スワヒリ語の口承文芸

スワヒリ語の口承文芸 (1~10)

1Sungura na Zabibu 

Hapo kale palitokea sungura. Aliziona zabibu zinaning’inina kwenye mti wake. Zabibu zile aliziona sungura ni mbivu na akazitamani sana. Akajaribu kuzichupia mara ya kwanza asizipate. Akajaribu mara ya pili asizipate. Hivyo hivyo akaendelea na kuzirukia bila ya kuzipata.

Wakati huo alisema sungura, ‘Zabibu hizi ni mbichi, mbovu wala sizitaki tena.’ Akaondoka akenda zake.

 

【試訳】

(1)ウサギとブドウ

その昔、ある処に一羽のウサギがおった。ウサギは、木にブドウがたわわに揺れているのを見つけた。そのブドウがすっかり熟れているのを知って、ぜひ食ってみたいと思った。そこで、それに向かって一度ジャンプしたが、届かなかった。もう一度、それに向かってジャンプしたが、やはり届かなかった。そんな具合に、ウサギは何度もジャンプしてみたが、ブドウは取れなかった。

それで最後に、ウサギは呟いた。「あのブドウは、まだ熟していないし、腐っておる。あんなものは、欲しくも何ともないぞ」。ウサギは、その場を離れて、どこかへ行ってしまった。

 

語り手:Mahfuz Adam(男性)生年と生地:1937。ザンジバル・タウン

民族:父親はアラブ人、母親はハディム人

自らは「生粋のスワヒリ人」(Mswahili Hasa)を名乗る

採話:1983.9.30

場所:ザンジバル・タウン

伝承事情:ハディム人である祖母から聴いた

資料整理番号:ザンジバル7

  

2Sungura na Zabibu 

 Sungura anasikika sana kwa ujanja. Kwa hivyo siku moja sungura alikuwa na njaa sana. Akatoka kwenda kutembea. Huku anatafuta chakula. Kwa bahati akazikuta zabibu. Mbivu lakini ziko juu sana.

Akafanya jitihada kama alivyoweza kuzipata zabibu zile kwa vile alipokuwa na njaa. Lakini alishindwa kabisa. Mwisho alipoona ujanja wake wote hakufaa alianza kusema kwamba, ‘Ah, zabibu gani zile ? Mbichi na mkavu, si nzuri.’

Anakwenda zake. Anapita akisema, ‘Zile zabibu si nzuri.’ Kumbe, zimemshinda. Mwenye zabibu kaziweka juu sana vile ili asizipate sungura. Kwa hivyo siku ile ujanja wa sungura ulishindwa na binadamu kabisa.

 Ni mwisho.

 

 【試訳】

(2)ウサギとブドウ

 ウサギは、なかなか巧緻なことでよく知られておる。そんなわけじゃが、ある日、大変腹を空かしておった。それで外へ出かけて、食い物を探しおった。運よく、ブドウを見つけおった。すっかり熟れていたんじゃが、とても高い処にあったわい。

ウサギは、そのブドウを取ろうと全力を尽くしたんじゃ。それというのも、腹がとても減っておったからのお。しかし、どうしても、無理じゃった。とうとう、自分の知恵では、どうにも敵わないことを知ると、こう呟いた〈ええい、あのブドウは、何たることぞ。熟してもおらず、干からびてしまい、旨いはずがない〉。

ウサギはそのまま家路に着き、歩きながらこう言っておった「あのブドウは、旨くはないぞ」。いや実際には、ウサギはしてやられたってことよ。ブドウの持ち主は高い処に実を生らせて、ウサギには盗れないようにしていたわけ。その日ばかりは、ウサギの知恵は人間様に、まったく敵わなかったわけですな。

終わり。

 

語り手:Mahfuz Adam(男性)

生年と生地:1937。ザンジバル・タウン

民族:父親はアラブ人、母親はハディム人。

自らは「生粋のスワヒリ人」(Mswahili Hasa)を名乗る

採話:1983.9.30

場所:ザンジバル・タウン

伝承事情:ハディム人である祖母から聴いた

資料整理番号:ザンジバル23 

 

*スワヒリ昔話の主人公。知恵者であり、トリックスター(Mjanja)である。

*スワヒリ語のSunguraは、いわゆる「飼いウサギ」(rabbit)ではなく、「野ウサギ」(hare)のことである。

 

3Dau la Mhogo

Walikuweko panya na paka. Wakatoka dau la mhogo. Waliposonga, wakienda pwani kuvua. Walipovua, yule panya akauma mhogo. Alipouma mhogo, wakazama. Walipozama, wakienda zao juu. Walipokwenda zao juu, wakakaa.

Hadithi imekwisha.

 

【試訳】

(3)キャッサバで造ったダウ船

ネズミと猫がいました。二人は、キャッサバで造ったダウ船で出かけました。船を押し出し、海へ出て、魚釣りを始めました。魚釣りをしていると、ネズミがキャッサバを齧り始めました。ネズミが齧っていると、二人は水の中へ沈み始めました。沈み始めると、二人は陸地へ上がろうとしました。陸地へ上がると、二人は落ち着きました。

 お話は、終わりです。

 

語り手: Suleiman Juma(男性)

生年と生地:1969。チュアカ

採話:1983.10.2

場所:ザンジバル島チュアカ。野外の海辺

資料整理番号:ザンジバル島

4Iini la Nyani

Hapo zamani kuliondokea nyani na mamba. Na nyani sasa hiyo kawaida yake hukaa kwenye miti. Na mamba hukaa kwenye maji. Sasa pia nyani amekaa kwenye mti karibu na mto, mti wa mwembe. Akawa amekaa pale mara akaja mamba. Mamba akamwambia nyani, ‘Nyani, nikubebe twende kwetu.’ Nyani akamwambia ‘Nitakwenda vipi ?’ Akamjibu ‘Nitakubeba kwa maungo na kupeleka mpaka kwetu.’

Akakubali. Akamtukua mpaka kule katikati. Kumbe, yule mamba alikuwa na mtoto wake ni mgonjwa. Na yule aliambiwa na mganga dawa yake ni iini la yule nyani.

