小林掲示板ログ 平成17年1月〜2月分

もどる
トップ

Subject:新年明けましておめでとうございます。
From:まろ
Date:2005/01/01 19:07:57
昨年はご指導ありがとうございました。
新刊『ネフィリム』もとっても面白かったです。
今年もぜひまた痛快な作品を、よろしくお願い致します♪
……USJの綾野小路麗華さん、いいですよね♪

Subject:謹賀新年
From:ナースはしこ
Date:2005/01/01 23:59:58
あけましておめでとうございます。
大晦日に雪が降ったこともあって、強制寝正月…。
お雑煮のあたたかさが例年以上にありがたかったです。
我が家では鶏肉とサトイモが入った、ふつうのお雑煮です。
今年もまた、小林先生の本が読めますように。

http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:迎春
From:小林泰三
Date:2005/01/02 00:56:05
明けましておめでとうございます。

昨年は国内でのトカゲ台風や新潟県中越地震の被害、海外でのスマトラ沖地震
による津波被害と大きな天災の続く年でしたが、今年こそは平穏な年であって
欲しいですね。

本年もよろしくお願いいたします。

>かやのふさん
> ターミネーター3Dはオーランドの方で見ました。
> 綾野小路麗華に当たる人がいたかどうか覚えてないですね・・・。
> いたような気もしますが、記憶があやふやです。

確か、敵の流体金属型ターミネータに毎回絞殺されていたと思います。そんな
役回りの出演者はいませんでしたか?

>沙涅さん
> 絵をupしていただき、ありがとうございました。
> 私が絵を書くのは、大体定期考査前とかです。勉強しろよ自分…。

うっ。僕にも心当たりが……。それも大人になってから……。

> 私の住まいは広島です。小さい頃は関西弁に憧れてました、何故か(笑)。
> 今はバリバリ広島弁で友達とどつきあいとかしてますが。

広島弁かっこいいですね。

> 『密室・殺人』はまだ読んでませんが、『家に棲むもの』は読みました。
> 『肉』のブラックユーモア(と言っていいのか?)的な所も好きです。そし
> て勿論関西弁も。『密室・殺人』も、もう少ししたらお年玉が貰えるので、
> それを使って絶対に買いたいです。あと『AΩ』も。年中貧乏なので、欲し
> いと思ったときに本を買えないのがつらいです。

中学・高校生の頃は自由にお金を使えなかった思い出は僕にもあります。
そんな中、貴重なお年玉を使っていただけるとは、作家冥利に尽きます。本当
にありがとうございます。

> またしても長々と…。つい語ってしまうのが私の悪い癖です。
> では、来年も宜しくお願いします。では、失礼します。

現実逃避したい時は、いつでもお話相手をさせていただきます。(^_^)

>まろさん
> 昨年はご指導ありがとうございました。
> 新刊『ネフィリム』もとっても面白かったです。
> 今年もぜひまた痛快な作品を、よろしくお願い致します♪

すでにいくつか企画があるのですが、今年中にいくつ実現するか……。(^^;)

> ……USJの綾野小路麗華さん、いいですよね♪

そうでしょ。あのアトラクションだけのキャラクターにしておくのが勿体無い
です。

>ナースはしこさん
> あけましておめでとうございます。
> 大晦日に雪が降ったこともあって、強制寝正月…。
> お雑煮のあたたかさが例年以上にありがたかったです。
> 我が家では鶏肉とサトイモが入った、ふつうのお雑煮です。
> 今年もまた、小林先生の本が読めますように。

おっ。鶏肉が入っているのですか。うちのは白味噌に頭芋と大根と餅が入った
だけの単純なものです。
はしこさんのお宅は味噌系ですか? それとも、すまし系ですか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:あけましておめでとうございます。
From:沙涅
Date:2005/01/02 18:50:56
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
…って、もう2日なのに何言ってんだよ。まぁそこの所は気にする事はないでしょう。
お年玉〜♪今年からお年玉は全部自分で管理してよいことになったので、今から何買おうか迷ってます。修学旅行のときの小遣いをお年玉から出すように言われたのでそんなに自由には出来ませんが…。『密室・殺人』と『ΑΩ』は絶対買います。
ホラー系の小説買いまくります。あー楽しみです。
では、また語ってしまいましたが、この辺で。

Subject:Re: あけましておめでとうございます。
From:小林泰三
Date:2005/01/03 00:11:16
>沙涅さん
> お年玉〜♪今年からお年玉は全部自分で管理してよいことになったので、今
> から何買おうか迷ってます。修学旅行のときの小遣いをお年玉から出すよう
> に言われたのでそんなに自由には出来ませんが…。『密室・殺人』と『ΑΩ』
> は絶対買います。

フジカラーの CM でもネタにしていますが、子供の頃、何も考えずに親にお
年玉を預けていたことを思い出しました。
#あのお年玉はいずこに?

修学旅行楽しみですね。今は海外に行くことも多いと聞きましたが、沙涅さん
の学校はどちらに行かれるのでしょう?

> ホラー系の小説買いまくります。あー楽しみです。

僕の作品を読まれたら、一言感想を書き込んでくだされば幸いです。(^_^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:餅のこと
From:ナースはしこ
Date:2005/01/03 00:33:28
私のお雑煮は味噌です。
地域によってとてもたくさんの種類があると聞きますが、
家庭ごとでも違ってきますよね。

ところでお餅って、食べたことのない人(欧米人とか)から見ると
かなり珍しい食べ物ですよね。
焼くとふくらんで破裂して、
のびるし、噛んでもなかなかなくならないし、
かと思うと汁物の中で溶けていたり…

Subject:修学旅行
From:沙涅
Date:2005/01/03 21:09:03
こんばんは。
>修学旅行楽しみですね。今は海外に行くことも多いと聞きましたが、沙涅さん
の学校はどちらに行かれるのでしょう?

私の学校では、北京に行くと聞きました。何しろ今年始まったばかりの高校なので、私達が初めてなわけですから、色々大変なのです。文化祭とか体育祭も然り。
でも、初めての海外なのでとても楽しみです。

>僕の作品を読まれたら、一言感想を書き込んでくだされば幸いです。

本はまだ買ってません。いっぺんに使うと損ですからね。計画を練ってます。
色々買いたいものがあるので、すごく迷います。私がもっと節約家だったら…と思います。
ぜひ、読んだら感想を書きに来ます!

では、今日はこの辺で失礼します。

Subject:綾野小路麗華萌えの小林さん江
From:Yamamoto
Date:2005/01/04 09:13:38
>> ……USJの綾野小路麗華さん、いいですよね♪
>そうでしょ。
>あのアトラクションだけのキャラクターにしておくのが
>勿体無いです。
すでに、USJのメインキャラクターになってます。
世界征服をもくろんでいるようです。

ファンサイトも存在します。
本人のblogもあったんですが今は更新していないようです。

冗談で検索かけたら、かなりヒットしました。
おためしあれ。


http://blogs.dion.ne.jp/apple_eater/

Subject:餅と修学旅行と綾野小路麗華
From:小林泰三
Date:2005/01/04 23:32:21
>ナースはしこさん
> 私のお雑煮は味噌です。
> 地域によってとてもたくさんの種類があると聞きますが、
> 家庭ごとでも違ってきますよね。

雑煮に限らず、正月に関する様々な習慣も違うようです。

お屠蘇にちゃんと屠蘇散を浸す家って多いのでしょうか? それとも少ないの
でしょうか?

> ところでお餅って、食べたことのない人(欧米人とか)から見ると
> かなり珍しい食べ物ですよね。
> 焼くとふくらんで破裂して、
> のびるし、噛んでもなかなかなくならないし、
> かと思うと汁物の中で溶けていたり…

保存食としても優れていますね。圧縮された炭水化物ですし。

>沙涅さん
> こんばんは。
> >修学旅行楽しみですね。今は海外に行くことも多いと聞きましたが、沙涅さん
> の学校はどちらに行かれるのでしょう?
>
> 私の学校では、北京に行くと聞きました。何しろ今年始まったばかりの高校
> なので、私達が初めてなわけですから、色々大変なのです。文化祭とか体育
> 祭も然り。
> でも、初めての海外なのでとても楽しみです。

1年目の学校ですか。いろいろと大変そうですが、歴史を1ページから作り上げ
る喜びもありますね。
北京で何か有意義な体験ができますように。

> >僕の作品を読まれたら、一言感想を書き込んでくだされば幸いです。
>
> 本はまだ買ってません。いっぺんに使うと損ですからね。計画を練ってます。
> 色々買いたいものがあるので、すごく迷います。私がもっと節約家だったら…と思います。
> ぜひ、読んだら感想を書きに来ます!

よろしくお願いいたします。

>Yamamotoさん
> >> ……USJの綾野小路麗華さん、いいですよね♪
> >そうでしょ。
> >あのアトラクションだけのキャラクターにしておくのが
> >勿体無いです。
> すでに、USJのメインキャラクターになってます。
> 世界征服をもくろんでいるようです。

いずれはディズニーランドのミッキーマウスのような存在になるのでしょうか?

> ファンサイトも存在します。
> 本人のblogもあったんですが今は更新していないようです。

blog は偽物臭いですね。本物なら、USJ 関連のサイトでやりそうですし。

> 冗談で検索かけたら、かなりヒットしました。
> おためしあれ。

結構な人気ですね。ただ、関西以外の方には、激しい客弄りについていけない
方もおられるようですね。
#彼女自身は標準語で喋っていますが。

アメリカでは、客弄りしてるのでしょうか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:WarterWorld SpecialShowと綾野小路麗華
From:Yamamoto
Date:2005/01/05 08:29:39
>> >> ……USJの綾野小路麗華さん、いいですよね♪
>> >そうでしょ。
>> >あのアトラクションだけのキャラクターにしておくのが
>> >勿体無いです。
>> すでに、USJのメインキャラクターになってます。
>> 世界征服をもくろんでいるようです。
>いずれはディズニーランドのミッキーマウスのような存在に
>なるのでしょうか?

