佛蘭西古書通信 1997.1 (3) by  泰俊 


 幸ひ入手できたもう一冊の第1番本は、シャルル・ノディエ著『愛書狂』のM.O. ライトによる英訳で、1894年にニューヨークのJ.O.ライト社から出版された特別版、 つまり日本の特製紙に刷られた限定150部のうちの No.1 です。紺色のモロッコ革で 背角を装釘されたこの天金八折版は、惜しいことに、背に接した表紙の溝がわづかに 裂けかけてゐるので、完全な状態の(フランス語ではニッケルと形容される)書物を 欲しがる潔癖症の愛書家たちからは敬遠されたのでせう、ゆくりなくも私の手に転が りこんできました。仏語限定版(初版は『百一の書』第一巻 1832-33 に所収)がこ ちらでも相当の稀覯書であることを思へば、たつぷりとマージンをとつたティポグラ フィも美しい頁のなかで、原書と同じ挿絵(ルロワールの原画からノエルが起こした 45枚の木版画)が楽しめるこの英訳版もなかなか良いものです。ヴァレリー・ラドに よる長めの序も興味深く、ブラールやウェストリーフェンといつた、われらが主人公 テオドールのモデルとなつた実在のビブリオフィルを逸話にもとづいて面白をかしく 紹介してをり、共感(人によつては反感)を誘ひます。

 それにも増してノディエの創作が笑ひと涙を誘つてくれること請け合ひで、 たとへば、愛蔵する書物が台無しになつてしまふ悪夢にうなされてゐるテオドールを、 妻が揺り起こして聞けば、マージンをカットする悪魔だの用紙を酸に浸けて漂白する悪魔だのとチンプンカンプンなこ とを言ふので、妻にはてつきり主人がギリシア語を話してゐるのだ思はれたといふく だりで、「実際、かれはギリシア語が少しはできたのである。その証拠に、かれの書 斎の三棚分を埋めてゐたのはギリシア語の書物であつた、しかもアンカットの。」と いふ具合です。この「アンカットの」といふのが振るつてゐるでせう。書物を読まな い、もしくは読めない愛書家といふ奇妙にも字義矛盾した存在について大いなる興味 をかきたてられると同時に、書物の内容を理解し咀嚼するといふ味読の行為は書物の 外的形態を手つかずで美しい状態のままに保存する行為と両立し得ないのだといふ悲 しい事実を思ひ起こさせます。(頁をカットせずには書物が読めないといふのは、ち やうど、処女の純潔性を失はせることなしには地上における愛の行為を全うしえない やうなもので、アンカット愛好癖はどこかでロリータ・コンプレックスに通じてゐる かも知れません。)

 われらが主人公テオドールは、可笑しくてやがて悲しい最期を遂げることにな ります。人好通りで開催された古書の競売にうつかり日を間違へて出かけたこの 愛書狂を待つてゐたのは、前日にすべて売り捌かれて発送を待つばかりの貴重な 古典籍の初版、著名な学者の手になる完璧な古写本、アカデミーにも大学にも知 られてゐない言語学の稀少文献などといつた垂涎の書物たちでした。なかでも、 そこで見つけなければよかつたものを、1676年刊のヴェルギリウスの背丈を測る におよんで、テオドールは卒倒してしまひます。といふのも、愛用のエルゼヴィ ロメーター(エルゼヴィル版の寸法を測るための精密な150mm尺)で何度測り直し てみても、この書物の背丈は彼がそれまで現存最高の76年版と自負して秘蔵して きたものよりも僅かに「三分の一行」ぶんだけ長かつたからです。三分の一行と いへば、ほんの 0.07mm ほど余白が広いだけです。可哀想に、この世で最高のヴ ェルギリウスを持つてゐるといふ夢を無惨にも破られて、あまりのショックを受 けた彼は、「三分の一行‥」と譫言のやうに繰り返しながら死の床に就くことに なりますが、断末魔のテオドールを見舞ひにきた愛書狂の友は、もはや虫の息で 意識も混濁した彼に、敢へてかう訊いてみるのです。「1635年に刊行されたカエ サルのエルゼヴィル版の本物は、どこで見分けられるんだい?」「149頁が153頁 に誤植されてゐる。」「その通りだ。では、同年のテレンティウスについては?」 「104頁が108頁になつてゐる。」「すばらしい。」…かうして書物への執念が彼 の意識をひととき呼び戻しはしたものの、忌まはしい「三分の一行」には最後ま で勝てませんでした。今際の際にベッドごと書棚の脇に運ばれた一代の愛書狂は、 愛してやまなかつたデュ・スィユやパドゥルプをひとつひとつ取り出して見せて もらひながら、両手にはトゥヴナンを握りしめつつ息を引き取ります。愛書家と しての大往生とはかくやと思はれます。


[続きを読む]

[前回のものを読む] 1997.1(2)


[佛蘭西古書通信目次]

[愛書家ホームページ]


Copyright (C) 1997  ALL RIGHTS RESERVED.