小林掲示板ログ 平成22年5月〜6月分

もどる
トップ

Subject:はじめまして
From:LEGO ぶろっく
Date:2010/05/18 01:59:44
こんばんわ(●^o^●)
小林先生の大ファンです!
この掲示板を見つけて「先生が直々にお返事をくださるの!?」
と今興奮気味にこれを打っています。

しかし先生の小説に出てくる用語にはなにやら
奇怪な(笑)ものが含まれていて、馬鹿な私はその正体を探るべく、
ちまちまとネットで調べるのが最近の趣味です(^−^)ワハハ
今は先生のお気に入り?とみえるようぐそうとほうとふについて研究中です☆
わたしにとって先生の小説は新しい知識との出会いの場でもあります。
先生の頭の良さといったらほんと尊敬してます神です崇めてます!

とゆーわけで今日は先生への愛を伝えに来ました。うざくてすみません。
そしてまた来させて下さいm(__)m


Subject:Re: はじめまして
From:小林泰三
Date:2010/05/18 21:10:00
>LEGO ぶろっくさん

初めまして(^o^)

> こんばんわ(●^o^●)
> 小林先生の大ファンです!
> この掲示板を見つけて「先生が直々にお返事をくださるの!?」
> と今興奮気味にこれを打っています。

僕でよければいつでもお返事いたします!

> しかし先生の小説に出てくる用語にはなにやら
> 奇怪な(笑)ものが含まれていて、馬鹿な私はその正体を探るべく、
> ちまちまとネットで調べるのが最近の趣味です(^−^)ワハハ
> 今は先生のお気に入り?とみえるようぐそうとほうとふについて研究中です☆
> わたしにとって先生の小説は新しい知識との出会いの場でもあります。
> 先生の頭の良さといったらほんと尊敬してます神です崇めてます!

いえいえ。たいしたことはありません。作家さんのほとんどはぼくなんかより
ずっと頭がいいのですよ。

> とゆーわけで今日は先生への愛を伝えに来ました。うざくてすみません。
> そしてまた来させて下さいm(__)m

書き込みありかどうこざいます。

これからもよろしくお願いいたします。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:2010/06/20 京都オフ
From:カヤノフ
Date:2010/05/22 10:56:06
小林さんに都合を合わせていただけたので、京都オフを開催したいと思います。

日時: 2010/06/20(日) 18時〜
場所: 京都駅周辺

参加人数の把握をしたいので、5/30(日)までに参加表明をお願いします。
#お店の予約後、追加募集も行う予定です。
参加できるかわからない人も、とりあえず参加としていただけるとありがたいです。

参加希望の方は、mixiで表明をお願いします。
http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fmixi.jp%2Fview_event.pl%3Fid%3D53278602%26comment_count%3D0%26comm_id%3D24684 http://mixi.jp/view_event.pl?id=53278602&comment_count=0&comm_id=24684

なお、私が当日中に東京に帰る必要があるため、今回は二次会の募集はいたしません。

Subject:少しの疑問
From:Edyyam
Date:2010/05/31 21:58:13
初めましてファンの一人です。
ついさっき「海を見る人」を読み、難解な小林節を楽しんできました。

ΑΩが映画化されたらという話を下で見かけました、出来るんだろうか。。。w
映像化不可の部分がもし削られて映画化されても僕は嫌ですw勿体無い。
僕としては是非「ネフィリム」を映画化して欲しいですね!
もの凄く安易は考えですが、一番ハリウッドが飛びつく内容だと思うんですけど。。。

ところで、「海を見る人」の最後の「門」という作品ですが、少し気になったというか、量子テレポートの説明の部分で、かるいデジャブを覚えました。

■どこでもドア - 哲学的な何か、あと科学とか
http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.h5.dion.ne.jp%2F%7Eterun%2Fdoc%2Fsikou2.html http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/sikou2.html

上のサイトにある話と似てますねw
上のはクオリアを意識してテレポートの部分を掘り下げた思考実験になってますが、設定が設定なので、すこし不思議に思いました。偶然なのかなと。

そうではなくて、もしかして、古典的なSFネタなのでしょうか。

ナンセンスな疑問でしたら、申し訳ないです。。。

Subject:Re: 少しの疑問
From:小林泰三
Date:2010/06/01 21:15:52
>Edyyamさん

初めまして!

