松林の中の広場に鳩が降り立つ塔の島は、その名前の通り、中央部にシンボリックな
 「十三重の塔」が建っています。塔の島は「浮島」とよばれることもあります。

  「十三重の塔」は高さ15.2mのわが国最大の古石塔です。1286年に奈良西大寺の僧、叡尊が宇治橋の架け替えに伴い、宇治川の殺生禁断と宇治橋供養のために建立しました。以後、洪水や地震で倒壊・傾損を繰り返す度に再建されましたが、1756年の洪水による倒壊の際の復旧は難工事のため断念され、150年もの間、川中に埋没していました。その後、明治41年(1908年)に九重目の笠石と相輪を補い再興され、昭和28年(1953年)には国の重要文化財に指定されました。

C5

アクセス:京阪宇治駅より徒歩約6分
       JR宇治駅より徒歩約13分