小林掲示板ログ 平成18年3月〜4月分

もどる
トップ

Subject:春です
From:ナースはしこ
Date:2006/03/02 17:57:38
最近新しい仕事始めて、自宅から遠いので通勤中に読む本の量が増えています。
新刊とても楽しみです。きっと持ち歩きますよ〜。
ラブサイコ、公式サイト拝見しました。内容が濃そうですね。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fkazeickw.ld.infoseek.co.jp%2F http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/


Subject:Re: 春です
From:小林泰三
Date:2006/03/02 22:43:23
>ナースはしこさん

> 最近新しい仕事始めて、自宅から遠いので通勤中に読む本の量が増えています。

新しいお仕事、いかがでしょうか?

> 新刊とても楽しみです。きっと持ち歩きますよ〜。

ありがとうございます。

> ラブサイコ、公式サイト拝見しました。内容が濃そうですね。

公開が楽しみですね。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:草食団地妻
From:小林泰三
Date:2006/03/02 23:12:44
角川ホラーシネマのサイト( bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.kadokawa.co.jp%2Fks%2F http://www.kadokawa.co.jp/ks/ )に

> 「食性」 近藤公園、三輪ひろみ、里中あや

とあって、「この『三輪ひろみ』って人、草食団地妻役のはずやけど聞いたこ
とないなぁ。新人なのかなぁ」と思っていたのですが、先ほどふと、これって、
かのホラークィーン・三輪ひとみさんのタイプミスではないかと気付きました。
#そう言えば、T" と "R" はすぐ隣にあるし……。

確認のメールを出したところ、やはり三輪ひとみさんが正しいとのことでした。

ひょえ〜。

うむむ。「食性」の撮影見学に行けなかったことがますます悔やまれます。

因みに、三輪ひとみさんのサイトはこちらです。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww1.bbweb-arena.com%2Fantenne%2Fantenne_014.htm http://www1.bbweb-arena.com/antenne/antenne_014.htm

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:楽しいです
From:ナースはしこ
Date:2006/03/06 22:01:47
新しい仕事は事務で座り仕事なので、ちょっと肩がこります。
動物関係のアットホームな会社ですよ。
子供の頃から読書量が多いせいで、自然に漢字が読めるようになっていたり、
かしこまった言葉が使えたりするようになった気がします。
それだけではないのでしょうけれど、やっぱり本が好きです。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fkazeickw.ld.infoseek.co.jp%2F http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:Re: 楽しいです
From:小林泰三
Date:2006/03/09 23:33:11
>ナースはしこさん
> 新しい仕事は事務で座り仕事なので、ちょっと肩がこります。
> 動物関係のアットホームな会社ですよ。

ぴったりのお仕事ですね。(^o^)

> 子供の頃から読書量が多いせいで、自然に漢字が読めるようになっていたり、
> かしこまった言葉が使えたりするようになった気がします。
> それだけではないのでしょうけれど、やっぱり本が好きです。

僕も子供の頃からよく本を読んでいました。
読書の習慣は一生ものの宝物だと思います。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:はじめまして!
From:大樹
Date:2006/03/11 01:26:42
はじめまして。受験勉強しなきゃけない高校2年生ですが小林さんの本を手に取り、読み初めてからに最後まで一気に読んだ後『何回読んでもおもしろいわぁ…』と呟く大樹と申します。
小林さんの本はとてもおもしろいですね!小林の事、残念ながら知ってる学友はあまりいません…ですが手当たり次第本を貸しファンにさせています!

映画化おめでとうございます!是非とも見たい作品です!
これからも頑張って下さい!

Subject:お久しぶりです!
From:奈美
Date:2006/03/11 02:35:34
受験勉強に追われ、ずっと本から遠ざかった生活をしていましたが、無事大学も決まったので、
また好きなだけ本が読める生活が戻ってきました!!!

受験が終わったら絶対に最初小林先生の本を読む!と心に決めていたので、さっそく今日、
本屋さんで「脳髄工場」を買ってきました(^^)
さきほど脳髄工場を読み終わったところです。次は友達です。
読み終わったら感想を書きにまたきます♪
でも読むのがもったいなくて・・・・やっぱり本は最高ですね。

Subject:Re: はじめまして!
From:小林泰三
Date:2006/03/11 14:19:10
>大樹さん
> はじめまして。受験勉強しなきゃけない高校2年生ですが小林さんの本を手
> に取り、読み初めてからに最後まで一気に読んだ後『何回読んでもおもしろ
> いわぁ…』と呟く大樹と申します。

初めまして。(^o^)

> 小林さんの本はとてもおもしろいですね!小林の事、残念ながら知ってる学
> 友はあまりいません…ですが手当たり次第本を貸しファンにさせています!

ありがとうございます。m(_ _)m

> 映画化おめでとうございます!是非とも見たい作品です!
> これからも頑張って下さい!

