小林掲示板ログ 平成17年3月〜4月分

もどる
トップ

Subject:(無題)
From:ょぐ
Date:2005/03/02 20:12:00
こんにちは。「玩具」のビデオをレンタルで観ました。うーん、悪くはないと思います(^_^;)アニメ好きというわけではありませんが、個人的にはリアルタッチなアニメーションでの映像化を希望します。

「奇憶」を本屋で注文しました。角川ホラー文庫に入っているもの以外は、何故か置いてないのです。フンガー。読後、感想などを書き込みしたいと思います。ぷしゅっ


Subject:初めまして
From:彦
Date:2005/03/02 23:43:14
初めて書き込みさせて頂きます。
書店で「玩具修理者」と「人獣細工」を見かけ、パラパラと捲ってこれは面白そうだ!と気になっていたのですが、最近になってやっと購入し完読致しました。
家でじっくり読んだ所、もの凄い描写(汁とか!!)と独特の狂気にすっかりハマってしまいました。ここまでぐちゃぐちゃ感が伝わってくる文章は初めてで、イメージ映像が追いつきません(スプラッタ映画で鍛えられている筈なのですが…/笑)
ただグロテスクなだけならなんとか想像できたかもしれませんが、狂気とのハーモニーにお茶目さも混じっているので一度読んだだけでは刺激でいっぱいいっぱいなので、何度も読んでは深みを味わっています。
「酸歩」や「本」などグロでないSF系の作品も、語彙が貧困なのでうまく言えませんが読んだあとオロオロしてしまいました。感想は?と聞かれたら「あわわわわ………」とか「うわぁ」としか答えられません(褒めているつもりなのです!)
人をそんな状態に突き落とす作品に久しぶりに出会いました。つい、本を取るとき両手で丁寧に持ってしまいます(笑)
そして、もっと読んでみたい、と買った「Α・Ω」で本当に感動致しました。
何がどうでどこが感動部分だとか自分でもハッキリわからないのですが、ガや隼人は好きだし、飽きることなく楽しいし、何より読み終わった後、中身の濃い超大作の映画をスクリーンで見終わった時のような感動がありました。音も映像もなく、たった一冊の本でこの感動があるなんて!!(それと、ガの名前にはやられた!って感じでした。と、同時に一体それはどう繋がっているんだろうかと想像して楽しんでます)
すっかり小林先生の描かれる世界が好きになり、週末には本屋巡り・小林先生探索ぶらり旅をして置いてあった文庫などは全部買い揃えて参りました!現在、読みたいけど読んでしまうのが勿体無いのでちびりちびりと読んでます。
購入した本からHPがあることを知り、早速お邪魔致しました。掲示板はかやの様が管理されているとの事ですが、思いっきり小林先生当てにメッセージを書いてしまいましたが宜しかったでしょうか?(皆さん書かれているのでいいかと思って…)
こちらで既刊情報を拝見しまして、まだ買ってないのが沢山ある〜!と大喜び致しました。早速週末、街のでかい本屋に足を伸ばそうと思います。
それでは長々と申し訳ありませんでしたがこれで失礼致します。

Subject:かまいませんよー
From:かやのふ
Date:2005/03/02 23:46:26
ここは、小林さんとファンとの交流の場として提供しているので、どんどん小林さんや作品への想いを書いちゃってください。

Subject:ひなまつり
From:ナースはしこ
Date:2005/03/03 23:22:08
HP更新で、スナネズミおひなさま画像作りました。
豪華なのもいいけど、ちーさな雛人形もとてもかわいいですよね。
関東は雪ですが、昼間はあたたかく春らしい日が続きます。

★ロケット打ち上げ成功、嬉しいニュースですね。
宇宙…そして深海にはまだまだ謎がいっぱいでSF好きには
わくわくものです。


http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:(無題)
From:蚊子
Date:2005/03/05 19:09:43
すいません。まだ書き込めそうです。

Subject:H2Aと物也と『ΑΩ』と映画版「玩具修理者」と雪と花粉
From:小林泰三
Date:2005/03/05 22:48:32
>神風さん
> H2Aが打ち上がって関係者はホッとしているでしょうね
> テレビ関係者は残念がっているかと思われますが(笑)
> 宇宙好き一般庶民の私はなんだかうれしいです
> やはりロケットは、軍隊が無い日本では政府も予算を上げたくないのですかな

天気予報や衛星放送で、日々お世話になっているんですが、世間の関心が薄い
のが不思議です。

>蚊子さん
> 美少年・・・ぐふふふ・・ケケケ
> 自分は物也君の髪型は前はわけていて、ロングヘアーを想像していました。
> ニュータイプはなんとかして手に入れます。私はAΩを最近、何度も読み返
> しています。私は狂人に限らず小林先生の小説に出てくるキャラクターが大
> 好きです。AΩは、その宝庫なのです。とくに、デビットとエリザベスが大
> 好きです。デビットの顔は何となく、俳優の白竜さんに似ているような気が
> します。私は幼稚園の時からドラキュラとかが好きでしたので、デビットは
> 気に入りました。私はひょっとしたら、しばらく書き込むことができなくな
> るかもしれません。また会いましょう(;_;)

> すいません。まだ書き込めそうです。

残念ですが、10年前の「ニュータイプ」なので、入手はとても難しいと思いま
す。
デビッド西谷やエリザベス町田のファンというのは、とても渋いですね。キャ
ラクターたちに感情移入していだけてとても嬉しいです。

書き込めなくなるのは、PC の関係ででしょうか?

