クチキムシツブタケ Kutikimusitubutake
Polycephalomyces cuboideus (Kobayasi & Shimizu) Kepler & J.W. Spatafora, Fungal Biology. vol.117, (9): 611- 622, Sep. 2013
Synonym;
Cordyceps cuboidea Kobayasi & Shimizu,Bull. natn. Sci. Mus., Tokyo, Bot. 6(4): 131, 1980
Ophiocordyceps cuboidea (Kobayasi & Shimizu) S. Bann, Sakane, Toyama & Nakagiri, Mycoscience 50: 268, 2009
.
Ascomycota / Pezizomycotina / Sordariomycetes / Hypocreomycetidae / Hypocreales / Ophiocordycipitaceae / Polycephalomyces (シロサンゴタケ属)

2004年6月23日 長岡京市 Jun. 2004. Nagaokakyo
発生時季は6〜8月。発生環境は混淆林内の流れに沿った斜面上の倒木。寄主(ホスト)は鞘翅類の幼虫(コメツキムシの仲間)(朽木生)ストローマは針金状で先がやや太くなる。長さ1〜3cm 直径0.5〜1mm 色、白〜淡褐色 寄主の体の両端または途中から1〜2本出る。ちぎれやすい。結実部はツブタケ型、ストローマの先端に塊状密布する。子嚢果は裸生。0.3〜0.5mm×0.15〜0.25mm 淡黄褐色、初めは淡く後にやや濃くなる。長岡京では毎年見られる。時に他種(オイラセクチキムシタケ、コメツキムシタケなど)に重複寄生する。

2002年6月22日 長岡京市 Jun. 2002. Nagaokakyo

2003年7月2日 長岡京市 Jul. 2003. Nagaokakyo

2002年6月22日 長岡京市 Jun. 2002. Nagaokakyo

2001年7月6日 長岡京市 Jul. 2001. Nagaokakyo

子嚢胞子 ascospore
●参考文献 References (1), (2), (3), (4),

標本箱3・・前のページ・・次のページ