小林掲示板ログ 平成23年5月〜6月分

もどる
トップ

やっとギニー・ピッグス読みました! 投稿者:ぱる 投稿日:2011年 5月10日(火)20時34分13秒 返信・引用
 前作が様々な謎や疑問を残したままでのENDだったので、強〜く次巻を願っていたのですが、刊行されてとても嬉しいです。
 今回ももちろん以下続刊ですよね?

 今巻で某登場人物がいきなり変貌してびっくりでしたが、すでに前巻から伏線は張ってあったのですね。
 おぉあの名前はそういう意味だったのか!といったカンジです。

 今は人造救世主の続刊が非常に待ち遠しいですが、一段落がつきましたらネフィリムの続きもぜひお願いします!

 話は変わりますが、私の信奉するアーティストが大震災復興のためにチャリティオークションを行っております。
 よろしければ、ぜひ出品してください。
 もし小林先生の作品が出品されたら、私は4,999円まで入札します。
 なぜ4,999円かというと、ヤフオクの会員でないためこれが入札限度額だからです(でもアツくなって会員になってしまうかも。笑)

 URLを載せますので、ご興味がわきましたらぜひ覗いてみてください。
 http://standupjapan.org/


世にも 投稿者:りん 投稿日:2011年 5月16日(月)09時04分46秒 返信・引用
こんにちは。
「世にも奇妙な物語」にて、ドッキリチューブが映像化されると知って、
すっごく楽しみにしていましたが、デッキの不具合で録画されておらず、
まだ見てません(泣)友人に録画してないか交渉中です。
小林先生はごらんになられたのでしょうか?
大事な番組は、もうひとつのハードでも録画しとくべきでした・・・
なんとしてでもみます!


「ギニー・ピッグス」と「ドッキリチューブ」 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 5月16日(月)21時09分27秒 返信・引用
>ぱるさん

「人造救世主」の続刊はもちろん出ます。ご期待ください。

「ネフィリム」の続きも是非出したいと思います。

> チャリティ

このサイトは音楽関係の方がメインのようですね。文芸関係のチャリティサイ
トもあります。

復興書店
http://fukkoshoten.com/

わたしはこちらの方に参加しております。

>りんさん

時間的な制限があるので、原作とはいくつか違う点もありました。そこが新鮮
な驚きでした。
冒頭とラストはほぼ原作通りですが、落下シーンが凄く凝っています。

再放送もあるかもしれませんね。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


意外と 投稿者:りん 投稿日:2011年 5月18日(水)16時57分42秒 返信・引用
再放送を心待ちにするしかなさそうです。
友人に聞いてみたのですが、今のところ誰も録画してないみたいです。
意外と見てないんだなって驚きがありました。
私の友人は、ママ友が多いから、もう「世にも」は卒業してるのかも・・・
そういえば、私はママ友と小林先生の作品のこと話したことない・・・。
というか小説の話をしたことがほとんどない!
なんか悲しい(笑)
これからもよろしくお願いします。
落下シーンが見てみたいです。


Re: 意外と 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 5月19日(木)22時43分47秒 返信・引用
> No.702[元記事へ]

>りんさん

午後9時からの放送なので、小さなお子さんがいると見づらいかもしれませんね。

いつものパターンだと、再放送は1年以内に1〜2回やるみたいです。

うまく見られるといいですが。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


天獄と地国 投稿者:りん 投稿日:2011年 5月24日(火)16時45分42秒 返信・引用
今、読ませていただいております。
小林先生の描写は、とてもリアルで好きです。
真空の中に人が出たときの様子など、とっても好きです。
先生の描写はリアルで少し残酷なんですが(すみません)
いやな読後感はありません!
毎回思うのですが、なんでなのかな?
今度、自分の心の動きをサーチします。


Re: 天獄と地国 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 5月24日(火)22時03分12秒 返信・引用
> No.704[元記事へ]

>りんさん

感想ありがとうございます。
読後感がいいといっていただき、とても嬉しく思います。
全部、読まれたらまた感想お願いいたします。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


Re: 「ギニー・ピッグス」と「ドッキリチューブ」 投稿者:ぱる 投稿日:2011年 5月25日(水)20時18分45秒 返信・引用
> No.701[元記事へ]

>小林泰三先生

 お返事ありがとうございます。

 早速3冊購入させていただきました(*^_^*)
 実家においてきてしまい久々に読む本ばかりなので、届くのが楽しみです。

> 復興書店
> http://fukkoshoten.com/
>
> わたしはこちらの方に参加しております。


Re: 「ギニー・ピッグス」と「ドッキリチューブ」 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 5月25日(水)23時44分42秒 返信・引用
> No.706[元記事へ]

>ぱるさん

>  早速3冊購入させていただきました(*^_^*)
>  実家においてきてしまい久々に読む本ばかりなので、届くのが楽しみです。

ありがとうございます!
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


天獄と地国 投稿者:KEI 投稿日:2011年 5月28日(土)18時00分47秒 返信・引用
拝読しました
出だし、この宇宙の物理法則や、ともかくも人類が生存してるらしい世界の構造が全く理解不可能で、最初の章を何回か読み直した後、あきらめて先を読み続けてみたら、次々とんでもないモンスターが生き残りをかけた戦闘を始めて、そうなったらとってもおもしろかったです、で、これまだ続くんでしょうか?