Akamwambia, ‘Sikilize, mimi mtoto wangu ni mgonjwa na nimeambiwa dawa yake ni iini lako.’ Sasa nyani akamwambia ‘Sawa. Basi, mimi iini langu silibebi. Iini langu pale juu ya mti. Sasa ukaniregeshe kule juu. Halafu nitakupa iini langu.’ ‘Haya.’

Yule mamba akaja naye mpaka kwenye karibu na mti mrefu na mti akapanda. Nyani akamwambia, ‘Ulikuwa unataka kuniua, lakini iini langu liko kwenye mti. Ahaa, nenda zako.’ Yule mamba akaona haya katika njia. Akaenda zake na mtoto wake naye akafa.

【試訳】

(4)猿の生肝

その昔、猿と鰐がいた。猿は木に住み、鰐は水の中に住むのが習わしだった。さて、その猿は川の傍近くの、マンゴーの木に住んでいた。そこに住んでいたところ、鰐がやって来た。鰐が猿に告げた「猿くん、私の家へ案内しよう」。猿が応えて言った「どうやって行くのかい」。鰐が応えた「私の身体に乗っけて、私の家まで運んでやるよ」。

 猿は承知した。鰐は、猿を背に乗せて、途中まで来た。いやはや、その鰐には子供がいたが、その子が病気で、医者から猿の生肝が特効薬だと聞かされていたのだった。

 鰐が猿に言った「いいかい、私の息子が病気なんじゃ。特効薬は、お前さんの生肝だと聞かされておる」。そこで、猿が応えた「よく分かった。しかし、いま肝は持っていないよ。肝は木の上に残してきたよ。あの木の処まで、引き返してくれないか。そうすりゃ、生胆をお前さんに上げるよ」。「よし、分かった」。

さて、鰐が猿を連れて、背の高い木の傍まで戻ってくると、猿は木に登って行った。それから、猿が鰐に声をかけた「お前さんは、私を殺すつもりだったんだろう。私の肝は、ちゃんと木の上にしまってあるのさ。さあ、とっととお帰り」。帰り道、鰐は後悔しきり。鰐は家へ引き返したが、子供は死んでしまった。

 

語り手:Khadija Ali Aboud(女性)

生年と生地:1964。ラム島

民族:バジュニ(Bajuni

採話:1996. 8. 28

場所:ラム島タウン、ランゴニ地区の語り手の住居

伝承事情:祖母(nyanya)あるいは隣人(jirani)から夕方、寝る前などに聴いた

資料整理番号:96-41

 

5Kisa Kilichomfanya Jongoo Asiwe na Macho �@

Hapo zamani za kale jongoo alikuwa na macho yake. Nyoka ndio alikuwa hana macho isipokuwa ana miguu. Na wote walikuwa marafiki.

Hata siku moja wakaalikwa harusi. Baada ya kualikwa harusi wakaamua kuwa wajitengeneze vizuri, waende kule harusini ili wapendeze. Katika kuifikiria kwao,Vipi tutajitengeneza ?Wakaamua wabadilishane, jongoo ampe macho nyoka na nyoka ampe miguu jongoo. Kwa hivyo akampa na yule akampa.

Baada ya nyoka kupewa macho wakenda zao mpaka harusini. Baada ya kuona kuwa macho ndio manufaa zaidi kuliko ile miguu.

Basi tokea siku hiyo akawa ile macho ya watu hakuyarejesha. Wala naye miguu yake hakutaka tena. Ndio chanzo cha kumfanya jongoo kuwa na miguu mingi. Haoni mpaka leo.

【試訳】

(5)ヤスデの眼がなくなった由来

 

ずっと昔のこと。ヤスデには眼がついていた。反対に、ヘビには足がついていたが、眼がついていなかった。二人とも友達どうしだった。

さて、ある日のこと、二人は結婚式に招かれた。結婚式に招かれたので、二人は皆の目を惹くように身づくろいをすることになった。「どんな身づくろいをしようか」と二人で思案した後、ヤスデはヘビに眼を、ヘビはヤスデに足を渡すことに決めた。こうして、おたがいが自分のものを相手に渡した。

ヘビが眼を貰った後、二人はそろって結婚式に出かけた。へびは、その眼でものを見てみると、眼の方が足よりもずっと役に立つことを知った。

こうして、その日以後、ヘビは借りた眼を返さなくなった。また自分の足を返して欲しいとも思わなくなった。これがすなわち、ヤスデにはたくさんの足があるかわりに、今日まで眼が見えなくなったはじまりである。

 

ザンジバル島東端チュアカ(Chwaka)から、さらに舟で入江を渡り、最東端のミチャンビ(Michamvi)へ。入り江を渡り切って、浜辺からココナッツ林を通り抜けて行くと目的地に着く。

 

6Kisa Kilichomfanya Jongoo Asiwe na Macho �A

Hapo zamani kuliondokea jongoo na nyoka. Na walikuwa ni marafiki sana. Mpaka siku hiyo ikawa jongoo na nyoka wamealikwa harusi. Sasa baada ya kualikwa harusi, nyoka alikuwa hana mato lakini ana miguu mingi. Jongoo alikuwa yeye mwenye mato, hana miguu yeye.

Sasa yule nyoka ni mzuri yeye kwa mato yake. Akamwambia jongoo, ‘Sasa nitakwenda vipi harusini ? Na mimi sina mato, niazime mato yako na nitakupa miguu yangu. Halafu nikirudi harusini utanirejesha miguu yangu na nitakurejesha mato yako.’

Akasema, ‘Sawa, kwa maana marafiki, siyo ?’ Akatoa yule mato akampa jongoo. Jongoo, basi, hakuwenda harusini, kwa maana yake atakuwa haoni. Nyoka akaenda zake harusini.

Jongoo akamsubiri, hamwoni. Sasa akaanza kumtafuta asimwone. Nyoka akimwona jongoo akakimbia kwa sababu akamwona kwa mato yake. Ndio sababu ya jongoo kuwa haoni na nyoka kupata yale mato.

 Hadithi yangu imeishia.

