佛蘭西古書通信 1997.8 (2) by  泰俊 


 さて、ヴァンヴを後にした散人さんと泰俊は、いささか重たい収穫を手に手 に抱へながら、つづいてブランションへ向かひました。こちらの会場には屋根 があるので、雨に濡れずに書物を漁れます。まだ昼前で人出も少なく、ゆつく りと見て回りながら、めぼしいものを手に取りつつフランス古書の様々な興味 について一通り説明いたしました。そんななかで散人さんが強い関心を示され たのは、すでにご自身も報告してをられるやうに、名もない人々の古いアルバ ムや目立たぬ昔の風景写真などでした。自分にとつて面白いものを自分の眼で 発見するといふ感じの悠々とした、あるいは飄々とした探求態度に大いなる共 感を覚えたものでした。わたくしの方では、ここでは1819年にロンドンのロン グマンから出版されたウィリアム・ガン著『ゴシック建築の起源と影響につい ての研究』といふ書物を見つけました。これは、中世美術史上では画期的な様 式研究として知られるものですが、布装八折版のこの書物は残念ながら英国の 図書館の払下げ本で、かつ巻末の図版に染みが目立つのが気に入らず、ひとま づは見送ることにしました。さきほどのヴィーラントは迷はず即買でしたが、 ガンのやうに地味な専門書の場合はすぐに売れてしまふはずはないので、売値 が下がるのを待つてみようといふわけです。(とはいへ、かういふ場合のタイ ミングはいつもながら実に難しいものだと思ひます。下手をすると、次に行つ たときにはもう売り切れで後の祭りといふことにもなりかねません。この貴重 な研究書の場合も、この機を逃すとまづ二度とはお目にかかれまいに…と家へ 帰つてから後悔の念が湧きましたが、さいはひ数週間して同じ平台にこの書物 を見つけたので、今度は迷はず過たず入手しました。価格の方は、当初250Fの 値段で売られてゐたものが120Fに下がつてゐましたので、結局は100Fで買ひま した。)さうかうしてゐるうちにお昼になつたので、ひとまづバスに乗つて帰 ることにしました。

 大学都市内の食堂でお昼をすませたあと、フローベールをやつてゐるS君を も交へて泰俊の部屋でコーヒーを飲みながら、ひとしきり十九世紀フランスに おける文学と哲学との知られざる融合関係をめぐつて談論風発の後、ふたたび 散人さんとふたりでブランションの古書市まで歩いて出直しました。すでに五 時をまはつて会場は終はり間際でしたが、さいはひ、ビブリオフィルの友人エ マニュエルが来てゐたので、お願ひしてかれのアパルトマンの蔵書を見せても らひにデファンスまで行くことにしました。散人さんはかれの蔵書とその愛書 観をどう見たでせうか。美装釘の書物についてよりも蔵書登録のシステムにつ いて細かく質問を発してゐられる姿が印象的でした。わたくしにとつてはこれ が四度目の訪問となりましたが、不思議なもので他人の蔵書であるにも拘らず 見るたびに愛着が増すやうな気がしました。グランヴィルの挿絵が入つた『ベ ランジェ全集』などは三組も異なる美装版で揃へてありましたが、その中の一 組は、詩人の自筆書簡が二通も綴ぢ込まれてあるもので、しかも不幸にして 1898年に旧蔵者のビブリオテークが火災に遭つたときに、この全集が運よく救 い出された顛末を伝へる文書の張り込まれた、いはくつきのシミエ装釘全集な のでした。入手にまつはる苦労話も終はらぬうちに、こらへきれなくなつて「 こっこれ……なんとか譲つてもらへないかなぁ?」と頼み込んだのですが、や はり答へは「ノン! これだけは勘弁してくれ」とのこと。ごもつともで、返 す言葉もありません。その他、新蒐のラ・アルプ著『文学史講義』は背革装な がらトゥヴナンの手になる逸品で、これを間近に見せてもらひながら、あぁ眼 福なる哉!と嘆息し、また嘆息するしかなかつた次第です。ヴェルレーヌのや うに「何よりもまづ音楽を」といふ代りに、「何よりもまづ美しい書物を」と いふエマニュエルのアドヴァイスを背後に聞きつつ、ふたりは帰途についたの でした。書物の内容よりも外見を極端に重んずるフランス青年の蒐書態度に恐 らくは大いなる距離を感じたのせう、散人さんは帰りの地下鉄のなかで何か狐 につままれたやうな顔をしてゐました。さういへば、はじめてエマニュエルの 書斎を訪れた日に、わたくしも確かこんな顔つきで帰つたなぁと思ひ出したこ とでした。


[続きを読む]

[前回のものを読む] 1997.8(1)


[佛蘭西古書通信目次]

[愛書家ホームページ]


Copyright (C) 1997  ALL RIGHTS RESERVED.