これからもよろしく。勉強もがんばってください。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: お久しぶりです!
From:小林泰三
Date:2006/03/11 14:20:32
>奈美さん
> 受験勉強に追われ、ずっと本から遠ざかった生活をしていましたが、無事大学も決まったので、
> また好きなだけ本が読める生活が戻ってきました!!!

おめでとうございます!

> 受験が終わったら絶対に最初小林先生の本を読む!と心に決めていたので、さっそく今日、
> 本屋さんで「脳髄工場」を買ってきました(^^)
> さきほど脳髄工場を読み終わったところです。次は友達です。
> 読み終わったら感想を書きにまたきます♪
> でも読むのがもったいなくて・・・・やっぱり本は最高ですね。

ありがとうございます。じっくりと読んでください。(^_^)

感想楽しみにしております。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:はじめまして
From:春慶
Date:2006/03/11 21:26:07
はじめまして。小林先生の大ファンの一人、春慶と申します。
ブラリと書店の文庫コーナーを眺めていたら、「脳髄工場」が平積みされてるではありませんか。即座に購入を決定し、逸る気持ちを抑えながら家に帰りました。
そして、一気に読み進め、あっという間に読み終えてしまいました。やっぱり小林先生の作品は面白いの一言に尽きます。
これからも、「予め予定されている明日」に出てくる諒子さんのような気持ちで陰ながら応援しております(笑)。素晴らしい作品、ありがとうございました。

Subject:失礼しました。
From:春慶
Date:2006/03/11 21:29:28
すいません。「予め予定されている明日」ではなく「予め決定されている明日」でした。

Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三
Date:2006/03/12 01:41:24
>春慶さん
> はじめまして。小林先生の大ファンの一人、春慶と申します。

初めまして!

> ブラリと書店の文庫コーナーを眺めていたら、「脳髄工場」が平積みされて
> るではありませんか。即座に購入を決定し、逸る気持ちを抑えながら家に帰
> りました。
> そして、一気に読み進め、あっという間に読み終えてしまいました。やっぱ
> り小林先生の作品は面白いの一言に尽きます。
> これからも、「予め決定されている明日」に出てくる諒子さんのような気持
> ちで陰ながら応援しております(笑)。素晴らしい作品、ありがとうございま
> した。

お買い上げどうもありがとうございます。いっきにお読みいただけだとは光栄
の至りです。

今後ともよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:神風
Date:2006/03/12 16:21:03
えっと、昔ここに書き込んだ事のある者です。
最近久しぶりにこのページを開き、「脳髄工場」が発売されたっつう事を知り
大急ぎで購入して読みました。
非常に面白い物語ばかりでした、久しぶりに短編集を読むときの満足感に浸りました、
次から次へと押し寄せる面白さの波にニコニコしながら溺れていました、ありがとうございます。

一つ質問ですが、収録されていた「C市」にある、映画館の云々ってのは
本当にあった事なのですか?

Subject:Re: (無題)
From:小林泰三
Date:2006/03/14 00:48:44
>神風さん
> えっと、昔ここに書き込んだ事のある者です。

お久しぶりです!

> 最近久しぶりにこのページを開き、「脳髄工場」が発売されたっつう事を知り
> 大急ぎで購入して読みました。

ありがとうございます。m(_ _)m

> 一つ質問ですが、収録されていた「C市」にある、映画館の云々ってのは
> 本当にあった事なのですか?

幸か不幸か、そのような報告は聞いておりません。でも、美輪さんの声で邪神
の名前を唱えられると、いかにも何かが起こりそうだと思いませんか?

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:神風
Date:2006/03/15 10:21:49
> 幸か不幸か、そのような報告は聞いておりません。でも、美輪さんの声で邪神
の名前を唱えられると、いかにも何かが起こりそうだと思いませんか?

そうやって何かが起こるのも楽しい(恐ろしい?)かもしれません(笑)

Subject:はじめまして
From:賢
Date:2006/03/16 06:40:35
「玩具修理者」を読んで小林さんの大ファンになった者です。
特に「酔歩する男」は何度読み返しても、面白いと感じさせてくれます。
それからというものの、本屋ではまず小林さんの作品を探すようになりました。
今までいろんな小説を読んできましたが、小林さんの作品は衝撃的でした。ホラー&SF、そして独特の雰囲気が癖になります。時折あるコミカルな文に、つい吹き出してしまったり、読み終えた後の何とも言えない不気味さが堪りません。
まだ読んでない作品がいくつかあるので、時間が出来次第購入する予定です。

ドキドキさせる作品をありがとうございます。これからも頑張って下さい!

Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三
Date:2006/03/20 00:11:09
>賢さん

初めまして。(^_^)

> 「玩具修理者」を読んで小林さんの大ファンになった者です。
> 特に「酔歩する男」は何度読み返しても、面白いと感じさせてくれます。
> それからというものの、本屋ではまず小林さんの作品を探すようになりまし
> た。
> 今までいろんな小説を読んできましたが、小林さんの作品は衝撃的でした。
> ホラー&SF、そして独特の雰囲気が癖になります。時折あるコミカルな文に、
> つい吹き出してしまったり、読み終えた後の何とも言えない不気味さが堪り
> ません。
> まだ読んでない作品がいくつかあるので、時間が出来次第購入する予定です。
> ドキドキさせる作品をありがとうございます。これからも頑張って下さい!

ありがとうございます。ホラーと SF とどちらがお好みでしょうか?
ちょうど今、新刊『脳髄工場』が書店に出ている頃だと思いますので、機会が
ありましたら、手にとっていただければ幸いです。

これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:(無題)
From:おがくず
Date:2006/03/21 13:06:22
ずいぶん久々のカキコですが、新刊欠かさず読んでおります。

「脳髄工場」まだ表題作のみですが、既に満腹です!
自由意志ある/ない、の形而上問答
ちょっとジュブナイルな初恋ストーリー
工場員や理髪店主のずさんなキャラ
グロテスクなのに笑っちゃう珍生体メカ…

一見、てんでバラバラな要素が奏でるハーモニーは
これぞ泰三節??

オチやテーマに関しての感想や疑問(膨大!)は
ネタバレになってしまいそうなので、
おいおい投稿させていただきますが、脳髄少女…萌えました!

Subject:御返事ありがとうございます
From:賢
Date:2006/03/21 17:50:40
> ホラーと SF とどちらがお好みでしょうか?

自分はホラー派です。
幽霊など、実体のない物より、壊れた人間に追われたりする話や、精神的がおかしくなっていくような怖さが好きです。
SFも好きですが、小林さんの作品にはどちらの要素もあって大満足です。

> ちょうど今、新刊『脳髄工場』が書店に出ている頃だと思いますので、機会が
> ありましたら、手にとっていただければ幸いです。

近所の書店にはありませんでした。どうも売り切れのようです。
この事態はファンとしては喜ばしい事なのですが、手に入らなかったので嬉しいような悔しいような複雑な気分ですね(^_^;)

Subject:脳髄少女と残部僅少?
From:小林泰三
Date:2006/03/21 22:44:19
>おがくずさん
> ずいぶん久々のカキコですが、新刊欠かさず読んでおります。

お久しぶりです。

> オチやテーマに関しての感想や疑問(膨大!)は
> ネタバレになってしまいそうなので、
> おいおい投稿させていただきますが、脳髄少女…萌えました!

ありがとうこざいます。
脳髄少女、気に入っていただいて嬉しいです。

>賢さん

> 自分はホラー派です。
> 幽霊など、実体のない物より、壊れた人間に追われたりする話や、精神的が
> おかしくなっていくような怖さが好きです。
> SFも好きですが、小林さんの作品にはどちらの要素もあって大満足です。

両方の要素を持つ作品の場合、バランスが難しいのですが、今回はうまくいっ
たでしょうか?

> 近所の書店にはありませんでした。どうも売り切れのようです。
> この事態はファンとしては喜ばしい事なのですが、手に入らなかったので嬉
> しいような悔しいような複雑な気分ですね(^_^;)

僕の本は発行部数が少ないので、ご迷惑お掛けしております。

書店に注文していただければ、確実に入手できると思います。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:脳髄工場読みました!
From:CRW
Date:2006/03/25 22:10:58
こんばんは、CRWです。
昨日父が『脳髄工場』を買ってきてくれたので、それまで読んでいた『無影燈』をほっぽらかして一生懸命春休みの宿題を1時間ほどやった後『友達』まで読み進めました。さっき最後まで読んだので感想をすぐに書きたくなりました。

表題作の『脳髄工場』は最後まで分かりませんでした。主人公には自由意志があると思ってたのに、それも結局機械が推測してたんですね…。工場は、私も主人公が思ってた通りの工場を想像してました。
『綺麗な子』を読んで思ったんですが、『脳髄工場』といい『綺麗な子』といい、どちらも近い将来実現しそうな話だと感じました。玩具ペットって近いものは現在もありますからね…。
『友達』と『同窓会』と『声』は、ありがちな話だと思ったらそうじゃなかったので、パンチを食らわされたようでした。最後に「ああ、そうか」って納得しましたが(笑)。
『停留所まで』は、最初の編が都市伝説の羅列で、結構楽しめました。私は都市伝説とかに興味があるので。これもオチが読めない話でした。やられた!って感じでした。
『写真』もです。短いながらも自分の予想してたオチとは違ってて、『またしてもやられた!』と思いました。
『影の国』は、以前『世にも奇妙な物語』で見た事がありましたが、かなり前の話なので新鮮に読む事が出来ました。めっちゃ怖い話だなぁと思って見たのは覚えてるんですが、その時録画した筈のビデオが見つかりません…orz
絶対三倍の汚い画面で見たと思うんですが、どこにもありません。
『C市』と『アルデバランから来た男』は読んでて何となく『AΩ』を思い出しました。宇宙ものだから?『C市』は難しいだと感じましたが、『アルデバランから来た男』は星新一みたいな感じだったと思います。…どんな感じやねん。
『タルトはいかが?』は手紙形式の話で、あんまり得意じゃないんですがすぐにのめり込む事が出来ました。これも最後までオチが分かりませんでした。と言うか、読んでて『何でタルト?』と思ってました(笑)。

