メイキング おぶ 手作りみこし
 - 製作開始の巻 -

_/_/_/_/_/ キット到着〜製作開始 _/_/_/_/_/

子供用の樽みこしを作ろうと、準備をしていたのですが、
裏で某見本市のプレゼント企画に当日消印有効で応募。
なんと、本格派手作りみこしが本当に当たっちゃいました!
樽まで準備していたのですが、こうなったら路線変更(笑)!
ということで、みこしの完成までドキュメントをお送りします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 
2002.04.27
なんと軽トラックの宅配便でキットが到着(苦笑);
運転手のおじさんが「みこしを持ってきたけどー」と
何なのコレ?本当にみこし?という疑いの表情。


2002.04.28
入っていた部品を取り出して並べてみました。
鳳凰は思っていたよりズッシリと、重量感が
あり、社殿はいたってシンプルな感じです。

 
2002.05.18
いよいよ作業開始です! 各部品(ヒノキ)を#150の
サンドペーパーで磨いて下地処理の準備に入ります。
社殿の大屋根部分はつなぎ目などにポリパテを充填
して穴埋め作業に取りかかります。付属しているパテで
も良いのですが、今回は乾いてもやせないロックパテを
使用しました。コレは家具を作っている甲南フィックさん
に教えてもらったのですが、さすがプロフェッショナルとい
う選択で、全くやせることなく成形することができます。

 
2002.06.22
磨き作業と並行して、社殿柵の製作に取りかかりました。
1本ずつ切断加工して、木工用ボンドで接着していきます。
擬宝珠を取り付ける部分の加工が結構神経を使います。
白木のままなので、木工製の建築模型のようですが、細部
のディテールはいい感じで、色が着くとどうなるか楽しみです。

1 [2]続く→



Top pageへ戻る