 

【試訳】

(6)ヤスデの眼がなくなった由来 �A

その昔、ヤスデとヘビがいた。二人はとても仲良しだった。ある日のこと、二人は結婚式に招かれた。結婚式に招かれたものの、ヘビには眼がなく、足がたくさんあるだけだった。ヤスデには眼があったが、足がなかった。

さて、ヘビは自分にも眼があれば、都合がよいと思った。そこで、ヤスデに言った「さあ、結婚式にどうやって行こうかしら。私には眼がないわ、あなたの眼を貸してくれたら、私の足をお貸しするわ。結婚式から帰ったら、あなたは私に足を返して、私はあなたの眼をお返えしするから」。

ヤスデが応えた「いいわよ。友達だもの。そうじゃない」。ヤスデは自分の眼を取って、その眼をヘビに渡した。この結果、ヤスデは結婚式には行かなかった。眼が見えなくなったからだった。ヘビだけが結婚式に出向いた。

ヤスデは、ヘビが帰ってくるのを待ったが、姿が見当たらない。ヘビを探そうとしたが、見つけることが出来なかった。ヘビはといえば、ヤスデを見つけると、その場から逃げ出した。借りた眼のお陰で、ヤスデの姿が見えたからだった。ヤスデの眼が見えなくなり、ヘビが眼を持つようになったのはこのためである。

私のお話は、お終い。

 

語り手:Khadija Ali Aboud(女性)

生年と生地:1964。ラム島

民族:バジュニ(Bajuni

採話:1996. 8. 28

場所:ラム島タウン、ランゴニ地区の語り手の住居

伝承事情:祖母(nyanya)あるいは隣人(jirani)から夕方、寝る前などに聴いた

資料整理番号:96-38

  

7Upungufu wa Chakula ama Kuchirwa ?

Hapo zamani kulitokea mama na baba. Mama na baba wakazaa mtoto wao mmoja. Sasa yule mama na baba walikuwa hawakusoma, hawajui kitu chochote. Sasa katika kule kukaa kwao yule mtoto hawamlishi sawasawa.

 Sasa yule mtoto akawa amefura tumbo. Alipofura tumbo yule mtoto, miguu ikaanza kuvimba pia, nayo na mikono na kila mahali akaanza hivo. Sasa wakasema, ‘Huyu mtoto wetu amechirwa, amechirwa.’

Sasa akatokea kama mgeni kutoka nchi za mbali, kutoka kama mjini hivi. Mgeni akija akauliza, ‘Huyu mtoto wenu ana nini ?’ Wakajibu, ‘Mtoto wetu huyu amechirwa na tuna miti shamba lakini bado hajatulii.’

Sasa yule mgeni alikuwa anajua ule ugonjwa. Sasa akawaambia, ‘Badala ya dawa ya kienyeji lazima mpeleke hospitali.’ Lakini wao ni wajinga, hawajui chochote.  

Wakabembelezwa mpaka wakakubali. Wakaenda naye mpaka hospitali.  Mtoto akaanza kutibiwa. Akapata chakula na kupewa mashindano na mtoto akatulia. Sasa yule mgeni akawaambia, ‘Ugonjwa huu siyo kuchirwa. Ugonjwa huu ni upungufu wa chakula katika mwili.’

Sasa wakafundishwa ile namna ya kuwalelea watoto.

 

【試訳】

(7)栄養失調か、それとも「チルワ」か 

その昔、夫婦がおった。そのうちに、子供が一人生まれた。ところで、その母親も父親も(学校で)学んだこともなく、何一つ知識がなかった。そんなことで、暮らしてはいたが、子供に十分な食事を与えていなかった。

さて、その子の腹が膨らんできた。腹が膨れるや、両脚も腫れ始め、次には両手、さらに身体のそこらじゅうが腫れ始めた。そこで、両親が呟いた「この子(の病気)は、チルワのせいだ」。

そこへ、どこか遠く、まあどこかの町から人がやって来た。そのよそ人がやって来て、尋ねた「この子は、どうしたのですか?」。夫婦が応えた「家の子は、チルワに罹ってしまいました。野の薬が効かず、治らないのです」。

さて、そのよそ人はその病気のことを知っていた。そこで、夫婦に言った「野の薬に頼るのじゃなくて、病院へ連れて行くことですよ」。しかし、夫婦は愚かで、どうしてよいか分からなかった。

やがて夫婦は説得されて、(よそ人の意見を)承知した。彼らは、病院へ案内され、やがて病院に着いた。子供の治療が始まった。子供は食事をあてがわれ、注射をしてもらって、やがて(病状が)落ち着いた。そこで、かのよそ人が夫婦に言った「この病気は、チルワではありませんぞ。この病気は、栄養が足りていないのです」。

こうして、夫婦はあるべき子育ての方法を教えられたのでした。

 

語り手:Khadija Ali Aboud(女性)

生年と生地:1964。ラム島

民族:バジュニ(Bajuni

採話:1996. 8. 29

場所:ラム島タウン、ランゴニ地区の語り手の住居

伝承事情:祖母(nyanya)あるいは隣人(jirani)から夕方、寝る前などに聴いた

資料整理番号:96-48

 

注)

*「チルワ」(chirwa. 動詞chiraからの派生)については、辞書に以下の説明がある。「両親のどちらかが、子供が生まれた後に、慣習となっている制約(タブー)を破った場合に、子供が罹るとされる。例えば、出産後の一定期間には性交渉を持つことが禁止されているが、夫婦がこの禁を破った場合に、子供が罹るという(F. JohnsonA Standard Swahili-English Dictionary, 1939)。Ricket(くる病、もしくは発疹チフス、ツツガムシ病)などを指すこともあるらしい。

 

8Kuku Anayetaga Mayai ya Dhahabu

Hapo zamani kuliondokea mama na baba na mtoto wao. Baada ya muda si mrefu, yule baba akafariki. Akafariki akabakia mama na yule mtoto wao. Na hawakuwa na pesa za kutosha isipokuwa walikuwa na ng’ombe mmoja tu katika ile nyumba. Sasa yule mtoto naye alikuwa ni mjinga na pia ni mvivu. Sasa yule mama yuafanya bidii kupata chakula mpaka siku hiyo kukawa hakuna kitu kwenye nyumba. Akamwambia yule mtoto, ‘Uchukue yule ng’ombe kamwuze.’ Yule mtoto akamchukua ng’ombe akatoka naye.

 Akifika katika kwenye njia akakutana na mzee. Yule mzee alikuwa amebeba kunde. Akamwambia yule mtoto, ‘Unakwenda wapi na huyu ng’ombe ?’ Akamwambia, ‘Huyu ng’ombe, mimi nakwenda kamwuze.’ Akamwambia, ‘Basi, usiende kote, kaniuze. Hizi kunde ni za maajabu.’ Yule mtoto kwa ujinga wake akakubali. Alipokubali akampa. Yule mzee akaenda naye ng’ombe. Yule mtoto akarudi na zile kunde mkononi.