うわっっ!めっちゃ長っ!では、この辺でやめときます!今度から詳しい感想はメールにします…。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww18.ocn.ne.jp%2F%7Ecrw%2Findex2.html http://www18.ocn.ne.jp/~crw/index2.html

Subject:脳髄工場読みました
From:ナースはしこ
Date:2006/03/26 17:05:09
頭から何か出てるのはコミカルなような、怖いような…
短編集全体を通して、人はどうなってしまうのか考えてしまいました。
全てが、もしかしたらあり得るかも知れない可能性なんだなって…
グロいだけじゃない魅力がありますね。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fkazeickw.ld.infoseek.co.jp%2F http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:初めまして
From:スナイパー
Date:2006/03/26 22:07:21
こんにちは
僕は、『ΑΩ』を読んでファンになりました。『ΑΩ』は、僕の読んできた本の中でも特に傑作だったからです。なぜなら、『ΑΩ』は少しダークなSFで実際に現実で起こりそうな話で、面白くて、3,4回も読みました。
その後は、本屋に行って小林先生の著書を探しては買って読み、探してはかって読みとにちや何回も繰り替えすようになりました。また、このサイトに初めてきて、脳髄工場が出ていたことも知り本屋で探してま〜〜す。

Subject:こんにちは。
From:コノエ
Date:2006/03/28 09:39:38
初めまして、こんにちは。コノエと申します。
玩具修理者を本屋で見つけて表題に惹かれて買い、すっかり参ってしまいました。
今まで推理小説ばかり読んでいたのですが、気分的に少し新しいジャンルに挑戦してみようと探してみたのが誤りでした。
まさかこんなにもはまってしまうとは思っていなかったので。
玩具修理者を買いました次の日には小林先生の本を探すために、知っている限りの本屋を駆けずり回っていました…。
ΑΩはかなり最後の方まで読むのを躊躇っていたのですが(生を受けてから一度もSFというものと関わった事がありませんでしたので)、やはり読んで良かったと今でも思います。
途中からその世界に引き込まれて、気付いたときには朝の五時になっていました。
一昨日本屋で新刊の「脳髄工場」を見つけたときには本当に生きてて良かった、と思いました。
最近忘れていた「本を読む、その世界に没頭できる楽しさ、幸せ、喜び」を小林先生の本は読むたびに思い出させてくださいます。
特に玩具修理者に収録されている酔歩する男は読み終わった後、その状態のまま何時間も考えさせられました。
毎回最後に「え?」と思うどんでん返しがあり、今回の短編集はそれが活きていてとても楽しく読ませていただきました。特に「声」と「C市」が私はお気に入りです。
それでは長々となってしまいましたが、失礼させていただきます。
月並みですが、これからも素晴らしい作品作り頑張ってください。

Subject:『脳髄工場』
From:小林泰三
Date:2006/03/30 23:56:13
>CRWさん

お久しぶりです!

> こんばんは、CRWです。
> 昨日父が『脳髄工場』を買ってきてくれたので、それまで読んでいた『無影
> 燈』をほっぽらかして一生懸命春休みの宿題を1時間ほどやった後『友達』
> まで読み進めました。さっき最後まで読んだので感想をすぐに書きたくなり
> ました。

丁寧な感想ありがとうございます。気に入っていただけたようで、とても嬉し
くなりました。

> うわっっ!めっちゃ長っ!では、この辺でやめときます!今度から詳しい感
> 想はメールにします…。

メールでもいいですが、掲示板でもかまわないと思いますよ。

僕はもっと長い書き込みもしていますし。(^^;)

>ナースはしこさん
> 頭から何か出てるのはコミカルなような、怖いような…
> 短編集全体を通して、人はどうなってしまうのか考えてしまいました。
> 全てが、もしかしたらあり得るかも知れない可能性なんだなって…
> グロいだけじゃない魅力がありますね。

ありがとうございます。今回は未来を扱った作品が比較的多かったかもしれま
せんね。
少し未来を考えるお役に立ったでしょうか?

