スワヒリ語の口承文芸

ウンム•クルスムの昔話(1)ースワヒリ語の口承文芸


(5)Sanamu ya Kitoto Paani na Nyuni Watoto

Q)Sasa nikuulize swala lingine. Mimi hivi majuzi iliyopita niliona nyumba moja. Iko nyumba moja. Halafu hapo paani pake, hapo juu kulikuwako sanamu ya kitoto. Nilimwuliza mwenye nyumba, ‘Kwa nini umeweka sanamu ya kitoto hapo juu ?’ Aliniambia, ‘Sababu wakati wa usiku nyuni watoto, yaani aina moja ya ndege, anakuja. Kama akikuja mtoto wetu atakuwa mgonjwa. Kwa hivyo sisi tunaweka sanamu (ya kitoto bandia) hapo juu.’ Mama Kulthum, unajua desturi hiyo ?

A)Ehee, hata mimi natengeneza.

Q)Nieleze zaidi mambo ya nyuni watoto. Unaamini kama akifika, kama akimwona mtoto yule atakuwa mgonjwa ?

A)Sasa yeye, ule nyuni uko tangu zamani. Sasa ule nyuni alikuwa yeye anaweka, anataga mayai chini ya mti. Zamani. Chini ya mti anataga mayai. Chini ya mti, mawili. Analalia mpaka anatoa watoto wawili. Wa kike na wa kiume. Ule nyuni ana watoto wale wawili, wa kike na wa kiume.

Sasa yeye, ule nyuni anawacha wale watoto chini ya ule mti. Akalea watoto wadogo. Yeye anakwenda kutafuta chakula. Hata akija anapita mvulana mmoja. Akipita anakanyaga ule mtoto wa kiume. Anaua kabisa. Anabakisha ule mtoto wa kike peke yake.

Yeye akija ulee anakuta mtoto ake, ni mmoja. Mmoja amekwisha kufariki. Na anakanyagwa. Anaangalia kaona ile miguu ni ya kibinadamu. ‘Ananikanyagia mtoto wangu. Amekwisha kumwua.’ Sasa yeye akasikia utungu. Nyuni watoto akasikia utungu.

Akasema, ‘Aha, mimi nimpate mtoto wake kibinadamu. Nikipata mtoto kibinadamu mimi nitamshika.’ Akasema, ‘Nikimpata nitamwingia, nitamshika. Nitambadilisha awe mgonjwa mpaka kisha afe kabisa.’

Sasa yeye nyuni anafanya mambo mawili. Mambo mawili anafanya. Yeye anashika mtoto akiwa matumboni. Akiwa matumboni yeye, ukipita wewe na ile mimba, yeye akipita akiona wewe una mimba, yeye anaanza kushikwa ugonjwa, kuwekwa ugonjwa. Kushikwa.

Kama hakupata hapo tumboni anangoja mpaka anazaliwa. Ule mtoto akilia yeye anavuta ile sauti. Yeye anavuta ile sauti. Akivuta ile sauti mtoto anakuwa mgonjwa. Kwa hiyo akamwona mtoto ni wa kike yeye afanya mambo makubwa. Yeye anamshika kisha anamwata.

Mtoto akiwa ni kiume inabahatisha. Wengine anawashika mpaka wanakufa. Wengine anawashika wanapona. Bahati. Bahati kwa Mungu. Mungu akibahatisha asiue hauwi. Mungu akibahatisha ataua yeye lazima atakufa. Namna hii.

Kama mtoto wangu akiuawa nitaua mtoto wa mtu. Kama mtoto wangu akikanyagwa na mimi nitaua mtoto wa mtu. Hiyo ndiyo asili yake.

Sasa tunafanya wale sanamu. Hata mimi kwangu walikuweko miaka mitatu. Mimi naweka pale juu kwangu. Naweka. Na kama mtoto wangu au ndugu yangu akija pale akizaa mimi naweka.

Hata alikuwako mmoja anaanguka juzi juzi, si mbali. Naweka, mimi namweka. Navisha suruali, nafunga miti. Navisha suruali kisha navisha kofia, navisha ile nguo, shati. Basi. Kula mtu akipita, ‘Aha !’ Hata wako Wajapani. Wanapiga picha. Wanapiga picha pale-ee. Iko picha yao.

Kisha ndio wanaharibika wanaanguka. Sijaweka tena. Lakini nitaweka siku mbili hivi. Anakuja mtu ananiomba niweke. Nitaweka mimi. Hah, hah, hah. hah, hah.



