title  幕末〜昭和時代
 縄文〜平安時代
 鎌倉〜江戸時代



元の うるしぬり に戻る / うるしの歴史と意匠 目次 に戻る



輸出漆器のエキゾティシズム〜幕末・明治初期
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法 画像 出典・所蔵
幕末〜明治初期
(1862-1891年)
唐人物置物 彫漆

法橋原舟月 作

ナセル・D・ハリリコレクション 漆芸篇下 P.147 
 同朋舎出版

 個人蔵
金蒔絵芝山細工竜飾付一対 金蒔絵 芝山細工
ナセル・D・ハリリコレクション 漆芸篇下 P.183 
 同朋舎出版

 個人蔵
草花蒔絵盾 漆皮/17〜18世紀のヨーロッパ向け輸出漆器
 京都国立博物館蔵
山水蒔絵装飾箱 ヨーロッパ向け輸出漆器
 東京国立博物館蔵

このページの最初に戻る



名工の活躍・美術性の重視〜明治
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
明治時代
(1867-1912年)
五節句蒔絵手箱 平蒔絵,高蒔絵/青銅塗地

柴田是真 作

近代日本の漆工芸 P.13 
 MOA美術館 1983

 サントリー美術館蔵
烏鷺蒔絵菓子器 柴田是真 作
近代日本の漆工芸 P.13  MOA美術館 1983

 東京国立博物館蔵
八角蒔絵菓子器  白山松哉 作
近代日本の漆工芸 P.13  MOA美術館 1983

 MOA美術館蔵
海辺蒔絵文台  金蒔絵他

川之辺一朝 作


近代日本の漆工芸 P.25 
 MOA美術館 1983

 MOA美術館
熨斗若松蒔絵盆  小川松民作
近代日本の漆工芸 P.23
 MOA美術館 1983

 東京芸術大学芸術資料館蔵

このページの最初に戻る



作家たちの誕生・工芸の近代化〜大正・昭和
時代区分 代表的漆工品 加飾技法・材料・塗漆技法等 画像 出典・所蔵
大正・昭和時代
(1912-1989年)
アルマイト平脱文菊花色紙筥 アルマイト使用

六角紫水作

近代日本の漆工芸 P.34 
 MOA美術館 1983

 東京都現代美術館蔵
沈金猫飾箱 沈金

前大峰 作

近代日本の漆芸 P.93 
 東京国立近代美術館
 1979

 京都国立近代美術館蔵
彫漆クロバー文茶入 彫漆

音丸耕堂 作

近代日本の漆芸 P.73 
 東京国立近代美術館
 1979

 東京国立近代美術館蔵
蓬莱の棚 松田権六 作
近代日本の漆芸 P.17 
 東京国立近代美術館
 1979

 石川県立美術館蔵
乾漆堤盆 乾漆

増村益城 作

近代日本の漆芸 P.87 
 東京国立近代美術館
 1979

 東京国立近代美術館蔵

このページの最初に戻る


ホーム うるしって? うるしのうつわ 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)