混声合唱団CADENZA
アクセスカウンタ

これまでのあゆみ
ステージ情報
主な演奏曲目

Facebook

 混声合唱団CADENZAのFacebookページ

Twitter

勝手に合唱祭!

5月29日・30日に予定されていた京都合唱祭は残念ながら中止になりました。そこで、その日演奏する予定だった曲目をリモート多重録音で収録しYoutube公開しました。感染対策のためリアルでの練習は一度もできず、オンラインで多重録音環境「Soundtrap」を利用しての練習を重ね、Soundtrapで録音したものです。参加できた者も限られ、傷も粗もある演奏ですが、今私たちができることを発信することにしました。私たちは活動しています。
もしこのような活動に共感いただける合唱団の方がおられましたら、ぜひ「#勝手に合唱祭」で勝手に盛り上がりましょう。

「冬のコンサート」配信中!

混声合唱団CADENZAでは、COVID-19感染拡大状況を考慮し今年の演奏会を延期しておりますが、この度、オンラインでのコンサート配信を行いましたので、ぜひご覧ください。

本編はこちら

合唱活動再開のための科学的検証をさらに前進させよう

合唱団におけるCOVID-19集団感染の要因やその対策の要件を科学的に検証することが、プロ・アマ問わず合唱音楽の活動を安心して再開するために必要です。
これまでの研究成果をもとに全日本合唱連盟によりガイドラインが作成され、活動再開の要件整理は進みました。当団でも条件の整う範囲で活動を少しずつ再開しています。とはいえ、合唱活動の安全性に関する科学的情報はまだ不足しており、連盟や各国の声楽関係者のご尽力が続いています。その活動に感謝しつつ、研究の成果を注視し、共有し、できることならその活動を支えてゆきたく存じます。
以下のFacebook記事はガイドライン作成前の5月に投稿した、私たちの偽らざる気持ちです。今もまだ練習参加を見送らざるを得ない団員も多く、リアルでの演奏会の開催も容易ではない中、気持ちはこの時期と大きく変わるものではありません。古い記事ですがご一読いただけましたら幸いです。

合唱復興ポータル(外部リンク)

当団メンバーが運営している、オンライン合唱と合唱に関わるCOVID-19関連情報のまとめサイトです。

2021年シーズンの活動について

2020年シーズンはCOVID-19への対応としてオンラインでの練習を工夫しつつ、条件を整えながらリアルでの練習も行い、冬のコンサート2020の配信を行うことできました。ご視聴いただいた皆様、誠にありがとうございました。2021年シーズンも可能な限り秋に演奏会を開催するべく、まずはオンラインでの練習を始めています。

混声合唱団CADENZAについて

 当団は、1991年末に京都大学音楽研究会ハイマート合唱団のOB・OGおよび当時の新卒団生によって創立され、翌1992年3月には第1回演奏会を開催しました。およそ20〜30名前後の少人数アンサンブルとして、主に京都で練習しています。
 cadenzaとは、協奏曲やソナタなどの即興的自由演奏部分のこと。自発的で自由な音楽表現が私たちの目標です。

団員募集・練習見学について

随時、メンバーを募集しています。詳しくはこちら

関東では

 当団の兄弟といえる「混声合唱団piacere」が活動しています。

YouTubeで演奏配信中

第27回演奏会から

再生リスト(演奏順に再生されます)

https://www.youtube.com/watch?v=FHWdpj9X0-A&list=PLO0zvyIF4mWYUiXaTl7LKspzFi5t5xDhg

新実徳英 混声合唱組曲「幼年連祷」1.花



Johannes Brahms "O Heiland, reiss die Himmel auf"



平田あゆみ 混声合唱組曲「エレメント」3.光



2020年全日本合唱コンクール課題曲G3「うたをうたうのはわすれても」

第24回演奏会から



第25回演奏会委嘱初演:横山智昭作曲「新世界」

「新世界」再生リスト(組曲として再生できます)

https://www.youtube.com/watch?v=vpdkjOgBruw&list=PLpr4-yfrVEYYOEI771rhxn6ip4TkiWUwn

「新世界」から「1.約束」


リンク

混声合唱団piacere(ピアチェーレ)さん
CADENZAの兄弟のような合唱団です。
		
Choeur Chene Choeur Che^ne(クール・シェンヌ)さん

大阪モーツァルトアンサンブル 大阪モーツァルトアンサンブルさん

※リンクポリシー:当団とゆかりのあるページのみにリンクしております。