ようこそ  京都ダウン症児を育てる親の会
トライアングルのホームページへ


京都ダウン症児を育てる親の会(トライアングル)
事務局:京都市上京区観音寺門前町819-4・ 高平方
TEL(075)462-5875/FAX(075)465-2202

今月の予定

JCIL シンポジウムのお知らせ

第36回 国際障害者年連続シンポジウム・京都市居宅介護等事業連絡協議会合同企画
(二回連続)

「当事者、支援者、家族、みんなが安心できる地域での生活とは?
〜障害のある人たちが地域で支援を得ながら暮らしていくために〜」

第一回 2022年1月20日(木)13:00-16:30
第二回 2022年2月 3日(木)13:00-16:30

場所:京都市 地域・多文化共生ネットワークサロン(定員先着50名)
   及び Zoom(オンライン)
※新型コロナ感染症の蔓延状況によっては、Zoomのみの開催となる場合があります。

参加費:無料

趣旨:重い障害のある人たちも施設や親元ではなく支援を得ながら地域で暮らしはじめています。でも、ほとんどの当事者、家族、支援者はどうしたらいいかわからず、不安も大きいです。
 障害のある人の地域生活。こんな暮らし方があるんだ、こんな支援を得られるんだ、ということをもっとたくさんの人に知っていただきたいと思っています。
 施設入所の希望者も多く、施設からの地域移行の取り組みもなかなか進みません。どうしたら施設でなく地域での暮らしが実現するのかについて、みんなで話し合いをしていきたいです。
 今回のシンポジウムでは、地域での暮らしとその支援のあり方を紹介しながら、当事者、支援者、家族、みんなが安心できる地域での生活はどのようにして実現するのかについて、多くの人と考えたいと思います。

●第一回(1月20日)
ZOOM URL https://x.gd/GWme5
ミーティングID: 863 6588 9939 パスコード: 220120

※会場はJCIL事務所に変更になりました。

内容(発表者)
・医療的ケアのある人たちの地域での暮らし、筋ジス病棟からの地域移行
(日本自立生活センター(JCIL)岡山祐美さん、大藪光俊さん、野瀬時貞さんなど)
・知的障害のある人たちの地域での暮らし、当事者、親、支援者の思い
(「京都ダウン症児を育てる親の会トライアングル」平惠子さん、JCIL廣川淳平さんなど)
・居連協の取り組み(「暖」八十島美奈子さん)
・入所施設の状況、職員の思い(京都府立心身障害者福祉センター宮崎正樹さん)
・京都市の取り組み(京都市障害保健福祉課・施設福祉担当者及び在宅福祉担当者)
・研究者のお話(同志社大学・鈴木良さん)

●第二回(2月3日)
ZOOM URL https://x.gd/y5Okg
ミーティングID: 817 0376 9195 パスコード: 220203

内容(発表者)
・精神科病院からの地域移行の取り組み
(いわくら病院院長蓑島豪智さん、ソーシャルワーカー丁春Yさん)
・精神障害のある人の地域での暮らし、当事者の思い(精神障害当事者)
・重い知的障害・行動障害のある人たちの地域での暮らし(「ベテスダの家」中西昌哉さん)
・居連協の取り組み(「愛隣館」平田義さん)
・京都市の取り組み(京都市住宅政策課)
・研究者のお話(立命館大学・岡田まりさん)

各回とも、休憩時間にギター演奏等による憩いの時間をもうけます。

共催:「国際障害者年」連続シンポジウム運営実行委員会、京都市居宅介護等事業連絡協議会、DPI日本会議
後援・助成など:京都府、日本社会福祉弘済会・具進会、他








トライアングル30周年記念フェスティバル

トラフェス

2015年10月31日(土)
みやこめっせ(京都市岡崎)にて開催いたしました!
 
たくさんのご来場、ありがとうございました!

トラフェスのページへ 



冊子「あなたに伝えたいこと」
―染色体異常の子どもを持たれたご両親のために―

私たちは染色体異常を持つ子どもを授かり育ててきました。はじめて、生まれてきた子に障がいがあることを告げられた時のおどろき、とまどいは今も忘れることができません。
でも、笑うようになり、あやせば応えるようになるとかわいさも増し、手のかかることも確かに多いけれど、気がつけば私たちは穏やかにふつうの暮らしをしています。そんなことを知ってほしくて、この冊子を作りました。
生まれてきた赤ちゃんに染色体異常があるとわかってとまどっているお母さんたちに手渡したいのです。
保健所や病院、産院にお願いして手渡してもらえますよという方、「あそこに置くといいんじゃない?」とお心あたりのある方、事務局員までお知らせください。

会員、賛助会員、そして染色体異常の子を持つ親は無料。
一般の方は1冊300円です。

電子図書もあります。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/angle-3/anatsuta.epub


イオン幸せの 黄色いレシート・キャンペーンにご協力をお願いします。

イオン 京都五条店のみ

毎月11日のイオン・デーには、ボランティア団体などの名前を書いた投函BOXがお店に置いてあります(エスカレーター辺り)。
買い物をされた方は、レジ精算時に受け取る黄色いレシート「京都ダウン症児を育てる親の会・トライアングル」のBOXへ入れください。
レシート金額合計の1%が「贈呈額」となります。


このホームページについて





トライアングルにご入会くださる方は、電話またはメールでお知らせ下さい。
年会費は以下のとおりです。

正会員(染色体異常児(者)のご家族) 会費−1年間:4,200円
  (初年度:月割350円×4月までの月数+資料代1,300円)
賛助会員(トライアングルを応援して下さる方)会費−1年間:1,500円(何口でも歓迎)

郵便振替口座 01070−3−39245/京都ダウン症児を育てる親の会



ご寄付もありがたく頂戴します。


トライアングルの事務局へのメールはこちらへ
angle-3@mbox.kyoto-inet.or.jp
・お返事できなかった方、ごめんなさい。
・アンケート調査の依頼はメールではお引き受けできかねます。

父親の会員へのメールはこちらへ
高平福治
CZP11765@nifty.ne.jp

リンクはこのページにお願いします。