新日本婦人の会 京都府本部です

  新日本婦人の会(略称:新婦人)は、1962年10月19日に結成された、国連認証NGOです。
会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した婦人運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名を連ねていました。
当サイトは、新婦人京都府本部および、府下の各支部のとりくみなどについて、紹介しています。
入会や新婦人しんぶん購読に関するお申込み・お問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAXなどでお気軽にどうぞ。
▼新婦人について、詳しくは中央本部のサイトへ

何か始めてみたい方に

京都府内各地の支部でとりくんでいる体験会や、おすすめサークルなどのご紹介。
親子リズム・子育てサークル=1月・2月・3月の日程
府内各支部の小組(サークル)体験会・とりくみ=日程のご案内
(各地域のサークルについては「小組(サークル)」を参照ください)

最新情報(2018/1/18)

▼これまでのとりくみについてはコチラ
ライン
3000万署名推進学習交流会 会員向け
 3000万署名目標達成にむけて、さらなる学習と経験交流を行います。参加される方は、本部までお申し込みください。
日時:1月24日(水)午後1時〜3時30分
場所:しんまち会館6階(七条新町下ル)
参加費:無料
内容: 奥野恒久さん(龍谷大学教授、憲法9条京都の会事務局長)を招いての学習と、12月全国会議の報告、とりくみの交流
ライン
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(通称3000万署名)にご協力ください
 いま、憲法9条はとてつもない危機に見舞われています。この9条のおかげで、私たちは武力によって他国を攻撃することなく、世界からも「平和の国」と認められてきました。しかし安倍首相は、2020年に自衛隊を明記した新しい憲法を施行したいと表明し、憲法9条を変えることによって「戦争する国づくり」の総仕上げをしようとしています。
 その危機に立ち向かうため、さまざま思想信条の人々が集い「安倍9条改憲」反対の一点で手をつなぎ、署名に取り組むことになりました。
 署名用紙は、お近くの新婦人支部事務所または京都府本部までご連絡くだされば、お届けします。また新婦人中央本部の特設ページから署名用紙のダウンロードもできるので、ご活用ください。 ライン
「子どもの医療費ネット」子ども医療費無料制度創設・制度拡充をもとめる署名にご協力ください
 新婦人京都府本部も参加している「子どもの医療費無料制度を国と自治体に求める京都ネットワーク」で、保護者を対象に「子どもの健康と暮らしアンケート」を実施したところ、現在1000通が返ってきました。現在返って来ている中でも「お金が理由で病院に行かなかった・治療を中断した」という回答が2割ありました。これまでに回収したアンケートは集計をしたのち、その結果を11月28日に記者会見で発表しました。
 また京都府と京都市にむけて「子どもの医療費ー国の無料制度創設と京都府(京都市)の制度拡充を求める要請署名」にもとりくみます。署名にご協力下さる方は、こちらもお近くの新婦人事務所または、京都府本部までご連絡をおねがいします。
ライン
1月30日「保育所に入りたい」みんな集まれ!学習交流会 どなたでも
 「保育所に入りたい」という型はどなたでも参加できる学習交流会です。いま、年明けすぐの保育所入所面接が終わり、3月の結果通知まで不安でいっぱいの毎日を送っていると思います。希望する園に入れなかったらどうしよう? 小規模保育や幼稚園の延長利用ってどんな感じなの? etc……
疑問や不安を出しあって、励ましあいながら保活を乗り切ろう!
日時:1月30日(火)午前10時〜正午、希望者でランチをしたあと午後1時半過ぎには京都市保育課へ懇談に向かいます
場所:ウイングス京都4階・参画ルーム(中京区東洞院通六角下る御射山町262番地)
参加費:無料
内容:
学習「どうすれば保育所の待機児はなくせるの?」、お話:藤井伸生さん(京都華頂大学教授・京都保育団体連絡会会長)
「保育所入りたいぞ〜」情報交流タイム、希望者はご一緒にランチしましょう
主催:新日本婦人の会京都府本部
ライン
3.8国際女性デー #Me,too どなたでも
 死ぬまで働かされるのはまっぴら。DV・セクハラ・パワハラゆるさない! いま世界で女性たちが「#Me,too」と声を上げています。国際女性デーは1910年に世界の女性の統一行動デーとして提案され、1977年には国連で認められ世界中の取り組みとなったものです。
 時はいま。Time's up! ぜひご一緒に世界の女性と連帯してつどいましょう。
日時:3月8日(木)午後6時30分〜
場所:京都市役所前集合
参加費:無料
内容:京都市役所からパレードで四条河原町を目指します。その後マルイ前でリレートークをします。
主催:3.8国際女性デー京都実行委員会(お問合せは新婦人京都府本部まで)
ライン
やった〜! 核兵器禁止条約実現! 引き続きヒバクシャ国際署名にご協力を
←京都府本部でタペストリーを作成しました

7月7日ついに核兵器禁止条約が122の国と地域の賛成をもって採択されました。この条約は今年9月から署名が始まり、50カ国が批准の手続きを終えたのち90日後に発効することになっていて、100ヵ国以上が加盟する見通しです。しかしアメリカやロシアなどの核保有国や、「核の傘」に守られているとする日本は、「核兵器を一方的に禁止することは世界の安全保障の現実を踏まえていない」として、条約に参加しない見通しです。
今後私たちにできることは、日本がこの条約に調印し参加するように、署名や宣伝などでゆるぎない世論を作り上げることです。ぜひヒバクシャ署名に引き続きご協力をお願いします。 
ヒバクシャ国際署名は新婦人中央本部のサイトからダウンロードできます。書きこんだ署名はお近くの新婦人支部事務所にお届け下さるか、または京都府本部までご連絡ください。
ライン
さまざまな学習会・イベントのおしらせ 
こちらは他団体から案内があった学習会やイベントについてのお知らせです。詳しくは「イベントカレンダー」でご確認ください。
1月27日(土)28日(日)、教育研究集会(教育文化センター大ホール、27日全体集会は木村草太さん)
2月3日(土)、3000万署名「60万突破をめざす京都交流集会」( 午後6時30分〜、キャンパスプラザ5階第1講義室、参加費300円)
2月4日(日)、「より豊かな学校給食をめざす集会」( 午前10時〜午後4時、京都アスニー)
2月10日(土)、「核兵器で平和は守れるか?」川崎哲さん(午後2時〜4時、コープイン京都、資料代500円)
2月25日(日)、「2018はたらく女性フェスタ」(午前10時30分〜午後4時、ラボール京都)
3月11日(日)、「バイバイ原発3.11きょうと」(午後1時30分〜、円山公園音楽堂、デモ出発は午後3時〜)
ライン
新婦人しんぶん」モニター募集中 *現在会員や読者ではない方に
社会やくらしのこと、お料理のレシピなど身近な情報を載せた週刊新婦人しんぶんを4週間、試読して頂けます。お申し込み京都府本部まで。

更新情報

2018.1.18 取り組み 支部の取組み イベントカレンダー

2018.1.11 取り組み 子育て・教育 過去の取り組み 支部の取組み
2017.12.21 取り組み 平和
2017.12.14 取り組み イベントカレンダー 支部の取組み
▲Page top