宇治川東岸の道を川上に向かって進むと、朝霧橋の手前に宇治十帖モニュメントが建っています。 源氏物語宇治十帖の中で、浮舟(モニュメントの向かって右側の女性)は薫に連れられて宇治に移りますが、匂宮(モニュメントの向かって左側の男性)は浮舟の居場所を探り出し宇治を訪れます。そして、二人はともに小舟で橘の小島へ渡ったのでした。モニュメントはそのときの場面をモチーフにしています。 すぐそばに宇治川が流れ、背景には朱色の朝霧橋があるこの場所は、絶好のショットポイントになっています。ただ、お昼過ぎ以降は逆光になるので、スケジュールが合えば、午前10時頃から12時くらいまでにショットするのがGOOD。

C4 右下
  アクセス :京阪宇治駅より徒歩約7分
         JR宇治駅より徒歩約17分
宇治神社鳥居前