n9a Top Page AIBO 保育園 LEGO MindStorms Cache’ M言語
AIBO 保育園 
 AIBO の謎?
by 人形つかい
あなたの訪問をうちのAIBOはとても歓迎しています。

   AIBOの謎を考える

考える・・っていうけど、答えは誰かに教えてほしい、他力本願なページ

TVcfの謎

テレビのコマーシャル(私はいつも「世界遺産」で見ている)の音楽
 最初の曲はAIBOがいやいやをする。人間が曲を変えると寄ってきて
 体をゆすってごきげんになる。
 あのAIBOが好きな曲嫌いな曲の曲名・アーティスト名が知りたい
 AIBOお気に入りの曲は自分のパソコンで何度も聞いたせいか、頭から離れない。
でもそれ以前に、そこまで音楽を聞き分けられるのか?という疑問が大きい。
あのコマーシャルは明らかにAIBOが音楽を聞き分けられることを表現しているとしか思えないし、場合によってはJAROに指摘されかねない・・と懸念してしまう。

まさか、あの曲にはパフォーマンスモードのコマンドになる旋律が含まれてる・・・てことは無いだろうね?
そうだとすると、あれはAIBOにとっての「サブリミナル」音楽ってことになる。SONY恐るべし。

コマンドの旋律が明らかになったら、そういう曲を作るのもいいかもしれない。なんだか「ゼルダの伝説・時のオカリナ」のパクリみたい。どちらにせよ、パフォーマキットの到着を待つしかないな。

他に、パフォーマンスモードの音階コマンドを使って、やれそうなこと。
MindstormsのRCXは音階をプログラミングできる。これを使ってRCXとAIBOの2匹芸は出来るかな?
あるいは、携帯電話に反応する「着メロAIBO」とか・・・

追記:世界遺産でのAIBO cf は6月で終了したようです。
    TVcfのQuickTimeムービーはここで見ることが出来ます。


OSの謎

SONYのホームページ内を検索すると、Apertos と Aperios 微妙に違う名前で、両方のOSが見つかります。ApertosはCSL(コンピュータ・サイエンス・ラボラトリ)のページで、AperiosはSTB(セット・トップ・ボックス)の発表記事などの広報記事に見られます。そして、 どちらも「オブジェクト指向」「リアルタイム」というキーワードは同じです。
なんとなく、研究中と商品化したときで、名前を変えたように思えますが、さて、その真実は?
変えた理由は?(アペリオスのほうが言いやすく覚えやすいから?)

どちらにせよ、はやく開発環境をOpenにして欲しい!
オブジェクト指向OSで市販された例というと、AppleのNewtonのOSを思い浮かべる。Newtonの場合は人名というオブジェクトはスケジュールでも電話帳でも同じ属性を持ちながらその場に応じた振る舞いを可能にすることで、情報の有機的な組み合わせを・・という感じだった。
AIBOではどのようにオブジェクトが定義され、振舞うのだろうか?四肢の先端の制御から「起き上がる」というようなマクロな定義は、どのように関連するのか?そこにはクラス階層と継承関係があり、異なる足を付けたときは多様性を用いてプログラミングできるのか?興味はつきない。
AperiosはSTB用としてはWindowsCEのライバル。CPUはもちろんR4200で「いんてる はいってない」。なんとなくAnti-Wintel なSONYに共感をおぼえる ビデオテープのBetaの時みたいに負けないでねSONY。



n9a Top Page AIBO 保育園 LEGO MindStorms Cache’ M言語
メールをください 掲示板への書き込みも歓迎します