2004年ハロウィンWaterworld弁当付きスペシャルイベントでは、
ビートルジュースとともに暴れてました。
お約束の機銃掃射で全てを破壊してしまいました。

すでに、Warterworldとは別の話というか、なんというか。
本来の主人公の影が薄かったのと、
イムホテップのチープさが印象的でした。

ターミネーターがショットガン片手にママチャリで登場したのは、
関西やなあと感じました。

前座で芸人さんが盛り上げるあたりは、関西ならではかな。


http://blogs.dion.ne.jp/apple_eater/

Subject:お初です☆
From:音人
Date:2005/01/05 12:09:27
初めまして。オトンチュです。
仕事がヒマだったおかげで
このサイトを見つけることができました。

ワタシは小林泰三さんの本が大好きです。
ホラーとの出会いゎ鈴木光司さんでしたが、
入ってしまいました『玩具修理者』!ちょうど映画化されたくらいで、
一目散にQ-Frontでした。それから何冊も読ませて頂きました。
一番最近読んだのは『家に棲むもの』で、その前が『AΩ』でした。
と言ってもこの二冊は一週間くらいの間です。
そこで、ワタシ背筋が凍りつきました。
最近のスマトラ沖大津波です。
現状では少し不謹慎となるのかならないのかわかりませんが、
ワタシのアタマの中には『AΩ』の書き出しがそのまま過ぎりました。
タダの偶然なのですが、ワタシにはそれ程インパクトがある作品でした。

・・・あ、これBBSでした・・・長すぎましたね。
ちなみにワタシの愛読書は小林三さんと山本文緒さんです☆
我ながら変なカップリングです(^^;)

http://blog.livedoor.jp/cord_7th_half9/

Subject:すんません・・。
From:音人
Date:2005/01/05 12:11:13
小林三×→小林泰三◎

http://blog.livedoor.jp/aton_1978

Subject:Re: WarterWorld SpecialShowと綾野小路麗華
From:小林泰三
Date:2005/01/06 00:52:50
>Yamamotoさん
> 2004年ハロウィンWaterworld弁当付きスペシャルイベントでは、
> ビートルジュースとともに暴れてました。
> お約束の機銃掃射で全てを破壊してしまいました。
>
> すでに、Warterworldとは別の話というか、なんというか。
> 本来の主人公の影が薄かったのと、
> イムホテップのチープさが印象的でした。

サイバーダインの社員だという設定はそのままでしょうか?

> ターミネーターがショットガン片手にママチャリで登場したのは、
> 関西やなあと感じました。
>
> 前座で芸人さんが盛り上げるあたりは、関西ならではかな。

アメリカののりと関西ののりが入り混じった感じですね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: お初です☆
From:小林泰三
Date:2005/01/06 00:53:26
>音人さん
> 初めまして。オトンチュです。

初めまして!

> 仕事がヒマだったおかげで
> このサイトを見つけることができました。

うむむ。僕としてはラッキーなのですが……。(^^;)

> ワタシは小林泰三さんの本が大好きです。
> ホラーとの出会いゎ鈴木光司さんでしたが、
> 入ってしまいました『玩具修理者』!ちょうど映画化されたくらいで、
> 一目散にQ-Frontでした。それから何冊も読ませて頂きました。

ありがとうございます。映画公開された頃だと、ちょうど3年になりますね。

> 一番最近読んだのは『家に棲むもの』で、その前が『AΩ』でした。
> と言ってもこの二冊は一週間くらいの間です。
> そこで、ワタシ背筋が凍りつきました。
> 最近のスマトラ沖大津波です。
> 現状では少し不謹慎となるのかならないのかわかりませんが、
> ワタシのアタマの中には『AΩ』の書き出しがそのまま過ぎりました。
> タダの偶然なのですが、ワタシにはそれ程インパクトがある作品でした。

インド洋の津波は大変な惨事になりました。一度に15万人もの人々が亡くなる
ような事態は核兵器による攻撃にも匹敵します。
アトランティス伝説はエーゲ海の津波により、クレタ島が壊滅したことが元に
なったという説がありますが、今回の状況をみるとそれも信じられます。
一刻も早い救援活動を祈っております。

> ・・・あ、これBBSでした・・・長すぎましたね。

長過ぎる場合は、サーバーが弾くはずてすので、書き込める程度なら大丈夫だ
と思いますよ。

> ちなみにワタシの愛読書は小林泰三さんと山本文緒さんです☆
> 我ながら変なカップリングです(^^;)

共通点は「恋愛小説家」でしょうか? (^o^)

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:サイバーダインの陰謀
From:Yamamoto
Date:2005/01/06 21:54:02
麗華さんは
USJスタジオガイド(入場時にもらうチラシ)でも、
iモードプレミアサービスのページの
中央でポーズをきめております。

>> 2004年ハロウィンWaterworld弁当付きスペシャルイベントでは、
>> ビートルジュースとともに暴れてました。
>> お約束の機銃掃射で全てを破壊してしまいました。
>サイバーダインの社員だという設定はそのままでしょうか?
そのままです。

ドライランドを手に入れるため、
タイムマシンで未来に送り込まれたそうです。

ウォーターワールドとターミネーター両世界の
時間軸の関連が気になるところですね ;-)

ぼくは、去年はじめて行っただけなのですが、
年越カウントダウンやら、なにやらで結構、
イベントに出演している模様です。


http://blogs.dion.ne.jp/apple_eater/

Subject:綾小路麗華
From:小林泰三
Date:2005/01/06 23:54:31
僕は「綾野小路麗華」と書いていましたが、正しくは「綾小路麗華」さんのよ
うですね。
USJ のサイトで確認しました。

>Yamamotoさん
> 麗華さんは
> USJスタジオガイド(入場時にもらうチラシ)でも、
> iモードプレミアサービスのページの
> 中央でポーズをきめております。

なるほど。すっかりメインキャラクターですね。

> >> 2004年ハロウィンWaterworld弁当付きスペシャルイベントでは、
> >> ビートルジュースとともに暴れてました。
> >> お約束の機銃掃射で全てを破壊してしまいました。
> >サイバーダインの社員だという設定はそのままでしょうか?
> そのままです。
>
> ドライランドを手に入れるため、
> タイムマシンで未来に送り込まれたそうです。
>
> ウォーターワールドとターミネーター両世界の
> 時間軸の関連が気になるところですね ;-)

機械対人間の戦争の後に、ウォーターワールドが来るのでしょうか?

と言うか、なぜサイバーダインはドライランドが欲しいのでしょう?

> ぼくは、去年はじめて行っただけなのですが、
> 年越カウントダウンやら、なにやらで結構、
> イベントに出演している模様です。

ミッキーマウスのように、園内を歩き回ったりしないのでしょうか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:感無量
From:N@o
Date:2005/01/11 21:17:41
お久し振りの上、今年初めての書き込みです。
本年も昨年同様、何卒宜しくお願い申し上げます。

遅ればせながら「海を見る人」読了。ハードSFとの事だったので、
理系脳が機能不全に陥っている私に味わえるだろうかと心配していましたが、
とんでもない!とてつもなく面白かったです。
文才がないので、ネタバレ無しでは感想が書けず、読後の衝撃波のみお伝えします。

〜星野之宣著「2001夜物語」、GAINAX製「トップをねらえ!」に出遭った時の
 感動と感激に匹敵するほど作品。小林泰三氏が紡ぐ物語のジャンルの幅は正に未知数〜

いつか絶対オフ会に参加して、サインして頂くぞと決意を新たにしたN@oでした。

Subject:わぉ!!!
From:音人
Date:2005/01/12 13:04:15
>音人さん
> 初めまして。オトンチュです。

初めまして!
>>うぉ〜むっちゃうれしぃ〜(><)/
  返事もらえるなんてホンマ最高にうれしいっす☆


共通点は「恋愛小説家」でしょうか? (^o^)
>>本当になんなんでしょうね・・お二方に共通してるのって・・・
  なんでしょうねー。心理描写と情景描写の残酷さゎ確かに共通してるかも!!
  「恋愛小説家」・・ですか。ん〜・・う〜ん・・・

http://blog.livedoor.jp/cord_7th_half9/

Subject:『海を見る人』と恋愛小説
From:小林泰三
Date:2005/01/12 22:43:58
>N@oさん
> お久し振りの上、今年初めての書き込みです。
> 本年も昨年同様、何卒宜しくお願い申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。(^o^)

> 遅ればせながら「海を見る人」読了。ハードSFとの事だったので、
> 理系脳が機能不全に陥っている私に味わえるだろうかと心配していましたが、
> とんでもない!とてつもなく面白かったです。
> 文才がないので、ネタバレ無しでは感想が書けず、読後の衝撃波のみお伝えします。
>
> 〜星野之宣著「2001夜物語」、GAINAX製「トップをねらえ!」に出遭った時の
>  感動と感激に匹敵するほど作品。小林泰三氏が紡ぐ物語のジャンルの幅は正に未知数〜

ありがとうございます。どの作品が気に入っていただけたでしょう?

> いつか絶対オフ会に参加して、サインして頂くぞと決意を新たにしたN@oでした。

是非ご参加ください!!

