小林掲示板ログ 平成21年3月〜4月分

もどる
トップ

Subject:<数学セミナー>4月号
From:小林泰三
Date:2009/03/11 23:39:27
<数学セミナー>4月号(3月12日発売)にQR-JAM技術を使った短編小説
「探偵助手」が掲載されます。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fexec%2Fobidos%2FASIN%2FB001TPTCZE%2Fhukakuteiryoo-22 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001TPTCZE/hukakuteiryoo-22

イラストをそのままQRコードとして携帯で読み込むことができ、本文とは別
の視点で書かれた文章を読むことができます。

QR-JAMは、MLのメンバーである、まなう゛さんが産業技術総合研究所
で開発された技術です。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


Subject:こんにちは
From:遁吉
Date:2009/04/07 16:24:24
こんにちは
遁吉です
前にもここで書き込みしたのですが
覚えてないと思います
私事ですがあれから…いろいろなことがあつて
しばらく離れていました
僕は小林泰三さんの小説はもちろん、ラブクラフトの小説、SF小説など色々読んでいたのですが
ある日突然
僕は…変わり…

なんとなくわかつたことが
小林さんの
小説つて…実は…
「予め予定された明日」とか
「脳髄工場」など…あの話は…

僕も少し似たような体験をしているのかななんて思つているのですが…
「影の国」
「吸血狩り」のあの本の意味が
僕はわかりました

すみません
抽象的にしか言えないのですが…

ここまでにしときます。応援してます。

PS、奥さんに渡した手紙はどんな内容だつたんですか?

Subject:Re: こんにちは
From:小林泰三
Date:2009/04/07 21:16:40
>遁吉さん
> こんにちは
> 遁吉です
> 前にもここで書き込みしたのですが
> 覚えてないと思います

お久しぶりです。もう5年ほど前になるのですね。

> 私事ですがあれから…いろいろなことがあつて
> しばらく離れていました
> 僕は小林泰三さんの小説はもちろん、ラブクラフトの小説、SF小説など色々読んでいたのですが
> ある日突然
> 僕は…変わり…
> …
> なんとなくわかつたことが
> 小林さんの
> 小説つて…実は…
> 「予め予定された明日」とか
> 「脳髄工場」など…あの話は…
>
> 僕も少し似たような体験をしているのかななんて思つているのですが…
> 「影の国」
> 「吸血狩り」のあの本の意味が
> 僕はわかりました
>
> すみません
> 抽象的にしか言えないのですが…

僕の小説から何かが伝わったようですね。
作者としては嬉しく思います。もちろん小説から得るものは各人、異なるのでしょうが。

> ここまでにしときます。応援してます。
>
> PS、奥さんに渡した手紙はどんな内容だつたんですか?

これは何の手紙のことでしょうか?

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:こんばんは
From:遁吉
Date:2009/04/07 22:47:04
覚えてくれていたのですか…五年もたちましたか…僕の方が忘れていました…ありがとうございます…
僕は…小林さんのファンでしたよ…凄く熱心なファンでした。
そうですね、小林さんの小説から…たしかに…何かわかつた気がします

小林さんの小説は
実体験か何かだと思つたのですが
僕の気のせいだつたかもしれませんね…何かわかると思つたのですが…

昔何かの本か雑誌かで…奥さんにあげたラブレターの話が載ていた気がして…それでふと…

そういえば
テコナのファンでした
テコナの話好きなので…またテコナの話が見たい気がします…
テコナは一度限りのキャラなんですか?

Subject:お久しぶりです
From:liberty
Date:2009/04/14 01:00:35
自分はmixiを始めたばかりなのですが泰三さんの足跡があって驚きました(日記に臓物大展覧会のことをちょっとだけ書いたのを呼んで下さったのでしょうか?)

これからも頑張って下さい。

Subject:Re: お久しぶりです
From:小林泰三
Date:2009/04/14 22:15:36
>libertyさん
> 自分はmixiを始めたばかりなのですが泰三さんの足跡があって驚きました(日記に臓物大展覧会のことをちょっとだけ書いたのを呼んで下さったのでしょうか?)

