石田衡平 2016・2017

写真  

In memory of my brother,SHO

2017年12月14日は僕の兄・石田 翔の旅立ちの8年目の記念日です

写真拡大
これは2008年の春に撮った写真です。

2017年5月18日は翔の30回目の誕生日

My brother, Sho passed away on 14th December,2009 at the age of 22. Today is his 30th birthday.
2009年12月14日に22歳で他界した僕の兄、翔。
今日5月18日は兄の30回目の誕生日です。

写真拡大
これは2009年2月に撮った写真です。

2017年 新春書芸展

2017年1月6日(金)〜1月9日(月)(祝)  主催 沙羅書芸教室
京都文化博物館 5階 (入場無料)  京都市中京区三条高倉
午前10時〜午後5時、最終日は午後1時まで 

僕は 1/6(金)・1/7(土)・1/8(日)は12:00〜14:00 まで、1/9(月)は12:00〜13:00終了まで 会場にいる予定です     2点 出品いたします     
今年は祖父(奥田昌道)も友情出品で色紙を出品します


鉄道唱歌は3年目でした 今年は南海線52番
歌詞の中の苫が島(友ケ島)灯台を描きました
実物は白色ですが

写真

にわとりと酉の古い書体 こうへい酉年24歳
ヒルティ「眠られぬ夜のために」は祖母奥田幸子の愛読書でした
「寄り添う」は母の心に一年間ありました気持ちです

写真

「我らが外なる人は壊(やぶ)るれども内なる人は日々に新たなり」
コリント後書4章16(新約聖書)

写真

2016年 新春書芸展

2016年1月8日(金)〜1月11日(月)(祝) 
主催 沙羅書芸教室
京都文化博物館 5階 (入場無料)  京都市中京区三条高倉
午前10時〜午後5時、最終日は午後1時まで

僕は 1/8(金)・1/9(土)・1/10(日)は12:00〜14:00 まで、1/11(月)は12:00〜13:00終了まで 会場にいる予定です     2点 出品いたします

今年も新春書芸展に参加することができました。今回の共通テーマは昨年に続き「鉄道唱歌」でした。僕はSLのD51を正面から描きました。歌詞(母)は関西線1 番、明治の頃は網島が始発駅だったそうです。

写真

自由作品はテナーサックス、トランペット、トロンボーンと(申年)さるどしの昔の字を書きました。母は自分の思いを言葉にしました。

写真 拡大

 

リニューアル 2016年4月7日

石田衡平ホームページをリニューアルしました。今までのホームページも メモ帳で HTMLをタグ打ちして作っていましたが、 一部分テンプレートを使っていました。
今回はテンプレートを使わずに スタイルシートもオリジナルのものを作りました。

   
 
  Copyright (c) 2013 Kohei Ishida All rights reserved.