高木茂のホームページ アルコール依存症について02
土曜コラム
 
※読みたい年の月をクリックしてください。
2003年土曜コラム
1月2月3月4月5月6月
2002年土曜コラム
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年土曜コラム
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
 
 
2001年土曜コラム

11月3日

今日11月3日は文化の日ですね。皆さんは文化の日が元々
   ┌\/┐  何の日であったかはご存じですか。戦前は「明治節」と呼ばれ
   │◇◆│  ていた国民の祝日「明治天皇の誕生日を祝う日」でした。
    │◆◇│  その元天皇誕生日が「文化の日」に変えられたのは特に意味
    >……    はなくて、昭和の「天皇誕生日」が「みどりの日」に変えられ      
   /    \   たようなもので、日が先にあって後から記念日の名前を付
 /       \  けたのですから、意味や意義は無いのが当たり前です。
 ∞∞∞∞∞∞∞   それよりも日として意味があるのは、現在の「日本国憲法
が公布された日」であることをご存知の方は少ないのでは? 「憲法記念日」は5月3日ですよって?そうです5月は憲法が実際に効力を発した日(施行日)なんです。つまり憲法は、11月に公布され、6ヵ月後の5月から施行されたのです。 文化の日といえば、秋の叙勲ですね。今の時代に勲章なんて時代錯誤だとか目くじらを立てる人も多いと思いますが、昔と違い今では全くの「(国家のために)がんばりましたで賞」ですから、別に良いんじゃないでしょうか。 なんか勲章自体、本人が死んだ後に遺族によって売り払われる場合があるとか聞いたことがありますが、古切手、古銭なんかと同じルートで流れるらしいだけど、やっぱり勲章マニアなんかが買うらしいです。自分が貰ったわけでもない勲章をほしがるなはちょっとどうかと思いますが如何でしょうか? というより、勲章ってその程度の値打ちなんですね。でも叙勲した人は大変です。祝電やお祝いをいただくのはいいのですが、祝賀会とやらを「有志」の名のもとに半ば強制的に開催されて、知らん間に請求書が回ってきてびっくり。 いったい、勲章はいくら貰えると思っているの?ってとこでしょうね。引かれものの小唄ですが、私は勲章なんかもらわなくてよかった!

ところで今日は気象上の「特異日」にあたる日だそうです。特異日というのは「暦の上の特定の日に、ある特定の気象状態が現れる割合が前後の日に比べて極めて高い日」のことをいうそうです。11月3日は「全国的に晴天が多い」という特異日です。雨が多い日、大雪が降る日、台風が上陸する日など、年に28回の特異日がありますが、10月1日、9月1日、6月15日と並んで11月3日は天気の年が圧倒的に多いとか。ところが、明日の天気予報は曇り後雨で、雨男を誇る(?)私が関係する催し「京都おもしろめっせ」〜みやこめっせ発21世紀の京都産業〜が開催されます。それでも晴れだったら、「ほんまもん」の特異日ですね!というわけで、私は今日・明日の二日間岡崎の京都市勧業館(みやこめっせ) に詰めています。お暇と興味のある方はぜひ激励にお越しくださいませ!

 

このページのトップへ



11月10日

周りを比良・比叡・伊吹・鈴鹿の山々で囲まれ母なる湖、琵琶湖のある滋賀県は近畿の東玄関とも呼ばれています。
淡海の国、近江といわれ豊かな歴史のふるさとでもあります。
今世界の湖は水質の悪化、風光の喪失、水位の低下などの環境破壊の危機に悩まされています。
明日11月11日から6日間の日程で、湖沼問題について議論する第九回世界湖沼会議が滋賀県で開かれます。
約70カ国の研究者やNGO(非政府組織)がそれぞれの課題を持ち寄り、英知を結集します。
この会議を前に、琵琶湖の南湖で1994年以降、水草が急激に増殖していることが、琵琶湖研究所(滋賀県大津市)などの調査分かりました。
種類も外来種のオオカナダモなどから、在来種のクロモやホザキノフサモに変わったということです。「環境が改善しているのでは」と研究者は期待していますが、水草は悪臭や船の航行の妨げになるため、滋賀県や大津市では対応にその追われているそうです。水草の増殖の研究は今回の世界湖沼会議で発表されることになっています。
同研究所などによると、南湖で水草の生える面積は94年に11%だったのが2000年には52%に増加しました。これは、94年9月に琵琶湖の水位が観測史上最低のマイナス123センチまで低下し、深くて暗い湖底にまで太陽光が届いたため、水草が根付いたとものと推測されています。
水面や湖岸に打ち上げられた水草は夏場、強い腐敗臭を放ちます。また水面近くでびっしり茂ると、船のスクリューにからみつくため、滋賀県は毎年夏、大津市や草津市沖などで水草600〜3000トンを刈り取りますが、この経費が一億円近くのかかるそうです。
その一方で、水草は植物プランクトンと光や栄養分を奪い合ため水草の増殖で、カビ臭やアオコが減る可能性が指摘されていて、「植物の生態が湖で復元しつつあるのでは」と琵琶湖の水質の回復に注目されています。
何でも利害相反するものなのですね。
今朝は、私たちの命の湖「琵琶湖」のことなら何でもわかるすばらしいホームページをご紹介します。
http://www.pref.shiga.jp/biwako/koai/

滋賀県琵琶湖環境部が作成している 琵琶湖と環境のホームページです。
急に話が変わりますが、今日は小学校のクラス会で石川県の加賀温泉へ一泊旅行に行って来ます。車3台に乗り合わせ、今年は12名の参加です。
琵琶湖の東岸をすり抜けて北陸路へ。小学校(今は統合でなくなった、繁華街のど真ん中「立誠小学校」)を出てから47年、ここ10年来毎年11月の第2週と決めて「子供に返る日」としています。多い年は20名以上の参加も来年は「還暦」です。どんなに賑やかな団体かはご想像どおり、年とともにほんとに子供に返っていくみたいです。理屈抜きの「竹馬の友」です。
 