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 初めまして
From:小林泰三
Date:2006/03/30 23:57:37
>スナイパーさん

初めまして。(^o^)

> 僕は、『ΑΩ』を読んでファンになりました。『ΑΩ』は、僕の読んできた
> 本の中でも特に傑作だったからです。なぜなら、『ΑΩ』は少しダークなS
> Fで実際に現実で起こりそうな話で、面白くて、3,4回も読みました。

『ΑΩ』は僕自身とても気に入っている作品です。何回も読んでいただき光栄
に思います。

> その後は、本屋に行って小林先生の著書を探しては買って読み、探してはか
> って読みとにちや何回も繰り替えすようになりました。また、このサイトに
> 初めてきて、脳髄工場が出ていたことも知り本屋で探してま〜〜す。

ありがとうございます。『脳髄工場』読んでいただけたら、また感想お願いし
ますね。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: こんにちは。
From:小林泰三
Date:2006/03/30 23:59:00
>コノエさん
> 初めまして、こんにちは。コノエと申します。

初めまして。(^_^)

> 玩具修理者を本屋で見つけて表題に惹かれて買い、すっかり参ってしまいま
> した。
> 今まで推理小説ばかり読んでいたのですが、気分的に少し新しいジャンルに
> 挑戦してみようと探してみたのが誤りでした。
> まさかこんなにもはまってしまうとは思っていなかったので。
> 玩具修理者を買いました次の日には小林先生の本を探すために、知っている
> 限りの本屋を駆けずり回っていました…。

ありがとうございます。作家冥利に尽きます。

> ΑΩはかなり最後の方まで読むのを躊躇っていたのですが(生を受けてから
> 一度もSFというものと関わった事がありませんでしたので)、やはり読ん
> で良かったと今でも思います。
> 途中からその世界に引き込まれて、気付いたときには朝の五時になっていま
> した。

徹夜して読んでいただけたとはとても幸せな作品だと思います。

> 一昨日本屋で新刊の「脳髄工場」を見つけたときには本当に生きてて良かっ
> た、と思いました。
> 最近忘れていた「本を読む、その世界に没頭できる楽しさ、幸せ、喜び」を
> 小林先生の本は読むたびに思い出させてくださいます。
> 特に玩具修理者に収録されている酔歩する男は読み終わった後、その状態の
> まま何時間も考えさせられました。
> 毎回最後に「え?」と思うどんでん返しがあり、今回の短編集はそれが活き
> ていてとても楽しく読ませていただきました。特に「声」と「C市」が私は
> お気に入りです。

おお。すっかり SF の人ですね。(^^)

> それでは長々となってしまいましたが、失礼させていただきます。
> 月並みですが、これからも素晴らしい作品作り頑張ってください。

ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:クリスピー物語
From:小林泰三
Date:2006/04/02 11:00:38
ネスレ「クリスピー物語」は簡単に言うと、チョコレートでコートしていない
キットカットです。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fbooks.rakuten.co.jp%2FRBOOKS%2Fpickup%2Fkitkat_crispy%2F http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/kitkat_crispy/

ここで、小説の冒頭が読めます。4月17日発売です。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.breaktown.com%2Fe-crispy%2Ftop.htm http://www.breaktown.com/e-crispy/top.htm

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:激しい雨の日
From:賢
Date:2006/04/04 10:02:58
お久しぶりです。
昨日、豪雨が降り注ぐ中を傘が飛ばされないようにゆっくりと歩いていました。
家に近付いてきた所で目に入ったのが文教堂書店。
「あぁ…そういえば新刊の注文してないなぁ…。よし、今から注文しよう」と、中に足を踏み入れました。
注文は出る時にするつもりだったので、適当に店内をブラブラして角川ホラーのコーナーに来ました。
何か面白そうなホラーはないだろうか、と平積みされている本を見ていた時、事件は起こりました。
「うん? 脳髄工………脳髄工場!?」

見つけた────ヽ(゚∀゚)ノ────!!!!!!

どうやら店が入荷したようです。しかも残り二冊!
危うくまた売り切れになる所です。急いで購入しました。
注文する手間も省け、天気と共に澱んでいた気分も晴れた気がしました。
しかし、軽くなった足が降りしきる雨の中を馬鹿のように走り出すという、愚かな行動をとったせいで水溜まりに足を突っ込み、びしょ濡れに。
本が無事だったのがせめてもの救いでした(^_^;)

読み終えましたら、感想を書かせていただきます。

Subject:Re: 激しい雨の日
From:小林泰三
Date:2006/04/04 20:23:29
>賢さん

> どうやら店が入荷したようです。しかも残り二冊!
> 危うくまた売り切れになる所です。急いで購入しました。

ご購入、ありがとうございます。m(_ _)m

> 注文する手間も省け、天気と共に澱んでいた気分も晴れた気がしました。
> しかし、軽くなった足が降りしきる雨の中を馬鹿のように走り出すという、
> 愚かな行動をとったせいで水溜まりに足を突っ込み、びしょ濡れに。
> 本が無事だったのがせめてもの救いでした(^_^;)