すみません。お騒がせいたしました。(^^;)

> これからも頑張って下さい。

ありがとうございます!

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:臓物大展覧会
From:サンドロス
Date:2009/04/16 21:10:40
初めまして、小林先生。
気まぐれで本屋に行ったら売ってたので買ってきました。
相変わらずのクオリティを誇る哲学的・科学的なトークに時間を忘れて没頭させて頂きました。
今後生み出されるであろう作品も楽しみに待ってます。

追伸:とりあえずネフィリムの投げっぱなしな伏線の回収と密室・殺人の続編を希望しますw
あと先生の作品はドンデン返しが多すぎるので逆にオチがわかるようになって来てしまいました。
ホロのお話なんかは直ぐにオチがわかってしまいました('A`)

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fsandros http://ameblo.jp/sandros

Subject:Re: 臓物大展覧会
From:小林泰三
Date:2009/04/16 22:15:23
>サンドロスさん
> 初めまして、小林先生。

初めまして!

> 気まぐれで本屋に行ったら売ってたので買ってきました。
> 相変わらずのクオリティを誇る哲学的・科学的なトークに時間を忘れて没頭させて頂きました。
> 今後生み出されるであろう作品も楽しみに待ってます。

ありがとうございます。

> 追伸:とりあえずネフィリムの投げっぱなしな伏線の回収と密室・殺人の続編を希望しますw

これはとりかかりたいのですが、どうも時間がなくて困っています。

> あと先生の作品はドンデン返しが多すぎるので逆にオチがわかるようになって来てしまいました。
> ホロのお話なんかは直ぐにオチがわかってしまいました('A`)

これは難しい問題ですね。これ以上捻ると新しい読者はついてこられなくなる
可能性がありますし。(^^;)

今後ともよろしくお願いいたします。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:楽しみな展覧会
From:松吉
Date:2009/04/19 23:23:13
ネフィリム以来、お久しぶりに書き込みさせて頂きます。
前に読んだ小説がモザイクで、その前が天体の回転。
どちらも本屋さんで見つけるのが、一苦労でした。
でもそれが、またいい。
して私は近年、小林さんの作品しか本を読んでない事に気ずきました。。
今日、ここ見て新刊が出ていたの知らず、不覚でした。
明日、買いに行って来ます。
また読める事に感謝。

Subject:わたしも気になる「手紙」
From:Yamamoto
Date:2009/04/20 19:30:16
> http://6115.teacup.com/kayano/bbs/580 No.580[元記事へ]

小林泰三さんへのお返事です。

> > PS、奥さんに渡した手紙はどんな内容だつたんですか?
> これは何の手紙のことでしょうか?
http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.alumni.ee.es.osaka-u.ac.jp%2FKaiho%2Fno16%2Ftxt%2F16-7.html http://www.alumni.ee.es.osaka-u.ac.jp/Kaiho/no16/txt/16-7.html


「あんたの書いたラブレターの威力や。あの筆力は並の もんやなかったで。あれのせいで、ついふらふらと結婚 してしもたんや。」

の「ラブレター」のことではなかろうかと思います。
ふらふらと結婚させる威力のある手紙・・・

ではでは。

Subject:『臓物代展覧会』と手紙
From:小林泰三
Date:2009/04/20 21:49:34
>松吉さん
> 今日、ここ見て新刊が出ていたの知らず、不覚でした。
> 明日、買いに行って来ます。
> また読める事に感謝。

ありがとうございます。今回はすぐに見つかるといいのですが。

>Yamamotoさん
> 「あんたの書いたラブレターの威力や。あの筆力は並の もんやなかったで。あれのせいで、ついふらふらと結婚 してしもたんや。」
>
> の「ラブレター」のことではなかろうかと思います。
> ふらふらと結婚させる威力のある手紙・・・

