OCTA−POWER(オクタパワー)

通常の燃料添加剤は
オクタン価アップの目的をしている製品が少なく、
主に燃焼室や燃料ラインの清浄を目的にしており
それによってノッキングを無くす目的の製品がほとんどですが
なかなかそれではノッキングがおさまらないのが実情でした。

つまり、
通常に言われている燃料添加剤でのオクタン価アップは
1−2程度となりますが、
これでは要求オクタン価に答えられない製品がほとんどとなって
本来はオクタン価は「3」前後は欲しいものです。
このオクタパワーは
そのオクタン価を一般的なオクタンアップをうたう製品の約2倍程度、
つまり2−4ほど上げます。
(この幅は使用するガソリンの組成に因ります。)
これですと
夏場にちょっとしたノッキングがある車両なら解消しやすく
こちらが便利な添加剤かも知れません。

容量が大型車用ですので(1本472ml=60Lから80Lのガソリン用)
ガソリン量によって、2回から3回分としてご使用ください。
また、この添加剤を使用しますと、
ほとんどの方にエンジンがパワーアップしたような体感が得られると言われております。
同じメーカーの商品である「ノックアウトオクタンブースター」ほど極端ではありませんが、
環境に優しい事を中心に考えておりますので
成分が厳選されており、
競技仕様ではなく、
通常のメンテナンス商品として気軽に使用できますのでお勧めできます。
使用されている方のご感想はこちらです。
この他のご報告から、三菱GDIのエンジンには、かなり相性が良いらしく
NEW−TE+オクタパワー併用使用で
しばらく続けて見ますと、短期間の間に加速時などの吹け上がりや黒煙がほぼ解消したとの
うれしいご報告も頂いております。
2000円/1本にてお届けいたしております。

なお送料サービス付きは1ケース24本からになります。
自動車の修理販売業者の方にもお値打ちな価格と思われます。
送料・代引き手数料などは、 掲示板を参照ください。
25kgまでのヤマトコレクト便サイズで運べる商品は同一運賃でお送りしております。


 
 
使用車種 感想

プレーリージョイ
燃費テスト
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiroshi/PowerUpPaint-3-0.html
アウトバック

2009/07/10

2009/07/14
 


現在、オクタパワーの2本目を投入し検証中です。
イメージとしては、
 ・エンジン音の低減
 ・エンジンの振動の低減 が感じられます。
燃費につきましては次回給油時迄お時間を頂ければと思います。

追記

直近の2回の燃費は7.29Km/lでした。
最近の燃費悪化状態から考えると改善されている様に思います。 
今後も引き続き調査します。
その他変化としましては(以前にもご報告致しましたが)
 ・エンジン音の低減
 ・エンジンの振動の低減
は、しっかり感じられました。
 

タウンエース
KR42

2009/04/24


 早速KR42に添加して走らせてみましたが、いい感じです。
オクタンブースター程のインパクトはありませんが、
エアコンをONにして肥料50袋(20kg×50袋=1000kg、積載オーバーです(笑)
この状態だとちょっとした登坂でも激ノックします)積んで走ってもノッキング音は聞こえませんので
良く抑えていると思います。
また、添加量が多いのが最初気になりましたが、
言い換えれば濃度に対して敏感にならなくて済みますので使いやすさは良いと思います。
エンジンのクリーニング効果もあるようですので、しばらく使い続けないと真価はわからないでしょう。

追記2009/05/12

HC33に限って言えばベストはレギュラー70%ハイオク30%にオクタパワー規定量(8cc/L)
orレギュラー100%にオクタンブースター規定量(6cc/L)で、
この添加率だとTEを添加しようが負荷を掛けまくろうがノッキングの発生はありません。
おまけにエアコン負荷が気にならないほどのパワフル感が得られます。
これはH32AやKR42でも同じで、プラグ汚損の問題は添加量を守る(当たり前ですが)ことで解消しました。
どのような理由でプラグ汚損が無くなったのかは不明ですが、規定量を添加することでプラグのトラブルは無くなりました。
(中略)
ただ、高価とはいえ両製品とも確実に目的の効果を出してくれるので、
巷にあふれている燃料添加剤(ノッキング防止剤)に手を出すよりは頼れる商品だと思います。
 