大変でしたね。風邪など召されませんように。

> 読み終えましたら、感想を書かせていただきます。

よろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:脳髄工場読みました!!
From:アレット
Date:2006/04/05 22:14:00
初めて書き込ませていただきます、アレットです。m(__)m
地元の本屋を巡っても見つけることが出来なかったので
少し遠出してやっと入手することが出来ました。(^▽~)v
「停留所まで」や「同窓会」、「声」、「写真」
は本当に短い話の中にも裏をかく結末がしっかりと用意されていて
心も落ち着くところに落ち着けたというか。
泰三先生の小説で上に挙げたような超短編を今まで読んだことが
無かったので、私にとってはとても新鮮でした。
「C市」を読んでいて「ΑΩ」や「玩具修理者」を読みたくなったのは
私だけでしょうか?久し振りにCを取り扱った作品だったので
読んでいて楽しかったです。

先生の書かれる女の人は、綺麗だけれど人格の枠がどこか外れている
方が多くて、とても素敵です。

「クリスピー物語」がついてくる「少女、あるいは自動人形」も
期待してます。

これからの作品も楽しみにしてますので。
このへんでおいとまさせていただきます。

Subject:脳髄工場読みました。
From:OZUMI
Date:2006/04/05 23:32:23
初めてカキコさせていただきます。

4年ほど前から作品を拝見しております。
今回も相変わらずの世界観で、全編楽しく読ませていただきました。
お気に入りの話は「友達」ですが、
なんといってもたまに出てくる警察の方2人が癒されます。

駄文で恐縮。
今後も楽しみにしています。

Subject:Re: 脳髄工場読みました!!
From:小林泰三
Date:2006/04/06 23:32:40
>アレットさん
> 初めて書き込ませていただきます、アレットです。m(__)m

初めまして。(^_^)

> 地元の本屋を巡っても見つけることが出来なかったので
> 少し遠出してやっと入手することが出来ました。(^▽~)v

ありがとうございます。m(_ _)m

> 「停留所まで」や「同窓会」、「声」、「写真」
> は本当に短い話の中にも裏をかく結末がしっかりと用意されていて
> 心も落ち着くところに落ち着けたというか。
> 泰三先生の小説で上に挙げたような超短編を今まで読んだことが
> 無かったので、私にとってはとても新鮮でした。

ショートショートは発表媒体が限られてしまうので、あまり作品数はないので
すが、気に入っていただいて嬉しく思います。

> 「C市」を読んでいて「ΑΩ」や「玩具修理者」を読みたくなったのは
> 私だけでしょうか?久し振りにCを取り扱った作品だったので
> 読んでいて楽しかったです。

Cはお好きですか?

> 先生の書かれる女の人は、綺麗だけれど人格の枠がどこか外れている
> 方が多くて、とても素敵です。

別にそういう女性が好みというわけではないのですが。(^^;)

> 「クリスピー物語」がついてくる「少女、あるいは自動人形」も
> 期待してます。
>
> これからの作品も楽しみにしてますので。
> このへんでおいとまさせていただきます。

これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 脳髄工場読みました。
From:小林泰三
Date:2006/04/06 23:34:52
>OZUMIさん
> 初めてカキコさせていただきます。

初めまして。(^o^)

> 4年ほど前から作品を拝見しております。

お好きな作品はありますか?

> 今回も相変わらずの世界観で、全編楽しく読ませていただきました。
> お気に入りの話は「友達」ですが、
> なんといってもたまに出てくる警察の方2人が癒されます。

あの二人、どうもまともな事件には出くわさないですね。

> 駄文で恐縮。
> 今後も楽しみにしています。

今後ともよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:御返事ありがとうございます。
From:アレット
Date:2006/04/07 00:35:22
>Cはお好きですか?
まだ片足を突っ込んだくらい、でしょうかね。
先生の作品から興味を持って、他の作家さん
(栗本氏など2,3人)のを数作読んだくらいですから。
Cというよりは先生の作品が好きですね。
人物の名前や、時折出てくる魔法を使うときの呪文などの
遊びが、もう、たまらなく大好きです。
「脳髄工場」に収録されているような未来は
ちょっとダメですけれども。
では、失礼します。

Subject:感想。
From:セラ
Date:2006/04/08 23:47:22
初めまして。
角川ホラー文庫の中で最も好きな作品が、貴方、小林さんの作品です。
貴方の作品を読むと、短いからでしょうか?
何故か固定されていないオチのようなものを自分で考えます。
しかし、その殆どが「分かっていたけど、分かっているけど・・・。」"ヤラレタ!!"
読みきった瞬間にそう言う気分にさせられます。

貴方の作品にはどれも、似た香りが漂っています。
といっても幾つか種類はあるんですが、その香りを感じる度に私は、「多分きっと、こんな世界かな」と予測し、文は世界を構築していきます。
その世界に入り込むのがどの小説よりも早く、それでいて、後を引かない。
その感覚が、とても気に入っています。