>音人さん
> >>うぉ〜むっちゃうれしぃ〜(><)/
>   返事もらえるなんてホンマ最高にうれしいっす☆

こちらこそ読者の声を聞かせていただけるのが最高の喜びです。

> 共通点は「恋愛小説家」でしょうか? (^o^)
> >>本当になんなんでしょうね・・お二方に共通してるのって・・・
>   なんでしょうねー。心理描写と情景描写の残酷さゎ確かに共通してるかも!!
>   「恋愛小説家」・・ですか。ん〜・・う〜ん・・・

(^^;)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:やっぱり・・・
From:N@o
Date:2005/01/15 00:48:27
お返事いただき、有難うございます!
『海を見る人』収録の作品の中でのお気に入りは、
1位:門
2位:独裁者の掟
3位:キャッシュ
本当はこの順位も殆んど差はないのですが、
私の頭の中で勝手にマンガ化、アニメ化して「映像的に」面白かった作品です。
以前の禍禍しさとかゾクリ感がないのに「小林泰三ワールド」はきっちり描かれていて
先述の【未知数】を実感したわけです。

もちろん表題作の恋愛小説度は相当なもので、SFとしても素晴らしい物語でした。
ただ、あまりに美しいカバーイラストの為、想像の中でイメージを構築するという楽しみが
ちょっとだけ減ってしまったかも。あぁこれワガママな私見です。ごめんなさい

それにしても、小林さまの恋愛観ってすごく興味あります。
私の存じ上げている『恋愛』に比べて、とてもキレイな感じ・・・

Subject:Re: やっぱり・・・
From:小林泰三
Date:2005/01/16 00:42:16
>N@oさん
> お返事いただき、有難うございます!
> 『海を見る人』収録の作品の中でのお気に入りは、
> 1位:門
> 2位:独裁者の掟
> 3位:キャッシュ
> 本当はこの順位も殆んど差はないのですが、
> 私の頭の中で勝手にマンガ化、アニメ化して「映像的に」面白かった作品です。
> 以前の禍禍しさとかゾクリ感がないのに「小林泰三ワールド」はきっちり描かれていて
> 先述の【未知数】を実感したわけです。

ありがとうございます。

「門」はタイムパラドックスの1つの解を扱ったものですが、説明ですっきり
していただけたでしょうか?

「独裁者の掟」は「正義」をテーマにしています。「少女」を主人公にという
依頼を受けたときに思いつきました。

「キャッシュ」はかなり短期間に書き上げたのですが、面白いものになったと
思います。もう少し話を広げてもいいかな、と思っています。

> もちろん表題作の恋愛小説度は相当なもので、SFとしても素晴らしい物語でした。
> ただ、あまりに美しいカバーイラストの為、想像の中でイメージを構築するという楽しみが
> ちょっとだけ減ってしまったかも。あぁこれワガママな私見です。ごめんなさい

あのイラストはストレートでいいですね。(^_^)

> それにしても、小林さまの恋愛観ってすごく興味あります。
> 私の存じ上げている『恋愛』に比べて、とてもキレイな感じ・・・

N@oさんの知っておられる恋愛とは?!
#そちらの方に興味が。(^o^)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:タイタンの海
From:小林泰三
Date:2005/01/16 00:43:11
米・欧の探査機が土星の衛星タイタン (ティタン) に海のような地形を発見し
たようです。

タイタンの地表に河川や氷…探査機が画像を初送信
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050115i105.htm

海だとすると、地球以外では初めての発見です。海があると、生命の誕生の確
率が格段にあがるのではないかと思います。

今年の夏には、日本の探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワに到着して、岩石
の破片を地球まで持って帰る計画や、NASAの探査機「ディープ・インパク
ト」が彗星に衝撃弾を撃ち込んで爆発を起こす計画もありますし、今年は宇宙
の年になりそうですね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:突黄身
Date:2005/01/24 10:19:57
こ、これは、、
掲示板ですね、そんなばかな。“あの”小林泰三さんが!!!
大ファンなので、うそじゃないかと思いつつ φ(. .;),,

こんにちわ、、 ホラーコメディ小説と宇宙が大好きな三十路です。
小林泰三さんの本は、きもちわるくて、おもしろくて、あったかくて、大好きで、涙流して笑ったり、何度も読み返して楽しませて貰っています(>_<;) 
「αΩ」は、読後にじぃんと余韻に浸りました。少しドジ(?)なガと、ちょっと精神に問題があるかもしれないけど優しい隼人のデータが、一族に広がっていくんだろうか...(~・~*) など沢山、どの作品も、読後の勝手な想像もとても楽しいです☆
作品リストを見たら、まだ入手していないものがあったので、さっそく本屋さんに行くのが楽しみです*

で、でわ〜、、お邪魔しましたっっ

Subject:Re: (無題)
From:小林泰三
Date:2005/01/25 00:16:17
>突黄身さん

初めまして!!

> こ、これは、、
> 掲示板ですね、そんなばかな。“あの”小林泰三さんが!!!
> 大ファンなので、うそじゃないかと思いつつ φ(. .;),,

たぶん本当です。
#って、わざわざ嘘で小林泰三をやる人もいないでしょうが。(^^;)

> こんにちわ、、 ホラーコメディ小説と宇宙が大好きな三十路です。
> 小林泰三さんの本は、きもちわるくて、おもしろくて、あったかくて、大好
> きで、涙流して笑ったり、何度も読み返して楽しませて貰っています(>_<;) 

ありがとうございます。

> 「αΩ」は、読後にじぃんと余韻に浸りました。少しドジ(?)なガと、ちょ
> っと精神に問題があるかもしれないけど優しい隼人のデータが、一族に広が
> っていくんだろうか...(~・~*) など沢山、どの作品も、読後の勝手な想像
> もとても楽しいです☆

彼らは駄目なやつらですが、でもだめなやつらがいない世界は駄目な世界なの
です。

> 作品リストを見たら、まだ入手していないものがあったので、さっそく本屋
> さんに行くのが楽しみです*

また感想など書き込んでください。

> で、でわ〜、、お邪魔しましたっっ

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:こんにちは、はじめまして
From:さざみね
Date:2005/01/26 01:07:10
こんにちは、はじめまして。
ま、まさか大好きな小説家さんのサイトがあるとは思わなかったので、
少々びっくりしています。
わたくし、サザミネと申します。まだ青臭い10代の女子高生です。

小林さんの小説を最近読み始めたら、ドッコイはまってしまいました。
「ネフィリム 超吸血幻想譚」です。
元々、自分はファンタジーやホラーなどに興味があるオタク高校生で
この作品も、"吸血鬼が主人公"というのを目当てに読み始めたのです(汗)
多少怖いシーンもあって、眉間にしわを寄せながら読んでいたのですが
最後まで読み終わって、とても面白かったです。
小林さんの文章は、大変わかりやすく、淡々としているその中に
深い情が込められていて、好きな場面は何度も読み返しました。

とりわけ、私が好きなのは 「吸血鬼が主人公」…でお目当てだった、主人公ヨブと
少女ミカとのやりとりのシーンです。
二人が出会い、一緒に眠り、
そしてミカが起きた時にさり気なく服を被せてあげるやさしいヨブ……
もう、何かの発作にかかったかのように、何度も何度も読み返しました。
半ば暗記しているようにも思われます(笑)
強く、そして気高く、クールなヨブが、
ミカの前ではあんなにも優しい表情になるというところに、
どっぷりひたってしまったのです。オタク本能をくすぐらせ(笑)、
もうツボすぎて、仕方ありません…!!

素敵なお話に出会えて本当によかったです。
今後とも、小林さんのご活躍とご繁栄を応援しております。
乱文失礼いたしました。この辺で。



PS:表紙のカバーに載っている、漆黒の長髪のヒトは いったい誰ですか?
「全身黒ずくめ=ヨブ」という公式しかもはや成り立っていないので…
もしかしたらと思って。気になって仕方が無いです(笑


http://www.geocities.jp/canto_mozart/index1.htm

Subject:不思議
From:snjx
Date:2005/01/26 02:05:42
なんだか、小林泰三ファンは若い女性の比率が高いような気がします。
無意味な嫉妬の炎がめらめらと。

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj

Subject:タイタン
From:snjx
Date:2005/01/26 02:09:23
液体があるっていうのはすごくすごくそそりますね。
いろいろ検索すると、川や海などの、なんだか見慣れた地形もあります。
妙に懐かしいです。

http://www.mars.dti.ne.jp/~snj

Subject:女性ファンとタイタン
From:小林泰三
Date:2005/01/26 23:10:51
>snjxさん
> なんだか、小林泰三ファンは若い女性の比率が高いような気がします。
> 無意味な嫉妬の炎がめらめらと。

確かにその傾向はあるようです。ただ、本人がもてている訳ではないので、安
心してください。(^^;)

> 液体があるっていうのはすごくすごくそそりますね。
> いろいろ検索すると、川や海などの、なんだか見慣れた地形もあります。
> 妙に懐かしいです。

探せば、森や公園や海水浴場もありそうですね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: こんにちは、はじめまして
From:小林泰三
Date:2005/01/26 23:11:45
>さざみねさん
> こんにちは、はじめまして。

初めまして。(^o^)

> ま、まさか大好きな小説家さんのサイトがあるとは思わなかったので、
> 少々びっくりしています。
> わたくし、サザミネと申します。まだ青臭い10代の女子高生です。

ようこそ。10代の方も結構おられますよ。

> 小林さんの小説を最近読み始めたら、ドッコイはまってしまいました。
> 「ネフィリム 超吸血幻想譚」です。

ありがとうございます。

> 元々、自分はファンタジーやホラーなどに興味があるオタク高校生で
> この作品も、"吸血鬼が主人公"というのを目当てに読み始めたのです(汗)
> 多少怖いシーンもあって、眉間にしわを寄せながら読んでいたのですが
> 最後まで読み終わって、とても面白かったです。
> 小林さんの文章は、大変わかりやすく、淡々としているその中に
> 深い情が込められていて、好きな場面は何度も読み返しました。
>
> とりわけ、私が好きなのは 「吸血鬼が主人公」…でお目当てだった、主人公ヨブと
> 少女ミカとのやりとりのシーンです。
> 二人が出会い、一緒に眠り、
> そしてミカが起きた時にさり気なく服を被せてあげるやさしいヨブ……
> もう、何かの発作にかかったかのように、何度も何度も読み返しました。
> 半ば暗記しているようにも思われます(笑)
> 強く、そして気高く、クールなヨブが、
> ミカの前ではあんなにも優しい表情になるというところに、
> どっぷりひたってしまったのです。オタク本能をくすぐらせ(笑)、
> もうツボすぎて、仕方ありません…!!

