天然硫黄温泉

鞍馬温泉露天風呂

2005.5.5(木)

ようこそ、京の奥座敷鞍馬の里へ

 京都市街から車で約1時間、北山杉のすがすかしい林間道をドライブすれば、そこにはもう森閑とした京の奥座敷鞍馬の山里。街道沿いに望む鞍馬川、澄み透った空気―そんな山ふところに抱かれる峰麓湯は、ちょっとした秘湯のおもむきがあります。是非一度お越しください。



ようこそ鞍馬天狗の鞍馬山へ<BR> ようこそ鞍馬天狗の鞍馬山へ<BR> ようこそ鞍馬天狗の鞍馬山へ
その鞍馬寺の石段を登らずに道なりにしばらく進むと鞍馬温泉があります。そこが京の奥座敷鞍馬温泉なのです。なお、鞍馬寺から貴船へ行けますので年中ハイカーたちで賑わっていますよ。


写真左が鞍馬温泉の建物です。宿泊もできますし、屋内風呂があります。私は屋内風呂に入ったことがありませんので説明はご勘弁を!鞍馬駅までの無料送迎車が出ます。電車が到着の度に運行されます。鞍馬温泉への交通手段は、バスなら京都バス鞍馬温泉下車。出町柳から出ている叡山電車で鞍馬駅下車徒歩12分ですって。 写真左が鞍馬温泉の建物です。宿泊もできますし、屋内風呂があります。私は屋内風呂に入ったことがありませんので説明はご勘弁を!鞍馬駅までの無料送迎車が出ます。電車が到着の度に運行されます。鞍馬温泉への交通手段は、バスなら京都バス鞍馬温泉下車。出町柳から出ている叡山電車で鞍馬駅下車徒歩12分ですって。 写真左は鞍馬温泉の建物です。宿泊もできますし、屋内風呂があります。私は屋内風呂に入ったことがありませんので説明はご勘弁を!鞍馬駅までの無料送迎車が出ます。電車が到着の度に運行されます。鞍馬温泉への交通手段は、バスなら京都バス鞍馬温泉下車。出町柳から出ている叡山電車で鞍馬駅下車徒歩12分ですって。


写真左は、鞍馬温泉の湧出地です。湯温はそんなに高くないと思われます。だって湯煙が全く立っていませんので…右は露天風呂の峰麓湯です。風呂の入口に番台みたいな小屋がありまして、そこにある券売機で券を買いまして入っていくのです。券を買わなくても現金で入れてくれたら手間が省けるのにね! 写真左は、鞍馬温泉の湧出地です。湯温はそんなに高くないと思われます。だって湯煙が全く立っていませんので…右は露天風呂の峰麓湯です。風呂の入口に番台みたいな小屋がありまして、そこにある券売機で券を買いまして入っていくのです。券を買わなくても現金で入れてくれたら手間が省けるのにね! 写真左は、鞍馬温泉の湧出地です。湯温はそんなに高くないと思われます。だって湯煙が全く立っていませんので…右は露天風呂の峰麓湯です。風呂の入口に番台みたいな小屋がありまして、そこにある券売機で券を買いまして入っていくのです。券を買わなくても現金で入れてくれたら手間が省けるのにね!


露天風呂は、こんな感じですよ。細長くて若干変化を付けた湯船です。どうでしょうか大人20人くらい入れるのでしょうか。この日は、ゴールデンウィーク中でしたので入浴客は多かったです。私は、この露天風呂には今回で2回目です。何年か前の大晦日の日に入りましたが、入れば熱いし出れば寒いしどうしたものなのかと悩んだことを今でも覚えていますよ。やっぱり真冬は止めといた方が良さそうです。 露天風呂は、こんな感じですよ。細長くて若干変化を付けた湯船です。どうでしょうか大人20人くらい入れるのでしょうか。この日は、ゴールデンウィーク中でしたので入浴客は多かったです。私は、この露天風呂には今回で2回目です。何年か前の大晦日の日に入りましたが、入れば熱いし出れば寒いしどうしたものなのかと悩んだことを今でも覚えていますよ。やっぱり真冬は止めといた方が良さそうです。 露天風呂は、こんな感じですよ。細長くて若干変化を付けた湯船です。どうでしょうか大人20人くらい入れるのでしょうか。この日は、ゴールデンウィーク中でしたので入浴客は多かったです。私は、この露天風呂には今回で2回目です。何年か前の大晦日の日に入りましたが、入れば熱いし出れば寒いしどうしたものなのかと悩んだことを今でも覚えていますよ。やっぱり真冬は止めといた方が良さそうです。


今回知りましたが、狭いですが屋内風呂もあったのですよ。温度は、露天より低くその分長く浸かっていられます。ちょっと頼りない温度ですが…冬場は、ここで身体を洗えばよいのですね!前回来た時は、知らなかったので吹きさらしの中身体を洗いました。ですから、真冬は避けた方がええと思ったのですが、こんな場所があるなら心配いりませんね。 今回知りましたが、狭いですが屋内風呂もあったのですよ。温度は、露天より低くその分長く浸かっていられます。ちょっと頼りない温度ですが…冬場は、ここで身体を洗えばよいのですね!前回来た時は、知らなかったので吹きさらしの中身体を洗いました。ですから、真冬は避けた方がええと思ったのですが、こんな場所があるなら心配いりませんね。 今回知りましたが、狭いですが屋内風呂もあったのですよ。温度は、露天より低くその分長く浸かっていられます。ちょっと頼りない温度ですが…冬場は、ここで身体を洗えばよいのですね!前回来た時は、知らなかったので吹きさらしの中身体を洗いました。せやよって、真冬は避けた方がええと思ったのですが、こんな場所があるなら心配いりませんね!


名称 天然硫黄温泉 露天風呂鞍馬温泉峰麓湯
住所 京都市左京区鞍馬本町520
電話 075―741―2131
泉質 単純硫化水素泉(硫黄泉)
効能 神経痛、リウマチ、糖尿病、腰痛等
料金 露天風呂:大人1100円、子供700円。
日帰りコース大人2500円、子供1600円(タオル・バスタオル・ゆかたレンタル付、屋内風呂・露天風呂・休憩室使用可)
時間 10:00〜21:00
宿泊 1泊2食付15,750円〜

京都市内にもこんな露天風呂があるのですよ!スーパー銭湯ばっかり行かないで、たまには山中の温泉はいかが?

感想はここから送れます     特集へ