更新2015/11/25

GRP Golden Pluto 808 α

(ジーアールピー ゴールデン プルート ハチマルハチ アルファ)

・NEW-GRP807
・PLUTO 808 (+開発中のレースバージョンを含む)
※ごく一部の相性の悪いオイル(下記記載)に対する対応商品は現在改良中です
製品が出来次第にアップいたしますが、販売時期は未定です。
相性問題をご確認の上、現行NEW−GRP、PLUTO808をご利用く ださい。

 ※ ゲル化の原因物質の特定が出来ました。
   基本的には日本で製造される添加剤処方におけるオイルのゲル化です。
   GRP製品の対応にはしばらくお待ちください。
   (ゲル化対策でGRPの性能を下げる事無く、新製品を開発中です。
     開発・試験に数ヶ月は必要と思われ、製品化はその後と思われます。)

現行の商品は通常通り販売しております。
ご使用に関しましては
下記の注意点をご了承の上でご注文ください。
   ※使用上の注意点
エネオス・サスティナ製品(0w−20、0w−30、5w−30など)と、
そのOEM商品のAPI規格の「SM」「SN」オイルのそれぞれ「0W−20」には添加しないでください。
それ以外のオイルは現在まで相性問題が発生しておりません。


なお個人で添加される場合はオイルメーカーの基準にもありますように、
自己責任での添加をよろしくお願いいたします。

なお、オ イルとの相性などはこちらに記載しております。
ご参考にしてください。

添加剤の最高峰を求める方のために!!

NEW-GRP(807α)の性能を大幅にアップ。

さらなる2年間の開発と研究データの集大成・・・GRPの第二弾です。

2006年6月10日より 発売
(性能アップのため常時改良しております=最新性能 アップ版は2015/10後期ロットです)
09/05: 新しいアルミボトルに変更されました。

 1000ml ボトル
2014/04/01よりボトルが上記のように変わりました

ご注文の際は必ず「Pluto」 か 「808α」などと
NEW-GRPと違う事が分かるようにご記載ください。

新製品名称: GRP 「Golden  Pluto  808α」
 
      価格
PLUTOアルミボトル200ml/7200 円(本体6667円、消費税8%=533円)

   PLUTO 1000ml プラボトル  =34560円(税込 み、本体32000円消費税8%=2560円)

通販でのご注文方法はこ ちらをご覧ください。

また取 り扱い商品や
送 料・代引き手数料サービスの有無はこちらに記載しております。
もし分からない場合はメールでお問い合わせください。
 

またPLUTO808アルファの200mlボトル容器はNEW-GRP200ml同様の紺色です。

右容器の中身はGRPフラッシン グ剤

なお120mlボトルは扱っておりません。

リーフレットの主な表示変更点
リーフレットは今まで通りご購入の際に出来るだけお付けしております
無い場合はお付け出来ておりませんが、ごめんなさい。
 

○自動車メーカーの工場内試験室によるベンチデーターで
 ・全負荷性能テスト
 ・高負荷燃料テスト
 ・低負荷燃料テスト
    のそれぞれで厳密な測定結果を公開しております。

○2サイクルエンジンの全開性能テストデータも掲載しました。
○使用上の注意点として新たに追記された箇所
 ・LSDギアには使用しないでください。スリップの可能性があります。
 ・エンジンシリンダーライナーにキズがある場合、GRPを使うと当初オイル上がりが生じることがありますが
  じきにGRP共晶膜がキズを埋め徐々にオイル上がりは解消します。
○その他の追記された特記事項
 ・GRP製品には鉱毒物質や腐食物質は使われていません。環境に優しい製品です。

○表示削除された事項の要約
 ・推奨機器の項目が削除されました。
  産業界用GRP製品とは異なってくる条件・コンタミ混入など
  最も過酷な条件を持つ「内燃機関専用として特化された製品」として
  新しく開発されたものです。
  
