新聞社によるホームページ弾圧はあったのか?


この問題に関して、おそらくは水掛け論に終わるように思われますが、 おろらく一番確実なことというのは、 あるページが、 運営していた掲示板が、 プロバイダーによって削除され、現在は和解が成立しているということだけなのかもしれません。

現在、多くのホームページでこの問題についての追及が行われ、 不買などのキャンペーンが繰り広げられているようでもありますが、 果たして本当に、記者がプロバイダーに圧力をかけたのかどうか、 その新聞社へ事実確認の質問をしてみたところ、 直接のコメントはもらえませんでしたが、 ホームページでコメントが掲載されているようです。

これによれば、調査の結果、もちろんそのような事実はなかったと明言されていますが、 詳細なる記録が開示されているわけではありませんし、 また一方で、日常的にそういう形での取材が行われているという話もありますので、 結局は、すべてが伝聞の形で、何が正しいのか何とも言えないところです。

おそらく、確実に問題であると言えるのは、ホームページ(or掲示板)を一方的に削除したプロバイダーであって、 その言い訳でもあるかのように、新聞社の名前を持ち出したことではないかとも思えてきます。 人権上問題があるとして、自らの判断でページを削除したのであるならば、 それをユーザーに伝えるべきであり、 また仮に外圧によって、納得しないままページを削除したのならば、 その外圧を加えた方も問題ですが、 その外圧に屈したプロバイダーにも問題があります。

言論の自由を考える場合、 もし、その外圧が真実であるならば、それを批判することも重要ですが、 外圧に屈したプロバイダーの姿勢も十分に問われるべきだと思います。 そのへんを調査する時間などないので、簡単な雑感のみしか書けませんが、 もし何かご存じの方があるなら、是非お聞かせ願いたいと思っています。

それにしても、ことの真相は全くの闇のようですが、 もしも、自分の私のホームページが削除されたらという場合を考えれば、 おそらく裁判か何かで、プロバイダーと争うしかないのでしょうが、 その場合、かりに外圧に屈する形で、プロバイダーが私のページを削除したとしても、 被告は当然プロバイダーと言うことになるのでしょう。

何をもって外圧というのか?というのも、難しい問題ではありますが、 もし、私のページに記載されていることを削除するよう要請された場合、 私はその抗議の内容によって、削除するか否かを判断するでしょうが、 その人がどうしても削除させたいと思った場合、 その人がプロバイダーにも、話をもって行くのは、当然の成り行きかもしれません。 そこで、プロバイダーとの話し合いがなされるでしょうが、 もし、プロバイダーがその人の言い分のみを聞いて、一方的に私のページを削除してきたら、 当然、私は納得いく回答を求める権利を有することになります。 そこで再び話し合いが行われ、もし、その中で私の否が認められれば、私は納得するでしょうし、 そうでなければ、告訴も辞さず、法廷で争うか、調停に持ち込むとかという形になるのかもしれません。 そう思うと、言論の自由についていい加減な考えしかもっていないプロバイダーと、 そうでない場合で大きく異なってくるようになるのかもしれませんが、 外圧もさることながら、プロバイダーの姿勢次第によっては、 インターネットにおける言論の自由など、風前の灯火のようなものかもしれません。

続きを読む

一覧に戻る


ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (C) 1997 by namaste-net.