>ざっぷがんさん
> >H2A 成功しましたね。
> いやー、一時はどうなることかと。
> いつかH2Aロケットを取り扱ったドキュメンタリーを
> 見てみたいなと思いました。
> プロジェクト]あたりが作れば、もしかして宇宙開発への理解が深まるかも?

ジャーナリスの松浦普也さんによると、「プロジェクト]」では以前 H2 を
扱ったようです。

http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2004/11/nhk.html

ただ、内容に問題があったようですが。

>ょぐさん
> こんにちは。「玩具」のビデオをレンタルで観ました。うーん、悪くはない
> と思います(^_^;)アニメ好きというわけではありませんが、個人的にはリア
> ルタッチなアニメーションでの映像化を希望します。

そうですね。アニメだとまた違った感じになるでしょうね。MEIMU さん
による漫画化作品に近い雰囲気かもしれませんね。

> 「奇憶」を本屋で注文しました。角川ホラー文庫に入っているもの以外は、
> 何故か置いてないのです。フンガー。読後、感想などを書き込みしたいと思
> います。ぷしゅっ

よろしくお願いします。

>ナースはしこさん
> HP更新で、スナネズミおひなさま画像作りました。
> 豪華なのもいいけど、ちーさな雛人形もとてもかわいいですよね。
> 関東は雪ですが、昼間はあたたかく春らしい日が続きます。

関西の方は雪はなしです。このまま暖かくなりそうですが、花粉が怖いです。

> ★ロケット打ち上げ成功、嬉しいニュースですね。
> 宇宙…そして深海にはまだまだ謎がいっぱいでSF好きには
> わくわくものです。

今年は夏にも宇宙のイベントがいろいろありますね。楽しみです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三
Date:2005/03/05 22:49:52
>彦さん
> 初めて書き込みさせて頂きます。

初めまして。(^o^)

> 書店で「玩具修理者」と「人獣細工」を見かけ、パラパラと捲ってこれは面
> 白そうだ!と気になっていたのですが、最近になってやっと購入し完読致し
> ました。

ありがとうございます!

> 家でじっくり読んだ所、もの凄い描写(汁とか!!)と独特の狂気にすっか
> りハマってしまいました。ここまでぐちゃぐちゃ感が伝わってくる文章は初
> めてで、イメージ映像が追いつきません(スプラッタ映画で鍛えられている
> 筈なのですが…/笑)
> ただグロテスクなだけならなんとか想像できたかもしれませんが、狂気との
> ハーモニーにお茶目さも混じっているので一度読んだだけでは刺激でいっぱ
> いいっぱいなので、何度も読んでは深みを味わっています。
> 「酸歩」や「本」などグロでないSF系の作品も、語彙が貧困なのでうまく
> 言えませんが読んだあとオロオロしてしまいました。感想は?と聞かれたら
> 「あわわわわ………」とか「うわぁ」としか答えられません(褒めているつ
> もりなのです!)

「玩具修理者」がいいという方と「酔歩する男」がいいという方と好みが別れ
るようなんです。面白い傾向だと思います。

> 人をそんな状態に突き落とす作品に久しぶりに出会いました。つい、本を取
> るとき両手で丁寧に持ってしまいます(笑)

申し訳ありません。(^^;)

> そして、もっと読んでみたい、と買った「Α・Ω」で本当に感動致しました。
> 何がどうでどこが感動部分だとか自分でもハッキリわからないのですが、ガ
> や隼人は好きだし、飽きることなく楽しいし、何より読み終わった後、中身
> の濃い超大作の映画をスクリーンで見終わった時のような感動がありました。
> 音も映像もなく、たった一冊の本でこの感動があるなんて!!(それと、ガ
> の名前にはやられた!って感じでした。と、同時に一体それはどう繋がって
> いるんだろうかと想像して楽しんでます)

『ΑΩ』を楽しんでいただけたようで、作家としては大変嬉しく思います。

> すっかり小林先生の描かれる世界が好きになり、週末には本屋巡り・小林先
> 生探索ぶらり旅をして置いてあった文庫などは全部買い揃えて参りました!
> 現在、読みたいけど読んでしまうのが勿体無いのでちびりちびりと読んでま
> す。

ありがとうございます。また感想など書き込んでくださいね。

> 購入した本からHPがあることを知り、早速お邪魔致しました。掲示板は
> かやの様が管理されているとの事ですが、思いっきり小林先生当てにメッセ
> ージを書いてしまいましたが宜しかったでしょうか?(皆さん書かれている
> のでいいかと思って…)

