんでしょう? 哺乳類でも豚と牛と鯨ではかなり味が違いますから、鳥
類の味にヴァリエーションがあっても不思議ではない気もしますが。

> …。ああ、そういえば知り合いにオーストラリアに新婚旅行にいってカンガ
> ルー食ったはずのやつがいたので、今度、どんな味だったかきいてみたいと
> 思います、有袋類。

こうなると、コアラも是非。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:押し迫ってまいりました
From:かずぴー
Date:2003/12/26 22:55:48
クリスマスは皆さん、盛り上がりましたでしょうか? 私は無事、今年も役目を終えてホッとしてます(^o^;  ところでみなさん、いくつまでサンタさんを信じてました? 自分の記憶が消えてるもんで… そうそう、こちらではもしかして場違いな発言を繰り返してたかも、と反省しておりますが、小林先生とお近付き?になれたこと、ほんとに嬉しく思ってます。皆様のメールも毎回、とても楽しく、勉強になることばかりでした!少し早いですが、小林先生、皆様、よいお年を!そして来年もよろしくお願いいたします。先生、新作期待しております!
.
Subject:こんばんは
From:鶯ダニー
Date:2003/12/27 00:04:16
先生、管理人さん、イラストの掲載ありがとうございました。

サンタについて…
両親が他の同じ年の子と比べカナ〜リ高齢で、
そういった「西洋かぶれのちゃらちゃらしたもの」に興味を示さなかったためか、
私自身も興味が無く信じる信じない以前の寂しい幼少期を過ごしました。
しかも幼稚園がキリスト教系だったにもかかわらず(笑)。

来年も、時々こちらにも書き込ませていただきますが、宜しくお願いします。
先生、みなさん、良いお年を。
               ……………私も新作期待しています(゚▽゚)
.
Subject:サンタクロースとウルトラマンとチラノサウルス
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/27 09:17:53
>かずぴーさん
> クリスマスは皆さん、盛り上がりましたでしょうか? 私は無事、今年も役
> 目を終えてホッとしてます(^o^;  

ご苦労様です。サンタさんの下請けですか? (^o^)

> ところでみなさん、いくつまでサンタさんを信じてました? 自分の記憶が消えてるもんで…

5〜6歳の頃だったと思います。
うちには煙突がなかったので、窓を開けて寝ました。
#寒いし、物騒だし。(^^;)

サンタからウルトラマンの人形を貰って、とても嬉しかった記憶があります。
覚えてないのですが、プレゼントを枕元で見つけた第1声は「わあ! 大丸の
紙で包んである!」だったそうです。
なぜか、怪獣はもらえなかったので、毎日透明怪獣と戦ってばかりいました。

> そうそう、こちらではもしかして場違いな発言を繰り返してたかも、と反省
> しておりますが、小林先生とお近付き?になれたこと、ほんとに嬉しく思っ
> てます。皆様のメールも毎回、とても楽しく、勉強になることばかりでした!

この掲示板にフィットしていると思いますよ。場違いなどと気にせずに、ご発
言ください。

> 少し早いですが、小林先生、皆様、よいお年を!そして来年もよろしくお願
> いいたします。先生、新作期待しております!

来年の春には、新作を出す予定ですので、よろしくお願いします。

よいお年を!
#ひょっとして、年内の書き込みは終了ですか?

来年もよろしく。

>鶯ダニーさん
> 先生、管理人さん、イラストの掲載ありがとうございました。

ユーモアたっぷりの可愛いイラストですね。

こんな感じのイラストはあまりないので新鮮です。

> サンタについて…
> 両親が他の同じ年の子と比べカナ〜リ高齢で、
> そういった「西洋かぶれのちゃらちゃらしたもの」に興味を示さなかったためか、
> 私自身も興味が無く信じる信じない以前の寂しい幼少期を過ごしました。
> しかも幼稚園がキリスト教系だったにもかかわらず(笑)。