製品の特徴

元来GRPは産業界用として内燃機関以外の用途として開発されたわけですが
そこでは実際は内燃機関にも関わってくることがあり、
併用されて使用されておりました。
方向性が異なる環境であっても1つのパッケージにして特殊に高性能化して作られてきましたが
内燃機関の機器の高性能化・精密高精度化に伴い
この枠を超えなければならなくなってきました。
その第一段階がNEW-GRPの開発で、下記となっています。

1)、潤滑性能の更なるアップ
2)、より長期の高温下での安定性
3)、灰分の更なる低減化
このたびの改良はNEW-GRPに課せられた様々の項目の見直しと
環境問題へのさらなる配慮から
現段階ではかなり満足のゆく性能向上をデータとして得られた結果、
製品として販売する事になったわけです。

なお、今回の改良点で特筆すべきは「長期の高温下での安定性」の大幅な改善です。
特に内燃機関ではこの項目が重要となってくるので
今までにない高温に強い安定した性能を持つ添加剤としての評価を
さらに技術的な面からも推し進めたものとなっています。
灰分も今まで以上に低くされています。
また超低粘度油指定の「0w-20」などのオイルにも
問題なく添加出来ます。

液体色はNEW-GRPと比較しますと若干ですが褐色が増しています。
左がPLUTO

僅かにPLUTOの方が粘度は高いですが
粘度帯はほぼ同じ設定です。

臭気の違いは臭いに敏感な方でしたら
違いは分かると思います。
ですから、GRPとNEWーGRPとPLUTOは
3種類の臭いの違いがあることが分かり、
GRPとNEW-GRPは全く異なる臭いではっきり差が分かり、
NEW-GRPとPLUTOでは
若干の臭いの違いとなっています。

発売から1ヶ月経って、
直接ユーザーからの比較評価を聞いてみますと
PLUTOは
効果の現れ方や静音効果が
NEWーGRPと比較して更に優れているとお聞きします。
特に過走行車やハードな走行をされている車で
顕著な差が見られ、PLUTOの優位が評価されているようです。

また現在NEW-GRP使用の方が
PLUTOに変えられて
通常走行で使われる場合でも
使用するにつれて更になめらかさが体感できる傾向があるようです。
特にPLUTO808の場合はNEW-GRPと比較し
高加速の多い高速道路の走行などでは
高回転域で特になめらかさが体感できるほど増しており
ストレスのない加速をお楽しみ頂けます。

燃費向上の効果をNEW-GRPとの比較として
1年以上ユーザー実車でモニター頂いておりますが
多くの方がNEW-GRPで向上した以上に燃費が良くなったという
評価を頂いております。
この比較では既に燃費が向上しておりますので、
PLUTOに代えたからといってもNEW-GRPとの比較では
5%以内の向上となっています。
燃費を少しでも上げたい人には最適です。

なお、この驚異的な潤滑性を持つ性能でありながら
従来の自動車用に販売される製品に使用されがちな
鉱毒物質や腐食物質は使われておりません。

予告なく容器が変更になる場合がございますので
ご了承お願いいたします。

ご注文はこ ちらをご参照ください

****************************************************
ご注意:

製品内容および価格については改良その他により予告なく変更する場合があります。

なお2007年現在
産業界用GRPは自動車用に使えなくなりました。
既に自動車用としては販売しておりませんが
現在、産業界用GRPは産業界用としてベアリングやギアに特化されて製品が製造されており ます。
自動車エンジン用やATF用としての用途からは除外されておりますので
NEW-GRPかPLUTO808をご使用ください。
(GRPとは製品のにおいも異なりますので、「同じにおいがするGRP旧製品」は使用出来 ます。)

なお、当方から購入されて保管している(使いかけ・あるいは量が少ないなどで)
GRPと混合して使用することで、不具合が出ることは全くありません。

また類似品にもご注意ください。
200mlも1Lもボトル側面に製造年月が記載されております。
購入店等も記載の上、メールにてご連絡ください。

工事中 

ホー ムページへ