かやのさんも書かれておられますが、お気軽に書き込んでくださいね。

> こちらで既刊情報を拝見しまして、まだ買ってないのが沢山ある〜!と大喜
> び致しました。早速週末、街のでかい本屋に足を伸ばそうと思います。
> それでは長々と申し訳ありませんでしたがこれで失礼致します。

これからもよろしくお願いいたします。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:酔読するょぐ1
From:ょぐ
Date:2005/03/06 00:28:50
どうもです。「奇憶」を読みました。うー、直人の部屋の惨状や、自分に都合のいいように物事を捉らえるダメダメモードな彼の思考回路に少なからずシンパシーを感じる。彼の子供時代の布団を被るシーンは、自分も子供の頃怖い映画などを観たあと、何か得体の知れないモノが現れるような気がして中々寝付けなかったのを思い出しました。どぶ川で子犬に食べられてしまう子猫が痛い(猫好きなもので)。
「酔歩」を思わせる、悪夢的なストーリーですね。「酔歩」との並行世界だったりして。となると、よもつしこめは手児奈の転身?(つづく)

Subject:酔読するょぐ2
From:ょぐ
Date:2005/03/06 00:43:31
(つづき:携帯からなのであまり長文が書き込めない模様)
ショゴス2号…むむむ、2号とな。南極だからでしょうか(謎)。やはり旧支配者にコキ使われているのでしょうか。


…見てしまった…角川ホラー文庫には決してなかったモノを…

Subject:(無題)
From:蚊子
Date:2005/03/07 16:22:42
そうです。パソコンの関係です。でも、書き込めそうなので平気です。AΩの人間もどき6人+1人は全員大好きです。でも特にデビットとエリザベスが好きです。ネフィリムを探しているのですが。見つかりません。本屋さんにも売っていません。どういうところに売っていますか?ニュータイプはこりずに探しますね。(^_^)

Subject:遅れ馳せながら…
From:シュン
Date:2005/03/07 21:43:23
初めまして、シュンと申します。
以前からちょくちょくここに来ていたのですが、掲示板には顔を見せておりませんでした。

二年ほど前、角川ホラー文庫にハマっていたときに某書店で『玩具修理者』を見たとき、何の気無しに開き、その場で『玩具修理者』を読み切ってしまいました。
その後から独特の『汁気』の表現に魅せられてしまいました。

遅くなりましたが、僕はもの書きを目指しています。
そのキッカケともなった作品が『玩具修理者』です。
以後、『小林泰三著』の本はほぼ読破しました。
今後も執筆活動頑張って下さい。

http://www.geocities.jp/ppkxk267/index.htm

Subject:やっと読みました1
From:鶯ダニー
Date:2005/03/09 22:04:36
解説もおススメなのに、買ったままだった「AΩ」文庫版の小池さんの解説読みました。
「AΩ」は私には重く、ホロリときたところもあり、他所で「ギャグ」と言われているのを見て、あぁそういう解釈あるんだ〜思いました(某特撮のパロディなのはわかった)。そんなこと全然考えたこと無かった私はヘボ読者か・・・と少しヘコんでいたのです。
解説、全編とてもいいことが書いてありました。とくに最後の5行が心に響きました。
私も今まで言葉ではうまく言いあらわせなかったけど、たぶん同じようなを思っていたんです!(便乗)
先生は「類い稀なる伶俐さと誠実さ」で、この作品に向き合ったんですね?
ギャグという側面も持ちつつ、基本的にはとても大真面目に書かれた作品、じゃないかなと勝手に思うことにします。

http://www.geocities.jp/danny_uguisu/01_koba/index.html

Subject:やっと読みました2
From:鶯ダニー
Date:2005/03/09 22:06:25
「あの日」(「教室」収録)も読みました。
作品の順序もこころにくいです。直前の「必修科目」で、泣きそうになるのをこらえた直後だったので、かなりキました。面白すぎです!で、最後はクールなとこがイイ。
あの作中小説だけでもたまらなく笑えます。
ツッコミながら、この話をホラーとしてまとめる気はないのか?「教室」の中で浮いちゃってないか?と心配になりましたが、そんな必要なかったですね…。
他の短編もクオリティが高く、買って良かったです(^▽^)
連続投稿すみません。では。

Subject:「母と子と‥」が
From:あ
Date:2005/03/10 21:13:56
今月のSFマガジン「飛ばされていく行く先」で取り上げられています!

Subject:『奇憶』と『ΑΩ』と『ネフィリム』と「あの日」
From:小林泰三
Date:2005/03/10 23:20:58
>ょぐさん
> どうもです。「奇憶」を読みました。うー、直人の部屋の惨状や、自分に都
> 合のいいように物事を捉らえるダメダメモードな彼の思考回路に少なからず
> シンパシーを感じる。彼の子供時代の布団を被るシーンは、自分も子供の頃
> 怖い映画などを観たあと、何か得体の知れないモノが現れるような気がして
> 中々寝付けなかったのを思い出しました。どぶ川で子犬に食べられてしまう
> 子猫が痛い(猫好きなもので)。

直人に共感できる人と嫌悪感しか感じない人と両タイプいるようです。
どこで違いが出るんでしょうね。(^^;)

> 「酔歩」を思わせる、悪夢的なストーリーですね。「酔歩」との並行世界だ
> ったりして。となると、よもつしこめは手児奈の転身?