 Sasa yule mama akifika akamwambia, ‘Yuko wapi ng’ombe wetu ? Ushamwuza ? Pesa ?’ Akamwambia, ‘Sikupata pesa, lakini nimepata hizi kunde.’ Yule mama akakasirika kabisa. Akasema, ‘Wewe mtoto mjinga kabisa.’ Halafu zile kunde mama akazichukua akazitupa nje ya dirishani.

Sasa wakalala. Maana yake kulikuwa hakuna chakula. Wakalala na njaa mpaka asubuhi. Haya, asubuhi wakiamka wakaona kule nje kumekuwa na giza kabisa. Wakitungulia nje wakaona umemea mti mrefu.

Wakaona ule mti umefika mpaka kule juu. Akamwambia yule mtoto wake, ‘Ebu, njoo uone !’ Akiona akasema, ‘Nafikiri zile kunde.’ Halafu yule mtoto akapanda. Akapanda mpaka kule juu. Akifika kule juu kabisa. Akifika kule juu akaona nyumba moja tu. Akaenda. Akaenda mpaka juu. Akifika akagonga. Akigonga akamkuta nyanya. Akaingia kule ndani. Nyanya akamwambia, ‘Umekuja kufanya nini ?’ Akamwambia, ‘Mimi nakuja kutembea.’ Akamwambia, ‘Nyumba hii haiingiliwi mtu. Kuna jinishetanihapa ambaye hula watu.’

Mara yule shetani jiniakaja. Alipokuja akamkuta yule nyanya akamwambia, ‘Njoo hapa.’ Akaja. Alipokuja akamwambia, ‘Ebu nilete yule kuku wangu.’ Yule nyanya akamletea kuku. Hebu, yule kuku akazaa yai la dhahabu. Akizaa akalia. Mtoto ameona halafu akalala. Baada ya kulala yule mtoto akatoka pale. Maanake alikuwa ameondoka baada ya kulala. Akaenda akamwiba yule kuku. Akakimbia naye mpaka ule mti. Akakimbia. Mara yule shetani akainuka akamfukuza.

Yeye akamfukuza. Sasa kwa vile yeye ni shetani akamshinda yule mtoto.  Lakini karibu na kumpata, yule mtoto akashuka haraka mpaka chini. Akamwambia, ‘Mama mama, lete shoka.’ Mama akaleta shoka akaukata ule mti. Hapo alipokata, yule shetani kule juu akaanguka, akafa. Mtoto akamwambia mama, ‘Sasa tumepata huyu kuku. Na huyu kuku kila siku yuazaa yai moja la dhahabu.’

Sasa ikawa kila siku akizaa yai la dhahabu. Wakauza kapata pesa. Wakapata chakula. Yule mama na mtoto wake sasa wakawa wakijenga nyumba yao nzuri. Wakavaa nguo. Maana yake walikuwa pia na nguo. Wakakaa raha mstarehe.

Hadithi imeishia hapa.

  

【試訳】

(8)金の卵を生む雌鶏

 その昔、母親と父親と、そしてその子供がいた。しばらくして、父親が死んだ。父親が死んで、後には母親とその息子が残った。二人には十分なお金もなく、家には、ただ一頭の牛だけがいた。さて、その息子は、愚かなうえに怠け者だった。母親が懸命になって、食い物を手に入れていたが、もはや家には何一つなくなってしまった。そこで、母親が息子に言った「あの牛を売っておいで」。息子は、牛を連れて出かけて行った。

 息子が(牛を引いて)道を歩いていたところ、一人の老人に出会った。その老人は、豆を携えていた。その老人が息子に声を掛けた「お前さん、牛を引いてどこへ行くのかね」。息子は応えた「この牛を売りに行くところです」。老人が息子に言った「それなら、彼方此方行くんではなく、私に売っておくれ。この豆は不思議な豆だぞ」。その息子は、愚かにも、同意した。息子は納得して、牛を老人に渡してしまった。老人は牛を連れて行き、息子は手に豆をもって帰ったのであった。

さて、息子が帰ってくると、母親が尋ねた「あの牛は、何処へ行っちゃたのかい。売れたのかい? お金は?」。息子が言った「お金はないよ。でも、この豆を貰ったよ」。母親はたいそう怒って、こう言った「この大バカ息子め」。この後、母親はその豆を取り上げて、窓の外へ投げ捨ててしまった。

こうして、二人は寝ることにした。それというのも、食い物は何もなかったからである。二人は、空腹のまま朝まで寝たのだった。さて、翌朝目を覚ますと、窓の外が真っ暗になっていた。外を見てみると、大木が生えているのだった。

その木は天まで伸びていることが分かった。母親が息子に言った「ここへ来て、見るがよい」。その様子を見た息子が言った「きっと、あの豆だ」。この後、息子はその木を登った。ずっと上のほう、天辺まで上りつめると、一軒の家が見えた。息子は家に向かって進み、その家に着くと、ノックした。ノックすると、お婆さんが出て来た。息子が家に入ると、お婆さんが言った「お前さんは、何をしに来たのかい」。息子は応えた「彼方此方歩いているんです」。お婆さんが言った「この家に、人が来てはなりません。人を取って食う魔物(悪魔)が住んでいるんです」。

突然、その悪魔がやって来た。やって来ると、そのお婆さんに言った「こっちへ来い」。お婆さんが近寄ると、その悪魔が言った「いいか、あの雌鶏を持ってきてくれ」。お婆さんが雌鶏を運んできた。そうすると、何とまあ、その雌鶏は金の卵を生んだ。卵を生むと、雌鶏は鳴き声を張り上げた。息子は、この様子を見た後、ひと寝した。寝た後で、息子はその家を後にした。つまり、ひと寝した後で、家を出て、例の雌鶏を盗んだのだった。雌鶏を抱えて、息子は例の木に向かって走った。走っていると、あの悪魔が起きて、息子を追いかけて来た。