彼を気に入っていただけて、光栄です。
ヨブはひたすらかっこいい吸血鬼を目指して描きました。因みに、ランドルフ
はかっこいいおっさんを目指して描いています。

> 素敵なお話に出会えて本当によかったです。
> 今後とも、小林さんのご活躍とご繁栄を応援しております。
> 乱文失礼いたしました。この辺で。

また、他の作品の感想なども書いてくださいね。

> PS:表紙のカバーに載っている、漆黒の長髪のヒトは いったい誰ですか?
> 「全身黒ずくめ=ヨブ」という公式しかもはや成り立っていないので…
> もしかしたらと思って。気になって仕方が無いです(笑

その通り。あれはヨブです。ランドルフはおっさんですし、J は裸ですから。(^^;)

それでは、これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:おひさしぶりです
From:ナースはしこ
Date:2005/01/31 01:11:41
たまに、新刊出てないかな〜とHP見に来ています。
吸血鬼…のイメージは、美形が多いですね。
でも吸血コウモリは、その食性からハナペチャです。
キツネのような顔の、可愛らしいコウモリは果物を食べているのです。

きのうペットショップでハリネズミを抱っこしてしまいました。
痛かったですが、おだやかな子で、やわらかいお腹を手に乗せたら
大人しかったです。
 通常のハリネズミは警戒してハリ立て&丸まり、もしくは
噛んだりするので、真似しないで下さい…

http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:みか星 物也
From:蚊子
Date:2005/02/03 11:19:09
十番星の物也君、最高です。彼の陰気なキャラクターはとても気に入りました。あんなに、大人っぽい小学生はいるでしょうか!?。また、物也君のお話が読みたいです。事司君受験頑張って下さい!。

Subject:初めまして。
From:クロ
Date:2005/02/03 18:01:08
なんかぶらりと旅をしていたら見つけたので足跡を残そうかと。

小林泰三の作品は好きです。
文章を書くときも、一応、バンドマンやっててセコセコと曲を作ってるときも、絵を描いているときも…なんだかんだ参考にさせていただいております。

なんつーかなぁ…自分の中にあって出せない言葉というか…言いたいんだけどもやもやしていて具現化できない言葉とか文章とかメロディーとか…。

小林氏の作品を読むと「こ…これだ!これだよ」ってなります。(謎)
なんつーか…僕が行動する上でのきっかけをいつもくれます。

謎な文章ですがこれにて。

ぐっどないと

http://sound.jp/saweb

Subject:Re: おひさしぶりです
From:小林泰三
Date:2005/02/05 20:24:51
>ナースはしこさん
> たまに、新刊出てないかな〜とHP見に来ています。
> 吸血鬼…のイメージは、美形が多いですね。
> でも吸血コウモリは、その食性からハナペチャです。
> キツネのような顔の、可愛らしいコウモリは果物を食べているのです。

「吸う」というよりは「嘗める」そうですね。

> きのうペットショップでハリネズミを抱っこしてしまいました。
> 痛かったですが、おだやかな子で、やわらかいお腹を手に乗せたら
> 大人しかったです。
>  通常のハリネズミは警戒してハリ立て&丸まり、もしくは
> 噛んだりするので、真似しないで下さい…

ハリネズミに似たどうぶつと言えば、他にはヤマアラシとか、アンギラスなど
がいますね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: みか星 物也
From:小林泰三
Date:2005/02/05 20:25:22
>蚊子さん

初めまして。

> 十番星の物也君、最高です。彼の陰気なキャラクターはとても気に入りまし
> た。あんなに、大人っぽい小学生はいるでしょうか!?。また、物也君のお
> 話が読みたいです。事司君受験頑張って下さい!。

物也を気に入っていただいてありがとうございます。
「十番星」は雑誌に掲載された3作目の作品で、初めて原稿枚数の制限があっ
た作品でもあります。
規定の枚数に合わせるのにとても苦労した覚えがあります。
また、物也の話も書いてみたくなりました。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして。
From:小林泰三
Date:2005/02/05 20:26:07
>クロさん
> なんかぶらりと旅をしていたら見つけたので足跡を残そうかと。

初めまして。どこから見つけられましたか?

> 小林泰三の作品は好きです。
> 文章を書くときも、一応、バンドマンやっててセコセコと曲を作ってるとき
> も、絵を描いているときも…なんだかんだ参考にさせていただいております。
>
> なんつーかなぁ…自分の中にあって出せない言葉というか…言いたいんだけ
> どもやもやしていて具現化できない言葉とか文章とかメロディーとか…。
>
> 小林氏の作品を読むと「こ…これだ!これだよ」ってなります。(謎)
> なんつーか…僕が行動する上でのきっかけをいつもくれます。
>
> 謎な文章ですがこれにて。

拙作を参考にしていただいてるとは、とても光栄です。

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:お久しぶりです
From:神風
Date:2005/02/06 00:45:53
こんばんは
ずいぶん久しぶりに書き込みます神風です
最近映画の「アルマゲドン」を見てふと思ったのですが
人は生身で宇宙にでるとどうなってしまうのですか?
やはり七つの穴から色々でてくるとですか?

Subject:こんにちは。
From:鶯ダニー
Date:2005/02/06 22:56:27
イラストアップありがとうございます。

「ネフィリム」ということで。
前のほうのカキコにランドルフはオヤジとあり、むしろ萌えました。
それはさておき、私もヨブは美形と思ってはいるのですが、作中にヨブの顔に関する描写って全然無いですね(カーミラ曰く「いい男」&表紙もかっこいいとはいえ)。
ひょっとしたらアキバ系かもしれません。
1年くらい前私は「萌えキャラに走らない姿勢が好き」的なことを書きましたが、今では「読む人が心に描いた理想像(ルックス)こそ最強の萌えキャラ」という作戦で、だから描写があえて素っ気無いのか?と考えてます(笑)。
もちろんそれは人物の性格や背景の魅力の上に成り立つんだと思います。

サイトリニューアルしました。遂に似顔絵再挑戦。似てますでしょうか?
意図せずしてサイトの案内役みたいな状態になってしまいました。ごめんなさい。
実は大トップのフェイスハガもどきに襲われてるのも先生なんですが、見本にする驚き顔の写真が見当たらず、誰ですか状態に(T-T)。
先生、おヒマのある方、よろしかったら覗きにきてみてください・・・。

http://www.geocities.jp/danny_uguisu/01_koba/index.html

Subject:初めまして。
From:こうた
Date:2005/02/09 01:02:34
初めまして。こうた(21歳(無職かつ浪人生))と申します。
先日、小林泰三先生の作品「海を見る人」を読んで感動いたしました。
それはもうえらい感動しました。一週間くらい鬱になってしまいそうな勢いです。しかし、同時に何かエネルギーを頂いたような気もします。
僕のような者がここに書き込んで良いものかと随分ためらいましたが、何か一言伝えたいと思い、結局書き込みさせていただきました。
それでは、お仕事頑張ってください。

Subject:読み返せる楽しさ!
From:i-be
Date:2005/02/09 05:46:15
昔から推理小説しか読まない傾向にありましたが、結構つまらないのでホラー小説も読むようになり、「玩具修理者」から小林先生の本を愛読しています。
推理小説は気晴らしに読んでも短期間に決着がついて気楽です。ただ、下手に技巧的だと読み返せません。特に叙述トリックは作者が読者をひっかけるというのが姑息で嫌になるときがあります。犯人が探偵をひっかけて、探偵気分で読んでいる読者も欺かれるのは許せるんですが、どーも最初から読者を欺く傾向で書かれていると抵抗感があります。(汗)
まぁ、それはいいんですが「目を触る女」でSFモノを久々に読んで面白かったです。
SFが嫌いというワケではありませんが、世界観(ファンタジー小説?)に入って行くまでがかったるくて、大人になってからは漫画以外は殆ど読んでいませんでした。個人的に萩尾さんの漫画「銀の三角」以上の傑作はないと盲信していましたので・・・。
これからは少しSFも読んでみようかと思っています。お気づきではないかと思いますが、小林ワールドに踏み込んでしまうと、結構ジャンルを気にしなくなる人が多いと思います。そもそもジャンルというものは、創作の上での後づけの分類に過ぎないのではないかと・・・。
ぜひこれからも頑張ってください。末永く愛読させて頂きます。

Subject:ありがとうございました。
From:蚊子
Date:2005/02/09 15:33:08
お返事ありがとうございました。
とてもうれしいです。
昨日、密室・殺人を読み終えました。
達彦のキャラは物也君に少し似ていてまた物也君に逢えたような気がしてとてもうれしかったです。
最後はかわいそうなような、怖いような、切ないような、気がして泣きそうになってしまいました。これは、「本当の恐怖」なのだと思います。「本当の恐怖」は、アメリカの迫力満点のホラー映画とは似ていても、本当は、全く違います。例えばドアを開けたら突然怪物が出てきます。ここで観客は悲鳴をあげます。しかしこれは、「本当の恐怖」ではありません。なぜなら突然人が角から出てきたら、びっくりするのです。恐怖ではなくびっくりしているのです。
しかし、「密室・殺人」や「十番星」は「本当の恐怖」です。

Subject:恥めまして
From:遁吉
Date:2005/02/10 14:50:23
小林先生が直々に返信してくれるようなので、書くことにしました。
なんだかせこくて御免なさい。

小林先生の作品は大好きです。毎回すごいキャラが出てくるところが、なんだかツボにはまっているようです。もうやめれません。 あとはやはりクトゥルー神話の邪神の名前がでてくると僕は興奮してしまいます。年甲斐にもないのに。 
最近はSFモノを書き始めて、それも僕にとっては嬉しいことです。僕もSFが好きです。これからも論理アクロバットホラ話を読みたいので。頑張ってください。
そういえばネフィリムの続編は出るんですか?   
ええ。まあとにかく先生の作品が大好きなのです。先生自体も多分好きです。 これからもありがとうございます。

Subject:真空と萌えと『密室・殺人』
From:小林泰三
Date:2005/02/11 17:03:10
>神風さん
> こんばんは
> ずいぶん久しぶりに書き込みます神風です
> 最近映画の「アルマゲドン」を見てふと思ったのですが
> 人は生身で宇宙にでるとどうなってしまうのですか?
> やはり七つの穴から色々でてくるとですか?