> ΑΩが映画化されたらという話を下で見かけました、出来るんだろうか。。。w
> 映像化不可の部分がもし削られて映画化されても僕は嫌ですw勿体無い。

特撮は物凄い勢いで進化していますから、可能になるかもしれませんね。
ほんの少し前まで、「スパイダーマン」も映像化不可能と言われていましたし。

> 僕としては是非「ネフィリム」を映画化して欲しいですね!
> もの凄く安易は考えですが、一番ハリウッドが飛びつく内容だと思うんですけど。。。

実は、あの作品はハリウッド映画をイメージして書きました。
わかっていただいて嬉しいです。

> ところで、「海を見る人」の最後の「門」という作品ですが、少し気になったというか、量子テレポートの説明の部分で、かるいデジャブを覚えました。
>
> ■どこでもドア - 哲学的な何か、あと科学とか
> http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.h5.dion.ne.jp%2F%7Eterun%2Fdoc%2Fsikou2.html http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.h5.dion.ne.jp%2F%7Eterun%2Fdoc%2Fsikou2.html http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.h5.dion.ne.jp%2F%7Eterun%2Fdoc%2Fsikou2.html http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/sikou2.html
>
> 上のサイトにある話と似てますねw
> 上のはクオリアを意識してテレポートの部分を掘り下げた思考実験になってますが、設定が設定なので、すこし不思議に思いました。偶然なのかなと。
>
> そうではなくて、もしかして、古典的なSFネタなのでしょうか。
>
> ナンセンスな疑問でしたら、申し訳ないです。。。

このネタは古くからSFで取り上げられているネタで、「スター・トレック」
でも使われています。

「二重人間スポック」はこれをテーマにした長編作品です。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.geocities.co.jp%2FHollywood%2F6734%2Fstnovel.htm http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6734/stnovel.htm

今後ともよろしくお願いいたします。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

Subject:おぞましい感覚
From:マスケリナイト
Date:2010/06/05 22:19:27
遅くなりましたが、「セピア色の凄惨」読みました。
今回も独特のおぞましい描写が私の脳を刺激する感覚がたまりませんでした。
特に「待つ人」の公園のシーンの描写はすさまじいものがありました。
ただただ、見事でした。
また内容についても、「まさかあれとつながるのか!?」と非常に驚きました。
あまり詳しく書くとネタバレになりそうなのでこの辺にしておきます。

以前の掲示板の返信をみると、今年“新刊が出る”とのことなので楽しみに待っております。

Subject:Re: おぞましい感覚
From:小林泰三
Date:2010/06/05 23:14:01
>マスケリナイトさん
> 遅くなりましたが、「セピア色の凄惨」読みました。
> 今回も独特のおぞましい描写が私の脳を刺激する感覚がたまりませんでした。
> 特に「待つ人」の公園のシーンの描写はすさまじいものがありました。
> ただただ、見事でした。
> また内容についても、「まさかあれとつながるのか!?」と非常に驚きました。
> あまり詳しく書くとネタバレになりそうなのでこの辺にしておきます。

感想ありがとうございます。
今回の作品の中では、「待つ人」が一番正統派ホラーっぽかったのではないか
と思います。

> 以前の掲示板の返信をみると、今年“新刊が出る”とのことなので楽しみに待っております。

とりあえず書き上げています。これから修正などが入るかもしれませんが、詳
細がわかり次第お知らせします。

http://6115.teacup.com/kayano/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fweb.kyoto-inet.or.jp%2Fpeople%2Fkbys_ysm%2F http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


もどる
トップ