「酔歩する男」とはある程度世界観を共有しています。よもつしこめの正体に
ついては、ご想像にお任せします。

> ショゴス2号…むむむ、2号とな。南極だからでしょうか(謎)。やはり旧支
> 配者にコキ使われているのでしょうか。

2番目だからです。(^o^)

> …見てしまった…角川ホラー文庫には決してなかったモノを…

ふふふ。

>蚊子さん
> そうです。パソコンの関係です。でも、書き込めそうなので平気です。AΩ
> の人間もどき6人+1人は全員大好きです。でも特にデビットとエリザベス
> が好きです。ネフィリムを探しているのですが。見つかりません。本屋さん
> にも売っていません。どういうところに売っていますか?ニュータイプはこ
> りずに探しますね。(^_^)

申し訳ありません。『ネフィリム』は本屋さんで注文すれば、確実に入手でき
ると思います。

>鶯ダニーさん
> 先生は「類い稀なる伶俐さと誠実さ」で、この作品に向き合ったんですね?
> ギャグという側面も持ちつつ、基本的にはとても大真面目に書かれた作品、
> じゃないかなと勝手に思うことにします。

『ΑΩ』はふざけて書いたんじゃないかと誤解している人もいますが、もちろ
ん全身全霊を込めて書きました。真面目に書けば書くほどふざけて見えるとい
う損な文体のようです。

> 「あの日」(「教室」収録)も読みました。

> ツッコミながら、この話をホラーとしてまとめる気はないのか?「教室」の
> 中で浮いちゃってないか?と心配になりましたが、そんな必要なかったです
> ね…。

「あの日」はどこに落としどころを持っていこうか結構悩んだ作品でした。
気にいっていただいてよかったです。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 遅れ馳せながら…
From:小林泰三
Date:2005/03/10 23:22:18
>シュンさん
> 初めまして、シュンと申します。
> 以前からちょくちょくここに来ていたのですが、掲示板には顔を見せており
> ませんでした。

初めまして。(^o^)

> 二年ほど前、角川ホラー文庫にハマっていたときに某書店で『玩具修理者』
> を見たとき、何の気無しに開き、その場で『玩具修理者』を読み切ってしま
> いました。
> その後から独特の『汁気』の表現に魅せられてしまいました。

2年前なら、表紙は「目玉」ではなく、「歪んだ人形」の方ですね。

> 遅くなりましたが、僕はもの書きを目指しています。
> そのキッカケともなった作品が『玩具修理者』です。

小説家を目指す切っ掛けが拙作だとはとても光栄です。

> 以後、『小林泰三著』の本はほぼ読破しました。
> 今後も執筆活動頑張って下さい。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 「母と子と‥」が
From:小林泰三
Date:2005/03/10 23:23:29
>あさん

初めまして。

> 今月のSFマガジン「飛ばされていく行く先」で取り上げられています!

おお。そうでしたか。確認せねば。(^_^)

これからもよろしくお願いいたします。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:奇憶
From:突黄身
Date:2005/03/12 22:34:38
こんばんは,,

「奇憶」に出てきた“記憶”の幾つかは小林泰三さんが…!? 驚きました、
(すいません、古い話題で、、)
月・・? まさかショ・・ どきどき(。。;)。
天を切り裂く世界は、「本」の世界を思い出しました。好きですー。
そういう思い出、「奇憶」とは似てないですけど、、あります。
子供ならではの空想か脳の悪戯か.. それとも本当に異世界をかいま見てた
と考えると、ファンタジックで良いなぁと思います*

直人や、「獣の記憶」の、さんさんたる有様好きです。不思議と癒されます。
あ; 悲惨さだけじゃなくて、描写とか、文章にも癒されるんだと思います。
札束握り締めてる姿は凄まじく最高です(笑) 直人はいやなやつだと思うけど、
いい所も持ってるんですよね、痛々しい(;_:)

「奇憶」は 2回読んだ所なんですが、また読み返したら
新しい発見が一杯出てきそうで楽しみです(=^^=ゝ

Subject:Re: 奇憶
From:小林泰三
Date:2005/03/13 22:35:00
>突黄身さん
> こんばんは,,
>
> 「奇憶」に出てきた“記憶”の幾つかは小林泰三さんが…!? 驚きました、
> (すいません、古い話題で、、)
> 月・・? まさかショ・・ どきどき(。。;)。

月はそのうちの1つです。ただし、「ショゴス」ではなく、「××2号」だった
のですが、「××」の部分はどうしても思い出せません。

> 直人や、「獣の記憶」の、さんさんたる有様好きです。不思議と癒されます。
> あ; 悲惨さだけじゃなくて、描写とか、文章にも癒されるんだと思います。
> 札束握り締めてる姿は凄まじく最高です(笑) 直人はいやなやつだと思うけど、
> いい所も持ってるんですよね、痛々しい(;_:)

直人は駄目駄目なのですが、それが外への攻撃には向いていません。その辺り
が好感度(?)の高さの理由ではないでしょうか?

