災害栄養
ビタミン総合事典
緑

 
医学、薬学、農学、栄養学、生活科学から工学、理学、生命工学へ
《広がりの研究者の分野》


本学会会員の研究分野は、まさに学際的となっており、また、領域での研究は国際的にリードできる分野でもあります。この機会に、ぜひ、本学会に加入頂き、研究論文発表、学会誌投稿、専門研究委員会参加などに積極的に参加いただき、知的交流の輪を広げていただきたいと存じます。


 
保健学的領域から、がん研究、遺伝子学、免疫学、細胞生物学、 酵素化学、 バイオテクノロジーへ 《広がる学問領域》

専門委員会はビタミンの分類を単位として、5委員会が設けられ、学際的研究が進められています。
基礎研究から先端研究までより早く、より深く、より幅広く研究発表、論文発表活動を行っています。厚生労働省の委託研究にも参加する機会があります。また、賛助メンバー会社への知的援助・技術援助も行っています。

 
 《ビタミン学会は、研究成果をいち早く社会に還元し、健康社会をめざしています。》
ビタミン・バイオファクターへの研究開発・商品開発から安全性向上・信頼性向上など国民的関心や知的財産を学術的に援助に貢献できるものと確信しております。
《キーワード》 医薬品の安全性向上、栄養補助食品の信頼性・安全性の確保、予防医学、疲労回復、妊産婦、病後の健康維持、農業、水産業、畜産業の生産性向上・安全性


 

公益社団法人日本ビタミン学会事務局
〒606-8302 京都市左京区吉田牛ノ宮町4 日本イタリア会館
*当学会は、平成27年4月1日付けで公益法人の認定を受け「一般社団法人」から「公益社団法人日本ビタミン学会」となりました。 
TEL : 075-751-0314  FAX : 075-751-2870
E-mail Address : vsojkn@mbox.kyoto-inet.or.jp
*月曜日~金曜日 10時から17時まで, ** 8月中旬と年末・年始には休業いたします。
    
   
■Internet Explorer 7 の動作環境ですべてをご覧になることができます。

Copyright (C) 2008 日本ビタミン学会 THE VITAMIN SOCIETY OF JAPAN