おそらく血液が沸騰して、体液が蒸発して、干からびてしまうのではないでし
ょうか?

かなりの時間持つという説もあったように思います。

>鶯ダニーさん
> 「ネフィリム」ということで。
> 前のほうのカキコにランドルフはオヤジとあり、むしろ萌えました。
> それはさておき、私もヨブは美形と思ってはいるのですが、作中にヨブの顔
> に関する描写って全然無いですね(カーミラ曰く「いい男」&表紙もかっこ
> いいとはいえ)。
> ひょっとしたらアキバ系かもしれません。
> 1年くらい前私は「萌えキャラに走らない姿勢が好き」的なことを書きまし
> たが、今では「読む人が心に描いた理想像(ルックス)こそ最強の萌えキャ
> ラ」という作戦で、だから描写があえて素っ気無いのか?と考えてます(笑)。
> もちろんそれは人物の性格や背景の魅力の上に成り立つんだと思います。

今回はあえて萌えキャラに挑戦しています。
#でもやっばり苦手かも。(^^;)

> サイトリニューアルしました。遂に似顔絵再挑戦。似てますでしょうか?
> 意図せずしてサイトの案内役みたいな状態になってしまいました。ごめんな
> さい。
> 実は大トップのフェイスハガもどきに襲われてるのも先生なんですが、見本
> にする驚き顔の写真が見当たらず、誰ですか状態に(T-T)。
> 先生、おヒマのある方、よろしかったら覗きにきてみてください・・・。

おお。僕の顔を使っていただけるとは、かたじけないことです。

似てるかどうかは、直接僕の顔を見た方に判断していただいてください。(^o^)

>蚊子さん
> お返事ありがとうございました。
> とてもうれしいです。
> 昨日、密室・殺人を読み終えました。
> 達彦のキャラは物也君に少し似ていてまた物也君に逢えたような気がしてと
> てもうれしかったです。

実は、達彦は物也よりかなり俗物です。結構お人よしなところもありますし。

> 最後はかわいそうなような、怖いような、切ないような、気がして泣きそう
> になってしまいました。これは、「本当の恐怖」なのだと思います。「本当
> の恐怖」は、アメリカの迫力満点のホラー映画とは似ていても、本当は、全
> く違います。例えばドアを開けたら突然怪物が出てきます。ここで観客は悲
> 鳴をあげます。しかしこれは、「本当の恐怖」ではありません。なぜなら突
> 然人が角から出てきたら、びっくりするのです。恐怖ではなくびっくりして
> いるのです。
> しかし、「密室・殺人」や「十番星」は「本当の恐怖」です。

ありがとうございます。

おっしゃるように、「密室・殺人」はせつない話なのです。同時に幸せな話で
もあります。
『肉食屋敷』に収録している「妻への三通の告白」とも繋がるものがあるかも
しれません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして。
From:小林泰三
Date:2005/02/11 17:04:19
>こうたさん
> 初めまして。こうた(21歳(無職かつ浪人生))と申します。

初めまして。

> 先日、小林泰三先生の作品「海を見る人」を読んで感動いたしました。
> それはもうえらい感動しました。一週間くらい鬱になってしまいそうな勢い
> です。しかし、同時に何かエネルギーを頂いたような気もします。

「鬱になるぐらい感動した」とは、作家にとって素晴らしい誉め言葉です。

> 僕のような者がここに書き込んで良いものかと随分ためらいましたが、何か
> 一言伝えたいと思い、結局書き込みさせていただきました。
> それでは、お仕事頑張ってください。

ありがとうございます。これからもどんどん書き込んでください。

今後ともよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 読み返せる楽しさ!
From:小林泰三
Date:2005/02/11 17:05:04
>i-beさん

初めまして。(^_^)

> 昔から推理小説しか読まない傾向にありましたが、結構つまらないのでホラ
> ー小説も読むようになり、「玩具修理者」から小林先生の本を愛読していま
> す。

ありがとうございます。

> 推理小説は気晴らしに読んでも短期間に決着がついて気楽です。ただ、下手
> に技巧的だと読み返せません。特に叙述トリックは作者が読者をひっかける
> というのが姑息で嫌になるときがあります。犯人が探偵をひっかけて、探偵
> 気分で読んでいる読者も欺かれるのは許せるんですが、どーも最初から読者
> を欺く傾向で書かれていると抵抗感があります。(汗)

叙述トリックは下手に仕掛けると、ただアンフェアなだけになってしまいます
からバランスが難しいですね。

> まぁ、それはいいんですが「目を触る女」でSFモノを久々に読んで面白かっ
> たです。
> SFが嫌いというワケではありませんが、世界観(ファンタジー小説?)に入
> って行くまでがかったるくて、大人になってからは漫画以外は殆ど読んでい
> ませんでした。個人的に萩尾さんの漫画「銀の三角」以上の傑作はないと盲
> 信していましたので・・・。

そういうところで、SF は損をしていますね。昔のハヤカワ文庫はイラスト
を多用して、読者の想像力の手助けをしていたのですが、最近はイラストがあ
る方が稀ですね。

> これからは少しSFも読んでみようかと思っています。お気づきではないかと
> 思いますが、小林ワールドに踏み込んでしまうと、結構ジャンルを気にしな
> くなる人が多いと思います。そもそもジャンルというものは、創作の上での
> 後づけの分類に過ぎないのではないかと・・・。
> ぜひこれからも頑張ってください。末永く愛読させて頂きます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 恥めまして
From:小林泰三
Date:2005/02/11 17:06:16
>遁吉さん
> 小林先生が直々に返信してくれるようなので、書くことにしました。
> なんだかせこくて御免なさい。

いえいえ。読者の皆さんとのコミュニケーションは創作意欲をかきたてられる
ので、大歓迎なのです。

> 小林先生の作品は大好きです。毎回すごいキャラが出てくるところが、なん
> だかツボにはまっているようです。もうやめれません。 あとはやはりクト
> ゥルー神話の邪神の名前がでてくると僕は興奮してしまいます。年甲斐にも
> ないのに。 

クトゥルー神話がお好きですか?

> 最近はSFモノを書き始めて、それも僕にとっては嬉しいことです。僕もSFが
> 好きです。これからも論理アクロバットホラ話を読みたいので。頑張ってく
> ださい。
> そういえばネフィリムの続編は出るんですか?  

これについては、ちょっと考え中です。結論が出るまで少しお待ちください。
 
> ええ。まあとにかく先生の作品が大好きなのです。先生自体も多分好きです。
>  これからもありがとうございます。

今後ともよしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:蚊子
Date:2005/02/12 22:25:36
切ないといえば私は一年前くらいから御愛読させていただいている小説があります。
それは「刻印」です。
この小説はじゅうぶん恋愛小説としてやっていけると思います。
私はこれを読み昆虫愛好症(ズーフィリア)になりかけました。
というわけで「蚊子」というなまえですが私は男です。
それでは・・・ガンバッテクダサイ(←蚊子さん風)

Subject:(無題)
From:神風
Date:2005/02/13 16:02:57
沸騰しちゃいますか
なんかぷちぷちと痛そうです…

Subject:ありがとうございます
From:遁吉
Date:2005/02/13 22:32:04
返信どうもありがとうございました先生。
参考になりました(・・?)

そういえば「刻印」は僕は官能小説に近いものを感じました。

Subject:管理人削除しました
From:かやのふ
Date:2005/02/14 21:33:34
宣伝に関するものは管理人が気づいたら消していますので、
みなさんお気になさらないように。

Subject:小林先生へ
From:遁吉
Date:2005/02/15 01:34:05
最近面白いSFがあったら教えてくださいませんか?オールタイムでもかまいません。ジャンルも問いません。とにかく面白いのを。


こんなこと質問してもよろしかったでしょうか

Subject:本が買えない…
From:沙涅改めCRW
Date:2005/02/15 21:59:16
こんばんは。何気にお久しぶりですね。前のカキコから1ヶ月以上経ってます。

まだ本が買えてないという自分の貧乏さに今更驚きです。この間本屋に行って買おうと思ったら、そこに野村萬斎の写真集が…!普段はこんなもの買わないんですが、めっちゃ欲しくなってしまったんです。財布の中を見たら3000円あって、その写真集は4200円なんです。もうちょっとで買えると思うと他の本を買えません;;お陰で漫画とかは手伝いをして親に買ってもらってます。本当に、私は貧乏だ…。弟なんか10000円近く握ってるのに。
というわけで、あれから1ヶ月以上経過しているにもかかわらず、小林先生の本を一冊も買ってない…。もう少ししたら買えるんですが…。
なので、前に買った本で何とかつないでます。読むのは大体『人獣細工』ですね。一番初めに買ったので、思い入れがあります。
この間現国の授業で「草の言葉・魚の言葉」という教材を取り扱ったんですが、その中に呂后と戚夫人のあの話があって、何だかとても嬉しくなりました。「アタシこの話知ってんだよぉぉぉ!」と大声で言ってやりたくなりました。流石にひとぶたという単語は出てきませんでしたが、授業の後で友達に語りつくしました。友達は多分呆れていたと思います。
小林先生の書かれるお話は読むとこちらが薀蓄語りたくなってきます。哲学的な話とかが多いので。『酔歩する男』が私にとってその代表例ですね。…これは誉め言葉になるのかしらん?