> 「奇憶」は 2回読んだ所なんですが、また読み返したら
> 新しい発見が一杯出てきそうで楽しみです(=^^=ゝ

読み返していただける作品を目標に書いているので、とても励みになります。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:2号
From:ょぐ
Date:2005/03/14 00:42:32
画像投稿実験。天空を覆う謎の物体
http://6115.teacup.com/kayano/img/bbs/0000107M.jpg

Subject:おひさしぶり
From:遁吉
Date:2005/03/15 11:41:44
どうも火星の二つの月を見て漸く果てしなき時間の流れにより日本に到着した僕です。

最近sawを読みましたがCUBEの方が断然面白いと思った僕です。

では本題に入ります。最近僕は悩んでいます。
何故でしょう。ようぐそうとほうとふとえいぜいとうとふの姿が見えません。空に向かって毎日叫んでも、全く返事が返ってこないようです。ぬわいえいるれいとほうてぃ〜ぷも来ません。どうやったら来てくれますかね。真剣に悩んでいます。誰か教えて下さい。

呪文みたいのってあるんですかね。
初心者ですいません。

Subject:こんばんは
From:突黄身
Date:2005/03/16 23:03:43
お答えありがとうございましたっ(思い出の)
不思議ですね、謎ですねっ、うおー、す、すごい、、

自分の子供頃の思い出で、印象深いのは、緑の人に会いに行ってた
とゆうもので、天気のいい日に、いい風が吹いていると彼等が現れるんです。
彼等は巨大な人形をしていたので、緑の人と呼んでました。
…そのエピソードを元に、去年エッセイ書いたんですけど、難しくて、、
背伸びするといけないのかな、、自分らしく日記風に書いてみようと思います。
あ、作家志望とかでは全く無いです(汗) 

関係ないですが、しばらく前に、自分の父に「玩具修理者」を貸しました。
父は高齢ですが、常軌を逸した本ずきです。
子供の私に、短編小説とホラーと宇宙をたたき込んだ人で、
性格も似ているので、気に入るに違いない。。と思って.

いたく気に入った様子で、ほくほくしてました(^◇^)
父の方から 他のも貸せと言ってきたので、「家に棲むもの」を貸しました。
反応が楽しみです・・@゛

Subject:福岡沖地震
From:小林泰三
Date:2005/03/21 23:42:38
九州北部の皆さんはご無事でしょうか?

今回も地震の空白地域とのこと。
どこに住んでいても地震の備えは必須ですね。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:2号と邪神の姿と思い出と『玩具修理者』と『家に棲むもの』
From:小林泰三
Date:2005/03/21 23:44:03
>ょぐさん
> 画像投稿実験。天空を覆う謎の物体

おお。微かに製造番号のようなものが。この天体は間違いなく人工物ですね。

>遁吉さん

> では本題に入ります。最近僕は悩んでいます。
> 何故でしょう。ようぐそうとほうとふとえいぜいとうとふの姿が見えません。
> 空に向かって毎日叫んでも、全く返事が返ってこないようです。ぬわいえい
> るれいとほうてぃ〜ぷも来ません。どうやったら来てくれますかね。真剣に
> 悩んでいます。誰か教えて下さい。

彼らの姿を追い求めるようになったのなら、もう大丈夫です。心配せずとも間
もなく彼らのほうが見つけてくれることでしょう。

>突黄身さん
> 自分の子供頃の思い出で、印象深いのは、緑の人に会いに行ってた
> とゆうもので、天気のいい日に、いい風が吹いていると彼等が現れるんです。
> 彼等は巨大な人形をしていたので、緑の人と呼んでました。
> …そのエピソードを元に、去年エッセイ書いたんですけど、難しくて、、
> 背伸びするといけないのかな、、自分らしく日記風に書いてみようと思います。
> あ、作家志望とかでは全く無いです(汗) 

どんな思い出だったのか興味があります。よかったら、詳しく教えてください。

> 関係ないですが、しばらく前に、自分の父に「玩具修理者」を貸しました。
> 父は高齢ですが、常軌を逸した本ずきです。
> 子供の私に、短編小説とホラーと宇宙をたたき込んだ人で、
> 性格も似ているので、気に入るに違いない。。と思って.
>
> いたく気に入った様子で、ほくほくしてました(^◇^)
> 父の方から 他のも貸せと言ってきたので、「家に棲むもの」を貸しました。
> 反応が楽しみです・・@゛

その後いかかでしょうか?