当時はまだ携帯メールなどなく、せっせと手紙を書いていたので、総数は何十
通にもなっているので、どれが決定的だったのかは今となっては不明なのです。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:そこで、ネフィリム データブックです
From:Yamamoto
Date:2009/04/21 15:47:12
> http://6115.teacup.com/kayano/bbs/585 No.585[元記事へ]

小林泰三さんへのお返事です。

毎度、くだらない戯言など・・・・

> > 追伸:とりあえずネフィリムの投げっぱなしな伏線の回収と密室・殺人の続編を希望しますw
>
> これはとりかかりたいのですが、どうも時間がなくて困っています。
古来より、続編が待たれている作品には「データブック」のような解説本がでる
ことになっているのではないか?とか思ったり。

ネフィリム年表、ネフィリム地図、そしてっ、初回限定 外骨格フィギア(海洋堂製)付。
予約特典として、ヨブ(内骨格装着可能)フル可動フィギア。

とか・・・

仮面ライダー ネフィリム(仮題)として映像化も。
(宇宙刑事 ネフィリムでも可)


> > あと先生の作品はドンデン返しが多すぎるので逆にオチがわかるようになって来てしまいました。
> > ホロのお話なんかは直ぐにオチがわかってしまいました('A`)
> これは難しい問題ですね。これ以上捻ると新しい読者はついてこられなくなる
> 可能性がありますし。(^^;)
さらにメタ化して、小林さんの「創作ノート」を邪推する楽しみもあったりする。
読者の視点では、小説という形の射影を見ているにすぎないので・・・

ではでは。

Subject:Re: そこで、ネフィリム データブックです
From:小林泰三
Date:2009/04/21 20:53:07
>Yamamotoさん
> 古来より、続編が待たれている作品には「データブック」のような解説本がでる
> ことになっているのではないか?とか思ったり。
>
> ネフィリム年表、ネフィリム地図、そしてっ、初回限定 外骨格フィギア(海洋堂製)付。
> 予約特典として、ヨブ(内骨格装着可能)フル可動フィギア。
>
> とか・・・
>
> 仮面ライダー ネフィリム(仮題)として映像化も。
> (宇宙刑事 ネフィリムでも可)

これは素晴らしい! でも、誰かが書いてくれるのでしょうか?
自分で書かなくてはならないとしたら、結局同じことになるような気が……

> さらにメタ化して、小林さんの「創作ノート」を邪推する楽しみもあったりする。
> 読者の視点では、小説という形の射影を見ているにすぎないので・・・

創作ノートとかはあまり作らない(例外はSF設定の計算式)ので、逆に作って
貰えると嬉しいです。(^^;)

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:ネフィリム読本と創作ノート
From:Yamamoto
Date:2009/04/22 06:31:44
> http://6115.teacup.com/kayano/bbs/590 No.590[元記事へ]

小林泰三さんへのお返事です。

> >Yamamotoさん
> > 古来より、続編が待たれている作品には「データブック」のような解説本がでる
> > ことになっているのではないか?とか思ったり。
> >
> > ネフィリム年表、ネフィリム地図、そしてっ、初回限定 外骨格フィギア(海洋堂製)付。
> > 予約特典として、ヨブ(内骨格装着可能)フル可動フィギア。
> >
> > とか・・・
> >
> > 仮面ライダー ネフィリム(仮題)として映像化も。
> > (宇宙刑事 ネフィリムでも可)
>
> これは素晴らしい! でも、誰かが書いてくれるのでしょうか?
> 自分で書かなくてはならないとしたら、結局同じことになるような気が……

ARIEL読本とか
http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2FARIEL- http://www.amazon.co.jp/ARIEL-エリアル-読本-朝日ソノラマ編集部/dp/4257037016
編集部のひとが書いたのではないか?とか
もっとも、もとネタの提供と監修は必要でしょう。

> > さらにメタ化して、小林さんの「創作ノート」を邪推する楽しみもあったりする。
> > 読者の視点では、小説という形の射影を見ているにすぎないので・・・
>
> 創作ノートとかはあまり作らない(例外はSF設定の計算式)ので、逆に作って
> 貰えると嬉しいです。(^^;)
でも、丸鋸を筆頭にした複雑怪奇なキャラクター設定は、ネタをまとめているんでしょう?
そうしないと、某連作短編のように作品世界を横断したものだと大変ではないですか?
まあ、全部「パラレルワールド」ということにしてしまえば可ですが。
でも、ネフィリムのように確信犯的に謎を埋め込んだ作品には裏設定をまとめたものが必須ではないんですか?

