果たして少年法は妥当かどうか?

確かに、少年であれば、何でも許されるという考え方には問題があると思います。 私の言いたいことは、14歳だから許されるということではなく、たとえ成人の犯罪 者であっても、むやみやたらとプライバシーを暴露され、マスコミに制裁を加えら れる筋合などはなく、いわんや更正の可能性もある14歳の少年に対して、プライバ シーを暴露するのは考え物であるということです。更正の可能性があるといっても、 逆に更正しない可能性もまたあるわけですが、その場合は、無罪放免ですから、確 かに納得できない気もします。だからといって、姓名を公開して、社会的な制裁を 加え、社会への放免後も、だれが「酒鬼薔薇」であったかを、みんなで監視しまし ょうというのも、越権行為のように思います。 (もっとも、一般市民にとって、誰が凶悪犯であったのかという事実はわからなくても、 警察のリストからは、半永久的に消されることはなく、 ことあるごとに、警察から監視されてしまう可能性が大きいかもしれません)

これは、少年に限ったことではありませんが、一度犯罪を犯してしまうと、なかな か社会が受け入れない風潮があります。犯罪を犯したのだから当然だということも 出来ますが、それでは更正の機会が奪われてしまうことにもなる様に思います。 確かに、おっしゃる通り、殺人犯が隣に越して来ることは恐ろしいことです。しか し、実際問題として考えれば、懲役を終えて釈放される殺人犯など、多数いるわけ で、その一人一人の名前など、おそらく報道されていても、みんな忘れています。 懲役というのが、戸籍か何かに記載されるのかどうだか知りませんが、出所後も前 科を背負い続ける制度がある限り、更正の機会が狭められているということが言え るように思います。成人であろうが、未成年であろうが、一度でも犯罪を犯せば、 防犯という見地からは、リストアップされていた方が有益である面も多いのでしょうが、 これが極端になれば、更正の機会が、ますます狭められてしまうように思われます。

たった14歳なのか、もう14歳なのか……。「酒鬼薔薇」氏の写真を見た時、私は「 たった14歳」と思ったのですが、コールバーグの道徳性の発達理論などから見ても、 14歳ともなれば、十分に責任能力を問えると考えることが出来るように思えます。 コールバーグの発達段階の妥当性はともかく、行動原理についての分析の成果をみてとるならば、 「罰と従順志向」というのか、特に幼い子供の行動原理として、罰を恐れて 悪事を行わないという傾向があるようですが、少年法による保護によって、刑罰に よる犯罪の抑止力が弱まっていることも事実だと思います。

続きを読む

一覧に戻る


ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (C) 1997 by namaste-net.