新日本婦人の会 京都府本部です

 新日本婦人の会(略称:新婦人)は、1962年10月19日に結成された、国連認証NGOです。
会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した婦人運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名を連ねていました。
当サイトは、新婦人京都府本部および、府下の各支部のとりくみなどについて、紹介しています。
入会や新婦人しんぶん購読に関するお申込み・お問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAXなどでお気軽にどうぞ。
▼新婦人について、詳しくはコチラから中央本部のサイトへ

★何か始めてみたい方に(体験会や、おすすめサークルなどのご紹介)
▼親子リズム・子育てサークルの9月・10月の日程はコチラ
▼小組(サークル)体験会や各支部のとりくみのご案内 
(各地域のサークルについては「小組(サークル)」を参照ください)

最新情報(2016/9/20)

▼これまでのとりくみについてはコチラ
ライン
サイト不具合のお詫び(復旧しました)
2016年9月8日から9月20日にかけて、wwwサービス提供会社のサーバー移行に伴うトラブルにより、当サイトの表示が7月7日付けの古い内容であったり、表示ができないなどの不具合が発生しました。またこの間はサイトの更新もできなくなり、ご利用の皆さまにはご不便をかけたことをお詫びいたします。
ライン
稲刈り交流会
(9月18日)
空模様が心配された稲刈り交流会は、曇天の下で力強い嵐山太鼓の演奏で始まり、午前中の体験会は雨に降られること無く無事に終わりました。雨はお昼休み中に降り始め、午後からの稲刈りは小雨模様の中で一部を刈りとるだけにとどまり、交流会は繰り上げ終了しました。
 それでも参加者は元気いっぱいで、太鼓の体験をさせて頂いたり、泥だらけになってサツマイモを収穫、タマネギの皮で染色に挑戦したり(鮮やかな黄色に染まります)、定番となった手打ちうどん・ころがしアイス・ピザ・飯ごう飯炊きのほか、密かに人気の生産者の指導による縄わないに夢中で取り組みました。
 稲刈りには何度も参加したという子どもたちは、鎌の扱い方も覚えていて、そこだけはペース良くさっさと刈りとりが進んでいました。稲刈り参加者には刈り取った稲穂のおすそ分けがあり、子どもたちは笑顔で持ち帰っていました。


ライン戦争法を廃止に!2000万人署名、10月末まで引き続き集めています
私たちは「総がかり行動」が呼びかける2000万人署名に呼応し、京都府の新婦人では5万筆を目標に署名をつみあげようと府下の各支部でそれぞれ目標を掲げて、「レッドアクション」と称して赤い衣服を身につけ、スーパーや駅前など定期的に街頭で宣伝したほか、保育所や幼稚園前でシール投票をしたり、いきつけの商店や医院、寺院や教会などにも申入れ、何度も行動を繰り返しました。
この署名とレッドアクションは、10月末まで引き続き取り組んでいきます。
7月28日現在の、京都府下の新婦人全体の到達は約49624筆です。
京都おんなのレッドアクション 19日午後6時30分〜三条河原町で署名宣伝行動を予定
「女たちの憲法学習会(仮称)」 日時:10月22日(土)午後2時〜5時
場所:真宗大谷しんらん交流館(旧大谷会館)
内容:詳細は後日
ライン
各種学習会・集会ご案内(他団体主催) いずれも、どなたでも
「生かそう憲法 守ろう9条 11・3憲法集会in京都」=11月3日(木祝)円山音楽堂、午後2時〜(集会終了後パレード)雨天決行、参加費無料
詳しくは「学習会・イベント」ページでご覧ください。
ライン
新婦人しんぶん」モニター募集中 *現在会員や読者ではない方に
社会やくらしのこと、お料理のレシピなど身近な情報を載せた週刊新婦人しんぶんを4週間、試読して頂けます。お申し込み京都府本部まで。
ライン

更新情報

2016.9.29 取り組み イベントカレンダー 支部の取組み 親子リズム日程
2016.9.20 サイト復旧 取り組み 会員向け

2016.9.1 取り組み 支部の取組み  イベントカレンダー
2016.8.18 取り組み 支部の取組み
▲Page top