こちらも気に入っていただければいいのですが。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:こうして小林泰三殿とお話できて光栄です。
From:HAISU
Date:2005/03/23 21:59:19
初めまして小林泰三殿のことが異常に好きなHAISUと言う者です。
こうした形で小林泰三殿とお話できて光栄です。
少し堅苦しいかと思いますがいつもはハイテンションなのかもしれませんが
よ〜しハイテンションで小林泰三殿とお話しするぞ〜
いざ!小林泰三殿とお話しますと緊張して堅苦しくなってしまいました。
とにかくこの次お返事を書くときはハイテンションでがんばりたいと思います。
HAISUのバカー>(0`ω´)====0)`ω゜)・;:′

Subject:Re: こうして小林泰三殿とお話できて光栄です。
From:小林泰三
Date:2005/03/26 00:12:15
>HAISUさん
> 初めまして小林泰三殿のことが異常に好きなHAISUと言う者です。

初めまして。(^o^)

> こうした形で小林泰三殿とお話できて光栄です。
> 少し堅苦しいかと思いますがいつもはハイテンションなのかもしれませんが
> よ〜しハイテンションで小林泰三殿とお話しするぞ〜
> いざ!小林泰三殿とお話しますと緊張して堅苦しくなってしまいました。

そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ。(^^;)

> とにかくこの次お返事を書くときはハイテンションでがんばりたいと思います。
> HAISUのバカー>(0`ω´)====0)`ω゜)・;:′

今後ともハイテンションでお願いいたします。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:はじめまして。そして感動しました!!
From:tnari
Date:2005/03/28 21:44:16
初めまして!!小林さん。
わたしは小林さんの「海を見る人」の作品集が大好きです。言葉で表したいのですが、脳みその中を現すと、過去に累積した発露を持たないわたしの記憶が、衝撃によって活路を得るとか。未来の何かとリンクしたとか、そんな感じになります。これはすごい感動です!!その上、小林さんとお話できるなんて・・・。はなぢがでそうです。

わたしは高校の頃、石和鷹という人の本を読み漁ってました。図書館で読んでいた本なので、作家さんのことについては、何も知らなかったのですが。最近彼の作品に偶然出会って、はじめて彼はわたしが高校のときには既に亡くなっていたことを知りました。ずいぶんと思い入れがあったのでかなりショックです。いまでは図書館にも置いていなくて寂しいかぎりです。

小林さんは、どんな作家さんを嗜好されてますか。ぜひ知りたいです。
脈絡なく拙い文章ですいません。

Subject:初めまして
From:九狼
Date:2005/03/29 06:32:14
俺もファンっす
よろしく!

実は「えいぜいとうとふ」を検索して偶然辿りつきました

Subject:Re: はじめまして。そして感動しました!!
From:小林泰三
Date:2005/03/31 00:14:37
>tnariさん
> 初めまして!!小林さん。

初めまして。

> わたしは小林さんの「海を見る人」の作品集が大好きです。言葉で表したい
> のですが、脳みその中を現すと、過去に累積した発露を持たないわたしの記
> 憶が、衝撃によって活路を得るとか。未来の何かとリンクしたとか、そんな
> 感じになります。これはすごい感動です!!その上、小林さんとお話できる
> なんて・・・。はなぢがでそうです。

ありがとうございます。どの作品が一番お気に召したでしょうか?

> わたしは高校の頃、石和鷹という人の本を読み漁ってました。図書館で読ん
> でいた本なので、作家さんのことについては、何も知らなかったのですが。
> 最近彼の作品に偶然出会って、はじめて彼はわたしが高校のときには既に亡
> くなっていたことを知りました。ずいぶんと思い入れがあったのでかなりシ
> ョックです。いまでは図書館にも置いていなくて寂しいかぎりです。

小説というのは、ある意味時間を越えていますね。何十年も昔の人なのに、親
しい知人の様に感ずることもあります。

> 小林さんは、どんな作家さんを嗜好されてますか。ぜひ知りたいです。
> 脈絡なく拙い文章ですいません。

海外だと、ディック、ラヴクラフト、ニーヴン、アシモフ、ファーマーなどが
好きです。

日本だと、筒井康隆さんや、星新一さん、小松左京さんははずせません。

これからもよろしくお願いいたします。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三
Date:2005/03/31 00:15:43
>九狼さん
> 俺もファンっす
> よろしく!

初めまして!

> 実は「えいぜいとうとふ」を検索して偶然辿りつきました

「吸血狩り」をお読みいただいたのですね。ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:tnari
Date:2005/04/03 06:07:37
お返事ありがとうございます。

好きな作品は、表題作の海を見る人が一番好きです。
美しいものを美しいままに留める時軸の違い。いつまでもあのときの姿のままであり続ける美しさ。薄れてしまう記憶や、美化してしまう感情などでなく、文字通り海に広がるようにそこにあり続けること。思い出すのではなく、たしかにそこに在るということに、感動しました。

ほかの作品も好きです。キャッシュも、独裁者の掟も、母と子と渦を旋る冒険も、門も、好きです。食性とか、お祖父ちゃんの絵とか、気味の悪い話も好きです。巧いです。感動です。

わたしは仕事の傍ら趣味で小説を書きます。
地に足の着かないような、取り留めのないものですが、いつか、もっと地に足をつけて、人を感動させて、はなぢの出るようなものを作れればいいなと思います。小林さんにもお目見えできるように、ひたすら精進、精進です。

