三方一両損
〜三方一両損〜

 奉行の大岡越前守のお裁きのお噺です。知っていて損はない(^_^)。

 左官屋さんが、書き付けと印形と3両入った財布を拾う。落とし主は印形から大工と解ったので、早速左官屋さんは大工の所に届けに行く。
 ところが大工は、書き付けと印形は貰うが、落としたお金はもう自分のものでないから持って帰れと言って受け取らない。
 左官屋さんも強情で、そんな金欲しくて 届けたのでないと、口論になる。取りあえず大工の大家さんが仲裁に入って、左官屋はそのまま帰った。
 今度は、左官屋が自分のところの大家に一部始終を話したら、その大家さんは怒って早速大岡越前守に訴え出る。
 白州にでた両人は各々言い分を述べて金はいらないと言い張った。
 そこで越前守は一両出して「二両ずつを両人に褒美としてつかわす。2人とも三両懐に入るところを二両となったのだから一両の損。奉行も一両出したのだから一両の損。これ呼んで三方一両損なり」で無事解決した。
 この後、越前守のはからいで膳が出る。両人喜んで食べようとすると、奉行「いかに 空腹だからと言って あまりたんと食するなよ」

 「へぇい、多かぁ(大岡)食わねぇ」

 「たった えちぜん(一膳)」


要約第1集 要約第2集 要約第3集 要約第4集 要約第5集

目次へ