新日本婦人の会 京都府本部です

  新日本婦人の会(略称:新婦人)は、1962年10月19日に結成された、国連認証NGOです。
会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した婦人運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名を連ねていました。
当サイトは、新婦人京都府本部および、府下の各支部のとりくみなどについて、紹介しています。
入会や新婦人しんぶん購読に関するお申込み・お問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAXなどでお気軽にどうぞ。
▼新婦人について、詳しくは中央本部のサイトへ

何か始めてみたい方に

京都府内各地の支部でとりくんでいる体験会や、おすすめサークルなどのご紹介。
親子リズム・子育てサークル=6月・7月・8月の日程
府内各支部の小組(サークル)体験会・とりくみ=日程のご案内
(各地域のサークルについては「小組(サークル)」を参照ください)

最新情報(2018/6/21)

▼これまでのとりくみについてはコチラ
Twitterも併せてご覧ください
ライン
学習会「原発事故から8年目をむかえて 帰還、高線量、除染、生業 福島のいま」 どなたでも
日時:7月6日(金)午後1時30分〜午後4時
場所:ひとまち交流館 第5会議室3階(下京区河原町正面・東側)
費用:無料
内容:原発事故から8年目の春を迎えた福島。避難指示が解除されて帰還された方、避難地で新たな暮らしを紡いでいる方、それぞれの思いを写真を交えて話していただきます。
ライン
京都府の原子力防災課と懇談をしました
 5月23日、新婦人も参加する「原発ゼロをめざす京都ネットワーク」が、京都府の原子力防災課と懇談し、 西脇知事に対し「関西電力大飯原発4号機の再稼働及び老朽原発の延長に対し、反対表明するよう求めます」の要望書を提出しました。
 大飯原発4号機の再稼働に先立ち、西脇知事が 関西電力の社長と面談し、原発の安全確保対策について協議したにもかかわらず、その場で再稼働に反対表明もなく「一定のプロセスの中で決まっていること」と容認する立場を表明したことは問題と指摘しました。これに対し、現知事は「基本的には山田知事の態度を継承している」と回答。 懇談ではさらに、避難者支援、核燃料の中間貯蔵施設、府の避難計画について具体的にやりとり。 まずは 何よりも 現在稼働している原発を止めることが最優先であると重ねて要望しました。
 最後に原子力防災課に要請書を手渡し、老朽原発は原則廃炉、放射線廃棄物の府内への受け入れはないときっちり再確認しました。
ライン
大相撲巡業の対応について、舞鶴市男女共同参画係へ申し入れをしました
 4月に舞鶴市で開催された、大相撲春の巡業での女性差別問題に関わり、5月22日に 新婦人舞鶴支部は、問題の起こった舞鶴市としても、日本相撲協会に対し「土俵は女人禁制」という慣習の見直しをもとめるよう要望書を提出・懇談しました。 人権啓発推進室の男女共同参画係の職員さんが対応されました。
ライン
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(通称3000万署名)にご協力ください
 いま、憲法9条はとてつもない危機に見舞われています。この9条のおかげで、私たちは武力によって他国を攻撃することなく、世界からも「平和の国」と認められてきました。しかし安倍首相は、2020年に自衛隊を明記した新しい憲法を施行したいと表明し、憲法9条を変えることによって「戦争する国づくり」の総仕上げをしようとしています。
 その危機に立ち向かうため、さまざま思想信条の人々が集い「安倍9条改憲」反対の一点で手をつなぎ、署名に取り組むことになりました。
 署名用紙は、お近くの新婦人支部事務所または京都府本部までご連絡くだされば、お届けします。また新婦人中央本部の特設ページから署名用紙のダウンロードもできるので、ご活用ください。
 この署名はいったん5月末で集計がされますが、安倍政権が改憲発議を断念させるまで取り組みます。ライン
やった〜! 核兵器禁止条約実現! 引き続きヒバクシャ国際署名にご協力を
←京都府本部でタペストリーを作成しました

7月7日ついに核兵器禁止条約が122の国と地域の賛成をもって採択されました。この条約は今年9月から署名が始まり、50カ国が批准の手続きを終えたのち90日後に発効することになっていて、100ヵ国以上が加盟する見通しです。しかしアメリカやロシアなどの核保有国や、「核の傘」に守られているとする日本は、「核兵器を一方的に禁止することは世界の安全保障の現実を踏まえていない」として、条約に参加しない見通しです。
今後私たちにできることは、日本がこの条約に調印し参加するように、署名や宣伝などでゆるぎない世論を作り上げることです。ぜひヒバクシャ署名に引き続きご協力をお願いします。 
ヒバクシャ国際署名は新婦人中央本部のサイトからダウンロードできます。書きこんだ署名はお近くの新婦人支部事務所にお届け下さるか、または京都府本部までご連絡ください。
ライン
さまざまな学習会・イベントのおしらせ 
こちらは他団体から案内があった学習会やイベントについてのお知らせです。詳しくは「イベントカレンダー」でご確認ください。
6月24日(日)「第63回京都母親大会」午前10時〜午後3時30分、京都テルサ
7月21日(土)「中学校をすべての子どもたちに」午後2時~4時、下京いきいき市民活動センター
ライン
新婦人しんぶん」モニター募集中 *現在会員や読者ではない方に
社会やくらしのこと、お料理のレシピなど身近な情報を載せた週刊新婦人しんぶんを4週間、試読して頂けます。お申し込み京都府本部まで。

更新情報

2018.6.21 取り組み 支部の取組み 過去の取り組み

2018.6.14 取り組み 支部の取組み イベントカレンダー2018.6.7 取り組み 支部の取組み イベントカレンダー 過去の取り組み
2018.5.31 取り組み 支部の取組み イベントカレンダー
▲Page top