title わが国の漆工の歴史は古く,約5500年前の縄文前期まで遡ります。土器や木器に塗られた漆は5000年を経た今日でもみずみずしく艶やかな肌を保ち,漆の驚くべき耐久性を示しています。
法隆寺に残る最古の伝世品である玉虫厨子,わが国の考案とされる蒔絵を施した正倉院の唐太刀,日本的な意匠として知られる片輪車蒔絵の手箱,貝を使って風になびく松葉を見事に表現した時雨螺鈿の鞍,秋草を巧みにデザイン化した高台寺蒔絵,今日でも斬新さを感じさせる光琳の八橋蒔絵硯箱。そのどれもがわが国の代表的文化財として伝わります。
漆はまさに日本を代表する素材と言えるでしょう。



元の うるしぬり に戻る


<日本の漆の歴史>年表:代表的漆工品と加飾方法・材料・塗漆方法の成立時期など

*一気にみたい人は こちら をご覧ください(少々時間がかかります)。



ホーム うるしって? うるしのうつわ 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)