 その悪魔は、息子を追いかけたが、悪魔であったから、息子より走るのが早かった。しかし、その息子は、素早く木を降りて、地面に着くことが出来た。そして言った「母さん、母さん、斧を持ってきておくれ」。母親が斧を持ってくると、息子はその木を伐り倒した。木を切り倒すと、上にいた悪魔が地面に落ちて、死んでしまった。息子が母親に言った「さあ、雌鶏が手に入った。この雌鶏は、毎日、金の卵を一つ生むんだよ」。

かくて、雌鶏は毎日、金の卵を生むことになった。二人は、卵を売って金を儲けた。食い物も手に入った。母親と息子は、とても立派な家を建てるまでになった。着物もあつらえた。つまり、着るものまで手に入ったということ。こうして、二人は安楽に過ごした。

お話は、ここでお終い。

 

語り手:Khadija Ali Aboud(女性)

生年と生地:1964。ラム島

民族:バジュニ(Bajuni

採話:1996. 8. 29

場所:ラム島タウン、ランゴニ地区の語り手の住居

伝承事情:祖母(nyanya)あるいは隣人(jirani)から夕方、寝る前などに聴いた

資料整理番号96-50

 

9Abunuwasi @Wamanga Watatu Majuha

Alikuweko Abunuwasi masikini. Abunuwasi alikaa alikaa hata siku moja akienda kutafuta kazi. Akatafuta kazi akapata kazi kwa mtu mmoja. Akafanya kazi, akafanya kazi. Akapata rupia mia mbili.

Sasa akakaa akafikiri, ‘Rupia hizi mia mbili nitafanyizia nini ?’ Akaamua kwenda kutafuta kazi ya kuzifanyizia zile pasa zile ili apate rupia nyingine.

Sasa akienda njiani pahali akamwona mbuyu mdogo. Umezaa mabuyu mengi sana. Akienda akafika akajenga nyumba yake kando ya ule.

Akesha akapanda ule mbuyu. Akaona akatoboa mabuyu akatia rupia moja, mbili mpaka zemekwisha, za mwisho akatia rupia mia moja.

Akakaa akaona kupiga kelele, ‘Weh, weh, weh, weh.’ Analinda ndege wasitue wao.

Mara wakapita Wamanga watatu. Majuha. Hawana akili vizuri. Mmoja Sefu, mmoja Mohammed, mmoja Amri.

Baada ya kufika pale wakamtolea Abunuwasi, ‘Salaam Aleikun.’ Akatoa, ‘Aleikun Salaam. Hi, weh, weh, weh,’ tena. Wale Wamanga wakamwuliza Abunuwasi, ‘Mbona unafanya hivo ? Unafanya kelele. Unazo akili, wee ?’ Akawaambia, ‘Ehe, ninazo akili. Nalinda huu. Pesa, pesa. Unazaa pesa huu.’ Akaambia, ‘Pesa, pesa, huu mbuyu.’ Akaambia, ‘Pesa pesa. Unazaa pesa huu. Kwa hiyo mimi ndio ninalinda. Msiachie hata ndege mmoja kutua. Kwani wakitua, hawa ni wachawi, wataziiba pesa zangu.’

Wakaambia, ‘Hatujaamini. Sisi tunaona huo mbuyu.’ Akaambia, ‘Kama hamjaamini, hebu, angushe lile buyu mmoja.’ Wakaliangusha lile buyu lile keshafika upesi upesi na kupiga chini. Wakaona tumbo lile limetoboa. Ikatokea rupia moja.

Akaambia, ‘Ninyi hamisheni.’ Wakahamisha wakapata rupia pili halafu    rupia zile zingine. Mwisho moja kwa moja akatoa zile rupia mia.

Wanaona hizi rupia mia na wakajua huyo mbuyu umepevuka mno.

Abunuwasi akachukua zile rupia zake mia moja. Akaambia, ‘Basi, hivyo mnaonavyo.’ Wale Wamanga wakataka kununua. Wakaambia, ‘Basi tuuuzie sisi.’ Akaambia, ‘Leteni elfu sita.’ Pale walitoa elfu sita. Akawauzia ule mbuyu. Akaambia, ‘Msilale. Akilala mmoja, mmoja anapika, mmoja analinda. Mkilala nyote mtapotea zote.’

 Kisha wale wakakimbia zake. Wale wakakaa wakalinda. Hawalali kucha. Wanapiga kelele wanafukuza ndege wale.

Wale wakakaa mpaka wakasema, ‘Tuangushe mabuyu. Tupasue katoe pesa.’ Kila mtu akapasua. Likatoka buyu tu hamna pesa. Mpaka wamekwisha yote. Wakahamaki wale. Wakasema, ‘Abunuwasi alituuzia mbuyu. Twende tukamdai pesa zetu.’

 Kufika huko wanakwenda kumdai. Abunuwasi kwisha jenga nyumba anagongagonga nyumbani. Wakaambia wale. Kusikiliza Abunuwasi akasikitika sana. Akaambia, ‘Ah, mmezitumia pesa chungu nzima. Najuta. Kwa hiyo basi mimi nitakupeni pesa zenu. Twendeni nyumbani kwangu.’ Wale Waarabu wakamfuata Abunuwasi. Walipofika nyumbani kwake wakakuta nyumba ya orofa nzuri sana, orofa moja.

Wakakaa. Anajenga chini na kawekwa mabati tele. Anagongagonga. Wale Waarabu wakasema, ‘Basi, hatutaki tena. Tunataka nyumba utuuzie.’

Akaambia, ‘Nyumba yangu mimi ninakaa. Siuzi yote. Niuze juu tu, chini kiwandani kwangu.’ Wakasema, ‘Tuuzie.’ Akaambia, ‘Lete tena elfu sita.’

Akawauzia kule juu. Wakawa wanakaa. Wamekaa, wamekaa, wamekaa, wamekaa.

Abunuwasi siku moja alfajiri ikishafika hawajaamka anapiga kelele ‘Bah, bah, bah.’ Pale wakahamaki wakamwenda chini.

Abunuwasi akaambia, ‘Oh, mabwana mimi nimeshajenga kiwanda changu lakini saa hii nataka kubomoa chini. Mimi niko mbele kwa hiyo huku nyuma zuieni kwenu nabomoa kwangu.’

Abunuwasi akabomoa chini kule. Ikaanguka nyumba yote. Wale Wamanga wakaenda kushtaki mfalme.

