高木茂のホームページ アルコール依存症について02
土曜コラム
 
※読みたい年の月をクリックしてください。
2003年土曜コラム
1月2月3月4月5月6月
2002年土曜コラム
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年土曜コラム
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
 
 
2003年土曜コラム

6月7日

今年もホタルの飛び交う季節がやってきましたね。そして、じめじめした梅雨・・・
でも私はこの季節が大好きです。ひっそりと咲く陽花の花はことのほか心を癒してくれます。
そして、雨上がりの樹木や草花の出す独特の香りにはこの季節特有の「神秘」を感じます。
雨時から夏にかけては食中毒が気になる季節もありますね。O-157のように、運が悪ければ命に関わるようなケースもあります。そんな食中毒の原因菌に対して、緑茶を始めとするお茶類がいいといわれています。
私は無類のお茶好きで(お酒が飲めないから余計に?)抹茶、煎茶から麦茶やウコン茶・ハーブ茶などいろいろと飲んできましたが、このところは知り合いの勧めで飲み出しただ「ドクダミ茶」にハマっています。
元来薬好きの私、せんぶりや薬草はもともとあのにおいが好きなんです。
漢方薬の匂いを嗅いだだけで顔をしかめる人が多いようですがなぜか私はそれがいいのです。
うん。それで、木の葉の匂いを嗅ぐと心が落ち着くのか・・・なんて改めて感心していますが、とかく梅雨といえばマイナーイメージが強いようですね。雨の中を歩くと靴がずぶぬれになるとか、洗濯のもが乾かないとか、家の中がじめじめするとかノ数えだしたらキリがありませんが、梅雨を楽しく過ごす方法もいっぱいあります。
出まめなくせにお宅ッキーな私は、パソコンに向かってネットサーフィンをしながら、お茶をガブガブの飲むのが「すごし方、その1」です。
考えてみたら安上がりですね・・・・この週末もお天気が乱れるみたいですが皆さんも「雨にも負けず」元気でこの季節を楽しくお過ごしくださいね。
 

このページのトップへ



6月21日

例年になく「梅雨らしい梅雨」の6月。うっとおしいお天気が 続いていますが、いかがお過ごしですか?
今日は久しぶりのお天気ですが、これも長続きはせず、 夕方には崩れてきどうです。
データを見ると、今年は上空の偏西風の蛇行がいつもよりも顕著だそうで、上空の流れが蛇行すると同じ天気が続くそうです。
実際、6月上旬はヨーロッパで異常高温、アメリカ東部では大雨、インドで熱波、日本でも多雨や日照不足と北半球ではあちらこちらで異常気象に見舞われています。
気象庁が発表している3ヶ月予報でも7月になるとオホーツク海高気圧が勢力を強めて、気温が低めに推移すると見られています。今年は梅雨が長く、短い夏になるという予報です。
この不順な梅雨が経済に大きく影響するという記事がありました。ある調査機関によると夏場の平均気温が1℃上昇すると約1000億円から2000億円の夏物商品の消費が増加するそうなんですね。特に夏物電化製品、夏物衣料などは6月、7月、初夏の売り上げが夏全体の売り上げに直結しますので、6月、7月は晴れれば晴れるほどいいことになります。個人消費のUPは景気上昇の起爆剤になりますから、今年の不順な梅雨というのは日本経済にとって痛手になるかもしれませんね。
梅雨といえば、日本特有のものと思っておられる方が多いと思いますが、実は、中国にも朝鮮半島にも、東南アジアにも、インドにもあるアジアの雨季のひとつの呼び方なのです。アジアの雨季は一般にモンスーンと呼ばれており、日本と同じように、雨季は南から北上しています。
気象用語での梅雨の定義とは『春から夏に移る時期にその前後にくらべて雨や曇りが多くなる』ことと、そっけない表現です。
でも、梅雨というのは気象学の専門用語ではなく、季節の言葉なんですね。
つまり雨が何ミリ以上降ったら梅雨になるとか、北緯30度付近に梅雨前線が3日程度停滞すると梅雨入りといったか定義はなく、非常にファジーなものですから、『6月x日に梅雨入りしたと見られる』というような発表になっているんですね。
じゃあ、なんで気象庁が梅雨入り、梅雨明けの発表をしたのかというとサクラの開花予想などと同様にマスコミからの要請を受けて、1964年、今から29年前にサービスをはじめたのですが、これががビール業界、観光業界、流通業界に大きな影響を及ぼすようになって、今ではマスコミの話題として欠かすことのできない「ネタ」となっています。今度は「梅雨明け宣言・・・」なるニュースが待たれていますが、京都の梅雨明けは大体祇園祭のころ、まだまだ長雨は続きそうですね。
雨の好きなあなた、そして梅雨は大嫌いというあなた、とかく嫌われ者の梅雨ですが、私たちにとって大切な季節です。この時期を元気で過ごすことが一年の「元気」を裏づけてくれます。気持ちだけでも明るく・・・・
 

このページのトップへ


since 1997.10
貴方からのメールをお待ちしています。京都市中京区 高木 茂 st0125@mbox.kyoto-inet.or.jp