新日本婦人の会 京都府本部です

  新日本婦人の会(略称:新婦人)は、1962年10月19日に結成された、国連認証NGOです。
会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した婦人運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名を連ねていました。
当サイトは、新婦人京都府本部および、府下の各支部のとりくみなどについて、紹介しています。
入会や新婦人しんぶん購読に関するお申込み・お問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAXなどでお気軽にどうぞ。
▼新婦人について、詳しくは中央本部のサイトへ

何か始めてみたい方に

京都府内各地の支部でとりくんでいる体験会や、おすすめサークルなどのご紹介。
親子リズム・子育てサークル=10月・11月・12月の日程
府内各支部の小組(サークル)体験会・とりくみ=日程のご案内
(各地域のサークルについては「小組(サークル)」を参照ください)

最新情報(2017/10/19)

▼これまでのとりくみについてはコチラ
ライン
新婦人秋の行動が始まりました
毎年秋にとりくんでいる、新婦人秋の行動。今年は
「改憲でなく、教育予算の増額で教育費の無償化を求める請願」
「社会保障の大幅削減を中止し、保育、医療、介護、年金などの拡充を求める請願」
「消費税増税と大軍拡を中止し、税の集め方・使い方の抜本的見直し、暮らし向上を求める請願」
以上の3署名にとりくんでいます。京都府内の各地で新婦人の会員たちが街頭で署名の訴えをおこなうなど、皆さんのご協力をお願いして集めています。ご協力いただける方は、お近くの新婦人事務所や会員にお声かけください。
ライン
稲刈り交流会9月24日
秋晴れの青空の下で、新婦人やゲストさん、そして生産者併せて380人が参加しました。
午前中の体験会は、初めての野染め(木の葉などをつかって白い布を自然由来の染料で染めます)に大人も子どもも大興奮。指導する先生のお話が面白いと、見学する人もたくさんいました。そのほか、手打ちうどん、ピザ、バター作り、縄ない、自然観察などに分かれて楽しみました。午後からは待望の稲刈りです。生産者から鎌の扱い方、刈った稲の束ね方を習ってから田んぼに出発。まずはコンバインでの刈りとり作業を見学したあとで、3つの班に分かれて田んぼに入りました。みんなで懸命に稲を刈って、約1時間後にすべて刈り終えました。刈った稲を束ねて、稲木にかける作業もみんなで手伝いました。この時点で大人はヘトヘトなのに、子どもたちはこの後玉入れにも興じて、最後まで元気に過ごしていました。
当日の写真が、会員向けコンテンツからご覧いただけます。
ライン
中学校給食アンケート「小学校と同じ給食を望む声97%」
京都市の中学校給食に関するアンケートは、用紙とオンライン合わせて775通(中学生の保護者308、小学生・未就学児の保護者444、そのほか23)が寄せられ、自由記述欄を通じてたくさんのご意見も頂きました。ご協力ありがとうございました。
▼アンケートの結果はこちらからご覧いただけます
頂いた回答・ご意見は集約して、8月17日に記者発表をおこないました。アンケートの結果では、小学校と同じ給食を望む声が97%とたいへん多かったことを報告しました。現在の京都市の民間業者に製造委託して希望者に提供するやり方では、「小学校のようなアレルギー対応がない」「就学援助制度を利用する家庭で、現物支給のはずの給食を利用しない場合は何の支援もない」などの問題点があることを指摘しました。当日の参加者からは「なぜ全員制の給食を実施しないのか、市から納得いく説明がない」「子どもの貧困問題が注目される中で、給食が命綱になっているとの報道もある」との発言がありました。 このたびのアンケートの結果を踏まえて、9/7に市教委との懇談を行う予定です。
  また西京区では保護者で会を作り、京都市に向けた署名にとりくむなど、運動が広がっています。
新婦人しんぶん5/18号1面2面に、京都での中学校給食実現運動が特集されています。読んでみたい方は、お問い合わせくだされば見本誌をお渡しします。
ライン
やった〜! 核兵器禁止条約実現! 引き続きヒバクシャ国際署名にご協力を
←京都府本部でタペストリーを作成しました

7月7日ついに核兵器禁止条約が122の国と地域の賛成をもって採択されました。この条約は今年9月から署名が始まり、50カ国が批准の手続きを終えたのち90日後に発効することになっていて、100ヵ国以上が加盟する見通しです。しかしアメリカやロシアなどの核保有国や、「核の傘」に守られているとする日本は、「核兵器を一方的に禁止することは世界の安全保障の現実を踏まえていない」として、条約に参加しない見通しです。
今後私たちにできることは、日本がこの条約に調印し参加するように、署名や宣伝などでゆるぎない世論を作り上げることです。ぜひヒバクシャ署名に引き続きご協力をお願いします。 
ヒバクシャ国際署名は新婦人中央本部のサイトからダウンロードできます。書きこんだ署名はお近くの新婦人支部事務所にお届け下さるか、または京都府本部までご連絡ください。
ライン
さまざまな学習会のおしらせ 
詳しくは「イベントカレンダー」でご確認ください。
11月3日(金祝)、安倍改憲NO! 11・3憲法集会in京都(午後1時30分〜3時、円山野外音楽堂)
ライン
新婦人しんぶん」モニター募集中 *現在会員や読者ではない方に
社会やくらしのこと、お料理のレシピなど身近な情報を載せた週刊新婦人しんぶんを4週間、試読して頂けます。お申し込み京都府本部まで。

更新情報

2017.10.19 支部の取組み 取り組み リズムカレンダー イベントカレンダー
2017.10.13 支部の取組み 
2017.9.28 支部の取組み リズムカレンダー

2017.9.24 会員向け  取り組み
▲Page top