Wakaambiwa na mfalme kwamba kama wakitaka kupata nyumba lazima wanunue nyumba nzima, yaani orofa zote, chini na juu. Akashinda Abunuwasi. Wale wakasema, ‘Twende kwake tumpige, tulipize kisasi.’

Walipokwenda Abunuwasi akishajenga kibanda kimoja kizuri sana. Anatengeneza viwanda na bati nini. Sasa anakamata paa wawili. Wale wanaitwa zabiu kwa Kiarabu. Akawakamata na mmoja akamweka kibandani kwake. Mmoja akamweka pale.

Abnuwasi akajua wale Wamanga watakuja wale. Kwa hiyo akamwambia mkewe, ‘Pika chakula cha wageni watatu na cha bwana na bibi, wote  watano. Nikija mimi nitakuuliza paa akasema nini ?’ Akamwambia, ‘Haya.’

Sasa kufika mchana wale Wamanga wakaja kudai pesa zao. Wakaja kudai pale pesa zao. Abunuwasi akatangulia kawaambia, ‘Ngojeni, mwende mpaka msikitini kusali halafu twende nyumbani kwetu.’ Abunuwasi akamchukua yule paa. Ilipokwisha pale kiwanjani pa msikiti akamfungua yule paa. Akamwambia, ‘Nenda nyumbani kamwambie bibi, “Pikie chakula cha wageni watatu. Na cha bwana na bibi, wote watano.”

 Akamwachia yule paa. Paa akienda akienda akishakimbia kwenda mwituni.

Wale Wamanga walipofika nyumbani kwa Abunuwasi wakamkuta yule paa yuko. Abunuwasi akamwambia bibi yake, ‘Mke wangu, huyo paa wetu alikuambiaje ?’ Mke wake akajibu, ‘Aliniambia, “Upike chakula cha wageni watatu. Na cha bwana na bibi, wote watano.” Akasema barabara.

Wale Wamanga wakastaajabu, ‘Hoh, zabiu anasema. Tununue, tununue.’ Wakaambia, ‘Tuuzie. Hatutaki nyumba tena.’ Akaambia, ‘Lete tena elfu sita.’ Wakatoa elfu sita, two thousands. Wakachukua yule paa. Wanataka wakienda kumwonyesha nyumbani kwa Sefu, halafu kwa Mohammed, halafu kwa Amri. Inshallah.

Kwanza Mohammed akamchukua yule paa. Akamfungua akamwambia paa, ‘Nenda. Kufika nyumbani kwangu. Mwambie mke wangu apike kahawa. Sababu Amri na Seif watakuja.’ Paa akaenda mwituni. Sasa alipokwenda kule paa yule kufika mwituni pale wakawa wakasema, ‘Twende sasa nyumbani kwa Mohammed.’ Walikwenda moja kwa moja mpaka nyumbani kwa Mohammed. Wakamwuliza mke wake. Akasema, ‘Paa hajaja.’ Wakaona, ‘Yule Abunuwasi mwongo. Twende tukadai pesa zetu.’

 Hadithi hiyo inaendelea zaidi mno. Mwishowe Abunuwasi akawa tajiri kweli kweli. Ule maskini umeondoka.

 Na hadithi yangu ikamalizika pale.

 

【試訳】

(9)アブヌワシ :三人の愚かなアラブ人

アブヌワシという貧乏男がいた。毎日暮らしているうちに、ある日のこと、仕事を探しに出かけた。仕事を探していると、ある人の許で仕事を貰った。彼は、せっせと仕事に励み、200ルピーを稼いだ。

さて、彼は考えた「この200ルピーをどう役立てようかしら」。そこで、彼はその金を元手に、もっと金を増やすことのできる仕事を探すことになった。

道を歩いていると、ある処に一本のバオバブの木を見つけた。バオバブの実がたくさん実っていた。彼は、その傍に自分の家を建てることになった。

家を建て終えると、彼はバオバブの木に登った。それから、バオバブのいくつもの実を割って、その中に1ルピー銀貨を入れ、また次の実にも1ルピー銀貨を入れ、最後の一枚も加えて、とうとう100ルピーすべてを入れてしまった。

しばらくしてから、彼は大声を上げて騒いだ「ウェー、ウェー、ウェー、ウェー」。彼は、鳥が木に止まらないように見張っているのだった。

そこへ、三人のアラブ人が通りかかった。誰もが愚か者で、あたまのおかしい連中だった。一人は、セフ、一人はモハメド、一人はアムリという名前だった。

現場まで来ると、彼らはアブヌワシに声を掛けた「サラーム・アレイクン」(あなたに平安を)。アブヌワシも応えた「アレイクン・サラーム(あなたにこそ平安を)ワーイ。ウェー、ウェー、ウェー」。アラブ人の連中がアブヌワシに尋ねた「おまえさんは、なぜそんなことをしておるのか。騒ぎ立てておるが、あたまは大丈夫なのか」。「ええ、大丈夫ですとも。この木を見張っているんですよ。お金ですよ、お金。この木に金が生るんですよ」。アブヌワシがさらに言った「お金、お金、金の生る木ですよ」。また言った「お金、お金、金が生るんですよ。それで、ここで見張っているんですよ。一羽の鳥も此処には止まらせませんよ。ここに止まれば、こいつらは魔法使いも同然、私の金を盗んで行きますからね」。

 彼らが言った「そんな話は信用できないね。普通のバオバブの木にしか見えないよ」。アブヌワシが応えた「信じられないと言われるなら、実を一つ落としてみてくださいよ」。彼らがその実を落としてみると、ストーンと地面に落ちて、実が割れた。なかから、1ルピー銀貨が出て来た。

アブヌワシが言った「皆さん、ほかの実も試してくださいな」。彼らがほかの実を試すと、実の中から、次々にルピー銀貨が現れ、最後には全部で100ルピーが出て来たのだった。

100ルピーの大金を目の前にして、アラブ人の連中は、このバオバブの木の実はすっかり熟しきっていると思った。

アブヌワシは、100ルピーを手にしながら、こう言った「皆さん、ごらんのとおりですよ」。そこでアラブ人の連中はこの木を買い取りたいと思った「では、この木を我々に売ってくれ」。アブヌワシが言った「6000ルピーですね」。こうして、彼らは6000ルピーを支払った。アブヌワシはバオバブの木を彼らに売って、こう言った「皆さん、寝てはいけませんぞ。一人が寝るなら、一人は料理番、一人は見張りに立つという具合ですよ。皆が寝てしまったら、元も子もなくなりますぞ」。