このページのトップへ



11月17日

京都大発見。まちなかを歩いて京都の良さを再発見しようと、
「歩いて暮らせる街づくり推進会議」主催の「まちなかを歩く日」今年は昨日から始まり、明日の日曜日まで二条通、河原町通、四条通、堀川通に囲まれたエリアにおいて多彩なイベントが繰り広げられています。今年のテーマは〜歩いて暮らせるまちづくり・京都まちなか再発見〜と題しての大イベント。
 伝統産業の紹介、染め工房の公開、町家の公開、お茶会、トークなど…、参加すれば必ず楽しめる多彩な行事です。
 いっぱいある催しのうち一部をご紹介します。
 まちなかまるごとミュージアム歩いて見つける歴史とくらし
〜まちなかウオークラリー〜  おいでやす染めのまち本能(染め工房ツアー)
  鉾の道・まちなか美術館
  文遊回廊 〜京の町家を訪ねて〜
  伝統産業の魅力
  五色の辻市
  祇園囃子と京町家の明かり
  五彩の茶会
  中京堀川東ふれあいフォーラム 〜もてなし往来・三条通〜
  地蔵盆2001交流展・まちなか子ども探検隊写真展
  明かりで結ぶ歴史と文化 
  まちなかアートフェスティバル
  2001 コンパッソ寺町 ストリートギャラリー
  歴史講演会『日本一大きな本屋さんがあった』
  生祥クラシックコンサート
  京都文化博物館別館無料開放  
など楽しくめずらしく得する行事がいっぱいです。
とにかく参加してみましょう。詳しくは、次のホームページでどうぞ!
http://www.city.kyoto.jp/tokei/todu/walkday.htm
パソコンおじさんこと、シゲちゃんマンも久々にまちなかをウオーキング
してみます。 「犬も歩けば棒に当たる」何かいいことあるかも・・・・・?
 

このページのトップへ



11月24日

昨日はまるで初春を思わせるような暖かい一日でした。
祭日ですが、私は朝から仕事でした。そして午後は友達のパソコンのセットアップと年賀状作成ソフトの講習(?)帰りに久ぶりでパソコンショップを覗いてみましたが、なんとなく活気がない。
発売早々のWindows XPの箱が山積みされているのに、全く売れてない。新品のパソコンもこれを機会にとモデルチェンジしての大売り出しをしてるけどさっぱり相手にされず・・・・というより一時ほどごった返してない。
土曜日の夕方だというのに、お客さんの数が少なすぎる。長引く不況の影響は天下無敵といわれた情報通信の分野にも押し寄せていることは、テレビや新聞では知ってますが、昨日はそれを実感したという感じです。パソコンを始め関連機器の値くずれはすごい勢いで、10万円のノートパソコンや千円台のメモリー、一枚30円のCDR等々、そういえば私自身も、メモリーが何万円もした頃(といってもホンの2〜3年前)の方がいろんなものを買いあさっていたような気がします。
 ブロードバンドが身近なものとなっても、普及率はいまいち、いらだったプロバイダーや通信事業者は、値下げ競争・・・・その結果よけいに利潤が減少し、まさに構造不況の見本みたいなもの。
 でも、私は絶対死ぬまでパソコンおじさんでいるんだから。「高木茂は死ぬまでキーボードを離しませんでした。」と言われたいと思っているくらい狂っています。
その私のパソコンに、久々にお越しのウイルスさん。鉄壁の守りは見事に最新のウイルス(ワーム) W32/Aliz.Worm を発見、検疫フォルダーに隔離、ワクチンで撃退しました。このウイルスは11月に入ってから発見されここ数日急に蔓延し出したというもので、私の職場のメールサーバーにも進入し、おとといその定義ファイルを入手し、家のパソコンのワクチンソフト、ノートンインターネットセキュリティーをバージョンアップしたばかりだけに、なんかウイルスが進入したのがうれしいような・・・・というより、見事にはねのけた完璧なセキュリティーに満足しているというおかしな気持ちです。
このウイルスは peace という名前で送られ、whatever.exe という添付ファイルがついています。コンピュータ自身には何も悪さをしませんが、感染するとそのコンピュータに入っているアドレス帳やこれまでにメールを送った人に大対して、勝手に同じメールを何通も送り続けるというやっかいなものです。
コンピュータには大きな症状が出ないのですが知らないまに、どんどんと他の人のパソコンに感染するというタチの悪いやつです。
 本文には、次のような言葉が並べられています。
   1.Fw:、Fw: Re:
  2.Cool、Nice、Hot、some、Funny、weird、funky、great、Interesting、many
  3.website、site、pics、urls、pictures、stuff、mp3s、shit、music、info
  4.to check、for you、i found、to see、here、- check it
  5.!!、!、:-)、?!、hehe ;-)
皆さんも、添付ファイルのついたメールはたとえ良く知っている人からでもご注意を。
特にハッピーとかラブとかピースとかなんとなくやさしい響きのメールは要注意です。
最新の「W32/Aliz.Worm」についての詳しいことは
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/aliz.html をごらん下さい。
 
ウイルス対策、それはワクチンソフトの常駐とこまめなバージョンアップそして怪しいメールは迷わず削除。そしてまた削除、何回きても、何通きても削除あるのみ。決して返信をしないようにご注意を!(そのときウイルスをばらまきます。) 
 

このページのトップへ


since 1997.10
貴方からのメールをお待ちしています。京都市中京区 高木 茂 st0125@mbox.kyoto-inet.or.jp