もう少しで写真集が変えるので、それ買ったらすぐにでも本屋に駆け込みΑΩとかネフィリムとかその他諸々まだ持ってない作品を買おうと思います!


長くなりましたが、最後にもう一つ。
最近ホームページを作りました。なので、HNも沙涅からCRWに変更しました。これからはCRWで宜しくお願いします。お暇なら、どなたでもお越しください。
あと、『小林泰三の不確定領域』にリンクを貼っても宜しいでしょうか?
宜しければ早速貼らせていただきます。

では、本当に長々つらつら書いてすみませんでした。この辺で失礼します。

http://www.geocities.jp/crynj549/index.htm

Subject:いろいろ
From:小林泰三
Date:2005/02/15 23:51:06
>蚊子さん
> 切ないといえば私は一年前くらいから御愛読させていただいている小説があります。
> それは「刻印」です。
> この小説はじゅうぶん恋愛小説としてやっていけると思います。
> 私はこれを読み昆虫愛好症(ズーフィリア)になりかけました。
> というわけで「蚊子」というなまえですが私は男です。
> それでは・・・ガンバッテクダサイ(←蚊子さん風)

ズーフィリアと言っても、昆虫相手では極めて困難ですね。(^^;)
「刻印」ご愛読いただきありがとうございます。
もちろん「刻印」は恋愛小説です。

>神風さん
> 沸騰しちゃいますか
> なんかぷちぷちと痛そうです…

熱くなって沸騰するのではなく、気圧の減少の為、体温でも沸騰するのです。
確かに痛そうですね。

>遁吉さん
> 返信どうもありがとうございました先生。
> 参考になりました(・・?)
>
> そういえば「刻印」は僕は官能小説に近いものを感じました。

もちろん「刻印」は官能小説でもあります。(^o^)

> 最近面白いSFがあったら教えてくださいませんか?オールタイムでもかまいません。ジャンルも問いません。とにかく面白いのを。

これは結構難しい質問ですね。SF 作品は読者によってかなり好き嫌いが変
わりますので。
遁吉さんが今まで読んで面白かった作品を教えていただけますか? それによ
ってお勧めする作品を考えたいと思います。

> こんなこと質問してもよろしかったでしょうか

もちろん OK です。いつでもお気軽にお訊きください。

>沙涅改めCRWさん
> こんばんは。何気にお久しぶりですね。前のカキコから1ヶ月以上経ってま
> す。
>
> まだ本が買えてないという自分の貧乏さに今更驚きです。この間本屋に行っ
> て買おうと思ったら、そこに野村萬斎の写真集が…!普段はこんなもの買わ
> ないんですが、めっちゃ欲しくなってしまったんです。財布の中を見たら
> 3000円あって、その写真集は4200円なんです。もうちょっとで買えると思う
> と他の本を買えません;;お陰で漫画とかは手伝いをして親に買ってもらっ
> てます。本当に、私は貧乏だ…。弟なんか10000円近く握ってるのに。

野村萬斎さんがお好きなのですか。う〜む。渋い。

> この間現国の授業で「草の言葉・魚の言葉」という教材を取り扱ったんです
> が、その中に呂后と戚夫人のあの話があって、何だかとても嬉しくなりまし
> た。「アタシこの話知ってんだよぉぉぉ!」と大声で言ってやりたくなりま
> した。流石にひとぶたという単語は出てきませんでしたが、授業の後で友達
> に語りつくしました。友達は多分呆れていたと思います。

「草の言葉・魚の言葉」という作品 (評論?) は残念ながら、存じないのです
が、呂后と戚夫人の話はどんな扱いでしたか? 人ぶたが出ないと話が完結し
ないように思うのですが。

> 小林先生の書かれるお話は読むとこちらが薀蓄語りたくなってきます。哲学
> 的な話とかが多いので。『酔歩する男』が私にとってその代表例ですね。…
> これは誉め言葉になるのかしらん?

はい。とてもありがたいお言葉です。

> もう少しで写真集が変えるので、それ買ったらすぐにでも本屋に駆け込み
> ΑΩとかネフィリムとかその他諸々まだ持ってない作品を買おうと思います!

ありがとうございます。どうか無理をなさらずにゆっくりと買ってください。

> 長くなりましたが、最後にもう一つ。
> 最近ホームページを作りました。なので、HNも沙涅からCRWに変更しました。
> これからはCRWで宜しくお願いします。お暇なら、どなたでもお越しくださ
> い。
> あと、『小林泰三の不確定領域』にリンクを貼っても宜しいでしょうか?
> 宜しければ早速貼らせていただきます。

もちろんお願いいたします。こちらからもリンクさせていただきますね。

>かやのさん

掲示板管理、お疲れ様です。

>宣伝

時々書き込まれる宣伝はおそらくプログラムによる自動書き込みか、アルバイ
トによる無差別書き込みだと思いますので、返事を書いてもたぶん読んでもら
えません。無視して削除を待ちましょう。>皆さん

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:彩炎ス不意喰書ン
From:遁吉
Date:2005/02/16 12:31:07
小林先生へ

面白い小説を教えてくれるということで詳しく事情を説明したいと思います。

まず、実を言うと僕がSFに興味を持ったのは小林先生の作品を読んだからに他ありません。ということでSFに関してはまだ初心者なんです。有名なものを読み漁っているところです。

先生が書かれたので好きなのでいうと「酔歩する男」「人獣細工」「肉食屋敷」「脳食い」「予め決定されている明日」です。実は「海を見る人」は未読なのですが、フレッドホイルの「10月1日では遅すぎる」は面白かったです。
世界破滅ものは「渚にて」バラード「結晶世界」。時間SFはバクスター「タイムシップ」。サイバーパンクではギブスンの「ニューロマンサー」。スペースオペラはあまり読んだことはないです。

自分はジャンル特に気にしないタイプなのかもしれません。とにかく眩暈がするようなSFが読みたいですね。もっとぶっとんだ話も読みたいです。SFの可能性は無限にあるような気がします。

最近ではイーガンの「順列都市」がベストでした。
ちなみに今狙っているのはバリントンベイリーか、ルーディラッカーですね。

まだ読んでいないのも沢山あるので、先生の、これは読んどけ!みたいなSFが知りたいです。先生がすべてのSFを読み尽くしたとは限りませんが(・・?)でも教えてくれたら幸いです。


難問でしたか?すいません。

Subject:Re: 彩炎ス不意喰書ン
From:小林泰三
Date:2005/02/16 22:19:51
>遁吉さん
> 小林先生へ
>
> 面白い小説を教えてくれるということで詳しく事情を説明したいと思います。
>
> まず、実を言うと僕がSFに興味を持ったのは小林先生の作品を読んだからに
> 他ありません。ということでSFに関してはまだ初心者なんです。有名なもの
> を読み漁っているところです。

読まれている作品名を見ると、特に苦手な分野はないようですね。

すでに古典と言ってもいいですが、ディックやアシモフの作品はどうでしょう
か?

ディックの作品はすべて独立しているので、どれから読んでもいいと思います。
#『アルベマス』『ヴァリス』『聖なる侵入』『ティモシー・アーチャーの転
#生』は四部作とも言われていますが、テーマが共通するだけで、『アルベマ
#ス』が『ヴァリス』の習作である以外は特にストーリーに強い関係はありま
#せん。この四部作はちょっと読みにくいかもしれませんね。

アシモフでしたら、《ロボット-銀河帝国-ファウンデーション》の大河シリー
ズが読み応えがあります。実は当初《ロボット》シリーズと《銀河帝国-ファ
ウンデーション》シリーズは別のシリーズだったのが、アシモフ自信が晩年繋
がることを発見して、橋渡しの作品を書いたことで一連のシリーズになりまし
た。人類が銀河系に乗り出し、帝国が生まれ滅亡し、やがて新たな帝国の誕生
を目指す物語です。

大河ものですと、他にはE・E・スミスの《レンズマン》シリーズや、ラリー・
ニーヴンの《ノウン・スペース》シリーズがお勧めです。

日本人作家で言うと、まずは三大 SF 作家と言われている星新一、小松左京、
筒井康隆の諸作品を読まれるといいでしょう。

あとは実際に書店で、ハヤカワ文庫や創元文庫の辺りを眺めてみれば、お気に
入りが見付かると思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:リンクありがとうございます。
From:CRW
Date:2005/02/16 22:33:59
こんばんは。リンクありがとうございました。早速貼らせていただきました。
よそ様のサイトで自分のリンクを貼ってもらえたのは初めてなので、かなり嬉しいです。
現実逃避的サイトですが、見に来てやってください。

>「草の言葉・魚の言葉」という作品 (評論?) は残念ながら、存じないのです
が、呂后と戚夫人の話はどんな扱いでしたか? 人ぶたが出ないと話が完結し
ないように思うのですが。

教科書に載っていたのは真木悠介という人の『気流の鳴る音』という本の中にある「草の言葉・魚の言葉」という話で、その中で更に『『苦海浄土』という本の中にこういう文章が載ってるんだよ』的な形でありました。(正確に言うと『苦海浄土』の中に書かれていたとは書いてないのであやふやですが。ただ石牟礼道子さんが書いてたとだけありましたので。)なのでかなり断片的に紹介されていました。てか、『手足を切り落とされ…』のくだりを分かりやすくそんなに刺激を与えないように書かれていただけですね、あれは。
因みに、評論の授業です。難しい文章です。評論よりは小説とか漢文のほうが好きですね。国語の授業だと。先生はどうでしたか?やっぱり文系だったんですか?それとも作品の中に理系の香り漂う話が多いので理系だったんですか?