ということとは関係なく「ドッキリチューブ」のドラマ化おめでとうございます、残念ながら見てないですが
http://jikenkisya.blog.ocn.ne.jp/keiatjiken/


Re: 天獄と地国 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 5月28日(土)22時44分9秒 返信・引用
> No.708[元記事へ]

>KEIさん

感想ありがとうございます。

> で、これまだ続くんでしょうか?

できれば、続けたいと考えています。というか、彼らの冒険は始まったばかりです。
「始まりの始まり」程度です。

> ということとは関係なく「ドッキリチューブ」のドラマ化おめでとうございます、残念ながら見てないですが

ありがとうございます。再放送があれば是非ご覧ください。


復興書店より本が届きました(>▽<) 投稿者:ぱる 投稿日:2011年 6月 3日(金)19時20分23秒 返信・引用
 開いてすぐのサインに感動しながら読んでいってびっくり!
 小林先生の名刺(郵便番号が3桁でちょっと古い?)が入っているではありませんか!

 3冊買ったうちの1冊のみに入っていたのですが、これは事故ですか?それともサプライズサービスですか?

 せっかくですので小林先生の作品専用しおりとして大切に使わせていただきます


Re: 復興書店より本が届きました(>▽<) 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 6月 3日(金)21時09分28秒 返信・引用
> No.710[元記事へ]

>ぱるさん

それは完全なミスです。(^^;)
3桁ということは平成10年以前のものですね。
すでにそこには住んでおりませんが、新しい住民の方がおられますので、決して急に訪
ねたりしないであげてください。(^o^)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


心温まる 投稿者:りん 投稿日:2011年 6月 4日(土)08時21分32秒 返信・引用
ぱるさんへ

復興書店からの本の到着、よかったですね。
しかもサインが!とても心が温まるプレゼントですね。
しかも小林先生の古い名刺まで。。。
ミスをしてしまうところに、人間味があってますます心が熱くなりました。
しおりとしてお使いになられるとのこと、なんだか本当にいい話を聞いた感じがします。ありがとうございました。

小林先生へ

私もここで小林先生やファンの方々のやさしさにふれながら、先生のファンで、本当によかったと思いました。

このやさしさや人間味が先生の作品からも感じられるから、読後感がいいのだと思いました。
今、『天獄と地国』をゆっくりと読んでます。とても幸せです。やる気や勇気がわきます。


Re: 復興書店より本が届きました(>▽<) 投稿者:ぱる 投稿日:2011年 6月 6日(月)20時21分33秒 返信・引用
> No.711[元記事へ]

小林泰三さんへのお返事です。

>小林泰三先生

 お返事ありがとうございます。

 現住人様の平穏な生活をお邪魔せぬよう、思いを馳せるだけでやめておきます(笑)

> それは完全なミスです。(^^;)
> 3桁ということは平成10年以前のものですね。
> すでにそこには住んでおりませんが、新しい住民の方がおられますので、決して急に訪
> ねたりしないであげてください。(^o^)


>りん様

 まったくそのとおりですね(^u^)
 小林先生の作品の、さわやかなスプラッタという特性が先生の人柄から滲みでているのであれば、とても素敵なことですね。


拝読いたしました! 投稿者:Yielder 投稿日:2011年 6月22日(水)21時54分8秒 返信・引用
はじめまして。

「AΩ」を拝読いたしました。
某「絆の超人」にはまっていたところに知人から薦められて眼を通してみたのですが……本当に面白い!止まらず一晩で読み進めてしまいました。今度書店を通じて是非購入させていただきます。

ホラーとSFの混ざり合った独特な世界観と、「巨大な人型と巨大な生物との闘争」を見事に表現なされる手腕には惚れ惚れ致しました。
いつか、生体内核分裂で活動する七頭十角の獣も読んでみたいな、と思います。

素晴らしい作品をありがとうございます。


Re: 拝読いたしました! 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 6月23日(木)00時00分3秒 返信・引用
> No.714[元記事へ]

>Yielderさん

初めまして!

感想ありがとうございます。

「巨大な人型と巨大な生物との闘争」というのとは少し違いますが、「天獄と地国」(ハ
ヤカワ文庫)にも、「巨大な人型と巨大な怪物との闘争」が出てきます。

もしよかったら、こちらも手にとっていただけたら幸いです。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


映像で・・・ 投稿者:りん 投稿日:2011年 6月30日(木)15時46分34秒 返信・引用
暑くなってまいりました。
やっと、『天獄と地国』を読み終えました。
いろんな驚きと迫力をありがとうございます。
ザビタンが一番驚きでした!

最後は何だか想像してみたんですが・・・ちょっと理解が追いつきませんでした。
すみません・・・

世界の映像化をしたら一発で理解できるんでしょうが・・・。
しかもバーチャルリアリティーで体験できたらもっと理解が進むかと思いました。
しかし、それを活字だけで伝えようとされる先生に驚きです!

またじっくり読み返してみます。
ありがとうございました。


Re: 映像で・・・ 投稿者:小林泰三 投稿日:2011年 6月30日(木)20時44分5秒 返信・引用
> No.716[元記事へ]

>りんさん

感想ありがとうございます。

そうですね。映像化できればわかりやすいかもしれません。

あの世界は両端が割れた卵の殻のような形をしています。
本来は完全な球体になるはずが途中で壊れてしまったのです。
その理由はまたいつか書きたいと思っています。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/


もどる
トップ