宇治橋は646年に奈良元興寺の僧「道登(どうと)」によって架けられた日本最古の橋と言われています。架橋以来、度重なる洪水で流出したり戦渦に巻き込まれたりしながらも幾度となく架替えられてきましたが、これはこの宇治橋が交通の要衝であったからに他なりません。現在の橋は、従来の伝統的な木橋のイメージを残しながらもさまざまな土木技術が駆使され、平成8年3月に完成しました。

源氏物語宇治十帖は「橋」に始まり「橋」に終わる文学です。物語にとって宇治橋は欠かせないものであり、また、昔も今も「宇治の象徴」というべき存在でもあります。

              
橋一つとってもこんなに奥が深い!!

C3
  アクセス :京阪宇治駅より徒歩約1分
         JR宇治駅より徒歩約7分