Subject:再度カキコ
From:九狼
Date:2005/04/13 15:35:15
拙者が好きなのは玩具修理者だな〜・・・アレを読んだ時「凄い人が小説家になったな〜」って嬉しかったし
筒井康隆さん星新一さん小松左京さんの本は拙者も昔から愛読してます
ラヴクラフト系の神話って興味は有るのですが踏み込んでないです
いつか近いうちに踏み込んでみます

Subject:おお?
From:九狼
Date:2005/04/13 15:42:40
お返事を見落としてました
いい加減な挨拶に丁寧なお返事ありがとうございます

張り切って応援させていただきます( ̄∧ ̄)ゞ

Subject:ラヴクラフト、思い出
From:突黄身
Date:2005/04/14 23:03:11
ラヴクラフトは、自分も読んでないです(^_^;ゝ
小林泰三さんの読者の方は、読まれている方が、多いんでしょうか…
むずかしくないですか、、?
小林泰三さんの本を制覇したら、行ってみようと..う、でも抵抗が。。汗

思い出、脱文してました。緑色を背景に 白い巨大な人型です;
太陽光と葉緑体(?)と風に関係のある幻だったんじゃないかと思ってるんですが
ゆらめいて 広がって、綺麗な音楽と気持ちいい感覚と…
言葉の無い対話みたいでした。それが大好きで、彼等が現れる天気の日には
嬉しくてすっとんで行きました。でも小学校の5年頃から会える回数が減って.
大好きではなくなってしまったからかもしれません。
って、なんかアホな話を、ちょっと恥ずかしくなってきました*~

訂正です。二度目に父に貸したのは≪人獣細工≫でした、すいません。。
≪家に棲むもの≫は「肉」「魔女の家」「食性」とかすごく好きです。
あと「森の中の少女」ヒロインが、なまめかしくて清らかで可愛くて、凄かった、、
父は未読だと思います、私も手元に読んでいないものが二冊。読み出すと一気に
読んでしまうのが勿体ないのでとってあります*

Subject:やっとほとんど読み終えました・・・
From:HAISU
Date:2005/04/16 23:59:56
ふぅ・・・やっと小林泰三殿の作品をほとんど読み終えることが出来ました。
アンソロジーでのナンバ〜1は海を見る人でしたw もう最高です!w
特に門と海を見る人のどちらかがナンバ〜1ですね
最後の門の衝撃はすさまじかったですw ΑΩの最後の方がすごかったですがw
しかも海を見る人の一つ一つのお話の間にある会話にも繫がりが・・・・
とにかく海を見る人がアンソロジーナンバ〜1でしたw


こんなすごい作品を書ける小林泰三殿には感動しましたw
そして小林泰三殿もフィリップ.K.ディック殿も最高です!
ディックの作品はまだ呼んだことが無いですがw 兄がディックの作品を読むなら
これがよし!と言う「ニックとグリマング」を早く借りて感想を述べたいです♪

Subject:初めまして
From:みなみと申します
Date:2005/04/22 05:32:48
私は、肉食屋敷の本が発売した頃から小林さんの小説を読ませていただいています!! 
私が高校生のときたまたま小説を読んでみたくなり、ちょうどなんとなく欲しくなって、買って大正解でした。私にとって珍しく、すぐ大ファンになりました!!他の作品もみんな大好きです!これからも楽しみにしていますね!! 

Subject:誤爆です。
From:HAISU
Date:2005/04/22 18:47:59
「とにかく海を見る人がアンソロジーナンバ〜1でしたw」
と自分は言ってますが「アンソロジー」ではなく「短編集」でした。
あちゃ・・・焦りすぎはイカン!ですね・・・

Subject:いろいろ
From:小林泰三
Date:2005/04/24 00:08:14
>tnariさん
> 好きな作品は、表題作の海を見る人が一番好きです。
> 美しいものを美しいままに留める時軸の違い。いつまでもあのときの姿のま
> まであり続ける美しさ。薄れてしまう記憶や、美化してしまう感情などでな
> く、文字通り海に広がるようにそこにあり続けること。思い出すのではなく、
> たしかにそこに在るということに、感動しました。

ありがとうございます。あの作品は S-F マガジン読者賞受賞作でもあり、
僕も思い入れが強いです。

> ほかの作品も好きです。キャッシュも、独裁者の掟も、母と子と渦を旋る冒
> 険も、門も、好きです。食性とか、お祖父ちゃんの絵とか、気味の悪い話も
> 好きです。巧いです。感動です。

君の悪い方(^_^)は『家に棲むもの』に収録されている作品ですね。

> わたしは仕事の傍ら趣味で小説を書きます。
> 地に足の着かないような、取り留めのないものですが、いつか、もっと地に
> 足をつけて、人を感動させて、はなぢの出るようなものを作れればいいなと
> 思います。小林さんにもお目見えできるように、ひたすら精進、精進です。

小説は年齢に関係なく、書き綴ることができます。頑張ってよい作品を完成さ
せてくださいね。

>九狼さん
> 拙者が好きなのは玩具修理者だな〜・・・アレを読んだ時「凄い人が小説家
> になったな〜」って嬉しかったし

最初の短編集です。映画や漫画にもなっています。ご覧になったことはありま
すか?

