新日本婦人の会 京都府本部です

  新日本婦人の会(略称:新婦人)は、1962年10月19日に結成された、国連認証NGOです。
会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した婦人運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名を連ねていました。
当サイトは、新婦人京都府本部および、府下の各支部のとりくみなどについて、紹介しています。
入会や新婦人しんぶん購読に関するお申込み・お問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAXなどでお気軽にどうぞ。
新婦人について、詳しくは中央本部のサイトへ

★何か始めてみたい方に(体験会や、おすすめサークルなどのご紹介)
▼親子リズム・子育てサークルの6月・7月の日程はコチラ
▼小組(サークル)体験会や各支部のとりくみのご案内
(各地域のサークルについては「小組(サークル)」を参照ください)

最新情報(2017/6/22)

▼これまでのとりくみについてはコチラ
ライン
京都市の中学校給食アンケートにご協力ください 京都市内にお住まいの保護者の方
全国の中学生の81%が毎日給食を食べていますが、京都府は36%と全国ワースト2。しかも京都市の中学校給食は選択制で、利用者は34%とたいへん低い状況です。私たち新日本婦人の会は、すべての中学生の栄養を保障し、給食を通じて食育が行えるよう、小学校と同じような温かくておいしい全員制の中学校給食をと署名を集め、京都市や市議会に要望をし続けています。
 今回は保護者のみなさまのご意見を多数お伺いし、それを京都市に提出しようとアンケートにとりくむことにしました。どうぞご協力をお願いいたします。
6月末まで延長しました!
新婦人しんぶん5/18号1面2面に、京都での中学校給食実現運動が特集されています。読んでみたい方は、お問い合わせくだされば見本誌をお渡しします。
バナー
アンケートはこちらのリンクからもご回答いただけます
ライン
「共謀罪」法案の強行採決をしました。多くの国民が反対し、内心の自由を侵害する違憲立法は、審議の中で次々に矛盾や疑問が噴出し、これまでの答弁でもまともな議論や答弁もできず、つぎつぎに綻びがでていました。それを数の力で押し切り、法務委員会での採決も省略しての強行採決は、国権の最高機関の権威を失墜させるものであり、議会制民主主義を根底から覆す暴挙です。私たちはこんな横暴を決して許すことができません。
「共謀罪」の強行採決につよく抗議します。
ライン
核兵器禁止条約実現に向けて、ヒバクシャ国際署名にご協力を
6月15日から国連において、第2期核兵器禁止条約交渉会議が始まりました。この会議に際し、新日本婦人の会・笠井喜美代会長がスピーチを行い、被爆国の女性や市民の運動と声を届け、欠席している日本政府に交渉参加・条約批准を求めていく決意を述べました。また17日のニューヨーク市内で行われた「核兵器禁止女性行進」においても、スピーチをしています。これらのスピーチの内容については、新婦人中央本部のサイトをご覧ください。
この会議に呼応して、6月16日(金)の午後1時〜3時の間、祇園石段下にて国際署名宣伝行動を行いました。府内各地の新婦人支部からの参加があり、世界各地から来た観光客の方々が署名に応じて下さいました。また府内の各地域でも宣伝や折り鶴パレードに取り組みました。
ヒバクシャ国際署名は新婦人中央本部のサイトからダウンロードできます。書きこんだ署名はお近くの新婦人支部事務所にお届け下さるか、または京都府本部までご連絡ください。
ライン
講演会「自己責任」より「事故責任」〜なぜ私たちは避難せざるをえなかったか〜
 
5月30日の講演会には、新婦人内外から60人が参加。浪江町出身の菅野さんは、「どこから避難したかではなく、被ばくから逃げて来たのです」「原発に反対するのは、政治的な偏りではない。福祉を必要とする状態を大量に生み出すのが、原発事故と戦争です。反対するのはあたりまえ」と訴え、政府や東電の問題から、被災した各自治体での対応の違い、福祉の視点から見た「ふるさとへ帰ること」への葛藤、いまなお復興がすすまない現実、廃炉への道のり、分断される被災者など、原発事故に端を発した問題が山積みだと、自身の経験やデータを元にリアルなお話してくださいました。
 高浜原発の再稼働についても強く懸念をあらわし、「あなたがたも、明日には私のようになる可能性がある」とのお話に、私たちもあらためて原発ゼロをめざす運動を続けていくことを誓いました。
ライン
さらに魅力アップ新婦人♪ 仲間づくり交流会 会員のみ
詳しくはイベントカレンダーでご確認ください。
日時:7月9日(日)午後1時〜4時、【北部】7月16日(日)午前11時〜午後3時30分
場所:7/9社会福祉会館、北部7/16野田川わーくぱる
費用:無料
主催:新婦人京都府本部
ライン
さまざまな学習会のおしらせ 
詳しくは「イベントカレンダー」でご確認ください。
7/2(日)京都母親大会、京都テルサ、午前10時〜午後3時30分、参加協力券1000円
7/22(土)どうなる子どもと教育「新学習指導要領による人格支配と選別的教育制度作り」、京都教育文化センター、午後1時30分〜午後4時30分、資料代500円
ライン
新婦人しんぶん」モニター募集中 *現在会員や読者ではない方に
社会やくらしのこと、お料理のレシピなど身近な情報を載せた週刊新婦人しんぶんを4週間、試読して頂けます。お申し込み京都府本部まで。

更新情報

2017.6.22 取り組み リズムカレンダー 過去の取り組み
2017.6.15 取り組み 支部の取組み イベントカレンダー
2017.6.8 過去の取り組み 支部の取組み
2017.6.1 取り組み 支部の取組み

▲Page top