重大事故多発 自転車保険に加入しましょう。


 自転車は身近な乗り物ですが、それだけに誰もが交通事故とは無縁とは言えません。数年前になりますが、
 小学生がおこした自転車事故で9,500万円もの損害賠償が命じられたニュースは、大きな話題となりました。
 自転車に乗る責任が問われる時代です。

 京都府では自転車保険等に加入することが義務化

 京都府は、自転車事故に伴う「被害者救済と加害者の経済的負担軽減」をめざして、今年4月から自転車保険等への
 加入を義務化しました。
 自転車事故に伴う賠償責任は、加入されている自動車保険や火災保険などの損害保険に特約をつける形でも加入でき
 ますので、確認をお勧めします。

組合のおすすめする「自転車共済」

 また組合では1億円の賠償責任と事故を起こした当人への補償を一体にした「自転車共済」を案内しています。低料金で
 しっかりした補償と好評です。制度に興味のある方は、当組合にご連絡ください。
 
 料金・補償内容は次の通りです。
 〇個人賠償保険
 年間掛金 1400円で最高一億円の賠償責任を補償(家族全員が補償されます)
 〇自転車共済(個人賠償保険への加入が条件)
 年間掛金 600円(自転車に乗られる方一名に付き)自転車による事故での入院・通院を補償
(自分で自転車を運転又は相手が自転車の場合)

 自転車共済に加入を希望する方は、当組合で相談に応じます。

トップページ