【試訳】

屋根の上の人形とフクロウ

Q) さて、もう一つ質問があるのですが。何日か前、ある家を見つけたんですね。一軒の家があったのですよ。それで、その家の屋根に、高い処に子供を象った人形があったのですね。それで、その家の方に「あの高い処に、なぜ人形を置いているんですか」と尋ねたんですね。すると、その人が「そのわけはですね、夜になると、フクロウ、鳥の一種ですよね、フクロウが飛ん来るからだ。フクロウが飛んで来ると、家の子供が病気になる。それで、あの(偽の幼児の)人形を屋根の高い処に置いている」と教えてくれたんですね。ママ・クルスムさんは、このことをご存知でしょうか。

A) ええ、このわたしだって、そんなことをしていますよ。

Q) フクロウのことを、もっと教えてくださいよ。フクロウが飛んで来て、子供を見つけたりすると、その子供は病気になるのですか。

A) そう、そう、その鳥は昔からいますよ。その鳥が、ある木の根元に卵を置く、つまり卵を産んだのですね。昔のことですよ。その木の根元に、卵を生んだのですよ。木の根元に、二個の卵ですよ。その卵を抱いていると、やがて二羽の雛が生まれましたよ。メスとオスですね。その母フクロウは、メスとオスの二羽の子供を持つことになったのですね。

  それから、この母フクロウは、雛たちをその木の根元に残すことになるんですよ。これらの小さな雛を育てるのですね。母フクロウは、食い物を探しに行くんですよ。しばらくすると、一人の少年がそこを通りかかるんですね。通りざまに、この少年がオスの雛を踏み付けるんですね。完全に、殺してしまうわけですよ。それで、メスの雛だけが後に残るのですね。

  母フクロウが戻って来ましたよ、そして自分の子供を見つけるのですが、一羽しかいませんよ。もう一羽は、死んでしまっていますよ。踏みつ付けられてしまったのですね。母フクロウは、そこらを調べて、人間の足跡が残っていることを知るのですね。〈人間がわたしの子を踏み付けたのか。わたしの子を殺してしまったのか〉。さあ、母フクロウは苦々しく思いましたよ。フクロウの母親は、苦々しい思いをしたのですね。

  それで、母フクロウが言いましたよ〈ああ、わたしは人間の子を自分のものにしてやろう。人間の子に出会ったら、捕まえてやろう」。こう言ったわけですね「人間の子に出会ったら、その身体に取り憑いて、捕まえてやろう。そして、病気にしてやり、最後には完全に死なせてやろう」。

  さあ、その母フクロウは、二通りのことをやらかすんですよ。二つのことをやるんですね。まず、お腹の中にいる間に(人間の)子を捕まえるのですね。その子がまだお腹の中だというのに、子を孕んでいる人が通りかかるのを見つければ、子を孕んでいる人が通りかかるのを母フクロウが見つければ、お腹の中の子は病気になる、病気にかかるんですね。病気に取り憑かれるんですね。

  もし、お腹の中にいる時に、その子を捕まえることが出来なければ、母フクロウは、その子が産まれるまで待ちますよ。そして、生まれてきた赤ん坊が産声を上げると、母フクロウはその声を真似るんですよ。母フクロウは、その産声を真似るんですね。母フクロウが産声を真似ると、その赤ん坊は病気になるというんですね。そんなことで、もし赤ん坊が女の子であれば、大変ですよ。母フクロウは、その女の子を捕まえて、その後、(どこかで)見捨てるんですね。

  赤ん坊が男の子であれば、これは運次第ですよ。母フクロウに捕まえられて、死んでしまうこともあれば、捕まえられても、大丈夫な場合もありますよ。そう、運次第なんですね。神様のお計らい次第ということですね。神様が殺してはならないと仰れば、その子は殺されないし、殺すように仰れば、その子は死にますよ。そんなことですね。

  私だって、もし自分の子が殺されたりしたら、人の子を殺すでしょうよ。もし自分の子が踏み付けられたら、その人の子を殺すでしょうね。これが、このお話の起こりですね。

  そんなことで、あの人形を作るんですよ。私の家にだって、三年間ほど人形が置かれていましたよ。私の家の高い処に、揚げていたんですよ。私が揚げているんですよ。それで、もし私の娘とか、身内の誰かが子供を産んだら、私は人形を揚げますよ。

人形を一つ置いていたんですが、つい先だって、ごく最近のことですよ、それが落っこちちゃったんですよ。揚げておくんですよ、私が揚げているんですよ。ズボンをはかせて、木に括りつけるんですね。ズボンをはかせて、帽子をかぶせ、あの装束、あのシャツなどを着せてやるんですよ。そんなことですね。通りかかった人は誰もが「あらっ!」と声を出しますよ。日本人の方もいましたよ。写真まで撮っていましたよ。あそこで写真を撮っていましたよ。その写真がありますよ。

  その後、人形は壊れて、落っこちてしまいました。それで、まだ私は揚げていませんよ。でも、二、三日したら、揚げようと思っているんですね。人がやって来て、人形を置いてくれと頼まれているんですね。それで、わたしは人形を揚げるつもりですよ。ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ。

注:Aは、ウンム・クルスム。

(採話:1997.11.23 / 資料整理番号:97-81 『スワヒリ語の口承文芸』通し番号152)