エデンの園には二本の木が立っていた


 アダムとイブが、創造主なる神に背いて、

 取って食べると死ぬといけないから、

 決して取って食べてはいけないと命じられていた禁断の果実を、

 神に背いて、取って食べたというエデンの園の出来事に、

 人間の”罪の源 ”と”死の起源 ”があると聖書は語っています。


 「 主なる神は人を連れて来て、エデンの園に住まわせ、

 人がそこを耕し、守るようにされた。

 主なる神は人に命じて言われた。

 園のすべての木から取って食べなさい。

 ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。

 食べると必ず死んでしまう。」

 (旧約聖書・創世記・2章15〜17節・新共同訳聖書)


 神に背いて取って食べたという、

 神にたいする罪が、

 人間の生に死が入ってきた原因であり、

 生まれながらに罪深い存在として生まれてくる理由なのです。

 生まれながらに負っている罪の性質、

 これが ”原罪・ゲンザイ”と言われるものです。

 この原罪が原因となって、

 思いとなり、言葉となり、行為や行動となり、

 自分にたいして、人にたいして、神にたいして罪を犯すようになったのです。

 聖書・バイブルが語るには、

 園の中央には、”命の木 ”と、”善悪を判断する木・善悪の知識の木 ”の二本の木が立っていると語っています。

 神は、二本のうちの一本、善悪の知識の木だけは、決して取って食べるなと命じられていたのです。


 「 主なる神は、見るからに好ましく、

 食べるに良いものをもたらすあらゆる木を地に生えいでさせ、

 また園の中央には、

 命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。」

 (旧約聖書・創世記・2章9節・新共同訳聖書)


 しかし、神に背いて、その木から取って食べたため、

 人間の生に、罪と死が入ってきたのです。

 創造主なる神に背いた人間にたいして、


 「 主なる神は言われた。

 人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。

 今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、

 永遠に生きる者となるおそれがある。

 主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、

 彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。

 こうしてアダムを追放し、

 命の木に至る道を守るために、

 エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。」

 (旧約聖書・創世記・3章22〜24節・新共同訳聖書)


 「命の木」と「善悪の知識の木」とは、

 二本が対となるもので、バランスがとれていたものです。

 どちらを欠いても、創造の意味は失われます。

 その片方の、善悪を知識の木から取って食べたため、

 私たち人間は、バランスを欠いた不完全な存在となったのです。

 二本があってこそ完全で完璧で安全で平穏な存在だったのです。

 しかし、創造主なる神に背いてエデンの園から追放された人間・・・。

 地上を労苦してさ迷い歩かなければならなくなった人間たち・・・。

 本来、私たち人間は、命と知識という、

 創造と知的な意識を持つものとして創造された生命体なのです。

 しかし、創造主なる神に背いて善悪の知識の木の実を取って食べたことにより、

 人とは違う自分なりの知的な存在をかたくなに主張する個人的存在になってしまったのです。

 創造主なる神に背いたことにより、

 神みずからの創造という、

 神の中に共存する、

 神と共にある私や私たちという存在意識は消え去りました。

 神の中に生きるということは、

 私という存在は、自分を取り巻くすべてとつながった、

 地球上で共につながった、

 一つの家族としてつながった兄弟姉妹という意味なのです。

 すべての人たちが、神を中心とした兄弟姉妹なのです。

 そこにこそ、平穏、平安、安全、安心・・・・・。

 神の平安があるのです。

 神が創造され、神が示された原則に従って歩むことが被造物としての人間の原則なのです。


 「 そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、

 あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」

(新約聖書・ピリピ人への手紙・4章7節・新共同訳聖書)


北白川 スー

関連記事・「霊性」

表紙にもどります。

アーカイブスへ。


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/s-ktsrkw/
Wrote up on 30 May, 2012.