title  縄文〜平安時代
 鎌倉〜江戸時代
 幕末〜昭和時代



元の うるしぬり に戻る / うるしの歴史と意匠 目次 に戻る



古代の漆工〜縄文・弥生・古墳時代
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
縄文時代前期
(6000-5000年前)
赤色漆塗櫛
(福井県鳥浜貝塚遺跡)   
黒漆彩文/べんがら/赤漆 黒漆

出土品

うるしの文化 P.4
 藤沢/稲川 
 小峰書店 1992

 福井県立若狭歴史民俗資料館蔵
縄文時代晩期
(3000-2400年前)
籃胎,漆塗土器
(青森県是川・亀ヶ岡遺跡)
赤漆彩文/水銀朱,べんがら

出土品

ほんものの漆器-買い方と使い方 P.74 
 荒川/山本/高森 
 新潮社 1997

 八戸市縄文学習館蔵
弥生時代
(2400-1650年前)
箱状木器
(佐賀県菜畑遺跡)
幾何彩文(赤漆)/べんがら/黒塗

出土品


塗膜断面の顕微鏡写真(×200)
古代出土漆器の研究-顕微鏡で探る材質と技法-P.11
 岡田 
 京都書院 1995

古墳時代
(1650-1400年前)
夾紵棺破片
(奈良県牽牛子塚古墳 )
出土品


このページの最初に戻る



漆工のあけぼの〜飛鳥・白鳳
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
飛鳥時代
(538-645年)
玉虫厨子 漆絵/朱漆(朱以外は密陀絵)/黒漆

伝世品



 法隆寺蔵
白鳳時代
(645-710年)





このページの最初に戻る



基礎の成立〜奈良・天平
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
奈良・天平時代
(710-794年)
金銀平文琴 平文(平脱)/金・銀

唐風の技法・意匠

正倉院の漆工 作品番号288 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
螺鈿箱 螺鈿/夜光貝/水晶ハ

唐風の技法・意匠

正倉院の漆工 作品番号43 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
密陀絵彩箱 密陀絵/油、密陀僧
(他に金銀絵,彩絵油飾) 

唐風の技法・意匠

正倉院の漆工 作品番号16 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
漆皮箱 漆皮
正倉院の漆工 作品番号1 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
乾漆花形椀 乾漆
正倉院の漆工 作品番号134 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
赤漆文欟木厨子 赤漆(セキシツ)木地着色/透漆
正倉院の漆工 作品番号140 
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
金銀鈿荘の唐太刀 末金鏤(鑢粉研出蒔絵)/やすり粉

蒔絵の始まり,唐風の技法・意匠

正倉院の漆工 作品番号4-6
 正倉院事務所 
 平凡社 1975 

 正倉院蔵
塞鉢 乾漆
 東大寺蔵
阿修羅像 脱乾漆
 興福寺蔵

このページの最初に戻る



蒔絵の発達〜平安
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
平安時代
(794-1192年)
海賦蒔絵袈裟箱 対称的・旋回式意匠(唐風)
原色日本の美術 第20巻 P.59 
 山辺/岡田/蔵田 
 小学館 1976

 教王護国寺蔵
片輪車蒔絵螺鈿手箱平塵+研出蒔絵+螺鈿/青金の使用

和風意匠→写生風


 東京国立博物館蔵
蓮池蒔絵経櫃 平蒔絵/平蒔絵の始まり(粉成型の進歩)
 七寺蔵
草花鳥螺鈿飾太刀 木目塗(紫檀塗)+螺鈿
 厳島神社蔵

このページの最初に戻る

鎌倉〜江戸時代


ホーム うるしって? うるしのうつわ 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)