私の知識では、まったくと言っていいほど、追いつけないような難しい言葉の羅列、それらも難なく何故か感じられる貴方の作品は、とても面白い。

これからも、とても楽しみにしています。
支離滅裂な文章ですが、これが私が作品に対して思ったことですので、どうかお許しを。
これからも頑張って下さい。
それでは。

Subject:はじめまして
From:夜と霧
Date:2006/04/09 22:36:52
はじめまして。
私は、「玩具修理者」以来の小林先生の大ファンです。
私は次のものが大好きなんです。
@ロジカルな問答
Aグロ
Bラストのどんでん返し
となれば、小林先生のファンになるしかないではないですか。
先生の作品はどれも素晴らしいのですが、中でも一番は、「酔歩する男」。
ネタバレになるので言えませんが、まさにロジックの悪魔、脳髄グラグラの大傑作です。
今は「脳髄工場」を読んでいる最中です。
先生、これからもどうかよろしくお願いしますね。

Subject:食玩具?クリスピー物語。
From:サるっパ
Date:2006/04/10 19:30:40
先日、不確定領域のリンクをたどりクリスピー物語
の注文をやっと済ませました。クリスピー物語とい
うと、岸田今日子さんが朗読を行っているCMという
認識しかなかったので、企画を見たときにはお菓子
と書籍のセットでこの価格!(しかも豪華執筆陣の
書き下ろし)と驚かされました。もうじき届く物語
が楽しみです。

ちなみに、昔から思っていたのですが小林先生の作品は
朗読劇にも向いているのではないかと思っています。
それこそ、岸田今日子さんに「玩具修理者」や「目を擦る女」
を朗読していただけると醍醐味ある劇に仕上がるのではないかと。

Subject:Cと「クリスピー物語」
From:小林泰三
Date:2006/04/10 21:57:20
>アレットさん
> >Cはお好きですか?
> Cというよりは先生の作品が好きですね。

嬉しいお言葉です。

> 「脳髄工場」に収録されているような未来は
> ちょっとダメですけれども。

ああいう未来が好きな人はなかなかいないかもしれませんね。(^^;)

>サるっパさん
> 先日、不確定領域のリンクをたどりクリスピー物語
> の注文をやっと済ませました。クリスピー物語とい
> うと、岸田今日子さんが朗読を行っているCMという
> 認識しかなかったので、企画を見たときにはお菓子
> と書籍のセットでこの価格!(しかも豪華執筆陣の
> 書き下ろし)と驚かされました。もうじき届く物語
> が楽しみです。

確かにお得な価格ですね。

> それこそ、岸田今日子さんに「玩具修理者」や「目を擦る女」
> を朗読していただけると醍醐味ある劇に仕上がるのではないかと。

いいですね。
因みに、作品の一部ですが、映画「玩具修理者」での美輪明宏さんの朗読は本
当にぞくりとしました。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: 感想。
From:小林泰三
Date:2006/04/10 21:58:43
>セラさん
> 初めまして。

初めまして。(^o^)

> 角川ホラー文庫の中で最も好きな作品が、貴方、小林さんの作品です。
> 貴方の作品を読むと、短いからでしょうか?
> 何故か固定されていないオチのようなものを自分で考えます。
> しかし、その殆どが「分かっていたけど、分かっているけど・・・。」"ヤ
> ラレタ!!"
> 読みきった瞬間にそう言う気分にさせられます。
>
> 貴方の作品にはどれも、似た香りが漂っています。
> といっても幾つか種類はあるんですが、その香りを感じる度に私は、「多分
> きっと、こんな世界かな」と予測し、文は世界を構築していきます。
> その世界に入り込むのがどの小説よりも早く、それでいて、後を引かない。
> その感覚が、とても気に入っています。
>
> 私の知識では、まったくと言っていいほど、追いつけないような難しい言葉
> の羅列、それらも難なく何故か感じられる貴方の作品は、とても面白い。

拙作をとても読み込んでいただいているようで、作家冥利に尽きます。

> これからも、とても楽しみにしています。
> 支離滅裂な文章ですが、これが私が作品に対して思ったことですので、どう
> かお許しを。

率直な感想ありがとうございます。とても勇気付けられます。

> これからも頑張って下さい。
> それでは。

これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三
Date:2006/04/10 21:59:45
>夜と霧さん
> はじめまして。

初めまして。(^_^)

> 私は、「玩具修理者」以来の小林先生の大ファンです。
> 私は次のものが大好きなんです。
> @ロジカルな問答
> Aグロ
> Bラストのどんでん返し
> となれば、小林先生のファンになるしかないではないですか。

ありがとうございます。分析的に書いてくださる方は少ないので、とても参考
になります。

> 先生の作品はどれも素晴らしいのですが、中でも一番は、「酔歩する男」。
> ネタバレになるので言えませんが、まさにロジックの悪魔、脳髄グラグラの大傑作です。
> 今は「脳髄工場」を読んでいる最中です。