では、そろそろ語りだしたら止まらない病が発病しそうなのでこの辺で失礼します。

http://www.geocities.jp/crynj549/index.htm

Subject:十番星と奇憶
From:突黄身
Date:2005/02/17 22:22:44
こんばんわ、、
先月書き込みをして、お返事頂けてものすごく嬉しくて、
有難うございました、。
好きなものがあるって ほんとにいいなぁって、改めて思いました。
「十番星」を読みました、
こわ面白かったです☆!!  物也くん、可愛くてせつない、(_ _。)
謎で、ずーと悩み苦しんでしまって、でもそれも楽しくて*

あ、と「奇憶」昨日読みました! 面白かったです(≧_≦)
ベッド理論(?)にどきっとしながら笑わせて貰いました*
少し違いますけど、、 自分も子供の頃、別の世界も見ていて、
赤子は混沌に、子供は幻想寄りの狭間に、大人になった今は
現実寄りの狭間にいて その全部が、見えないときも確かに存在してて…
そう考えると、ロマンです。。(^^*

Subject:2つの質問
From:蚊子
Date:2005/02/17 23:06:48
返信ありがとうございます。
確かに難しいです。つぶれちゃいますからね?申し訳ありませんが物也君に質問があります。
1物也君は1日中、何をしてますか?
2物也君と私があったら仲良くできるでしょうか?

Subject:返信ありがとうございます。
From:遁吉
Date:2005/02/18 03:38:27
先生のおすすめさっそく参考にしてみます。

実はさっそく古本屋にいって星新一と筒井康隆さんの本を購読しました。
自分的には筒井康隆さんの本が面白く読めました。星新一さんはショートショートが多いですね。ちょっと苦手かもしれません。悪くはないんですが。

僕の住んでいる地域は田舎なので、なかなか新刊は手に入りにくいようです。

古典の場合ネットでもわりと手に入らない場合が多いですね。

Subject:日本の三大SF作家
From:かやのふ
Date:2005/02/18 07:47:19
星新一は、ショートショートだけで1001編を書いた御大です。初期作品の方が、アイデアが秀逸ですね。もう亡くなっているので新作が読めないのが悲しい・・・。

筒氏康隆は『時をかける少女』『富豪刑事』が初心者にはお勧めかと。『富豪刑事』はフカキョンでドラマ化されたようですね。私が好きなのは『虚航船団』『残像に口紅を』『霊長類南へ』です。『俗物図鑑』『宇宙衛生博覧会』などは、ショックが強いのでおすすめしません。

小松左京は『日本沈没』『復活の日』『さよならジュピター』『首都消失』と映画化作品が多いです。私はあんまり読んでないですね。

Subject:ドグラ・マグラ
From:遁吉
Date:2005/02/18 08:15:27
かやのふさん

筒井康隆さんの時をかける少女は読みました。 それに実は虚航船団とかやのふさんが言うショックが強い俗物図鑑を購入しようと思います。あとレプリカも買います。 夢野久作ドグラ・マグラは読みましたが、それよりショックは強いですか?僕は好きなんですけど。
星新一さんのは、ボッコちゃんとおのぞみの結末。ノックの音がを買いましたが、これは初期作品なんですかね?

よく考えてみると僕はSFとホラーを混ぜたようなものが好きです。

映画でいうとCUBEみたいな恐怖がたまりません。

Subject:初めまして
From:よぐそとと
Date:2005/02/18 15:06:57
最近ようやっと「ΑΩ」を読んでニヤニヤしてしまった者です。ワクワクしながら一気に読破してしまいました。(自身の著作を含めた)パロディを越えたパロディとでも言いましょうか(もちろんパロディだけで成り立っている訳ではありませんが)。読みながら何故かラブクラフトの「狂気の山脈にて」を思い浮かべてしまいました。

Subject:やっぱり好き
From:N@o
Date:2005/02/20 04:30:13
久し振りに書き込みに来ました。
敬愛する小林様作品の大ファンの私ですが、
ここでは皆様に丁寧なお返事を下さるお人柄にも
いつも感激しています。

小林様にのめり込む前は『筒井康隆氏』大好き暦数十年でした。
(もちろん現在進行形ですけど・・・)
かやのふさんのおっしゃる「宇宙衛星博覧会」収録作品は、
子供の頃読んだのですが、そのショック度がたまりませんね。

遁吉さんのお好きな映画「CUBE」は私もお気に入りのひとつなんですが、
小林泰三様的には如何ですか? あと「SAW」とか・・・

Subject:やっと
From:遁吉
Date:2005/02/20 07:15:25
ネットで海を見る人を購入しました。あとは筒井さんとか…ETC

あの、CUBEより面白いSAWという映画があったのですか!是非みたいと思います。それはどんな映画なんですかね?原作とかありますか?他にそんなのがあったら教えてください。そういえばCUBEの原作がわからないんですよね(-_-)zz

今日は休日なので丸一日読書に費やしたいと思います。

先生。レニイニーヴンのレンズマンシリーズがアマゾンで何冊か受注不可になってました(泣  
さて、二度寝でもするかな(笑

Subject:CUBEとSAW
From:かやのふ
Date:2005/02/20 12:34:44
CUBEはいいですね。2はいまいちですが。以前話題になりました。
SAWはもうやってないですかね。見ているときにいやーな気分になる映画でした>SAW
#もちろんほめ言葉です。
ラストがすばらしいです。

CUBEやSAWも題材はSFやホラーですが、構造はミステリですよね。
最初に謎(訳のわからない状態)が提示され、それがだんだん解き明かされていく
課程がたまりません。
メメントも似たような構造かもしれません。

Subject:いろいろ1
From:小林泰三
Date:2005/02/20 22:37:39
>CRWさん
> 教科書に載っていたのは真木悠介という人の『気流の鳴る音』という本の中
> にある「草の言葉・魚の言葉」という話で、その中で更に『『苦海浄土』と
> いう本の中にこういう文章が載ってるんだよ』的な形でありました。(正確
> に言うと『苦海浄土』の中に書かれていたとは書いてないのであやふやです
> が。ただ石牟礼道子さんが書いてたとだけありましたので。)なのでかなり
> 断片的に紹介されていました。てか、『手足を切り落とされ…』のくだりを
> 分かりやすくそんなに刺激を与えないように書かれていただけですね、あれ
> は。

孫引き的な引用だったのですね。まあ教科書ですからね。(^^;)

> 因みに、評論の授業です。難しい文章です。評論よりは小説とか漢文のほう
> が好きですね。国語の授業だと。先生はどうでしたか?やっぱり文系だった
> んですか?それとも作品の中に理系の香り漂う話が多いので理系だったんで
> すか?

僕は漢文が好きでした。古文は何度も読まないと意味がわからないことが多い
のですが、漢文は初めて読んでもだいたいの意味がわかるのがいいですね。
実は、現代国語は漢字と文法以外勉強したことはありません。答えが間違って
いた時、解答を聞いても、自分が間違いだという理由がわからないので、勉強
する意味がなかったんです。

ところで、「理系」「文系」というのは受験用語だと思うのですが、僕は理系
でした。とにかく勉強するのが嫌いだったので、あまり勉強しなくてもいい数
学や物理で受験できる理系を選びました。結局、大学に入ったら、英語が必要
になりましたけど。(^^;)

>突黄身さん
> 「十番星」を読みました、
> こわ面白かったです☆!!  物也くん、可愛くてせつない、(_ _。)
> 謎で、ずーと悩み苦しんでしまって、でもそれも楽しくて*

物也って結構人気ですね。自分の中ではそれほど大きくないキャラクターだっ
たのですが、見直してみようと思います。

> あ、と「奇憶」昨日読みました! 面白かったです(≧_≦)
> ベッド理論(?)にどきっとしながら笑わせて貰いました*
> 少し違いますけど、、 自分も子供の頃、別の世界も見ていて、
> 赤子は混沌に、子供は幻想寄りの狭間に、大人になった今は
> 現実寄りの狭間にいて その全部が、見えないときも確かに存在してて…
> そう考えると、ロマンです。。(^^*

『奇憶』に登場する記憶のいくつかは僕が実際に覚えているものです。
そんな思い出はありませんか?

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:いろいろ2
From:小林泰三
Date:2005/02/20 22:38:39
>蚊子さん
> 返信ありがとうございます。
> 確かに難しいです。つぶれちゃいますからね?申し訳ありませんが物也君に
> 質問があります。

物也君、大人気ですね。

> 1物也君は1日中、何をしてますか?

夜は天体観測です。昼間は寝ているか、ダンスをしています。

> 2物也君と私があったら仲良くできるでしょうか?

