表紙へ
次へ
ある春の日のことです。

せんたくやさんが、朝おきると、窓からあたたかく、やわらかーい

日ざしがへやのなかに差しこんできました。

そのあたたかさにしばらくふれていたら、 なんとなく散歩したい気分になりました。



次へ