> お返事を見落としてました
> いい加減な挨拶に丁寧なお返事ありがとうございます
>
> 張り切って応援させていただきます( ̄∧ ̄)ゞ

よろしくお願いいたします。

>突黄身さん
> ラヴクラフトは、自分も読んでないです(^_^;ゝ
> 小林泰三さんの読者の方は、読まれている方が、多いんでしょうか…
> むずかしくないですか、、?
> 小林泰三さんの本を制覇したら、行ってみようと..う、でも抵抗が。。汗

ちょっととっつきにくいところがあるかもしれませんね。

でも、馴れると魅力的な文章です。

> 思い出、脱文してました。緑色を背景に 白い巨大な人型です;
> 太陽光と葉緑体(?)と風に関係のある幻だったんじゃないかと思ってるんですが
> ゆらめいて 広がって、綺麗な音楽と気持ちいい感覚と…
> 言葉の無い対話みたいでした。それが大好きで、彼等が現れる天気の日には
> 嬉しくてすっとんで行きました。でも小学校の5年頃から会える回数が減って.
> 大好きではなくなってしまったからかもしれません。
> って、なんかアホな話を、ちょっと恥ずかしくなってきました*~

何度も会っていたのですか。それは羨ましい体験ですね。

> 訂正です。二度目に父に貸したのは≪人獣細工≫でした、すいません。。
> ≪家に棲むもの≫は「肉」「魔女の家」「食性」とかすごく好きです。
> あと「森の中の少女」ヒロインが、なまめかしくて清らかで可愛くて、凄かった、、
> 父は未読だと思います、私も手元に読んでいないものが二冊。読み出すと一気に
> 読んでしまうのが勿体ないのでとってあります*

よろしかったら、お父様の感想も教えてくださいね。

>HAISUさん
> ふぅ・・・やっと小林泰三殿の作品をほとんど読み終えることが出来ました。
> アンソロジーでのナンバ〜1は海を見る人でしたw もう最高です!w
> 特に門と海を見る人のどちらかがナンバ〜1ですね
> 最後の門の衝撃はすさまじかったですw ΑΩの最後の方がすごかったですがw
> しかも海を見る人の一つ一つのお話の間にある会話にも繫がりが・・・・
> とにかく海を見る人がアンソロジーナンバ〜1でしたw

「門」気に入っていただけたようで何よりです。タイムパラドックスの不思議
を楽しんでいただけたらと存じます。

> こんなすごい作品を書ける小林泰三殿には感動しましたw
> そして小林泰三殿もフィリップ.K.ディック殿も最高です!
> ディックの作品はまだ呼んだことが無いですがw 兄がディックの作品を読むなら
> これがよし!と言う「ニックとグリマング」を早く借りて感想を述べたいです♪

お兄様も SF 好きですか。皆さん、いい家庭環境ですね。

> 「とにかく海を見る人がアンソロジーナンバ〜1でしたw」
> と自分は言ってますが「アンソロジー」ではなく「短編集」でした。
> あちゃ・・・焦りすぎはイカン!ですね・・・

そうですね。「アンソロジー」は通常いろいろな作者の作品を集めたものをい
いうます。「アンソロジー」も広い意味の「短編集」に含まれると思いますが。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三
Date:2005/04/24 00:09:20
>みなみと申しますさん

初めまして。(^o^)

> 私は、肉食屋敷の本が発売した頃から小林さんの小説を読ませていただいて
> います!! 
> 私が高校生のときたまたま小説を読んでみたくなり、ちょうどなんとなく欲
> しくなって、買って大正解でした。私にとって珍しく、すぐ大ファンになり
> ました!!他の作品もみんな大好きです!これからも楽しみにしていますね!!

買われた『肉食屋敷』は文庫版でしょうか? だとすると、5年近いお付き合
いですね。
ありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:最近見たホラー映画
From:ナースはしこ
Date:2005/04/28 16:36:47
おひさしぶりです。
関東は、この週末暑いぐらいになるようです。

ちょっと昔の映画ですが、「フェノミナ」が怖いと聞き、見てみました。
虫が大量に出てきます…。ご存じでしょうか?
ちょっとイヤな映像だらけですが、主人公とチンパンジーはかわいいので
まだ救いがあるかと思いました。
 虫と意志の疎通ができる原因はなんだったんでしょうね。
蚊子…の場合は虫がわが特別でしたが…

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fkazeickw.ld.infoseek.co.jp%2F http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:(無題)
From:鶯ダニー
Date:2005/04/29 01:22:53
お久しぶりです。
文庫「人獣細工」の表代作を読み返して今さら気付きました。
11Pから12Pへの改行がさりげなく神業です!
11Pラストでフリ、12Pアタマで決定的な一文。スゴイです。
文庫にする前もやはりこういう状態だったのでしょうか?

ある作家さんは、見開きの左ページの末尾が句読点で終わるよう自らMacで誌面レイアウト通りのフォーマットで文章打ってると聞いたことがありますが・・・。
先生もページの裏表のまたぎ具合は意識されていますか?
.


もどる
トップ