高木茂のホームページ アルコール依存症について02
断酒のすすめ

あなたにもきっと,お酒は止められます。私も断酒に挑戦しています。

悩んでいませんか?
 
あなたは、自分の飲酒問題で悩んでいませんか。
酒が原因で体調を崩しているのに、 断酒は勿論、節酒もできないで焦っていませんか。
前夜の記憶がすっぼ抜け、不安を感じていませんか。
友人や職場の上司に注意されていませんか。
子供の目を恐れていませんか。
離婚話が出たことはありませんか。
もしそうだったら,あなたはアルコール依存症になつているのかもしれません。こう書くとあなたは,おれはアル中になるような駄目な人間ではない,と猛反発すると思いますが,それはあなたがこの病気を誤解しているからなのです。アルコール依存症は酒の飲める人なら誰でもなるごく普通の病気なのです。全国で200万人,慢性疾患の中では一位で,すべての病気を引っくるめても風邪に次いで二位という,恥ずかしがるような特別な病気ではありません。
思い切って,最寄りの断酒会を見学してみませんか。
あなたと同じ悩みを解決し,酒のない楽しいライフスタイルをつくった会員たちが,あなたを暖かく迎えてくれます。
 
巻き込まれていませんか?
 
あなたは夫(妻)の酒に巻き込まれて、疲れ切つているのではないですか。
酒を隠したり、捨てたり、飲み屋に飲まさないように頼んだり、なだめたり、すかしたり説教したり、怒ったりと、大変な毎日が続いていませんか。
そしてあなたは,さまざまな努力が実を結ばないのに絶望して,離婚を考えたりしているのではないでしようか。
アルコール依存症のことを,「家族ぐるみの病気」と言います。酒を飲んでいない家族がどうして病気なんですか,とあなたは納得できないでしよう。しかし,どんなに頑張っても良い結果が出ず,しかも同じことを繰り返していると,人間は心の健康を欠くようになるのです。
人によつてはノイローゼやうつ病になる場合すらあります。
そこで,まずあなた自身を変えることをお薦めします。
発想を変えて,冷静に夫(妻)の酒と向き合うのです。面倒の見すぎや取り越し苦労をやめ,厳しい愛で夫(妻)を包んであげて下さい。あなたが変わることで、あなたの夫(妻)も変わるのです。そのためには,自分を変えて夫(妻)の断酒を成功させた,断酒会員の家族の話を聞くのが一番です。
断酒会や家族会に参加してみませんか。
それがあなたにとつて,最善の方法だと思います。また,専門病院や保健所,そして心のケアーをしている公共の施設に相談してみるのもいいことだと思います。
「思い立ったが吉日」今日があなたと,あなたの家族の新しい人生の始まりです。
とにかくこのホームページをごらんください。
きっと,何かのヒントが得られるのでは・・・あなたのお役に立てば幸いです

京都府断酒平安会中京支部高木茂
 

このページのトップへ


since 1997.10
貴方からのメールをお待ちしています。京都市中京区高木茂st0125@mbox.kyoto-inet.or.jp