長時間酸素なしでいられさえすれば、すぐに仲良くなれると思います。

>遁吉さん
> 先生のおすすめさっそく参考にしてみます。
>
> 実はさっそく古本屋にいって星新一と筒井康隆さんの本を購読しました。
> 自分的には筒井康隆さんの本が面白く読めました。星新一さんはショートシ
> ョートが多いですね。ちょっと苦手かもしれません。悪くはないんですが。

星さんの本は小学校から中学校にかけて貪るように読みました。どちらかと言
うと、年少者に読書の楽しみを与える切っ掛けになるような本かもしれません
ね。

> 僕の住んでいる地域は田舎なので、なかなか新刊は手に入りにくいようです。
>
> 古典の場合ネットでもわりと手に入らない場合が多いですね。

そうですね。ただ、新刊書ならネットで確実に手に入るようになりました。
本屋を探し回っていた頃に較べると、いい時代になったのかもしれません。

> 先生。レニイニーヴンのレンズマンシリーズがアマゾンで何冊か受注不可になってました(泣  
> さて、二度寝でもするかな(笑

「レンズマン」はニーヴンでなくて、スミスですね。しかし、受注付加とは残
念なことですね。

>N@oさん
> 小林様にのめり込む前は『筒井康隆氏』大好き暦数十年でした。
> (もちろん現在進行形ですけど・・・)
> かやのふさんのおっしゃる「宇宙衛星博覧会」収録作品は、
> 子供の頃読んだのですが、そのショック度がたまりませんね。

筒井さんはいいですね。「時をかける少女」「七瀬ふたたび」などは何度も映
像化されていますね。浅野真弓さん主演の「タイムトラベラー」 (「時をかけ
る少女」) は33年前の作品、多岐川裕美さん主演の「七瀬ふたたび」は26年前
の作品なんですね。一番最近の「時をかける少女」は安倍なつみさん版でしょ
うか? 最新「七瀬ふたたび」は渡辺由紀さん?
今放映中なのはかやのさんが書かれているように、深田恭子さん主演の
「富豪刑事」ですね。

> 遁吉さんのお好きな映画「CUBE」は私もお気に入りのひとつなんですが、
> 小林泰三様的には如何ですか? あと「SAW」とか・・・

「SAW」は見ていないのですが、「CUBE」はいいですね。
#因みに、SAW (弾性表面波) というものの研究をしておりました。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三
Date:2005/02/20 22:39:23
>よぐそととさん

初めまして!

> 最近ようやっと「ΑΩ」を読んでニヤニヤしてしまった者です。ワクワクし
> ながら一気に読破してしまいました。(自身の著作を含めた)パロディを越え
> たパロディとでも言いましょうか(もちろんパロディだけで成り立っている
> 訳ではありませんが)。読みながら何故かラブクラフトの「狂気の山脈にて」
> を思い浮かべてしまいました。

ありがとうございます。「狂気の山脈にて」を思い浮かべていただいたとは光
栄です。ラヴクラフトはお好きでしょうか?

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:狂人選手権
From:蚊子
Date:2005/02/21 15:11:49
質問に答えていただきありがとうございます。ぎゃははははー(*^O^*)昼間はずっと「俺は死なない」と言ってダンスしてるのですか面白いですね。私は陰気な狂人が好きです。例えば「富江」の高木先生や、異形コレクションの玩具館の飯野文彦先生の「怪漁知音」の主人公そしてクイーンとキングは「妻への三通の告白」の野原さんと「お祖父ちゃんの絵」のお祖母さんです。どっちも切なかったです。後者は最初から不気味な雰囲気がただよっていましたが・・・ひぃっ(◎-◎;)うううっ・・・さすが小林先生!吐くところでした。

Subject:Re:Re 初
From:ょぐ
Date:2005/02/21 21:59:53
こちらこそ、ワタクシのような田舎者に作家御本人様からレスを頂けるとは、光栄でゴザイマス。
ラヴクラフト。一頃、訳もワカラズ憑かれた様に読みました。ラヴクラフト流ホノメカシ術に幻惑されたのでしょうか。「インスマウスの影」「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」などが特に好きです。あ、もちろん「狂気の山脈にて」も(笑)。
「ΑΩ」のガ。建造物に注意を払わないというクダリ、思わず笑ってしまいました。
人参堂の黒田爺さま。「密室・殺人」の徳三郎爺さまとカブりますが、こんな厭な爺さま達は好きです。

Subject:陰気な狂人とラヴクラフトとマイケル黒田
From:小林泰三
Date:2005/02/23 23:07:20
>蚊子さん
> 質問に答えていただきありがとうございます。ぎゃははははー(*^O^*)昼間
> はずっと「俺は死なない」と言ってダンスしてるのですか面白いですね。私
> は陰気な狂人が好きです。例えば「富江」の高木先生や、異形コレクション
> の玩具館の飯野文彦先生の「怪漁知音」の主人公そしてクイーンとキングは
> 「妻への三通の告白」の野原さんと「お祖父ちゃんの絵」のお祖母さんです。

伊藤潤二さんの作品はいいですね。飯野文彦と言えば、僕は飯野さんのデビュ
ー作を持っています。何かわかりますか?

野原さんはいい狂人ですが、お祖母さんはちょっと困った狂人ですね。

> どっちも切なかったです。後者は最初から不気味な雰囲気がただよっていま
> したが・・・ひぃっ(◎-◎;)うううっ・・・さすが小林先生!吐くところで
> した。

食前食後は控えめに。(^^;)

>ょぐさん
> ラヴクラフト。一頃、訳もワカラズ憑かれた様に読みました。ラヴクラフト
> 流ホノメカシ術に幻惑されたのでしょうか。「インスマウスの影」「チャー
> ルズ・ウォードの奇怪な事件」などが特に好きです。あ、もちろん「狂気の
> 山脈にて」も(笑)。

ラヴクラフトは中身が濃いですね。ぎゅっと圧縮された感じです。

> 「ΑΩ」のガ。建造物に注意を払わないというクダリ、思わず笑ってしまい
> ました。

建物を気にしていたら、怪獣など倒せませんからね。(^o^)

> 人参堂の黒田爺さま。「密室・殺人」の徳三郎爺さまとカブりますが、こん
> な厭な爺さま達は好きです。

徳さんと黒田の違いは悲劇的な要素を持っているかどうかですね。
後半、黒田は暗黒面が表れましたが。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:H.P.LOVEYASUMI
From:遁吉
Date:2005/02/24 12:55:03
先生質問です

どこかでみたんですが「玩具修理者」の本の中にラブクラフト用語がでてきますが
28頁に出てくる『りーたいとびー、ぎーとべいくく』ってLET IT BEのことですよね?何故この言葉を書いたんですか?ラブクラフト用語でしたっけ。詳細が知りたいです。

Subject:物也君って・・・
From:蚊子
Date:2005/02/24 15:13:50
 Ф|Ф 物也君の顔ってこんな感じの顔
| ‥ |ですか?
 ┓∋┏ 物也君の髪型はどうなっている
  −  のですか?

Subject:(無題)
From:ざっぷがん
Date:2005/02/26 14:50:23
小林先生、お久しぶりです
今日はH2Aロケットの打ち上げ日ですね JAXAがネットで生中継してくれるのがとても嬉しいです TV局は関心ないのかなあ…
ロケットが空へ駆け上る瞬間はなにかこう燃えるものがあります
前回は失敗しましたが、今度こそは成功して欲しいです
  
んーなんか掲示板の流れと関係ない話ですいません

それではまた 新刊楽しみにしてます

Subject:「玩具修理者」と物也とH2A
From:小林泰三
Date:2005/02/26 23:17:33
>遁吉さん
> どこかでみたんですが「玩具修理者」の本の中にラブクラフト用語がでてき
> ますが
> 28頁に出てくる『りーたいとびー、ぎーとべいくく』ってLET IT BEのこと
> ですよね?何故この言葉を書いたんですか?ラブクラフト用語でしたっけ。
> 詳細が知りたいです。

たぶん、玩具修理者はいろいろな国の言葉で様々な内容を断片的に喋っている
のです。だから、その一部だけを取り出しても意味不明になってしまうのでし
ょう。

>蚊子さん
>  Ф|Ф 物也君の顔ってこんな感じの顔
> | ‥ |ですか?
>  ┓∋┏ 物也君の髪型はどうなっている
>   −  のですか?

アスキーアートですね。
「十番星」は<ニュータイプ>に掲載されたのですが、その時はイラストがつ
いていました。
驚くべきことに彼は美少年でした。
作者としては、おっさん顔の小学生を想像していたのですが。(^^;)

>ざっぷがんさん
> 小林先生、お久しぶりです
> 今日はH2Aロケットの打ち上げ日ですね JAXAがネットで生中継してくれ
> るのがとても嬉しいです TV局は関心ないのかなあ…
> ロケットが空へ駆け上る瞬間はなにかこう燃えるものがあります
> 前回は失敗しましたが、今度こそは成功して欲しいです

H2A 成功しましたね。
ロケットの打ち上げ技術を保有しておくことは日本にとって、とても重要なこ
とです。
外国に依存しなければロケットが打ち上げられないとすると、気象も通信も放
送も GPS も全部外国の意志で使えなくなってしまう可能性があるというこ
とです。
「これから毎月、日本人は一人1万円ずつ、GPS 使用料払ってください」と
言われる可能性も皆無ではありません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:こんばんわ
From:神風
Date:2005/02/27 00:56:49
H2Aが打ち上がって関係者はホッとしているでしょうね
テレビ関係者は残念がっているかと思われますが(笑)
宇宙好き一般庶民の私はなんだかうれしいです
やはりロケットは、軍隊が無い日本では政府も予算を上げたくないのですかな

Subject:(無題)
From:蚊子
Date:2005/02/27 16:24:09
美少年・・・ぐふふふ・・ケケケ
自分は物也君の髪型は前はわけていて、ロングヘアーを想像していました。ニュータイプはなんとかして手に入れます。私はAΩを最近、何度も読み返しています。私は狂人に限らず小林先生の小説に出てくるキャラクターが大好きです。AΩは、その宝庫なのです。とくに、デビットとエリザベスが大好きです。デビットの顔は何となく、俳優の白竜さんに似ているような気がします。私は幼稚園の時からドラキュラとかが好きでしたので、デビットは気に入りました。私はひょっとしたら、しばらく書き込むことができなくなるかもしれません。また会いましょう(;_;)

Subject:(無題)
From:ざっぷがん
Date:2005/02/28 00:21:52
>小林先生
>H2A 成功しましたね。
いやー、一時はどうなることかと。
いつかH2Aロケットを取り扱ったドキュメンタリーを
見てみたいなと思いました。
プロジェクト]あたりが作れば、もしかして宇宙開発への理解が深まるかも?
もどる
トップ