また感想お願いいたします。

> 先生、これからもどうかよろしくお願いしますね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:「影の国」につきまして
From:夜と霧
Date:2006/04/12 00:15:53
夜と霧でございます。
先生の返信がうれしくまた来てしまいました。
「脳髄工場」、読了しました。
今回の収録作「影の国」について少し書きます。
というのは、私もあの登場人物のような考えにとらわれた事があるからです。
”この世界は自分一人”、”観測されたから、それがある”等々。
それは「シュレティンガの猫」を知った時からです。
私見ですが、きっと宇宙は、人類が観測したからこそあるのだと思います。
宇宙の果てなどはなく、どんな素晴らしい望遠鏡ができようとも、見れたところまでが宇宙。その外は何もないと考えます。全然科学的ではないですが、そう思えて仕方ありません。
逆に”自分”という小宇宙。背中では何が起こっているのかわかりません。
鏡で見たものは、観測した事実。他人に見てもらったものは、その人の宇宙。
決して知ることのできない背中が怖いです。
なんか作品の感想とズレてしまいました。
すみません。

Subject:Re: 「影の国」につきまして
From:小林泰三
Date:2006/04/16 13:56:40
>夜と霧さん

> 今回の収録作「影の国」について少し書きます。
> というのは、私もあの登場人物のような考えにとらわれた事があるからです。
> ”この世界は自分一人”、”観測されたから、それがある”等々。
> それは「シュレティンガの猫」を知った時からです。
> 私見ですが、きっと宇宙は、人類が観測したからこそあるのだと思います。

この点に関して、物理学者たちは何十年も議論していますが、結論は出ていま
せん。ひょっとしたら、答えは永久に出ないのかもしれませんね。
因みに、アインシュタインは「シュレディンガーの猫」などのコペンハーゲン
解釈に反対で「神はサイコロを振らない」という名言を残しています。

因みに、「影の国」は3年前に「世にも奇妙な物語」でドラマ化されたことがあ
ります。
主人公は桜井幸子さん、患者は大杉漣さんで、傑作だったのですが、、残念な
ことに DVD になっていないので、今は簡単に見ることができないのです。(;o;)

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:少女、あるいは自動人形
From:アレット
Date:2006/04/18 23:49:39
今日、クリスピー物語が届きました!!
時間が無かったので泰三先生の作品だけ読みましたが、
それだけで、もう、満足してしまいました。(^_^)
息を呑む展開と、裏をかいた結末に今回もやられてしまいました。
ありがとうございました。
では、また。

Subject:殻を割る
From:サるっパ
Date:2006/04/21 21:36:11
「クリスピー物語」全編読み終わりました。
「少女、あるいは自動人形」は、他の収録
作品に比べると異色度が高い作品でした。
何度か読み返しまして、得た結論でよいのか
と今だ首を傾げています。
本作品の異色度についてはネスレ文庫の裏に
ある作品説明にも表れていると思います(笑)。

Subject:書き下ろし
From:ナースはしこ
Date:2006/04/22 18:08:08
クリスピー物語、入手しました〜。
文庫本付きのお菓子というより、お菓子付の文庫本ですね。
読んでから食べるか、食べてから読むか!とパッケージにあり、
最初は食べながら読もうと思ったのですが、ウエファスがポロポロするので
食べてから読みました。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fkazeickw.ld.infoseek.co.jp%2F http://kazeickw.ld.infoseek.co.jp/

Subject:『クリスピー物語』
From:小林泰三
Date:2006/04/23 23:14:49
>アレットさん
>サるっパさん
>ナースはしこさん

感想ありがとうございます。
今回はいままでにない特殊な媒体だったので、どうなることかと思っていたの
ですが、どうやら好評のようですね。
こういうおまけは定着するのでしょうか?

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:見当違いかもしれませんが
From:大島悟
Date:2006/04/24 16:59:57
先日、神戸の飲み会でご一緒させて頂いた谷口です(大島悟はベタなペンネームで、また変更するかもしれません(苦笑))。恥ずかしながら小林先生のことをこれまで存じ上げなくて、ネットで検索しているうちにここにたどりつきましたので、取りあえず足跡を残そうと
書き込みました。おもしろそうな著書がたくさんありますね。今後徐々に読ませて頂きます。

Subject:Re: 見当違いかもしれませんが
From:小林泰三
Date:2006/04/24 22:45:10
>大島悟さん
> 先日、神戸の飲み会でご一緒させて頂いた谷口です(大島悟はベタなペンネ
> ームで、また変更するかもしれません(苦笑))。恥ずかしながら小林先生
> のことをこれまで存じ上げなくて、ネットで検索しているうちにここにたど
> りつきましたので、取りあえず足跡を残そうと書き込みました。おもしろそ
> うな著書がたくさんありますね。今後徐々に読ませて頂きます。

ようこそいらっしゃいました。
先日はあまり参考になりそうなことが言えず、申し訳ありません。
もし拙作が気に入っていただけたら、感想など書いてください。

これからもよろしくお願いいたします。

bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.


もどる
トップ