その後、アラブ人の連中は駆け出して、現場に腰を据えて、見張りを始めた。彼らは夜通し寝もしないで、騒ぎ立てて、鳥を追い払っていた。

しばらくそうしていたが、やがて彼らはこう言った「さあ、バオバブの木の実を落としてみよう。実を割って、金を取り出そう」。こうして、皆が実を割ったが、出て来たのはバオバブの実ばかりで、お金はなかった。こうして、彼らはすべての実を割り終わった。彼らは腹を立て、こう言った「アブヌワシの奴はバオバブの木を売り付けたのだ。あいつを訴えて、金を取り戻そう」。

彼らは、アブヌワシの家に行って、彼を訴えた。アブヌワシはトンカチ、トンカチと自分の家を建てたばかりだった。彼らの訴えを聞くと、アブヌワシはたいそう気の毒がって、こう言った「いやはや、皆さんは大金をお使いなさった。お気の毒に思いますよ。それで、そのお金をお返ししましょう。さあ、私の家まで来てくださいな」。アラブ人の連中は、アブヌワシの後に付いて行った。彼らがその家に着くと、それは見事な二階建ての家だった。

彼らは、しばらくそこにいた。アブヌワシは一階を建て、たくさんのトタン板を敷いていた。彼は、トンカチ、トンカチと始めた。アラブ人たちが言った「よし、もう金はどうでもよい。この家を売ってくれ」。

アブヌワシが応えた「この家は私の住いですよ。全部を売るわけにはいきません。二階だけを売りましょう。下の一階は私の仕事場です」。アラブ人たちが言った「じゃあ、売ってくれ」。アブヌワシが言った「では、6000ルピーを頂きましょう」。

 こうして、彼は二階だけを彼らに売ったのだった。アラブ人の連中は、住みつき、住みつき、住みつき、また住みつくことになった。

さて、ある日の明け方、まだアラブ人の連中が起き出す前に、アブヌワシは大声を張り上げて騒いだ「グァオー、グァオー、グァオー」。アラブ人の連中は腹を立て、一階へ下りて行った。

アブヌワシが言った「おお、旦那方、私は自分の仕事場を造りましたが、これからこの下の部分を壊すことにしましたよ。皆さんの前で、自分の仕事場を取り壊しますから、皆さんはご自分の場所にしがみついていてくだされ」。

アブヌワシは、家の一階の部分を潰し始めた。やがて、家が丸ごと崩れ落ちた。アラブ人の連中は、このことを王様に訴えることにした。

しかし、彼らが王様から言われたことは、家を欲しかったなら、家を丸ごと全部、つまり一階も二階も、全部を買う必要があるということだった。アブヌワシは勝訴したのだった。アラブ人の連中は、こう言った「あいつの家まで行って、叩きのめしてやろう。復讐してやろう」。

 彼らがやって来ると、アブヌワシはとても見事な小屋を建てたばかりだった。彼は、トタン板などでその場所を仕上げていた。この時、彼は二頭のガゼルを掴まえていた。ガゼルのことは、アラビア語ではザビウという。彼は、ガゼルを掴まえて、一頭をその小屋に入れ、もう一頭はその場に置いていた。

アブヌワシは、例のアラブ人がやって来ることを見抜いていた。それで、自分の妻にこう言った「三人の客人と、それに私とおまえのため、計五人の食事を用意してくれ。私が戻ってきたら、ガゼルがどう知らせたかとおまえに尋ねることにしよう」。妻が応えた「はい、分かりましたよ」。

さて、昼頃になると、アラブ人たちが金を取り戻しにやって来た。彼らは、金を取り戻しにやって来たのだった。アブヌワシが、先手を打ってこう言った「いいですか、皆さん、まずモスクへ行って礼拝をしましょう。その後、私の家へ行きましょう」。アブヌワシは、例のガゼルを連れていた。礼拝が終わると、アブヌワシは、モスクの前の広場で、こう言って、ガゼルを放った「さあ、家に帰って、家内に告げてくれ『三人の客、それに私と妻の計五人の食事を用意しておくように』」。

アブヌワシは、ガゼルを放った。ガゼルは、走りに走り、一目散に森へ向かって行った。さて、アラブ人の連中がアブヌワシの家にやって来ると、ガゼルがそこにいた。アブヌワシが妻に言った「おまえ、うちのガゼルは、おまえにどう言ったのかね」。妻が応えた「三人の客、それにあなたと私の、計五人の食事を用意しておくように」と言いましたわ」。妻ははっきりとそう応えたのだった。

アラブ人の連中は、驚いた「ほう、このガゼルは話が出来るぞ。買おうじゃないか。買おうじゃないか」。彼らが言った「売ってくれ。もうあの家はいらないぞ」。アブヌワシが言った「6000ルピーを頂きましょう」。彼らは、6000ルピー、つまり2000ドルを出した。彼らはそのガゼルを連れて帰った。彼らは、そのガゼルを、セフの家、ついでモハメドの家、ついでアムリの家で披露したいと思った。それは当たり前のことだった。

初めに、モハメドがガゼルを連れて帰った。彼はこう言って、ガゼルを放った「さあ行け。私の家に着いたら、コーヒーの用意をするよう妻に伝えるのだ。アムリとセフがやって来るから」。ガゼルは、森へ向かって走り去った。さて、そのガゼルが森の方へ着いた頃、彼らが言った「さあ、モハメドの家へ行ってみよう」。彼らは、一目散に、モハメドの家に向かった。彼らが尋ねると、モハメドの妻が応えた「ガゼルなどは、来ていませんよ」。このとき、彼らは気が付いたのだった「アブヌワシの奴は噓つきだ。さあ、俺たちの金を取り戻しに行こう」。

 このお話は、まだまだ続きますよ。そして、最後には、アブヌワシは大変な金持ちになります。もう貧乏ではなくなりましたよ。

ここで、私のお話は終わり。

 

語り手:Hassan Saadi Asedi(通称Jaluo)(男性)

生年と生地:1961。ザンジバル・タウン

職業:漁師

採話:1983.10.7

場所:ザンジバル・タウン。野外の海辺

資料整理番号:ザンジバル47

 

 

10Abunuwasi �AMgeni wa Hasidi

Hapo zamani kuliondokea Abunuwasi ambaye alikuwa akikaa nje ya mji. Sasa siku hiyo amekaa Abunuwasi na mke wake na mtoto wake. Kawaida yao huwa wakipika mikate mitatu. Na mikate yao kiasi yake ni kama kimanda. Sasa hiyo mikate mitatu kama kimanda, ukubwa wake na upana wake.