Subject:Re: ネフィリム読本と創作ノート
From:小林泰三
Date:2009/04/22 22:37:51
>Yamamotoさん

> 編集部のひとが書いたのではないか?とか
> もっとも、もとネタの提供と監修は必要でしょう。

出版社が「売れる」と判断してくれれば、そういう企画も通るのですが、僕の
場合はシリーズものと言えるものもないので、難しいような。(^^;)

> でも、丸鋸を筆頭にした複雑怪奇なキャラクター設定は、ネタをまとめているんでしょう?
> そうしないと、某連作短編のように作品世界を横断したものだと大変ではないですか?
> まあ、全部「パラレルワールド」ということにしてしまえば可ですが。
> でも、ネフィリムのように確信犯的に謎を埋め込んだ作品には裏設定をまとめたものが必須ではないんですか?

それがあんまりまとめてないのです。だから、僕自身書いていて、終盤で突然
伏線の意味がわかったりします。これはつまり、無意識が考えてくれていると
いうことでしょうか。それとも、単に元々考えていたことを忘れただけ?

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:発明者としての小林さん
From:Yamamoto
Date:2009/04/27 13:21:18
ふと、小林さん自身も発明者ではないか?と思いググってみると・・・
http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.j-tokkyo.com%2Fsearch%2F http://www.j-tokkyo.com/search/
いろんなものを発明してますね・・・
・・・同姓同名の人もいるでしょうけど。

yasumi kobayashi sanyo New Materials Research Center
でググると超理系な検索結果になりますね。
あまり、blogとかではあまり触れていないのは難しいから?
(中身を見れないけど、難解そうですね。)
応用物理学会誌にも、小林さんの名前が・・・
・・・題名だけで挫折。

と、ここまで書いて気づいたのですが、研究者の中には、
強烈な個性をもっている方が多いと聞きますが、
丸鋸みたいな方もいたりするのでしょうか?
・・・と答えにくい質問をしたりして。

結構、研究者出身の作家が活躍してますね。高嶋哲夫さんとか。
医者出身の作家も多い。

「レビューに耐える論文を書く技術」が作家としてのスキルに繋がっているんでしょうね。

卒論なしで卒業したヘタレ理系のYamamotoでした。
ではでは。

Subject:Re: 発明者としての小林さん
From:小林泰三
Date:2009/04/28 22:59:19
>Yamamotoさん
> ふと、小林さん自身も発明者ではないか?と思いググってみると・・・
> http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.j-tokkyo.com%2Fsearch%2F http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.j-tokkyo.com%2Fsearch%2F http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.j-tokkyo.com%2Fsearch%2F http://www.j-tokkyo.com/search/
> いろんなものを発明してますね・・・
> ・・・同姓同名の人もいるでしょうけど。

検索結果の35件中28件が僕の発明です。

> yasumi kobayashi sanyo New Materials Research Center
> でググると超理系な検索結果になりますね。
> あまり、blogとかではあまり触れていないのは難しいから?

どうなんでしょうね。

> と、ここまで書いて気づいたのですが、研究者の中には、
> 強烈な個性をもっている方が多いと聞きますが、
> 丸鋸みたいな方もいたりするのでしょうか?
> ・・・と答えにくい質問をしたりして。

個性の強い方は多いですね。丸鋸先生程の人は珍しいですが。

> 結構、研究者出身の作家が活躍してますね。高嶋哲夫さんとか。
> 医者出身の作家も多い。

たぶん世の中の理系の割合と作家の中の理系の割合は同じぐらいなのではない
でしょうか?

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/
.


もどる
トップ