リョウガミクチキツブタケ Ryougamikutikitubutake
Polycephalomyces ryogamiensis (Kobayasi & Simizu) Kepler & J.W. Spatafora, Fungal Biology. vol.117, (9): 611- 622, Sep. 2013
Synonym;
Cordyceps ryogamiensis Kobayasi & Shimizu,Bull. natn. Sci. Mus., Tokyo, Bot. 9(1): 4, 1983
Ophiocordyceps ryogamiensis (Kobayasi & Shimizu) G.H. Sung, J.M. Sung, Hywel-Jones & Spatafora, Stud. Mycol. 57: 45, 2007
.
Ascomycota / Pezizomycotina / Sordariomycetes / Hypocreomycetidae / Hypocreales / Ophiocordycipitaceae / Polycephalomyces (シロサンゴタケ属)

2003年7月14日 長岡京市 Jul. 2003. Nagaokakyo
5月ごろから不規則な白いハリ状の穂を出し一部は7〜9月に結実、一部は穂のまま冬越しする。冬に結実する場合もある。発生環境は松を主体とする混淆林内の倒木。寄主は鞘翅類の幼虫(ゴミムシダマシの仲間)(朽木生)。ストローマの形状は不規則なハリ型、またはフトバリ型。朽木上の部分は単生か数本に分岐する。長さ1.5〜2.5cm 直径1〜2mm 柄は上部は綿毛質で白〜淡黄褐色、基部に向かうに従って褐色が強くなる。越年生のストローマは強靱な繊維質で赤褐色。途中から新しいストローマを分岐する。子嚢果は0.4〜0.5mm×0.2〜0.3mm、淡黄褐色で成熟するにつれて濃くなる。裸生でストローマ上部に不規則に結実する。クチキムシツブタケの一型と思われる。

2003年9月12日 長岡京市 Sep. 2003. Nagaokakyo

2004年1月16日 長岡京市 Jan. 2004. Nagaokakyo

未熟個体2002年12月30日 長岡京市 Dec. 2002. Nagaokakyo

●参考文献 References (1), (2), (3), (4), (6), (10),

標本箱3・・前のページ・・次のページ