変塗・鞘塗データベース
変塗・鞘塗データベース
変塗・鞘塗データベースは、漆芸家・鈴木雅也氏(鈴木表朔三代)御所蔵の貴重な変塗見本88枚と鞘塗見本200枚(合計288枚)に基づいて、 京都市産業技術研究所工業技術センターが作成しました。データベース化にあたって、鈴木雅也氏には、見本の貸与や技法検討へのご助言など、多大なご協力とご理解をいただきました。漆を科学する会ではこの貴重なデータを多くの方々にご覧頂くことを目的に,Webサイト上で公開するものです。鈴木氏のご厚意により、漆製作の参考にする限りにおいて,データの使用は自由に行うことができます。

 

検索のページ

仕上げ法・下地法・塗技法/加飾法/漆名 /模様/材料・道具など,の5つのジャンルから検索します。

データベースを使用する前に
(必ずお読みください〕

変塗・鞘塗データベースについて

変塗・鞘塗データベースの由来や、名称と技法などについて解説しています。

鈴木表朔について

変塗・鞘塗見本板を製作した京塗師・鈴木表朔の略歴について解説しています。
 
>>漆を科学する会webサイト<<
このデータベースは,京都工芸研究会の協力により管理されています。

ブラウザはMicrosoft社 Internet Explorer 5.2以上を推奨します。

本サイト掲載の情報すべてについて無断転載はご遠慮ください。