僕も幼稚園はキリスト教系でした。親は特に何も考えずに入れたようですが。
その頃、恐竜好きで地球の歴史に凝っていたのですが、それと整合しない創世
記の話など聞いて、とても興味を持って先生にいろいろ訊いていました。

「先生、神様はチラノサウルスも作ったん?」
「それ怪獣の名前?」
「白亜紀の肉食の恐竜や」
「……」
「トリケラトプスも作ったん?」

> 来年も、時々こちらにも書き込ませていただきますが、宜しくお願いします。
> 先生、みなさん、良いお年を。
>                ……………私も新作期待しています(゚▽゚)

よいお年を!
#皆さん、そろそろ帰省でしょうか?

来年もよろしく。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:サンタクロ−スvsウルトラマン
From:左道
Date:2003/12/27 13:00:40
クリスマス終わったと思ったら、すぐにお正月ですね。私は今年のクリスマス仕事してました。
マトリックスのパンフレット(スミスの所)を印刷してました。
小林先生や皆さんはお正月はどこか行かれますか?私はスキ−に行けたらいいな−と思ってます。
あと、以前言っていたメルマガ出来ましたので31日に出します。良かったらどうぞ。

http://sadoo234.hp.infoseek.co.jp/newpage10.htm
.
Subject:Re: サンタクロ−スvsウルトラマン
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/27 23:16:08
>左道さん

「ウルトラマンA」では、サンタクロースの正体はウルトラの父でした。

> クリスマス終わったと思ったら、すぐにお正月ですね。私は今年のクリスマ
> ス仕事してました。
> マトリックスのパンフレット(スミスの所)を印刷してました。

ご苦労様です。
#マトリックス、予想通り大ヒットのようですね。

> 小林先生や皆さんはお正月はどこか行かれますか?私はスキ−に行けたらい
> いな−と思ってます。

年末年始は溜まっていた原稿を片付けるため、あまり遠出はできそうにありま
せん。(ToT)

> あと、以前言っていたメルマガ出来ましたので31日に出します。良かった
> らどうぞ。

楽しみにしております。(^o^)http://6115.teacup.com/kayano/bbs?cmd=menu02&edate=1072567012 編集済


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.
Subject:いえいえ、まだまだ…^^)v
From:かずぴー
Date:2003/12/28 22:53:00
年内、書き込みさせていただきますね! 小林先生は作家さんですので、年賀状の量もハンパじゃないのでしょうね!私は今日になって、大掃除もそこそこに切り上げ、悪戦苦闘でした(^o^; こちらに参加の若い皆さん方は、年賀状書かれてるのでしょうか?メールで『あけおめ…』とか(ふ・古い?)なんでしょうか? うちの父なんかはもう何年も前に、虚礼なんとか…といって遠ざかっておりますが、それもなんか淋しいよなぁ、なんてかんじてます。
.
Subject:Re: いえいえ、まだまだ…^^)v
From:小林泰三 <kbys_ysm@mbox.kyoto-inet.or.jp>
Date:2003/12/28 23:50:29
>かずぴーさん
> 年内、書き込みさせていただきますね! 

お願いします。(^^)

> 小林先生は作家さんですので、年賀状の量もハンパじゃないのでしょうね!

まだ、書き終ってません。泣きながら書いています。

> 私は今日になって、大掃除もそこそこに切り上げ、悪戦苦闘でした(^o^; 
> こちらに参加の若い皆さん方は、年賀状書かれてるのでしょうか?メールで
> 『あけおめ…』とか(ふ・古い?)なんでしょうか? 

今はメールの年賀状も多いんでしょうね。

> うちの父なんかはもう何年も前に、虚礼なんとか…といって遠ざかっており
> ますが、それもなんか淋しいよなぁ、なんてかんじてます。

年賀状という風習のおかげで疎遠になっている人とも連絡が取り合えます。
もちろん、虚礼の要素もあるかもしれませんが、そうならないようにうまく使
っていきたいですね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.


もどる
トップ