Sasa wamekaa. Mara katokea mgeni. Alipotokea huyo mgeni akakaribishwa vizuri. Sasa yule bibi akaanza kupika mkate. Na huu mkate hupika kutumia tanu. Sasa akabandika mikate yake mitatu. Kwa vile washapika na yule mgeni akaja. Sasa yule Abunuwasi akamwambia, ‘Mke wangu, sasa huo mkate wangu ukampatie huyo mgeni. Na hii miwili tutakula mimi na wewe na mtoto wetu.’ Akamwambia, ‘Sawa.’

 Sasa kawaida, Kiislamu ama Kiswahili, wote wakaa kitanga katikati hivi, kaweka sinia kubwa, halafu kwenye sinia kubwa tuweka mchuzi pale, tuweka mkate, tuweka kama samaki, halafu na maji ya kunawa mbali na kunywa mbali.

Sasa yule mama akaanza kuleta mchuzi kwanza, kuletea kunywa. Akaweka. Alipoweka hata akirudi. Akirudi tena mara ya pili. Yule mgeni ashakula ule mchuzi wote. Akashangaa lakini akaleta huo mkate na mchuzi mwingine. Akarudi. Akienda akileta tena mchuzi. Akija, ule mkate ashamaliza. Akarudi tena. Akaweka tena mkate. 

 Sasa yule mgeni, yaani hasidi, akala vitu vyote. Ikawa Abnuwasi na mkewe na mtoto wake leo hawana chakula. Sasa Abunuwasi akakasirika kabisa akasema, ‘Kumbe, mgeni huyo ni mbaya.’ Akamwambia, ‘Nakwenda na kauliza.’ ‘Leo umekuja hapa, sababu yake ni nini ?’ Akamwambia, ‘Nimekuja hapa, ni mgonjwa. Ugonjwa wangu, siwezi kula.’ ‘Ukumbuke umekula mikate mitatu ambayo ukubwa wake kama hivi. Ukubwa ni hivi, na upana ni hivi. Na mchuzi wote umekunywa wewe.’

 ‘Basi, nakuambia, sasa umekuwa vizuri, lakini mara ya pili, usishuke hapa, sisi hatutakuwa hatuko. Unatuweka hasara. Mara ya pili, hatuko tena, usije kwetu kwa sababu wewe ugonjwa wako ni kula. Huwezi kula. Sasa ukienda kula utakula vipi ? Ukienda kula mikate mitatu ambayo upana kama namna hii. Ukiweza kula vyakula, utakula vipi ? Basi mara ya pili, usije hapa kabisa, hatutakuwa hatuko.

Hadithi ikesha.

 

【試訳】

(10)アブヌワシ:欲張りな客

その昔、アブヌワシがおって、町の外に住んでいた。ある日、アブヌワシは妻と子供と一緒にいた。それで、たいていの場合、パンは三つ焼けばよかった。そのパンたるや、ちょうどバスケットくらいの大きさがあった。いいかい、そのパンは三つとも、バスケットくらいの大きさ、厚みがあったわけ。

さて、そんな具合に暮らしていると、ある時、客人が突然に訪ねて来た。この客人は丁重に迎えられたわけ。(この時、アブヌワシの)妻が(すでに)パンを焼いていた。パンを焼くには窯を使い、そこへ三つのパンを載せていた。ちょうどパンが出来上がった頃に、客人が来たというわけ。そこでアブヌワシが妻に言った「おまえ、私のパンはあの客人に上げることにしよう。後の二つのパンは、私とおまえと、子供とで食べることにしよう」。妻が言った「いいわよ」。

 ところで、イスラムないしスワヒリの慣習では、大きな茣蓙を敷いて座り、その真ん中に大きな盆を置いて、その盆にスープやパンやら、さらには魚などを置き、指を洗う水や、飲み水を傍らに置くのね。

 そこで、(アブヌワシの)奥さんがまずスープを運んできた、これを飲むわけよ。奥さんがスープを(茣蓙に)置いて、今度また戻ってくると、その客人は、スープを全部飲み干していた。奥さんは驚いたが、パンとスープをまた運んできた。またもや、スープを運んできたわけね。奥さんがスープを運んでくると、今度はパンがなくなっていた。彼女は引き返して、またパンを運んできた。

さて、この客人は、まったくの欲張りで、何もかも、自分一人で食ってしまった。そんなわけで、アブヌワシも、妻も子供も、その日は食い物がなくなった。アブヌワシは腹を立てて、こう言った「いやはや、この客はひどい奴だ」。彼は妻に言った「行って、尋ねてくれよう」。「今日、あ前さんはここへ来たんだが、何しに来たのか」。客人が言った「ここへ来たのは、病気だからですよ。私の病気は、食い物が喉を通らないのです」。「へえぇ、お前さんはこんなにも大きなパンを三つも食ったこと、覚えていないのか。こんなに大きく、こんなに厚かったぞ。それに、スープもみんな、お前さんが飲んでしまったんだぞ」。

「いいか、今度ばかりはうまくいったが、二度とここへ来るでない。お前さんを迎え入れることはない。ひどい疫病もちだ。二度と家に入れないぞ。ここへ来るでないぞ。お前さんの病気は、その食い意地だ。食うことはならん。食うとなると、どんなに食うんだ。こんなに厚いパンを三つも平らげたぞ。食い物を出すと、どんなに食うことか。いいか二度とここへは来るな、入れてはやらんぞ」。

 お話は、お終い。

 

語り手:Khadija Ali Aboud(女性)

生年と生地:1964。ラム島

民族:バジュニ(Bajuni

採話:1996. 8. 29

場所:ラム島タウン、ランゴニ地区の語り手の住居

伝承事情:祖母(nyanya)あるいは隣人(jirani)から夕方、寝る前などに聴いた

資料整理番号:96-52