12 各種設定
1 言語
 下図の初期設定/Web ブラウザ/言語・フォントの「言語」は、サイトによってはブラウザの言語の設定に応じて異なるページが送信されるので、その様なサイトにアクセスする場合は予め目的の言語を設定しておきます。「追加...」を押すと下右図が出るので追加したい外国語を選択し「追加」を押します。「言語」では複数の言語が登録されると上下の移動ボタンが有効になるので、優先順位を設定出来ます。「フォントとサイズ」はブラウザのデフォルトの言語の設定を行います。なお一時的に文字セットを変更する場合は、表示メニューの「文字セット」から目的の文字セットを選択します。
53図初期設定/Web ブラウザ/言語・フォント
2 フレーム
 フレームを表示する様に設定していないと表示できないページがあります。 フレームが含まれているページを更新するとページは元の状態に戻ります。フレーム内を印刷するには目的のフレーム内をクリックし、ファイルメニューの「印刷」を選びます。フレーム内を最新の情報に更新するには目的のフレーム内でマウスを押したままにして「最新の情報に更新」を選びます。
3 スタイルシート
 
スタイルシートはHTML文書にスタイルを設定してページを作成する時に使います。余白、行間、文字や画像の配置、色、フォント、フォントサイズ等を設定できます。HTMLドキュメントの一部として文字にスタイルを設定したり、単独のファイルとして作成してWebサイトの複数のページに適用したりできます。スタイルシートを使うには54図の初期設定/Web ブラウザ/Web コンテンツで「スタイルシートの使用」をオンにします。「独自のスタイル シート」をオンにするとファイル選択ダイアログが出ます。
4 ColorSync を使う
 
Internet ExplorerではJPEG画像にICC=International Color Consortiumプロファイルをサポートしています。どんなJPEG 画像でも表示や印刷時にプロファイルを使ってレンダリングできます。54図の初期設定/Web ブラウザ/Web コンテンツで「ColorSync」をオンにし、表示メニューの「最新の情報に更新」を選びます。なお ICCプロファイルはGIFやPNG 形式ではサポートされていません。
5 現在のページをホームページに設定
 ページ上でマウスを押したままにして「ホームページの設定」を選びます。初期設定/Webブラウザ/ブラウザの表示設定の「ホームページ」の「標準設定」を押すとMicrosoftの標準のホームページが設定されます。 ホームページを使わない様にするには「使用しない」を押します。この場合はボタンバーの「ホーム」ボタンと移動メニューの「ホームページ」は使えなくなります。ページの作成方法を知っている場合は、お気に入りのサイトへのリンクを埋め込んだ独自のホームページを作ると便利です
54初期設定/Web ブラウザ/Web コンテンツ55初期設定/Web ブラウザ/詳細設定

6 複数の接続を使う  画像がすべて表示されない場合はブラウザの更新ボタンで再読み込みして下さい。
 
複数の接続を使うと複数の項目を同時にダウンロードできます。例えば複数の画像が含まれているページをダウンロードする時に複数の接続を使わない場合、画像は1つずつ順番に読み込まれます。複数の接続を使うと複数の画像を同時に読み込めます。
 55図、初期設定/Web ブラウザ/詳細設定の「接続」で「複数の接続をサポートする」をオンにします。必要に応じて「最大接続数:」の値を変えますが、標準では最適のパフォーマンスを得る為「4」に設定されています。最大8つの接続を確立できますが4より多く設定しても多数のサーバから同時に多数のファイルをダウンロードする場合以外、パフォーマンスは向上しません。
サーバのメッセージを表示する
 
サーバのメッセージはページを表示する時に問題が発生した場合に役立ちます。「詳細設定」の「サーバのメッセージを表示する」をオンにします。
7 キャッシュのサイズと保存場所の変更
 キャッシュサイズを大きくするには55図、初期設定/Web ブラウザ/詳細設定で「サイズ:」の値を大きくします。キャッシュフォルダの内容を削除するには「空にする」を押します。 キャッシュフォルダ名や場所の変更は「フォルダの変更...」で指定します。

Internet Explorer 5.0 for Macの目次に戻る