title

日常の飲食で最も馴れ親しんでいる食器,それは椀です。ふっくらとした優美な曲線 とシャープな直線が心をなごませ,また,緊張感を演出します。炊きたての真っ白な ご飯が暖かそうな湯気をはきながら漆椀に盛られている様は谷崎潤一郎でなくとも米 の飯を恋しく感じると思います。


click◆ 夫婦めし椀 浅め・深めの椀 どんぶり 稚児椀
四つ椀 東尋坊椀 ナッツボウル サラダボウル ◆click

元の うるしのうつわ に戻る / うるしぬり製品 に戻る

タイトル
椀タイトル
夫婦めし椀



このページの最初に戻る



浅め・深め椀タイトル
浅めの椀

深めの椀



このページの最初に戻る



どんぶりタイトル

どんぶり



このページの最初に戻る



稚児椀タイトル

稚児椀1
稚児椀2



このページの最初に戻る



四つ椀タイトル

四つ椀



このページの最初に戻る



東尋坊椀タイトル
東尋坊椀




このページの最初に戻る



ナッツボウルタイトル
ナッツボウル



このページの最初に戻る



サラダボウルタイトル
サラダボウル



このページの最初に戻る



皿マークお皿いろいろ      他マーク器いろいろ


うるしのうつわ


ホーム うるしって? うるしぬり 質問箱(準備中)

掲載している文章・写真・図・イラスト等の無断使用はお断りします。

うるしとうるしのうつわホームページ:漆を科学する会事務局(urushi@mbox.kyoto-inet.or.jp)