title “うるし”は,ウルシノキから採取された樹液すなわち天然の材料です。日本では古く縄文時代から塗料あるいは接着剤として使われてきました。その塗膜は耐久性,耐薬品性(酸やアルカリに強い)に優れ,優美な肌合いと独特の情感を持っています。
うるしの名は,“うるしる(潤汁)”,または“ぬるしる(塗汁)”からなったといわれています。あるいは,“うるわし”から“うるし”になったともいわれています。このうるし独特の滑らかで美しい塗肌は人びとに愛され,その色彩や装飾が人びとを魅了し,今日までに多くの器や工芸品が生み出されてきたのです。


click◆うるしの採取うるしの乾燥うるしの精製うるしの種類◆click



【地域別精製うるしの呼称】
生漆 無油精製漆 有油精製漆
日本産中国産下地 透 研出用黒 研磨用 透 艶有黒 艶有中塗用
津軽 艶漆 生漆 下地 素黒目 黒ろいろ/黒素黒目 朱合 花塗 赤中塗
会津 日本産生漆/辺 生漆 下地生漆 赤ろいろ ろいろ 朱合 花塗(錆あり)/呂花/大艶/黒漆 赤中塗/透中
東京 生正味 生漆 瀬メ 木地呂 黒ろいろ   大艶(二分消)/塗立 赤(透)中塗
輪島 日本産生漆 生漆 生漆 油無し朱合/赤ろいろ/朱合 ろいろ 一口塗(半消) 花塗(半消) 赤中塗
北陸   色溜 下地(錆)用生漆 赤呂 黒ろいろ 赤箔/朱合 塗立/本黒/黒箔 赤中塗
山中 日本産生漆/伊勢早/辺がき 生漆/摺漆 下地 朱合ろいろ/本地呂/赤ろいろ 研出ろいろ/黒ろいろ 朱合/溜/消朱合/黒溜/朱合消/赤消 塗立/花塗/呂花/黒消(消) 赤中塗/透中
木曾 日本産生漆 生漆 下地 赤ろいろ/素黒目 黒ろいろ     赤中塗
高山 日本産生漆 摺用生漆/生漆       春慶   赤中塗
越前 日本産生漆 生漆 生漆 赤ろいろ/透素黒目 黒素黒目 朱合/溜/黒溜 塗立/花塗/呂花/艶消/本消 赤中塗/透中
名古屋 合早 生漆 下地 赤ろいろ 黒ろいろ 朱合/入朱合 花塗/塗立/本黒 赤中塗
京都 上摺/伊勢早 生漆/生水 下地生漆/瀬メ 赤ろいろ ろいろ/本ろいろ 朱合/上摺(半艶)/本金地 真塗(半消)/本黒/艶呂/上花/箔下(消) 赤中塗/赤早
四国 伊勢早 次伊勢早 下地生漆 研出朱合/赤ろいろ/消朱合 黒研出/黒素黒目/黒ろいろ/本ろいろ/生黒目 朱合/塗立朱合 本黒/塗立 赤中塗
九州 伊勢早 摺用生漆/生漆 下地生漆/瀬メ 赤ろいろ/研出朱合 黒ろいろ/ろいろ 赤箔/朱合 塗立/黒箔 箔下 赤中塗
沖縄 伊勢早 吉野   赤ろいろ   朱合 塗立 赤中塗

このページの最初へ戻る

ホーム うるしぬり うるしのうつわ 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)