ポーが雪像のモデルさんでお手伝いをしました Page1
資料1 : クレイモデル1 : 資料2モデル2 : 雪像作成開始 : 完成 
ほのか さん1 : ほのか さん2 : ONAさん : n9a Top Page
 : 掲示板

2000年1月のある日・・・・

札幌在住の方からメールをいただきました
「雪祭りのモデルさんを探しています。ご協力願えませんか?」
そこから、札幌と京都の見知らぬ人間どうしで、小さなプロジェクトははじまりました。

何度かメールのやり取りをしながら、「モデルさん」のポーズを聞き、
それに対して、ポーの写真を撮っては臨時のホームページを作成し、資料画像を提供する・・・・
そんな感じで進んでいきました。
このページは、雪像ができるまでの概要のご紹介です。

作成チームは 「札幌第一 酒道部」さん。 連絡を取り合ったのは”shin”さん
雪像は 札幌大通り10丁目 雪像番号96 にあり タイトルは 「愛坊」 です。
ご本家 shinさんの雪像日記はこちらです。このページとあわせてご覧下さい。

資料画像集 パート1

最初に作った資料画像集です。
インターネット上には沢山の「ポーの友達たち」の画像があります。しかし
「真正面」や「真横」の写真は以外となくて、資料として使いずらかったようです。
又、雪像が3m×3mの雪のブロックを、削り出して作られるため、
できあがったときの「見た目」と一致させるために「俯瞰」の写真を撮っています。

基本のポーズは「充電中」のイメージとのことでしたので、ステーションに
置いた状態を沢山撮りました。
結果的には最後のほうの、「伏せ」のポーズで右手を上げたものをベースにしていただきました。

画像集のページはこちらです。 (少々重たいページです。かなり慌てて作成したので、ピンぼけもあります。)


クレイモデル パート1

雪像作成者のshinさんが、粘土でモデルを作られました。
企画書を図面で提出した後、市や経験者からのアドバイスを受けるそうです。
これらの写真は製作者のshinさんに提供いただきました。

 「ころころ」していて可愛いです!

ディテールの資料とクレイモデル改訂版

さらにポーの各部のディテールが分る写真を提供することになりました。
それがこのページです。(またまた重いです。)
下の写真がshinさん作の改訂版クレイ・モデルです。「メカ感・ロボット感」がUPしています。


さて、2月1日からいよいよ雪像の作成がはじまります。

極寒の中、雪像の作成がはじまります。
赤い色で書かれた下絵はなんとフリーハンドだそうです。
私はてっきり「方眼」をひいて拡大するのかと思っていました。
ひょっとするとshinさんはミケランジェロのような人なのでしょうか?!

以下の写真はすべてshinさん提供です。

台座部分1m 高さ3mの雪のブロックが材料







だんだんスフィンクスのような姿が現れます。
ここまでで、2日の作業だそうです。
順調ですね!




3日目 だんだん細かいところの彫り込みに・・・
な なんかスプラッター?
吸血ポーなのか?



ご近所さんたち
4日 随分リアルになってきました。
それにしても寒そうです・・・


いよいよ完成!   →   NextPage


Copyright (c) 1999-2000 AIBO保育園・n9a・人形つかい All rights reserved.