ローレル
HC33
2009/05/08
 
HP管理人ですが、150km程走行し、ある程度テスト結果が出来ましたので報告させていただきます。
燃料タンク65Lに1本=473ml添加しました。
既に結構カラカラ音も条件によって出ておりましたので期待して添加しました。
まず、現れたのは、低速からのトルクアップ。
これは、結構体感できます。
さすがに添加量も規定量ですから、にやけるくらいにアップしています。
他の一般的な燃料添加剤や
当方でも扱っているワコーズのF−1などでは体感できないくらい素直にトルクアップしており、
60km定速巡航では、アクセルに軽く足を載せる程度でも維持できてしまいます。
(元もとF−1はそう謳っていませんので比較してはいけませんが)
そして、もう一つはノッキングの緩和ですが、
オクタンブースターの時とは異なる感触で、
オクタンブースターでは確実に押さえられた訳ですが
このオクタパワーでは完全にはノッキングは押さえられませんでした。

元もと私のローレルはノッキングが出やすいので
他の車両ではまず問題はないかと思いますが
カーブでの車速の減速の後からのアクセルONでのカラカラ音
(=ATの1速から2速へ変わって、その後踏み込んだ状態の僅かな時間、あるいは2速での急な踏み込み時)
が残りますし、
登坂でも僅かに(ほぼ前記と同条件の時)残ります。
例えばジャスコなどショッピングセンターなどのかなり急な駐車場へのスロープでは壁に近いせいもあり
アクセルは深めになり1−2速を繰り返しますので、
結構大きくカリカリ音が踏み込み方次第で聞こえます。
ただし、今までと異なるのは
トルクが落ち込み、このまま踏むとエンジンがかわいそうに感じましたが
登り難くなるほどトルクは衰えませんので、そのまま普通に登ります。
どちらかといいますと、エンジン側のトルクアップで
それ以上のノッキングを緩和させるようなタイプになるのかもしれません。

なお、テストのため登坂中など窓は開けており
普段は閉めておりますから、
同じ条件=閉めた状態なら意識しないなら、ほとんど聞こえないレベルとも思えます。
カーブでの減速後のアクセルONでも、ほとんど聞こえませんでした。
オクタンブースターの場合は1本入れれば
聞こえなくなります。
しかし、値段を比較しますとオクタンブースターのモニター価格は約2倍の価格ですから
夏の登坂などの使用で十分使えるなら
こちらの方で十分と思えます。
ローレルではまずこちらで良いでしょう。

燃費はまだ次の給油までなっておりませんが
ノッキングの緩和があるかどうかのテスト中ですから
走り自体がラフになりアクセルも多少大きめに踏み込みますから
多少悪くなると見ています。
トルクアップに慣れるとついアクセルを踏み込みますが
今までのように普通走行なら伸びてきそうな期待感は十分あります。
なお、カラカラ音をもっと消したい場合は
無鉛レギュラー仕様車でしたら、僅かにプレミアムを入れて調整しますと
面白いのではないかと思えました。

これで清浄作用とノッキングの緩和が出来て、何よりも走りが良くなりますので
一度お試しくださると面白い燃料添加剤と分かります。
なお、トルクアップの体感が不要な方は添加量は半分でも十分かなと思いました。

次回は、半分使用してトルクがどれくらい下がるかどうか変化を比較して見たいと思います。

追記:2009/05/23

添加後1回目でも燃費の向上は認められ、トルクアップ効果の功を奏しているようです。
こちらに記載
燃費の上昇でガソリン代の節約に多少なりとも貢献できるのではないかと思われます。
今回オクタパワーの添加を半分の量にして50jkm走行してみましたが、
もちろんトルクアップの上昇は多少下がりましたが
それでも走ればその効果は感じられました。
今のところ、半分でも走行に特にノッキングが気にならないレベルですので
良く押されられていると感じました。
ただし、万全なノッキング緩和剤としては1本まるまる入れた方が効果的と思えました。
(加速、登坂時の多少のチリチリ音は半分ですと残るかも知れません)

ハイオクを入れても、最初から窓を閉めていても激しく聞こえるようなノッキングが発生する場合は
やはりオクタンブースターのほうが良いでしょう。

追記:
テストが終了し、2回目給油で通常のレギュラーのみで登坂。
今回は残留分も全くないでしょうから、やはり激しくノッキングしました。
 


 


ご意見、ご感想お待ち致しております。
macchann@mbox.kyoto-inet.or.jp

ホーム ページへ