勧進橋

勧進橋





 京都駅から竹田街道(24号線)を南に向かうと、久世橋通りで鴨川を渡る。
 この鴨川にかかる橋を勧進橋という。
 「勧進」というのは勧進帳でも有名なようにお寺などの建立や修理のために寄付を募ることだが、勧進橋もかつては渡り賃を取られた私有の橋で、渡り賃は伏見稲荷大社の改修費用に充てられたという。
 渡り賃を取られる橋を昔は「銭取橋」といい、今でもこの名前を残す橋は各地に残るが勧進橋も幕末の頃はこう呼ばれていた。

 位置的には昔の洛外にあたり、あまり歴史とは関係のないような橋だが新撰組活動史の中に2回ほど登場する。
 最初は元治元(1864)年6月、池田屋事件に怒った長州勢が大挙して京へ押し寄せてきた時、会津藩兵や見廻組など幕府諸隊が九条河原に布陣したが、新撰組も銭取橋下に誠の旗を翻して布陣し、これが蛤御門の変に繋がっていく。
 次は慶応2(1866)年6月、それまで新撰組の中で高い地位にあった武田観柳斎が薩摩藩と内通していたとして斎藤一に斬られた場所がこの銭取橋であったらしい。
 当時は欄干もないような小さな橋だったようだが、明治時代には路面電車も通るようになって、かなり大きな橋になった。

 写真は明治37年8月に開通した路面電車が勧進橋を渡るところを撮ったものだが、手前に歩行者用、後方に電車用と道が分けてあるのが判る。



 以前は橋の東端から遠く左大文字も望めたが、1997年の京都駅の改修により見えなくなった。また昭和50年代までは周りは大きな染織工場などあったが、大規模マンションがができたり平成23年に阪神高速8号京都線という高速道路ができたりで、工場が無くなりすっかり景色が変わってしまった。