title
うるしを塗ることを塗漆(としつ)といいます。古くはKYU外字漆(きゅうしつ)といいました。うるしを塗った製品は縄文時代の出土品の中からも多く見つけることができます。
また,記録によると奈良時代当時行われていた塗漆の方法は現在のそれとあまり違いがなく,少なくとも,この頃,すでに漆を塗る技術が確立していたことがわかります。




click◆木地ろいろ真塗溜塗花塗朱塗潤塗布目塗
布張塗一閑塗白檀塗刷毛目塗叩き塗摺漆◆click

元の うるしぬり に戻る




このページの最初へ戻る

ホーム うるしって? うるしのうつわ 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)